catch-img

死亡時や将来のために考えよう!終身保険情報マニュアル

「終身保険に加入し、死亡や将来のイベントに備えたい」という方は多いです。

しかし、終身保険といっても、その種類にはさまざまなものがあると同時に、保険の仕組みにも特徴があります。

終身保険に加入し、そのメリットを最大限に活かしたいなら終身保険の概要について知っておくことが大切です。

今回は、終身保険の概要について詳しく解説します!

【目次】

終身保険とは?死亡や高度障害で保険金を受け取れる!


終身保険とは、保険金が必ず受け取れる保険

です。

一度契約をすると一生涯に渡って保険契約が続きます。

養老保険などそのほかの貯蓄型保険は、満期が設けられています。満期を迎えると多額の給付金を得られますが、そのあとの保障効果は失効してしまいます。

終身保険の場合は満期がなく、本人の意思で解約をしない限りは、必ず死亡保障金が受給できるのです。

死亡や、高度障害に陥った際に保障が適用されるため、残された家族への金銭的な負担を回避することができます。

また、終身保険の特徴は保険効果に限られません。

終身保険は、支払った保険料が積み立てられている貯蓄タイプの保険です。

将来的に必要になる資金形成に役立てることができます。

積み立てた保険金は、死亡保障金という形で受給できるだけではなく、解約返戻金として受け取ることもできます。


詳しくは、◆◆「一生涯保障してくれる終身保険とは?メリットとデメリットまとめ」◆◆をご参照ください。


終身保険はそもそも必要?


加入のメリットとデメリット 終身保険への加入が必要か迷う方もいます。

加入するメリットは、資産形成が行える点

です。

終身保険は保険料が毎月積み立てられていく貯蓄型であるため、加入する期間が長ければ長いほど準備金額は大きくなります。

保険料を支払えないと契約を解除することになりますが、終身保険の場合早期解約をすると損になってしまいます。

保険料の積み立てを長期間に渡ってできるため、自然に資産形成をしやすいのです。また、積み立てたお金が無駄になることはありません。

解約を機に返戻金として受け取れたり、死亡保障金として支払われたりします。

一方で

● 保険料が高額になりやすい

● 早期解約で損をする

● 保険の見直しがしにくい


などのデメリットもあります。

終身保険は、保険料の積立金額によって保障内容が変わりやすいのです。

定期保険などの掛け捨て型の保険よりも、保険料が高額になりやすく場合によっては家計の負担になることもあります。


詳しくは、◆◆「終身保険はそもそも必要か… 特徴と必要性まとめ」◆◆をご参照ください。


終身保険の種類は4つ!


特徴と違いを知りたい 終身保険はベーシックなプランのほかにも

● 低下解約返戻型

​​​​​​​● 積立利率変動型

● 変額型


などの種類があります。

低解約返戻型は、
払い込み期間中に解約をした場合、返戻金額が通常の終身保険の約70%に抑えられる保険
です。

しかし、払い込み期間を過ぎると返戻率が大幅に上昇します。

積立利率変動型は、
終身保険にありがちな「インフレリスク」に備えるための保険
です。

毎月積立利率が見直されるため、インフレによって準備金の価値が下がることはありません。

変額型は、
解約返戻金の保障額が設定されておらず、元本を積極的に運用したい方におすすめです。


これら4つの終身保険のタイプに加え、外貨で積み立て・運用を行うのが「外貨建て」です。

日本円を使用するのではなく、アメリカやオーストラリアのドルを使用します。

為替の影響を受けやすく、利回りが変動しやすいことが特徴です。


詳しくは、◆◆「終身保険の種類を徹底解説!それぞれの特徴まとめ」◆◆をご参照ください。


終身保険に付いてくる!


解約返戻金とは? 解約返戻金とは、保険契約を結んだあとで契約者の意思で解約を行った際に受け取れる返戻金を指します。

解約返戻金は、積み立てられたお金に比例して増えていくため保険への加入期間が長ければ長いほど増えていきます。

終身保険を早い段階で解約してしまうと、支払った保険料よりも少ない額の返戻金だけしか受け取ることができず損をしてしまいやすいのが難点です。

解約返戻金は、支払期間を短くすると利回りがアップするため、教育費や老後・介護費用の積み立てとしても活用できます。

解約返戻金を受け取る前に、加入者が死亡してしまった際には、死亡保障金として受取人に支給されます。

解約返戻金制度が付いているのは、一般的に貯蓄型の保険に限られます。

養老保険などは、解約返戻金のほかにも、満期給付金制度などが設けられています。


詳しくは、◆◆「終身保険で考えるべき解約返戻金!役割と損をしないためのコツ」◆◆をご参照ください。


終身保険に満期はある?


結論から言うと、終身保険に満期はありません。

終身保険はその名の通り、保障が一生涯に渡って続く保険です。

加入者の意図で解約をしない限り、保険契約は続きます。

よって、養老保険や学資保険のように満期給付金は受け取れません。

しかし、終身保険には解約返戻金制度があります。

払い込み期間を終了した時点で、満期給付金に劣らない高額の給付金を受け取ることもでき、将来の生活に活かせます。

解約返戻金は、払い込み期間によって変動していくため、より良い利回りで返戻金を受け取りたい方は支払い方法を見直しましょう。

保険料の支払い方法には、一時払いや、年払い、10年払い、60歳払いなどがあります。返戻率は、加入するプランや保険会社によって異なるため、契約を結ぶ前に確認をしておくことがポイントです。


詳しくは、◆◆「終身保険に満期はあるの?満期保険金事情」◆◆をご参照ください。


掛け捨てタイプの保険!


終身保険との違いって何?

掛け捨てタイプの保険は

● 保険料が安く

● 死亡やケガ、病気に対して手厚い保障がうけられる


という特徴があります。

これらの特徴は掛け捨て型の保険に貯蓄効果はなく、保障に特化した保険であるためです。

支払った保険料は貯蓄されているわけではなく、保障が必要なそのほかの加入者の給付金に充てられます。

一方、終身保険は、貯蓄効果と保険効果を同時に獲得できる代わりに

● 保険料が高く

● 死亡に対する保障は定期保険のように万全ではありません。


特約を付けることによって、死亡保障を充実させたり、医療に関する補償を付けたりすることもできますが、保険料はさらに高額になってしまうデメリットもあります。

貯蓄と保障のバランスを取りたいなら、掛け捨て型タイプの保険と終身保険の両方に加入するという方法もあります。


詳しくは、◆◆「掛け捨てとは?終身保険って?気になる二つの保険の違いと選び方」◆◆をご参照ください。


30代の終身保険!


30代で終身保険に加入する必要性が高いのは、小さな子供がいる既婚の方です。

家族を扶養している人が30代で死亡した場合、遺族が生活していくためには生活費や住居費のほかにも教育費などがかかってきます。

30代でこれらの費用をカバーする貯金を作るのは難しいケースも多いため、生命保険に加入する必要性が高まるのです。

独身の方は、自身が死亡した際にかかる葬儀や遺品整理、部屋からの退去費用などが準備できていれば、わざわざ終身保険に加入する必要性は低いです。

どの終身保険に加入すればよいか迷った際には、これからの将来につい具体的に考えてみるのが良いでしょう。

配偶者がいる場合は、今後の生活の在り方についてよく話し合うことが大切です。


詳しくは、◆◆「30代の終身保険!加入の必要性と保険の選び方まとめ」 ◆◆をご参照ください。


子供の将来のため… 終身保険に加入する意味


子供の学資金を積み立てるためには、学資保険に加入することが一般的でした。

しかし、学資保険は利回りが悪いこともあり、終身保険を活用したほうが効率よく積み立てを行える場合もあります。

終身保険を学資保険の積み立てに利用する際には、払い込み期間を短く設定し利回りをアップさせるのが良いでしょう。

しかし、保険料は高額になりやすいため、低解約返戻型の終身保険に加入するのもおすすめです。

保険料を抑えながらも、確実に学資金を貯蓄でき、利回りも良いです。

低解約返戻型の終身保険は途中解約をしてしまうと保険料が無駄になりやすいため、加入前にあらかじめシミュレーションをしておく必要があります。


詳しくは、◆◆「子供のための終身保険!加入すべき理由と学資保険との違い」◆◆をご参照ください。


終身保険の見直し!損をしないための重要ポイント!


終身保険の内容を定期的に見直せば、必要な保障に必要な保険料を費やすことができます。

しかし、終身保険の特性上、見直しや解約のタイミングを誤ってしまうと損をすることになります。

特に、保険を別の商品に乗り換える際には注意が必要です。

乗り換えの際には新しく加入する保険と先に契約をしておき、保障の空白期間ができないような工夫を行うことがポイントです。


詳しくは、◆◆「終身保険を変える!見直しのポイント特集」◆◆をご参照ください。


終身保険の選び方!注意すべきポイントって?


終身保険の選び方のポイントは

● 保険に加入する目的は何なのか

● 返戻率は高いのか

● 保険金額は適正か


などです。

まず重要なのが、保険に加入する目的です。

資金形成を重視しているのか、保障を重視しているのかによって選ぶべき保険の内容は変わってきます。

次に、着目したいのが返戻率です。

解約返戻金の返戻率は保険によって異なるため確認を怠らないようにしましょう。

終身保険に加入する際は、保険料が適正かを見極める必要があります。

そのなかで、より保険料がリーズナブルなものを選び取ることが大切です。


詳しくは、◆◆「終身保険の選び方のコツ!後悔しないための徹底マニュアル」 ◆◆をご参照ください。


賢く終身保険へ加入したい!


解約返戻金の受け取り方がポイント 終身保険へ加入する際には、解約返戻金がひとつのポイントになります。

効率よく積み立てを行うなら、いかに上手く解約返戻金を受け取れるのかが大切です。

​​​​​​​そのためには払い込み期間や保険料、返戻率の推移などを把握し、ベストなバランスで組み立てる必要があります。


◆◆「万が一の死亡時に備える生命保険「BrightReach」はこちら」◆◆

お問い合わせ

保険についての疑問やご質問、
何かお困りの際は、お気軽にご相談ください。
当サイトのメールフォームよりお問い合わせいただき
担当者が折り返しご連絡いたします。