catch-img

女性に生命保険は重要?必要性を考えるためのポイント

女性の場合、結婚や出産などのライフイベントを経て「生命保険に加入したい」と考える方もいるようです。

しかし、生命保険に加入する場合はその必要性について熟考する必要があります。

女性が生命保険に加入すると決めた際には、どのようなプランを選ぶのが正解なのでしょうか。

今回は、女性が生命保険に加入する必要性と保険選びのコツについて解説します。

【目次】

女性が生命保険に加入する意味は?必要なものなの?


残された家族が生活に困らないよう、まとまったお金を用意する目的で活用されるのが生命保険です。

生命保険に加入している方の男女比率は、圧倒的に男性が多い傾向にあります。

これは、男性が収入を得て家族の生活を支えている家庭が多いことを示しています。

では、女性が生命保険に加入する必要性としてはどのような点が挙げられるのでしょうか。

専業主婦の女性が死亡した際にかかる費用を参考にしてみましょう。

まず、専業主婦の女性が死亡した際には、葬儀関連と遺品整理にお金がかかります。

しかし、葬儀と遺品整理にかかる費用を併せても数百万円に収まる場合が多く、貯蓄や公的な健康保険料の給付金で賄えるケースがほとんどです。

わざわざ生命保険に加入し、多額の死亡保障金を準備する必要性は低いでしょう。

しかし、子供がいる家庭の場合は、母親がいなくなることによってシッター代や家事代行などの費用が別にかかってしまいます。

これらの費用は、短期間で大きな金額になるわけではありませんが、家族の生活を支える費用として長期的に必要になるケースが多いです。

また、女性が働いている場合、収入がなくなることによって家族の生活が成り立たなくなるケースも十分に考えられます。

その場合は生命保険に加入する必要性が高いと言えるでしょう。

独身女性が死亡後に必要なのは葬儀代と退去費用だけ!


次に、独身女性が死亡した場合に必要な費用に着目してみましょう。

独身女性が死亡した場合、必要になる費用は葬儀関連費と住居の退去にかかる費用のみとなります。

一般的な葬儀にかかる費用の内訳は、

● 葬儀を行う費用の約50万~60万円
● 飲食費の約40万円~50万円
● 寺院費用に当てはまる約45万円~55万円
● 香典返しの約25万円(1人当たり5,000円とし50人分)


となります。

葬式を行うためには、130万円から200万円程度の費用が必要です。

規模によってはさらに金額がかさむケースもあります。

また、独身女性が死亡した際には、住んでいた部屋の片付けを誰かが行わなくてはなりません。

専門的な業者に頼み清掃を行った場合、部屋の広さにもよりますが約10万円~20万円の費用がかかります。

葬式にかかる費用と遺品整理の費用を合わせると、約140万円~220万円です。

数百万円の費用であれば、貯蓄と公的な健康保健でカバーできるため、数千万円単位の死亡保障金を準備する必要はありません。

よって、独身女性の場合は生命保険に加入する必要性が低いと言えます。

しかし、独身女性のなかには老後の資金について不安に思う方が多いのも事実。

その場合は、貯蓄型の保険に加入し、積み立て目的で活用するのもひとつの方法と言えます。


こんな場合は必要!


女性が生命保険に入るべきケース 環境によっては生命保険に加入すべき女性もいます。

なかでも、小さな子供を持つシングルマザーの方は生命保険に加入する必要性が高いです。

働きながら子育てを行う女性が亡くなった場合、葬儀関連や遺品整理にかかる費用、子供が生活をしていくための費用、将来的に子供が進学するための費用などがかかります。

これらの費用を貯蓄と公的な健康保健の給付金だけで賄うことは難しいです。

シングルマザーの女性が生命保険に加入する際には

● 充実した死亡保障が得られること

● 損をしにくい構造になっていること

● 保険料が高額になり過ぎないこと


に注意しながら商品を選ぶようにしましょう。

シングルマザーの女性が保険に加入する際には、

● 一生涯に渡って保障が得られる「終身保険」

または

● 保険料を確実に積み立てることができる「養老保険」


を選ぶのがおすすめです。

一時的に死亡や大病、ケガに備えたい場合は掛け捨て型の保険に加入するのも良いですが、長期的に加入し続けると支払った保険料が無駄になりやすいという特徴もあります。

終身保険や養老保険は「死亡保障が確実に受けられる」「積み立てをしながら保険効果を得られ、満期になると高額な給付金を受給できる」など、シングルマザーに嬉しいメリットがたくさんありますが、一方で保険料が高額になりやすいです。

これらの保険に契約をする際には、支払いプランについてよく考えることが大切です。

保険料を抑えつつ保障を受ける!保険加入のポイントって?


「子供が小さなあいだは、死亡保障が手厚い保険に加入しておきたい」という女性もいるのではないでしょうか。

しかし、子供が生まれ、成人するまでのあいだは、家庭が負担する生活費や教育費の負担も大きくなりやすいです。

そんななか、手厚い保障を得るために高額な保険料を支払い続けるのは、現実的に難しいと言えます。

「充実した保障」と「リーズナブルな保険料」のバランスが取れた商品に加入するのも良いですが、同時に2つの保険に加入して万が一の備えるのもひとつの方法です。

加入する保険の内容は「終身型医療保障」と「定期型死亡保障」を選ぶと良いでしょう。


一般的に死亡保障が含まれる保険商品は、支払う保険料が高額になりやすい傾向にあります。

しかし、定期型の商品を選ぶことで保険料を支払う期間が短くなり、保険にかかる費用を抑える効果があります。

定期型の死亡保障は、掛け捨て型と呼ばれる保険に分類されるため、高齢になったときの保障が心配という方もいます。

終身型の医療保障に加入しておくことで、ケガや病気などに備えることができ、万が一の際にはまとまったお金を用意しやすくなります。

必要な保障内容の保険を選ぶのがコツ!


すべての女性に生命保険の加入が必要なわけではありません。

そのため、何も知らずに生命保険に加入してしまうと、支払った分の保険料が無駄になってしまうケースもあります。

生命保険の加入を考える女性は、まず

● 自分の生活環境がどのようなものなのか

● どのような保障を保険から得たいのか


を明確にすることから始めましょう。


【関連記事】

◆◆「生命保険って加入すべき?保障内容と状況ごとの必要性まとめ」◆◆

◆◆「万が一の死亡時に備える生命保険「BrightReach」はこちら」 ◆◆


お問い合わせ

保険についての疑問やご質問、
何かお困りの際は、お気軽にご相談ください。
当サイトのメールフォームよりお問い合わせいただき
担当者が折り返しご連絡いたします。