仮想通貨の取引では銘柄の将来性を見極めることはとても重要です。

なぜなら将来性のある仮想通貨を保有することで、値上がりによる利益が狙えるからです。

この記事では人気の高い仮想通貨の将来性について紹介します。仮想通貨の取引を考えている方は参考にしてみてください。

将来性がある仮想通貨なのかどうかを見分ける4つのポイント

見分ける4つのポイント
  1. 実用性が高いコインかどうか

  2. 時価総額が高いコインかどうか

  3. コインの流動性が高いかどうか

  4. 安全性が高いコインかどうか

未来がわからない以上確実ではありませんが、その仮想通貨の将来性があるかどうかは取引の利益に直結しますのでとても重要です。

以下では4つのポイントについて、具体的に解説していきます。

【ポイント1】実用性が高いコインかどうか

仮想通貨にはそれぞれ役割や機能があります。例えばビットコインなら決済の自由化、リップルなら国際送金に用いられていることが具体的な機能です。

コイン自体がユーザーにとって便利なほど使われやすく、社会に役立つものほど将来的に価値が上がりやすいと考えられます。

【ポイント2】時価総額が高いコインかどうか

通貨には「時価総額」というものがあります。時価総額は「その通貨の現在価値×通貨の発行枚数」で決まります。

時価総額が高い通貨は保有・取引するユーザーが高いことを証明しています。

また、時価総額が高ければ高いほど、ユーザーの需要があると判断できます。

【ポイント3】コインの流動性が高いかどうか

流動性とは、「その仮想通貨が活発に取引されているか」ということを指します。

流動性が高い(取引が活発)方がユーザーに受け入れられているという証明になります。

流動性が高い、つまり売買が活発だとすぐに取引が成立し適正価格で取引できるメリットがあります。逆に流動性が低すぎると適正価格で取引できないことや、そもそも売れないといったデメリットが生じます。

【ポイント4】安全性が高いコインかどうか

仮想通貨は世界中で見れば1万種類以上あります。その中には、詐欺などを目的に作られたものも多く存在します。コインの安全性は将来性にも通じるので、事前に安全性の確認をしましょう。

また、日本の仮想通貨取引所で取り扱いがあるものは基本的に安全性が高いです。

海外の取引所は取り扱い銘柄が数百〜数千など膨大な取引所もありますが、全てが安全とは限りません。

将来性が期待できるおすすめの仮想通貨銘柄5選

おすすめ銘柄5選
  1. ビットコイン(BTC)

  2. イーサリアム(ETH)

  3. リップル(XRP)

  4. ポルカドット(DOT)

  5. ソラナ(SOL)

上記の5つの銘柄は将来性が期待できると言われる仮想通貨です。基本的には日本の取引所で売買ができます。

1つずつどんな銘柄なのかを解説しますので参考にしてみてください。

※時価総額は2022年4月現在

1.ビットコイン(BTC)

ビットコイン(BTC)

発行枚数 2,100万枚
時価総額 約100兆3,500億ドル
発行開始 2009年

ビットコインは世界で初めて誕生した暗号資産(仮想通貨)でありデジタル資産です。

2009年にサトシ・ナカモト氏の論文から誕生し、2022年現在では1ビットコイン=最高約760万円まで相場上昇したこともあります。

仮想通貨の中でも代表的なコインとして、最も取引が行われています。ビットコインは取引量・時価総額ランキングで常に1位に位置しており、将来性のあるコインの代表格です。

ビットコインの相場によって他のコインの相場に影響を及ぼすほどで、仮想通貨全体を支えているコインです。

2.イーサリアム(ETH)

イーサリアム(ETH)
発行枚数 発行枚数は定められていません
時価総額 約47兆9,300億円
発行開始 2013年

イーサリアムはヴィタリック・ブテリン氏によって開発されたプラットフォームの名前です。このプラットフォームで使われる通貨(仮想通貨)がイーサリアムと呼ばれています。

時価総額は仮想通貨の中で2番目に高く、取引量も多い人気の仮想通貨です。2020年のコロナショック以降急激に価格が上昇し約550%の年間上昇率を記録しました。

また、イーサリアムの値動きはビットコインの値動きに連動していることが多く、将来的にも成長が続くのではないかと言われています。

2022年現在、イーサリアムの送金手数料(いわゆるガス代)は相場上昇とともに高額になっており、送金するたびに約数千円の手数料が掛かってしまいます。

送金手数料問題は今後のイーサリアムのアップデートで改善することを期待されています。

3.リップル(XRP)

リップル(XRP)
発行枚数 1,000億枚
時価総額 4兆5,400億円
発行開始 2012年

リップルとは、銀行間送金向けの国際送金プラットフォーム「RippleNet」上で使われる通貨(仮想通貨)です。

時価総額は仮想通貨の中で6位となっており、人気の高い銘柄です。国内の取引所のほとんどで取り扱われています

主な使用目的が送金なだけあり、送金処理速度が速い・送金手数料は日本円で0.05円~5円程度とかなり安い、という大きなメリットがあります。

一般的な仮想通貨は特定の管理者がいない非中央集権体制ですが、リップルはリップル社による中央集権体制で管理されています。

4.ポルカドット(DOT)

ポルカドット(DOT)
発行枚数 10億7,000万枚
時価総額 2兆4,000億円
発行開始 2020年

ポルカドットは2020年と比較的最近誕生した仮想通貨です。誕生から2年の間に時価総額ランキングで11位にまで上り詰めた人気の高い仮想通貨となっています。

ポルカドット最大の特徴は、異なるブロックチェーン同士を繋ぎ相互運用を可能にする点です。

この技術は利便性が高く、今後も利用されると考えられるので将来性があると言われています。

また仮想通貨では度々問題になる送金遅延にも対処しているので、実用性の面で今後に期待されています。

5.ソラナ(SOL)

ソラナ(SOL)

発行枚数 5億枚
時価総額 約4兆6,200億円
発行開始 2020年

ソラナはアメリカ企業のクアルコム出身エンジニアが2020年にリリースしたブロックチェーンアプリケーションです。

2022年現在では「歩く・走る」で通貨を稼ぐアプリ「STEPN(ステップン)」で利用するのが流行しています。

分散型のアプリケーションで自由に仮想通貨の交換を実現し、高速処理能力によって取引コストなどを削減します。

爆発的な成長によって知名度も上がり、「イーサリアムのデメリットを排除した銘柄」とも言われています。

約2年で時価総額ランキング6位にまで成長している人気の仮想通貨です。まだまだ成長すると考えられ、将来性のある銘柄の一つです。

将来性のある仮想通貨をできるだけお得に購入するなら「販売所」ではなく「取引所」で購入がおすすめ

  取引所 販売所
取引形式 ユーザー間で取引 運営から購入
特徴 自分で購入希望金額を指定する「指値」取引が可能 その時の時価で購入する
メリット 手数料を安く抑えやすい
自分の希望金額での売買がしやすい
運営相手に売買する形なのでほぼ確実に取引できる
デメリット

取引が活発でないと売買が成立しにくい
やや複雑な知識が必要

買値と売値の価格差が大きい
(スプレッドが広い)

仮想通貨を取引するには取引サービス(コインチェックなどのサービス)を利用する必要があります。取引サービス内での取引には「取引所」と「販売所」があります。

基本的には取引所で売買すると手数料が安く損をしません。販売所でも取引手数料を無料としている取引サービスがありますが、大体はスプレッド(売却価格と購入価格の差)が掛かります。

販売所しか取り扱いがないサービスもありますので、その場合は取引所の利用はできません。

将来性のある仮想通貨銘柄が売買できるおすすめ取引所3選!

前章では将来性のある仮想通貨をご紹介しました。以下では、将来性のある仮想通貨を購入する場合におすすめの取引所をご紹介します。

まだ取引所に口座を持っていない方は取引ができないので、まずは口座開設してみてください。

1.GMOコイン【取り扱い銘柄が国内取引所でもトップクラス】

GMOコイン
取り扱い銘柄数 20種類
取引所の取り扱い銘柄 ビットコイン(BTC)/イーサリアム(ETH)/ビットコインキャッシュ(BCH)
ライトコイン(LTC)/リップル(XRP)/ネム(XEM)
ステラルーメン(XLM)/ベーシックアテンショントークン(BAT)/クオンタム(QTUM)
シンボル(XYM)/モナコイン(MONA)
販売所の取り扱い銘柄 ビットコイン(BTC)/イーサリアム(ETH)/ビットコインキャッシュ(BCH)
ライトコイン(LTC)/リップル(XRP)/ネム(XEM)
ステラルーメン(XLM)/ベーシックアテンショントークン(BAT)/オーエムジー(OMG)
テゾス(XTZ)/クオンタム(QTUM)/エンジンコイン(ENJ)
ポルカドット(DOT)/コスモス(ATOM)/シンボル(XYN)
モナコイン(MONA)/カルダノ(ADA)/メイカー(MKR)
ダイ(DAI)/チェーンリンク(LINK)
取引手数料 取引所:メイカー手数料…-0.01%
テイカー手数料…0.05%
販売所:無料(スプレッドあり)

GMOコインは東証1部上場企業のGMOグループの子会社です。取扱銘柄数国内No.1を誇り、GMOグループで培われた金融サービスのノウハウが活かされ安心して取引ができます。

口座開設、即時入金、日本円の出金など各種手数料が全て無料な点もおすすめです。さらに、取引形態も充実しており様々な投資スタイルに合ったサービスの取り扱いを行なっております。

有名どころのコインは取引所で取り扱いがありますが、ポルガドットは販売所のみで取引が可能です。

2.bitFlyer(ビットフライヤー)【仮想通貨初心者でも扱いやすい】

bitFlyer(ビットフライヤー)
取り扱い銘柄数 15種類
取引所の取り扱い銘柄 ビットコイン(BTC)/イーサリアム(ETH)/リップル(XRP)
ステラルーメン(XLM)/モナコイン(MONA)
販売所の取り扱い銘柄 ビットコイン(BTC)/イーサリアム(ETH)/ライトコイン(LTC)
ビットコインキャッシュ(BCH)/モナコイン(MONA)/リスク(LSK)
リップル(XRP)/ベーシックアテンショントークン(BAT)/ステラルーメン(XLM)
ネム(XEM)/テゾス(XTZ)/ポルカドット(DOT)
チェーンリンク(LINK)/シンボル(XYM)/イーサリアムクラシック(ETC)
取引手数料 ビットコインの場合

取引所
ビットコイン簡単取引所:約定数量×0.01〜0.15%(単位:BTC)

販売所
ビットコイン販売所:無料(スプレッドあり)

Bitflyer(ビットフライヤー)はビットコインの取引量で6年連続No.1を獲得している取引所です。有名どころの銘柄を一通り取り扱っており、ポルカドットもGMOコイン同様取引できます。

ビットフライヤーは業界最長の7年連続ハッキング0のセキュリティの高さを持ち合わせています。

また、現物取引、レバレッジ取引、積立と3つの取引形態が選べる点も特徴です。銘柄の種類も充実しており、1円からの取引ができます。

3.Liquid by FTX(リキッドバイFTX)【日本で唯一ソラナを取引可能】

 Liquid by FTX(リキッドバイFTX)
取り扱い銘柄数 10種類 
取引所の取り扱い銘柄

ビットコイン(BTC)/イーサリアム(ETH)/ソラナ(SOL)

FTXトークン(FTT)/リップル(XRP)/ビットコインキャッシュ(BCH)

ライトコイン(LTC)/ステラルーメン(XLM)/ベーシックアテンショントークン(BAT)/キャッシュ(QASH) 

販売所の取り扱い銘柄

ビットコイン(BTC)/イーサリアム(ETH)/ソラナ(SOL)

FTXトークン(FTT)/リップル(XRP)/ビットコインキャッシュ(BCH)

ライトコイン(LTC)/ステラルーメン(XLM)/ベーシックアテンショントークン(BAT)/キャッシュ(QASH) 

取引手数料

取引所: 無料~0.1%

販売所:無料(スプレッドの負担あり)

Liquid by FTXは世界的な仮想通貨取引所「FTX」の傘下に加わる取引所です。取引の操作性に優れ、初めての方でも簡単に仮想通貨を購入できます。

前の章で紹介した「ソラナ」を国内で取り扱っている唯一の取引所です。取引各種手数料が無料ですので、取引回数を気にすることなく安心して取引ができます。

また、セキュリティ性が高い点もおすすめです。

※FTX自体はグローバルに展開する仮想通貨取引所で、グローバル版は2021年に日本人の新規登録ができなくなりました。

将来性のある仮想通貨を実際に購入するまでの流れ3ステップ

購入するまでの流れ3ステップ
  1. 口座開設がまだなら口座開設をする

  2. 仮想通貨を購入するための資金を取引所に入金する

  3. 「取引所」か「販売所」で仮想通貨を取引する

将来性のある仮想通貨を実際に購入するまでの大まかな流れは、上の3ステップです。

ここでは取引開始までの流れを解説します。「これから仮想通貨を購入したい」と考えている方は参考にしてみてください。

【ステップ1】口座開設がまだなら口座開設をする

  1. 公式HPの口座開設ページでメールアドレスを登録する

  2. 必要な個人情報を入力する

  3. 本人確認書類を提出する

もし買いたい仮想通貨がある場合、取引所で口座開設をする必要があります。取引所にもよりますが、おおむね上記のような流れで口座開設できます。

本人確認書類には、「運転免許証」「パスポート」「マイナンバーカード」など顔写真付きのものが必要です。

最近はスマホ撮影で本人確認を提出できるため、本人確認書類の提出に時間は掛かりません。

【ステップ2】仮想通貨を購入するための資金を取引所に入金する

審査に通過し口座開設ができたら仮想通貨取引所の口座に取引するための資金を入金します。

取引には自己資産を使うことになります。レバレッジ取引などは資産以上の取引ができますが、自分のリスク許容度の範囲内で取引しましょう

取引はあくまでも自己責任なので、余裕資金の範囲内での取引がおすすめです。

取引所や入金方法によって手数料が異なるので、事前に確認しましょう。

【ステップ3】「取引所」か「販売所」で仮想通貨を取引する

取引所の口座に入金が完了すれば取引ができます。取引所での取引には「取引所」「販売所」があります。

「取引所」はユーザー同士の取引を指し、「販売所」は取引サービス(コインチェックなど)との取引を表します。

販売所は手数料としてスプレッドが掛かることが多いです。そのため、取引所で取引することで無駄な手数料を抑えられます。

まとめ

今回は将来性のある仮想通貨の見分け方、将来性のある銘柄をご紹介しました。

仮想通貨も種類が多く、今回紹介した以外にも成長しているものもあります。

将来性のある仮想通貨を購入することは取引に大きく影響してきますので、事前に銘柄の詳細情報をチェックし取引しましょう。