catch-img

終身保険で考えるべき解約返戻金!役割と損をしないためのコツ

終身保険は、解約返戻金制度が設けられている保険です。

解約返戻金がある保険とない保険とでは、解約の際に着目しなくてはならないポイントなどが変わってきま
す。

終身保険への加入を考えているのなら、解約返戻金について知っておくことが大切です。

今回は、保険に備わっている解約返戻金制度について解説をします。
 

【目次】

まず解約返戻金って何?


解約返戻金とは、加入者の意思で契約を解除した際、保険会社から支払われるお金のことを指します。

解約返戻金は、すべての保険についているものではありません。

解約返戻金制度が適用されるのは、終身保険や養老保険などの貯蓄型生命保険に限られます。

これは、保険によって保障金の捻出方法が異なるためです。

定期保険などの掛け捨て型プランに加入した場合、支払った保険料が貯蓄されることはありません。

支払った保険料は、保障が必要なその他の加入者に支払われることになります。

養老保険や終身保険の場合は、死亡保障や満期に向けて、支払った保険料が貯蓄されています。

よって契約者の意思で解約を申し出た場合、保険会社側は貯蓄していた分の金額を払い戻す必要があるのです。

解約返戻金の金額は、加入するプラン別にあらかじめ設定されています。

「どのタイミングで解約をすれば、いくら程度のお金を手にすることができるのか」をあらかじめ把握しておけることも特徴と言えるでしょう。
 

終身保険は死亡保障だけじゃない!


解約返戻金の役割 終身保険と言えば、その特性上「死亡保障を得やすい保険」として認知されています。

しかし、活用方法によっては解約返戻金制度にもメリットは多いです。

まず、解約返戻金の特徴として「貯蓄性が高い」ことが挙げられます。

解約返戻金の額はあらかじめ定められていますが、早い段階で解約をしてしまうと規定された返戻金が受け取れるわけではありません。

つまり、保険契約が長期的になるほど解約返戻金の受け取り金額は大きくなるのです。

加入する保険会社やプランによっては、保険料の払い込み金額よりも多い解約返戻金を受け取れるケースもあります。

死亡時の保障を充実させながら貯蓄ができる点は、終身保険が人気を集めるひとつの理由と言えるでしょう。

また、終身保険はいつでも解約をすることができます。

子供の進学や老後に資金が必要になった際、終身保険を解約しまとまったお金を作り出すこともできます。

しかし、注意しておきたいのは「終身保険を解約した時点で保険の保障効果は失効してしまう」という点です。

解約返戻金を受け取ったあと、万が一の出来事が起こってしまった場合は、これまでの保障は適用されません。

保険の保障内容を失効させずに給付金を得たい場合は「契約者貸付」を利用するのもひとつの方法です。

契約者貸付とは、解約返戻金や保障金の一部を一時的に借り入れることができる制度です。

一時的にお祝い金を受け取れなくなったり、返済ができないと保険が解約されてしまったりするリスクもあるため、利用は慎重に行いましょう。

 

解約返戻金の増減を考える!


終身保険との付き合い方 解約返戻金がある貯蓄型の保険は、銀行の預金と似た構造をしています。

解約返戻金によって積み立てを行うことと、銀行に預金をすることではどのような違いがあるのでしょうか。

保険効果の有無はもちろん、銀行預金で資産を運用する場合と解約返戻金制度を利用し資産を作る場合では、解約返戻金制度を活用した方が有利なケースも多いです。

お金を預けることによって生まれる資金が大きいのであれば、終身保険に加入し積み立てを行うほうが賢明と言えるでしょう。


しかし、支払った保険料の総額よりも多額の解約返戻金を受け取りたいと考える場合は、長期間に渡り保険に加入する必要があります。

早期で保険を解約してしまった場合は、当然元本以上の給付金は払い戻されません。

早期に解約をすることなく積み立てを行いたいなら、終身保険に加入する前に保険料の支払いプランについてシミュレーションをしておくことが大切です。

終身保険は、定期保険とは異なり契約期間が長期になるにつれて急激に保険料が高くなるケースはほとんどありません。

そのため、月々の支払いはいくら程度に設定しておけば良いのかが見通しやすいとも言えます。
 

解約返戻金で損をしたくないなら!


終身保険加入のポイントは? 解約返戻金で損をしないために、終身保険へ加入する際のポイントにはどのようなものが挙げられるでしょうか。

まず「終身保険へ加入する際には、解約返戻金の返戻率を確認しておく」ことが大切です。

これは、加入する保険会社によって返戻率には差があるためです。

つまり、同程度の保障内容・保険料であっても解約をすることで得られる返戻金の額に差が生まれるのです。

通常、返戻率は100%や120%のような百分率で表記されます。

100万円を支払った場合、返礼率が100%であれば100万円が支払われ、120%であれば120万円が支払われるということになります。

また、解約返戻金の必要性や用途についてしっかりと考えておくことが大切です。

解約返戻率の高さが保険料の額に影響を与えているケースもあります。

多額の解約返戻金が必要なわけでもないのに、高額な保険料を支払い続けることは加入者の負担にも繋がり、無駄が多いことも事実です。

解約返戻金の使い道と同様に「自分がなぜ終身保険に加入する必要があるのか」についても把握しておきましょう。

安易な気持ちで保険に加入してしまうと、早期解約をすることに繋がり、結果的に支払った保険料を無駄にしてしまいます。

終身保険に加入するからには、長期的に保険契約を結ぶことが望ましいです。

確実に自分に合った終身保険を見付けるためにも、保険を選ぶ際は複数社を比較・検討すると安心です。
 

きちんと選べばお得に!


後悔のない終身保険選びを 堅実に積み立てをしながら死亡のリスクに備えられる終身保険は、加入者にとってメリットが多いプランと言えます。

しかし、解約返戻金の特徴や返戻率の変動について詳しく知らずに契約を結んでしまうと損をしてしまう可能性もあるのです。

長く加入することでメリットが増える終身保険だからこそ、解約返返戻率の仕組みや特徴について知っておくと安心です。
 


【関連記事】

◆◆「死亡時や将来のために考えよう!終身保険情報マニュアル」 ◆◆

◆◆「万が一の死亡時に備える生命保険「BrightReach」はこちら」 ◆◆

お問い合わせ

保険についての疑問やご質問、
何かお困りの際は、お気軽にご相談ください。
当サイトのメールフォームよりお問い合わせいただき
担当者が折り返しご連絡いたします。