BrightReachの法人向け無料保険相談の特徴


経営環境の変化や資金繰りの悪化等、様々な理由によって、多くの企業が廃業や市場からの撤退を余儀なくされています。
法人向けの生命保険を活用することによって、経営者の万が一への対策だけでなく、変化の激しい企業業績の安定化や円滑な事業承継、計画的な投資資金や退職金の準備、福利厚生制度の充実など非常に幅広い経営課題やリスクに対して備えることが可能です。
しかしながら、本当の意味で法人向け生命保険の正しい活用方法や有効性をご理解頂いている経営者がまだ少ないのが実情です。BrightReachはお客様の経営戦略や経営環境・ニーズを踏まえ、お客様の経営課題の解決を全力でサポートします。

特徴①


複数の保険会社の商品から、お客様のニーズに合わせた合理的なプランをご提案します

BrightReachは複数の保険会社の商品を取り扱う保険代理店なので、お客様のニーズに合わせ、保険会社横断で最適な商品をご提案することができます。保険会社によって得意分野・不得意分野があるため、各保険会社の得意分野の商品だけを組み合わせることで、保険のいいとこどりプランの作成が可能です。

また、法人の特徴や経営状況に合っていない保険商品やプランに加入していることで、逆に経営の足かせになっていたり、加入時に期待していた効果を十分に得ることができていないといったケースをよく見かけます。

BrightReachではお客様の経営・財務の状況についての情報を頂くだけでなく、経営者・法人が実現したいことや中長期的な事業計画などについてもヒアリングさせて頂いております。大事なのは経営者・企業の課題解決や目標の実現であり、保険はあくまでも実現を支援するツールなのです。

保険会社の営業担当に相談すると...

BrightReachに相談すると!

・A社の商品が他社商品と比べて魅力的な商品かどうかはわ
 かりません
・1社で全ての保険種類を網羅しているわけではないので、
 1社の保険会社でお客様の全てのニーズを満たせるかどう
 かはわかりません
・BrightReachであれば、各保険会社の得意分野の商品だけを
 組み合わせることで、保険の『いいとこどりプラン』の作
 成が実現できます

特徴②


ご加入後も責任を持って契約をお守りします

法人向けの生命保険は、企業の経営環境・資金ニーズなどによって臨機応変に見直すことが極めて重要です。

これまで多くの企業で、加入した法人保険が当初の加入目的を満たせず、また適切な見直しを行うことができなかったために、企業にとって役に立たなかったケースを多く見てきました。
加入時の保険会社・商品の選択はもちろん重要ですが、その後のメンテナンスを戦略的・計画的に行うことが、法人保険の効果を最大限に活用するためのポイントです。

そのため、ご契約後も定期的に最適なメンテナンスを行うことを心がけております。
これにより、お客様自身もご加入内容に常に自信と安心感を持って頂けるのです。

特徴③


独自の専門家ネットワークによる保険の枠を超えたサポートができます

BrightReachでは保険業界の枠を超えた様々な専門家とネットワークを築いています。お客様の様々なご要望やお困りごとに対して、適切な専門家と共同でお客様の課題を解決します。

例えば、事業承継・相続対策が必要な方であれば、経験豊富な弁護士や税理士・司法書士ら各方面のスペシャリストとご支援します。 また、保険の枠を超えた、戦略立案・営業改革・コスト削減など様々な経営課題解決のご支援も行っております。


法人保険活用のメリット


生命保険なので経営者や役員に万が一のことがあれば、企業が死亡保険金を受け取ることができます。これにより死亡退職金の支払や債務の返済、新体制での経営安定化までの資金を賄うことができます。

保険種類によって保険料の全額を損金計上できるものや、1/2・1/3・1/4を損金計上できるもの、全額を資産計上するものなどがあります。利益が出ている企業の場合は、この保険の損金性を活用することで、保障を準備しながら節税効果もあり、目的に応じた準備を行うことができます。

役員の退職金や大型投資にはまとまったお金が必要となりますが、将来的に発生することがわかっているお金を計画的に準備することにも生命保険の活用が有効です。生命保険を活用することにより、将来必要なお金を毎回の保険料に分割して計画的に準備することができるのです。

具体的には、資金が必要となったタイミングでそれまでに保険会社で蓄えられた解約返戻金を活用する、ということです。これによって、資金繰り(キャッシュフロー)と会計上(損益計算書上)のインパクトを平準化することができるため、役員退職金のように支払いによって企業の資金繰りが圧迫されたり、支払った年に大きな赤字を計上する可能性がある場合でも、影響を毎期に分散して計画的に準備することができるのです。

法人タイプ別 保険の考え方

目的別 法人保険の活用方法

この内容で送信します。よろしいですか?