カードローンの知識

今すぐお金を借りるなら消費者金融系カードローンが即日融資で最速!

今すぐお金を借りるなら、消費者金融系カードローン(アコム、プロミス、アイフル等)が手続きが早くおすすめです。

Webからの申込みで、申込→審査→振込融資までの一連の流れを最短25分融資も可能なカードローンもあります。

大晦日・元旦などを除けば土日や祝日でも新規申込みから即日審査・即日融資が可能です。

給料日の前日、クレジットカード代金の引き落とし日の前日などに「5万円借りたい」「お金が足りない!どうしても今すぐお金が必要!」といった急なピンチでも対応できる「即日融資」が消費者金融系カードローンの一番の強みでありメリットです。

急にお金が必要な時に便利な反面、上限金利は融資までに時間がかかる銀行カードローンよりも高くなります。

一時的な資金不足の際に必要な額だけ少し借りてすぐに返済する。

そんな場合には消費者金融がおすすめです。

 

今すぐ借りれる即日融資可能なカードローン一覧

カードローン

(実質年率)

融資まで

無利息サービス

三井住友カード
カードローン

(年1.5%〜15.0%)

最短5分融資も可能

初回契約日の翌日から最大2ヶ月無利息。詳細はリンク先の公式ページをご確認ください。

プロミス

(年4.5%〜17.8%)

最短30分融資も可能

初回30日間無利息(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)

SMBCモビット

(年3.0%〜18.0%)

最短即日

アコム

(年3.0%~18.0%)

最短30分融資も可能

初回契約日の翌日から30日間無利息

アイフル

(年3.0%~18.0%)

最短25分融資も可能(WEB申込の場合)

初回契約日の翌日から30日間無利息

 
 

銀行カードローンは消費者金融より上限金利が低い・コンビニATMが便利

銀行カードローンは金利やATM手数料などが消費者金融よりも安いのがメリットです。

銀行カードローンは利用できるATM網が充実しています。

その銀行のATMはもちろん、セブンイレブンやローソン、ファミマなどの提携コンビニATMも手数料無料で利用できるところが多いです。

しかし銀行カードローンの申込後の審査では犯罪収益移転防止法等の観点から警察庁のデータベース照会も行われるため、審査結果の回答に最短でも1営業日かかります。

そのため消費者金融系カードローンのように申込当日に契約を完了して今すぐお金を借りる即日融資ができません。

新規申込みから実際にお金を借りれるようになるまで時間がかかるのが銀行カードローンのデメリットです。

しかし、いざという時に備えて契約だけでもしておけば、消費者金融よりも低い金利でお金を借りることができ、かつ消費者金融より便利です。

不測の事態に備えたい。お金は足りないが今日明日中でなくても間に合う。

そんな人には銀行カードローンがおすすめです。

 

主な銀行カードローン一覧

カードローン

(実質年率)

借入限度額

特長・サービス

三菱UFJ銀行
バンクイック

(年1.8%〜14.6%)

10万円〜500万円

提携コンビニATM手数料無料(セブン銀行ATM、ローソンATM、E-net)。三菱UFJ銀行の口座がなくても利用可能

オリックス銀行
カードローン

(年1.7%〜17.8%)

最高800万円

提携ATM利用手数料無料(セブン銀行ATM、ローソン銀行ATM、E-net、イオン銀行ATM、三菱東京UFJ銀行ATM、三井住友銀行ATM、西日本シティ銀行ATM、ゆうちょ銀行ATM)。保険料等の支払いなしでガンと診断された場合の借入残高が0円になるガン保障特約付きプラン「Bright」あり。

楽天銀行
スーパーローン

(年1.9%〜14.5%)

最高800万円

提携ATM手数料無料(ローソン銀行ATM、E-net、セブン銀行ATM、イオン銀行ATM、三井住友銀行ATM、みずほ銀行ATM)。他社ローンをご利用中のかたもお申込みいただけます。

 
 

カードローンの契約に必要な書類

カードローンの契約には本人確認書類が必須です。

その他に借入金額や現在の利用状況に応じて収入証明書類が別に必要となる場合があります。

本人確認書類

本人確認書類としては以下のものが挙げられます。

■本人確認書類(いずれか1つ)

  • 運転免許証(運転経歴証明書でも可)
  • パスポート(住所欄に現在お住まいの自宅住所が記載されているもの)
  • 健康保険証
  • マイナンバーカード
  • 在留カード/特別永住者証明書

これらの本人確認書類に記載された住所と現在お住まいの自宅住所が異なる場合は、以下の書類も必要になります。

以下のいずれかの書類(発行日から6か月以内のもの)

  • 公共料金の領収書(電力会社・水道局・ガス会社・NHK発行のもの)
  • 住民票の写し
  • 国税または地方税の領収書、もしくは納税証明書
  • 社会保険料の領収書

書類の提出はWeb申込の場合はスマホカメラで撮影したものを添付すればOKです。

 

収入証明書類

本人確認書類のほかに、以下に当てはまる方は収入証明書類の提出も必要になります。

  • 希望する借入額が50万円を超える方
  • 希望する借入額と他社での借入残高の合計が100万円を超える方
  • 申込時の年齢が19歳以下の方
  • そのほか、カードローン会社からの要請があった場合

収入証明書類として利用できるのは以下の書類です。

■収入証明書類(いずれか1つ)

  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 確定申告書(最新のもの) 
  • 税額通知書(最新のもの)
  • 所得証明書(最新のもの)
  • 給与明細書(直近2か月分)

給与明細書を収入証明書類とする場合、ボーナス支給時の賞与明細書もあれば合わせて提出しましょう。
賞与の分も合わせて年収として申告できるので、審査や融資枠の決定に有利になります。

収入証明書類の提出により他社借り入れあっても借りれるカードローンもあります。

源泉徴収票や税額通知書など年1回しか発行されない書類も大切に保管しておきましょう。

 
 

誰にもバレないでカードローンでお金を借りる方法

妻に内緒でお金を借りたい。

夫にバレないでお金を借りる方法はないかしら?

こうしたニーズは非常に多く、カードローン各社では誰にもバレないで契約と融資ができる方法も用意しています。

 

郵便物なし・電話連絡なしのWeb完結カードローンならバレない

自宅にローンカードや契約書などの郵便物を送付せず、職場等に電話連絡もせずに契約してお金を借りられる「Web完結」のカードローンがあります。

誰にもバレないでお金を借りたい人はこのWeb完結カードローンを選びましょう。

Web完結で申し込むには、カードローン各社でそれぞれ条件があります。

SMBCモビットの場合、以下の2つを両方満たす方はWeb完結で申込みができます。

  • 三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかに本人名義の口座をお持ちの方
  • 全国健康保険協会発行の保険証 (社会保険証)もしくは組合保険証をお持ちの方
 

Web完結のカードローンはカードなしのカードレス取引

Web完結で郵便物なしで申し込む場合は、ローンカードを使わないカードレスでの利用になります。

借入は登録口座への銀行振込、返済は指定日の自動引落か返済用口座への振込になります。

ローンカードがないので直接ATMを利用したりはできませんが、借入・返済ともに銀行口座を通じた取引になるので、銀行のキャッシュカードがあればATM利用もできます。

財布にはローンカードの代わりに銀行のキャッシュカードを入れておけば良いのです。

ローンカードのないカードレス取引でも実際のところは使い勝手はあまり変わりません。

 
 

カードローンの上手い使い方

必要な金額だけを少し借りてすぐに返済するのがカードローンの上手い使い方です。

一時的な資金不足でお金を借りるのにカードローンは向いています。

  • 引越費用(部屋の契約費用、更新費用、家具・家電の購入、引越し業者への支払い等)
  • 車関連費用(車検、自動車税、タイヤ交換、保険料等)
  • 旅行費用
  • 子育て関連費用(子供の部活、塾、受験費用等)
  • 生活費用(家賃、携帯代、クレジットカードの引落等)

こうした支出でどうしても足りない不足額を必要な分だけカードローンで借りるのが良いでしょう。

10万円借りたいなど、ある程度まとまった金額を借りて返済期間が長くなることが予想される場合は、消費者金融よりも金利の低い銀行カードローンをおすすめします。

 
 

おすすめできないカードローンで借りたお金の使い道

パチンコやギャンブル資金をカードローンで借りるのはNG

パチンコや競馬の軍資金としてカードローンでお金を借りるのは絶対にNGです。

借金をしてまでやるべきことでないことにカードローンを使うのは基本的にすべてNGです。

 

仮想通貨取引やブロックチェーンゲーム等の投機性の高い資金に使うのはNG

仮想通貨の先物取引や遊んでお金が稼げるブロックチェーンゲーム等を始める資金としてカードローンでお金を借りる方がいますが、これも絶対にNGです。

こういう人は引越し費用や生活費などを借りる人に比べて、返済のアテが外れて莫大な借金だけが残るという最悪なパターンに陥りやすいです。

そもそも仮想通貨をはじめとする投機性の高い投資は余裕資金で行うものであって、カードローンで借金をしてまでするものではありません。

目先のハイリターンに目を奪われて、そこにカードローンで借りたお金をつぎ込むような取引は絶対にいけません。

2022年は「STEPN(ステップン)」というBCG(ブロックチェーンゲーム)が歩くだけでお金を稼げると話題になり、このSTEPNで使用するNFT(非代替性トークン)の靴を購入するためにカードローンで借金をする方が目立ちました。

しかし2022年5月末にはSTEPNのゲーム内で使用するNFT靴の価格が数日のうちに20分の1になるなど大暴落し、お金を稼ぐどころか投入資金の大半を失い、借金だけが残るという最悪な結末を迎えた方も少なくありませんでした。

こうした怪しい儲け話や投機性の高いギャンブルのような投資の資金とするためにカードローンでお金を借りるのは、ただでさえハイリスクなものを借金でさらにリスクを高めてしまうようなものです。

絶対にやらないようにしましょう。

カードローンの知識:記事一覧

※三井住友カード カードローン:すでに三井住友カードが発行するカード会員の方は、お持ちの三井住友カードと本カードの合算でのご利用残高が、本カードの総利用枠を超えない範囲でご利用いただけます。※すでにカード発行タイプのカードローン会員の方は、お申込みいただけません。※最短5分の会員番号発行は、新規契約時点でのご利用枠は50万円でのお申込みとなります。※最短5分の会員番号発行 受付時間:9:00〜19:30※みずほ銀行カードローン:住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%〜13.5%です。※レイクALSA:※審査結果表示は年末年始を除く8時10分〜21時50分の間。毎月第3日曜日は8時10分〜19時まで。上記以外の時間帯は審査結果をメールで連絡。※初回お借入れ額5万円まで180日間無利息は契約額1万円~200万円まで ※初回Webで申込むと60日間無利息はWebで申込いただき、ご契約額が1~200万円の方。30日間、60日間、180日間無利息と併用不可。ご契約額が200万超えの方は30日無利息のみになります。Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません。無利息期間経過後は通常金利適用。※初回契約翌日から無利息 ※最短即日融資は21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。審査によりご希望に沿えない場合がございます。・申込資格:年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方、ご自分のメールアドレスをお持ちの方、日本の永住権を取得されている方・遅延損害金(年率):20.0%・ご返済期間・回数:最長5年、最大60回・担保・保証人:不要・必要書類:運転免許証、※収入証明(契約額に応じて、新生銀行フィナンシャルが必要とする場合)新生フィナンシャル株式会社貸金業登録番号:関東財務局長(10) 第01024号

※当サイトはローン商品の一般的な情報提供を目的としております。各金融機関・サービス事業者とお客様の契約・取引に関していかなる関与もいたしません。
※当サイトに掲載されているカードローン等の商品・サービスに関するご質問・お問い合わせにはお答えできません。各金融機関・サービス事業者へ直接お問い合わせください。
※当サイトに掲載されている商品・サービスには、契約時に所定の審査が行われるものがございます。本サイトに掲載の情報は、個人の審査結果について保証するものではございません。
※当サイトでは可能な限り正確な情報の掲載に努めておりますが、掲載内容の正確性や安全性を保証するものではありません。特に商品・サービス等の最新情報につきましては各金融機関・サービス事業者の公式サイトにてご確認ください。
※ローン商品のお申し込みは、必ずご自身で各金融機関・サービス事業者公式サイトで内容をご確認の上、行っていただきますようお願いいたします。
※カードローンのご利用はお借り入れ条件をご確認の上、計画的なご利用をお願いいたします。借りすぎには注意しましょう。
※当サイトのカードローン関連記事・広告のお問い合わせは「広告掲載ポリシー・お問い合わせ」までお願いいたします。