catch-img

30代の生命保険の必要性は? 加入のポイントや保険の選び方

結婚や出産にマイホームの購入など、生命保険の加入を考える機会も増えやすいのが30代です。

家族の生活や老後を考えると、早い段階から保険に加入することはメリットが多いという見解を持つ方もいます。

しかし、30代で保険に加入する際には、その必要性についてしっかりと考えることが大切です。

今回は、30代の方に生命保険が必要な理由と、保険選びのポイントについて解説します。

【目次】

30代に生命保険は必要なものなの?


30代で生命保険に加入する必要性が高いのは「既婚で子供がいる方」です。

子供がまだ小さい場合は将来的にかかる大きな出費も予測しておくことがポイントになります。

妻と小さな子供を扶養している30代の男性が死亡した場合、葬儀にかかる費用(墓が必要な場合は墓代)と、遺品整理にかかる費用がすぐに必要です。

妻と小さな子供を扶養している点を踏まえて考えると、その後の家族の生活費、子供の進学費、住居を購入している場合はローンの費用なども必要になります。

これらの費用を健康保険の保障と貯蓄だけでカバーするのには限界があります。

30代は健康状態が良好な場合も多く、保険に加入しやすいです。

また万が一の際に備えるだけではなく、早い段階から老後の資金を貯蓄するのも良いでしょう。

30代で加入する保険のプランには、リーズナブルな保険料で一生涯の医療保障を得られるお得な商品もあります。

「子供もまだ小さいし、一時的に病気やケガ、死亡のリスクに備えたい」と考える方は、定期保険に加入するのもひとつの方法です。保険料を抑えながらも、充実した保障を受けられます。

しかし、掛け捨て型の保険になるため長期的に加入すると損をしてしまうケースもあるため注意が必要です。定期保険に加入する際には、加入する期間と保険料のバランスについて考えるようにしましょう。

生命保険に加入する前に!


同じ30代でも男女で考え方は異なる?

同じ30代でも、性別によって生命保険に加入する必要性は変わってきます。

結論から言うと、生命保険に加入する人の割合は男性が多いです。
(なお、医療保険などを含めると男女比に差はありません。)

これは「男性は働くことが生活の基盤になりやすい点」が影響していると考えられています。

女性の場合、結婚や出産など、ビジネスキャリアに影響を与えるライフイベントが多いです。

結果的に男性が働き、女性が家を守るという家庭の構造が構築されやすいため、男性の生命保険加入率が上昇するといわれています。

では、30代の女性は生命保険に加入する必要がないのでしょうか。

30代という年齢は病気のリスクが高まる年代とは言い切れません。

しかし、女性の場合は出産により帝王切開術を受けるケースもあります。

帝王切開で出産をする場合、入院日数が長くなったり、手術費用が高額になったりしやすいため、通常の出産よりも医療費が割高になります。

出産や女性特有の病気(子宮頸がんや乳がん)などに早い段階で備えておきたいという方は、女性用医療保険に加入しておくと安心です。

女性の場合、死亡保険に加入する必要性は低いですが病気やケガに対する保障を充実させることは重要と言えるでしょう。

30代の生命保険!


保険料はいくらが妥当なの?

生命保険に加入する際には、保障内容と保険料のバランスに着目し商品を選ぶ必要があります。

しかし、初めて生命保険に加入する方のなかには「どの程度の保険料を支払い、どのような保障を付けて良いのか分からない」と困惑してしまう方もいるようです。

一般的に、生命保険料はいくら程度支払うのが妥当なのでしょうか。

生命文化センターの「生命保険に関する全国実態調査」(28年度版)によると、保険料の平均支払額は30代男性が月に1万6,000円程度、30代女性は月に1万4,000円程度が平均です。

しかし、生命保険料の支払金額は、保障の内容によって変わってくるものです。

同じ30代の方が扶養する家庭でも、子供の人数や配偶者が働いているのかいないのかによって環境は異なります。

加入すべき保険の種類も変わってくるうえに、特約の有無も保険料の金額に大きく影響を与えています。

30代で小さな子供を持つ方の場合、保障の内容を手厚くしているケースが多いことを考慮すると、保険料の平均的な数値は参考にならずに、少なからず上下する可能性があります。

30代の生命保険の選び方!


考えるべきポイントは?

30代の保険選びに必要なポイントを整理していきましょう。

まず着目したいポイントは「自身の家族構成」です。

扶養する家族の人数が多ければ多いほど、死亡保障は手厚くする必要があります。

独身の方の場合、高額な保障は不要です。次に「保障の内容が家族に必要なものなのか」を考えることが重要です。

高額な死亡保障は必要ないのにもかかわらず、プランに加入してしまうと保険料が無駄になってしまいます。

一般的な保険料の金額と差額が大きくなりすぎていないかを確認しておくのもポイントと言えるでしょう。

また、生命保険を選ぶ際には、必ず複数の保険会社を比較してから決めるようにしましょう。

会社によって、保障内容は同じでも保険料の額に差が生じるケースもあります。

保障内容が充実していながらも、保険料の金額がリーズナブルな商品を選ぶのが賢明です。

サービスの内容も会社によって異なるために、保険会社の資料やホームページなどを熟読しておく必要があります。

複数の会社を比較しながら自分に合った保険を見付けだすには、時間がかかるケースもあります。

加入するプランによっては途中解約をすると損をしてしまうものもあるため、多少時間がかかっても慎重に選ぶようにしましょう。

家庭によりけり!


状況に合わせて加入を決める 30代は大きなライフイベントを迎えやすい年代と言えます。

「家族の生活や自分の体、老後の生活を気にかけ、生命保険に加入しておきたい」という考えは、自分や家族の人生を豊かにすると言えるでしょう。

しかし、30代で生命保険を選ぶ際には、これからの人生を思い描きつつ、現在の生活のことも考えなくてはなりません。

自分にとって最適と言える保険に加入したあとも、定期的に保険の見直しを行うことを忘れないようにしましょう。


【関連記事】

◆◆「生命保険って加入すべき?保障内容と状況ごとの必要性まとめ」 ◆◆

◆◆「万が一の死亡時に備える生命保険「BrightReach」はこちら」 ◆◆


お問い合わせ

保険についての疑問やご質問、
何かお困りの際は、お気軽にご相談ください。
当サイトのメールフォームよりお問い合わせいただき
担当者が折り返しご連絡いたします。