創業期・ベンチャー企業


創業期の企業は事業の成長・安定化にばかり意識が向きやすいため、リスクへの備えに対する準備が手薄になりがちです。この時期は社長に万が一があった場合は企業存続の危機に直面する可能性が高いため、最低限の準備は整えておくことが必要となります。
また、個人契約で加入している生命保険があれば、法人契約とすることにより毎月の経営者の生活費から保険料の負担を取り除くことが可能となります。

事業保障対策


「事業保障対策」の詳細はこちらをご覧ください。

 -企業の経費を活用した保険加入のすすめ


普通の会社員であれば給料の中から月々の保険料を払いますが、企業の経営者であれば、企業のお金で保険に加入することが
できます。保険の種類にもよりますが、この保険料は企業の費用として処理できる(税金計算上の損金となる)ため、
法人税の節税効果も期待できます。

経営者にとっては生活費から保険料の負担を取り除くことができるため、非常に有効な保険の加入方法といえます。

法人タイプ別 保険の考え方

目的別 法人保険の活用方法