役員退職金準備


生命保険を活用することにより、社長や役員の万が一に備えながら、経営者や役員の退職金を計画的に準備することができます。また、保険種類によっては、保険料の一部または全額が損金となるため、必要に応じて会社の経費を活用することができます。
つまり、生命保険を活用することで、将来必要なお金を毎回の保険料に分割して計画的に準備することができるのです。 具体的には、最終的に退職金を支払うタイミングで、それまでに保険会社で蓄えられた解約返戻金を活用する、ということです。
これによって、資金繰り(キャッシュフロー)と会計上(損益計算書上)のインパクトを平準化することができるため、役員退職金のように支払いによって企業の資金繰りが圧迫されたり、支払った年に大きな赤字を計上する可能性がある場合でも、影響を毎期に分散して計画的に準備することができるのです。

<将来の投資に向けた財源を効率的に準備する>
また、上記と同様の仕組みを利用して、経営者の万が一に備えながら、将来のまとまった投資資金なども計画的に準備することができます。

目的別 法人保険の活用方法