catch-img

生命保険って加入すべき?保障内容と状況ごとの必要性まとめ

● 社会人として独り立ちをする
● 結婚する
● 家族が増える
● マイホームを購入する
● 定年退職をする

など、人生の節目となるライフプランにはさまざまなものがあります。

ライフプランに合わせ自分の生活を守るためや、家族を困らせないために加入しておきたいのが生命保険です。

しかし、商品によって特徴や保障内容が変わってくるため、保険選びを難しく感じてしまう方もいるようです。

今回は生命保険の保障内容と加入する必要性について解説します。

【目次】

理解している?保険料や解約返戻金の決まり方


生命保険に加入する前にその仕組みについて知っておくことが大切です。

生命保険料は一般的に月払いが多いですが、なかには

● 一時払い
● 年払い
● 全期前納払い


などがあります。

加入する保険料や加入者の状況に応じて保険料は変動しますが、どのような点に着目し金額が設定されているのでしょうか。

保険料は「契約者が保障を受ける確率の高さ」「保障内容」などを踏まえて決定されます。

たとえば、健康的な20代の方と、病気になるリスクが低いとは言えない高齢者が同じ保険に加入する場合、若年の方の保険料は高齢者よりも安くなります。

また、定期保険の場合は加入する期間が長ければ長い程、保障を受ける可能性が高くなるため保険料が増していくという特徴があります。

また、保障によって支払われる金額や特約・解約返戻金の有無などによっても設定される保険料は変わります。

解約返戻金とは、加入者が保険を解約した際に支払われる給付金のことで、主に貯蓄型の保険に付いている制度です。

解約返戻金は、積立金-解約解除にかかる費用×返戻率によって算出され、返戻率は加入する保険によって異なります。


詳しくは、◆◆「知っておくべき保険の仕組み!種類毎の特徴まとめ」◆◆をご参照ください。


生命保険の基本は3種類!


次に、生命保険の種類について着目してみましょう。

定期保険」とはある限定された期間を対象に保険契約を結び、加入者が所定の状態に陥った場合に保障が適用される保険です。

貯蓄効果はなく、契約初期の保険料が安いという特徴があります。

一方で「終身保険」「養老保険は貯蓄効果の高い保険です。

加入者に万が一のことがあった場合に保障が適用されるだけではなく、支払った保険料が積み立てられていくため、資産形成に役立てることができます。

定期保険よりも月々の支払額は高い傾向にありますが、保険料が急激に上がることはありません。

積み立てられた保険料は、死亡保障金や解約返戻金、満期給付金として払い戻されます。


詳しくは、◆◆「生命保険の種類を知ろう!それぞれの保険のメリット・デメリットまとめ」◆◆をご参照ください。


生命保険選びで大切なこと!必要保障額を計算しよう


生命保険選びの大きなポイントになるのが「必要保障額」です。

必要保障額とは、
保険加入者が死亡した場合に必要になる金額を指しています。


その算出方法は、

● 加入者が死亡した際にかかる費用(葬儀・墓・遺品整理にかかる費用)
● 加入者が扶養している家族が生活を続けていくための費用(住居代・ローン返済費・生活費・教育費など)

を合算し、

● 遺族が手にする収入(加入者が死亡することによって受給する保障金・月々の収入など)

から差し引いて算出します。

収入から支出がマイナスになった場合、その額を生命保険でカバーすべき必要保障額と設定するのです。


詳しくは、◆◆「生命保険の必要保障額はいくら?目安と算出方法のポイント」◆◆をご参照ください。


生命保険は必要ないの?不要な人と必要な人では何が違う?


生命保険が必要ないケースにはどのような場合が考えられるのでしょうか。

生命保険の必要性

● 扶養する家族の有無
● 自分が死亡することによってかかる費用を貯蓄できているのか否か

に大きく左右されます。

まず、扶養する家族がいる場合は、生命保険に加入する必要があります。

特に、配偶者が職に就いていなかったり、小さな子供がいたりする場合は、生命保険に加入する必要性は高いと言えるでしょう。

また、将来の生活・自分の死亡に向けて金銭的な準備ができていない方も生命保険に加入する必要性が高いです。

定期保険に加入すると、万が一のことがあった際に保障金を受け取ることができますが、確実に資金を用意したいという方は、貯蓄型の保険に加入するのも良いでしょう。

支払った保険料が積み立てられていくので、貯蓄が苦手な方でも安心です。

扶養する家族がいない、十分な貯蓄があるなどの場合は、生命保険へ加入する必要性は低いと言えます。


詳しくは、◆◆「生命保険は必要ない?必要な人と不要な人の違い」 ◆◆をご参照ください。


生命保険の特約!三大疾病保障は本当に必要?


三大疾病保障とは、

● がん
● 急性心疾患
● 脳卒中


などを患った際に治療費や入院費などを保障する特約を指します。

三大疾病の死亡率を合せると、日本人の死亡原因の約半分を占めることもあり、加入率は高まっています。

しかし、三大疾病保障は適用条件が厳しいことも特徴です。

がん、急性心疾患、脳卒中にかかったからといって必ずしも保障が適用されるわけではないため注意しましょう。

特約のなかには、適用要項が緩和されている商品も登場しているため、契約の前に内容を確認することが大切です。


また、三大疾病の発症率は、年齢によっても左右されるため、年代が若いうちは特約を付ける必要性は低いと言えるでしょう。


詳しくは、◆◆「生命保険に三大疾病の特約は必要?考えるべきポイントまとめ」◆◆をご参照ください。


独身に生命保険はいる?必要性を考えよう


生命保険に加入する場合、独身の方は死亡保障の内容について考えることが大切です。

生命保険は、加入者が死亡した後遺族が金銭的な負担を抱えないための対策です。

独身の方が生命保険に加入する際には、死亡保障額が大きすぎる場合もあります。

死亡保障の額が大きく設定されていると、支払う保険料も高額になるため注意しましょう。

独身の方は、葬儀や墓代など自分が死亡した際の出費を貯蓄できていれば、生命保険に加入する必要性は低いと言えます。

医療保障が充実したプランに加入することが望ましいです。


詳しくは、◆◆「独身の生命保険加入!必要性や保険選びのポイント」 ◆◆をご参照ください。


女性に生命保険は必要?加入の意味とは


女性が生命保険に加入する必要性があるのは

● 共働き
● 自分の収入で子供や家族を養っているケース


のみに限られます。

これは男性が働き、女性が家を守るという構図が一般的であり、専業主婦の方や扶養する家族がいない方の場合は生命保険に加入する必要性が低いためです。

女性が保険に加入する場合は、女性特有の病気や出産に対する保障が得られる女性用医療保険などを選ぶのも良いでしょう。

しかし、自分が死亡することによって、家族の生活が金銭的に苦しくなる場合は、生命保険に加入しておくと安心です。


詳しくは、◆◆「女性に生命保険は重要?必要性を考えるためのポイント」◆◆をご参照ください。


30代で生命保険に加入する!


その必要性とは 30代は結婚や出産、マイホームの購入などのライフイベントから生命保険への加入を考える機会が多い年代とも言えます。

30代は、病気やケガ、死亡のリスクも低く安い保険料で生命保険に加入しやすいタイミングです。

また、早い段階で貯蓄型の保険に加入しておくと家族や老後のための資金を作りやすく、メリットが多いと言えます。

生命保険に加入するか否かを迷った際には、現在の家族構成はどうなっているのか、生命保険料は高額すぎないかなどの点に着目し、プランを選ぶ必要があります。

子供が小さい場合は、死亡保障を手厚くしておいた方が良いケースもあるため、必要保障額の計算をしっかりと行うようにしましょう。


詳しくは、◆◆「30代の生命保険の必要性は?加入のポイントや保険の選び方」◆◆をご参照ください。


40代の生命保険選び!?


収入と支出のバランスを考えて 40代の生命保険は、特に慎重に行う必要があります。

その理由は、40代という年齢は死亡や病気、ケガなどのリスクが高まると共に老後資金の形成についてプランニングをしなくてはいけないためです。

40代で保険に加入する場合、死亡保障・医療保障・老後資金の貯蓄などの要素を踏まえながら選ぶようにしましょう。

ひとつの保険で死亡・医療の保障を万全に整え、貯蓄まで行おうとすると保険料が高額になってしまうケースも考えられます。

その場合は、掛け捨て型保険と貯蓄型保険の両方に加入することも検討してみましょう。


利用する保険によっては、保険料を節約できるケースもあります。


詳しくは、◆◆「40代に生命保険は必要なもの?加入率の現状と保険選びのコツ」◆◆をご参照ください。


老後の備えに生命保険!加入の必要性は?


老後に生命保険へ加入する場合は

● 今後の生活
● 貯蓄の有無
● 資産を残したい家族の有無


などについて考えることが必要です。

老後のことを考えて保険に加入する場合自身が死亡し、かかる費用を自分の貯蓄でカバーできれば、生命保険に加入する必要性は低いと言えます。

しかし、貯蓄性の高い保険を活用することで、老後の資金や介護にかかる費用を用意できるというメリットもあります。

また、生命保険に加入しておくことは相続税対策にも効果的です。

遺産を相続するためには、相続税がかかります。

生命保険の死亡保障金としてお金を受け取る場合は、控除枠が設けられているために相続税が安く計上されるのです。


詳しくは、◆◆「老後の生命保険は重要?必要性と加入方法マニュアル」◆◆をご参照ください。


状況によって必要性は異なる!


自分にぴったりの生命保険をみつけることは「すべての方のニーズに答える最高の保険」ではありません。

なぜなら、それぞれの商品にあるメリットやデメリットは、加入する方によってどのように影響を及ぼすのかが変わるためです。

生命保険選びは未婚か既婚か、子供の有無、年齢などを踏まえ、自身の環境を整理しながら慎重に進める必要があります。

環境によって生命保険の必要性は変わり、自分に合った保険の種類も変わるためです、


また、生命保険を選ぶ際にはいくつかの保険商品を見比べて選ぶようにしましょう。


◆◆「万が一の死亡時に備える生命保険「BrightReach」はこちら」◆◆

お問い合わせ

保険についての疑問やご質問、
何かお困りの際は、お気軽にご相談ください。
当サイトのメールフォームよりお問い合わせいただき
担当者が折り返しご連絡いたします。