catch-img

一生涯保障してくれる終身保険とは? メリットとデメリットまとめ

「どうせ保険に加入するなら損をしないプランに入りたい」という思いは多くの方が抱くものです。

保険料を無駄にすることなく、手厚い死亡保障を受けられる「終身保険」はこうしたニーズに答える保険商品であると言えます。

皆さんは、終身保険がどのような特徴を持つ保険であるかご存知ですか?

また、一口に終身保険といってもその種類はさまざまです。

今回は、終身保険の特徴と種類について解説します!
 

【目次】

終身保険とは一体何?特徴は?


終身保険とは、加入者が死亡もしくは高度な障害を抱える事態に陥った場合、保障が適用される保険です。

受取人に死亡保険金としてお金が支払われます。一生涯に渡り保障が得られる保険であるため、支払った保険料が無駄になりにくいのも人気を集める理由の1つと言えるでしょう。

また、終身保険には貯蓄性があることも特徴です。解約返戻金制度などが設けられているため、お金を積み立てやすく子供の教育費や老後のための資金形成に利用しやすい保険と言えます。

その種類は、基本的な終身保険のプラン以外にも受け取り可能な解約返戻金の額を抑えた「低解約返戻金型」、インフレのリスクを回避できる「積立利率変動型」、ハイリスク・ハイリターン型の「変額保険」などがあります。

これらの保険は、同じ終身保険でも解約返戻金の額やインフレリスクへの備えなどの観点から特徴が異なります。異なるのは終身保険の構造だけではありません。

通貨も、円建てに限らず外貨建てのプランもあります。

 

終身保険に加入する!

 

入っておくメリットは?

終身保険に加入するメリットは「保険金は必ず受け取ることができる点」と「加入者の死亡に備えながらも、資産を形成できる点」が挙げられます。

まずは「保険金を必ず受け取ることができる点」を解説しましょう。

終身保険以外の保険は、保障期間が定められているものが多いです。契約期間が終了してしまった際に万が一のことが起こる可能性はゼロではありません。

しかし、終身保険の場合は保障が一生涯に渡って続くため、必要なときに必要な保障を確実に受けることができます。

次に、「加入者の死亡に備えながらも、資産を形成できる点」に着目しましょう。

定期保険などの掛け捨て型の保険に加入する場合、契約期間中に万が一のことがない限りは、保障金を受給することはできません。

しかし、終身保険のような貯蓄性がある保険の場合は、支払った保険料は積み立てられていきます。構造は、銀行に預金をするケースと同様です。

積み立てられたお金は、保険の契約を解約した際に解約返戻金として払い戻され、加入者が死亡したに死亡保障金として支払われます。銀行に預金をした場合保険効果はないため、お金を積み立てながら万が一に備えられる終身保険はメリットが多いと言えるでしょう。

また、積み立てたお金はさまざまな用途に活用することができます。例を挙げると、子供の教育費や葬儀・老後・介護などの費用などです。学資保険や個人年金保険のように活用しやすい点も終身保険の特徴です。

万が一、加入者が死亡し、死亡保障金を受取人に相続させる場合にもメリットはあります。死亡保障金の受け取りには控除額が設けられており、支払う税金を抑えることができるため税金対策として活用できるのです。

 

安易に加入するのは注意!

終身保険に入るデメリット 終身保険に加入するデメリットとしては「保険料が高額になりやすい点」「早期解約をすると損をしてしまう点」「保険を見直しにくい点」などが挙げられます。

終身保険は、一生涯に渡って保障が続く反面、保険料が高額になりやすいという特徴があります。保険は、加入する期間が長ければ長い程、加入者の年齢が上がれば上がるほど保障が適用される可能性が高くなります。

よって、貯蓄型の保険は短期的に加入する掛け捨て型の保険よりも圧倒的に死亡保障を受ける確率が高いということになります。

保険料は、死亡保障金を受け取る確率によって割り出されている部分もあるため、保険料が高くなりやすいのは当然と言えるでしょう。

しかし「思っていたよりも保険料の負担が大きいから解約をしよう」と早期解約をしてしまうと損をしてしまいます。

終身保険は、加入する期間が長期になり支払った保険料の額が増えれば増えるほど、最終的に払い戻される金額も多くなります。

早期解約をすると、支払った保険料よりも少ない金額だけしか払い戻されないため、損をしてしまうのです。

早期解約と同様に、保険の内容を見直しプランを変更することで損をしてしまうケースもあります。


 

終身保険に加入すべき?


向いている人と向いていない人

終身保険に加入すべきなのは「貯蓄をしながら死亡のリスクに備えたい」という方です。

しかし、注意しておきたいのが終身保険に手厚い死亡保障を付けてしまうと、保険料が高額になりやすいというポイントです。

保険料と生活のバランスを考えるのであれば死亡に対する保障を抑え、貯蓄目的で終身保険を活用するのも良いでしょう。

月々の保険料が負担にならない場合は、医療保障に関する特約などを付けることで保障を充実させることもできます。(特約の医療保障のために支払った保険料は、貯蓄分には含まれないため注意が必要です。)

また、終身保険は貯蓄をすることが苦手な方にもメリットが多い保険です。

終身保険は、早期解約をしたりプランを変更したりすると支払った保険料が無駄になりやすい特徴があります。

そのため、貯蓄が苦手な方でも「損をしたくない」という思いが働き、自然にお金を積み立てることができます。

解約をしなくては返戻金を受け取ることはできないため、将来的に必要になる教育費や老後・介護の資金を貯蓄しておきたい方にも適していると言えるでしょう。

 

貯金が苦手な人ほど加入すべき!


数ある保険のなかでも貯蓄性が高い終身保険。

死亡保障を確実に受けたいと考える方だけではなく、貯金が苦手な方にもメリットが多い保険です。

しかし、保険料が高くなったり、早期解約・見直しができなかったりする点などデメリットがあることも事実です。終身保険に加入する前には、保険料の支払いプランについて熟考しましょう。

 

【関連記事】

◆◆「死亡時や将来のために考えよう!終身保険情報マニュアル」 ◆◆

◆◆「万が一の死亡時に備える生命保険「BrightReach」はこちら」 ◆◆

 

お問い合わせ

保険についての疑問やご質問、
何かお困りの際は、お気軽にご相談ください。
当サイトのメールフォームよりお問い合わせいただき
担当者が折り返しご連絡いたします。