catch-img

女性にこそおすすめしたいがん保険への加入!その理由は?

保険は男性が入るものと思っている人が案外少なくないようです。

それは一般的に男性のほうが稼ぎ多く、家計を支えているケースが多いからかもしれません。

しかし、働く女性はもちろん、専業主婦として家事に専念している女性も、病気で普段通りの生活ができなくなると、周りに大きな影響が及ぶことは男性と変わりません。

特にがんは治療費も高額なうえに、治療に専念すると仕事もそれまでと同じようにはできなくなる可能性があります。

この記事では、女性にもがん保険の加入をおすすめする理由と加入する際の注意点について解説します。

【目次】


女性こそ大事!がん保険の必要性とは?


がんのリスクは老若男女を問わず誰にでもあります。

もちろん、年齢や性別によってリスクの大きさは異なりますが、リスクがゼロという人はいません。

しかも、日本人の場合は、2人に1人が一生涯のうちに何らかのがんにかかることが統計からもわかっています。

ですから、がん保険の必要性は、誰もがかかりうるがんに備えるという点にあります。

女性の場合、30代後半から急激にがんの罹患率が上がり、50代までは女性のほうが男性よりも罹患率が上回っている点がポイントです。

仕事や子育てに忙しい時期とがんのリスクが高まる時期が重なっているため、男性以上に女性にはがん保険の加入が必要です。

家計を支えている人でなくても治療費はかかります。

日頃家事を任されている専業主婦でも、治療に専念するために家事ができなくなれば、代わりの人を頼まなければならなくなるでしょう。

そのようなときの費用負担を軽減できる点もがん保険の必要性と考えられます。

詳しくは、◆◆「がん保険はなぜ必要?女性にとっての必要性を考えてみよう」◆◆をご参照ください。

どこが違う?女性向けと男性向けのがん保険の違いとは


がん保険には、男性が入る一般向けのがん保険のほかに、女性を対象とした女性向けのがん保険があります。

一般向けのがん保険は男女を問わず入れる代わりに、男女共に罹患する可能性があるがんについての備えが中心です。

しかし、女性がもっとも罹患する率が高いがんは乳がんです。

また、ほかにも子宮がんや卵巣がんなど、女性のみがなるがんが存在します。

若い時期に、男性よりも女性のがん罹患率が高いのは、30代ごろから乳がんや子宮がんにかかる人が増えるためです。

つまり、女性特有のがんに対する備えが重要になります。

女性向けのがん保険は、女性特有のがんに対する保障が手厚くなっている点です。

男女を問わずかかる可能性がある部位については、一般的ながん保険と同様の保障を受けられるので、より充実した内容になっているということができます。

乳がんや子宮がんの初期段階に多い上皮内新生物や乳がん摘出手術後の乳房再建手術が給付金の対象になっているものが多い点も、女性向けのがん保険ならではの特徴です。

詳しくは、◆◆「女性用のがん保険!男性用とどこが違うの?」 ◆◆をご参照ください。


女性におすすめ!掛け捨てのがん保険


女性ががん保険に加入するなら、掛け捨て型を選ぶのがおすすめです。

がん保険には掛け捨て型と貯蓄型の2種類があります。

掛け捨て型は、
貯蓄型に比べて保険料が割安なのが魅力です。

貯蓄型の場合、
保険料の一部を運用に回さなければならないため、同じ保障内容であれば、保険料が割高になってしまいます。

掛け捨て型は、解約したときには解約返戻金がほとんどありませんが、割安な保険料で大きな保障を準備することが可能な点がメリットです。

がん保険はがんのリスクに備えるのが目的ですから、最初から解約を前提に考えて加入するのは本末転倒と言わざるを得ません。

解約したときにお金がいくらか戻ってきても、解約すると必要な保障が受けられなくなるからです。

掛け捨てにすることで、より安い保険料で充実した保障内容を準備できるのであれば、掛け捨てを選ぶことに大きな意味があります。

詳しくは、◆◆「女性のためのがん保険講座!掛け捨てのメリット・デメリットを知ろう」◆◆をご参照ください。

見逃せない!女性ががん保険を選ぶなら支払い条件をチェック!

がん保険は、保障の中身だけでなく給付金の支払い条件についても、保険会社や保険の種類ごとに違いがあります。

ですから、女性ががん保険を選ぶときには、どのような条件のときに給付金が支払われるかを事前にしっかり確認しておくことが大事です。

まず、どのがん保険でも共通して、加入後90日間の免責期間があります。

このことを知らずに入ると、保険料を払い続けたのに、給付を受けられないということにもなりかねませんので注意が必要です。

一方、がん保険ごとに異なるのが支払い条件や支払われる回数です。

がんの場合、1連の治療だけで完治するとは限りません。

転移や再発にも備えるのであれば、複数回給付金を受けられるタイプがおすすめです。

その場合、2回目以降の支払い条件についてもしっかり確認しておいたほうがよいでしょう。

1回目と2回目以降では、支払い条件が大きく違うケースもあります。

詳しくは、◆◆「女性も入っておきたいがん保険!事前の条件確認が重要」 ◆◆をご参照ください。

どうする?女性にぴったりながん保険の選び方


女性ががん保険を選ぶ際には、選び方のポイントをしっかりとおさえて選びましょう。

たとえば、がんの治療方法が年々変化している点にも注目が必要です。

かつてのがん治療は入院して手術が当たり前でしたが、通院で放射線治療や抗がん剤治療、免疫療法による対応が主流になってきています。

ですから、がん保険の中身が昔の治療内容に合わせたものだと、実際に治療をうけるときにまったく役立ちません。

少なくとも通院治療に対応していること、給付金を複数回もらえることに注目した選び方をする必要があります。

乳がんや子宮がんの早期発見に繋がる上皮内新生物でも給付金をもらえることなども選び方のポイントとして有効です。

詳しくは、◆◆「備えておきたいがん保険!女性ならではの選び方とは?」◆◆をご参照ください。


どんな特徴がある?女性に人気のがん保険


女性に人気のがん保険は、女性特有のがんに対する保障が手厚いという共通した特徴があります。

若い女性の場合、もっとも罹患するリスクが高いのが乳がんです。

乳がんの場合、全摘手術をしたら、乳房再建手術を受ける人が増えています。

男性も加入する一般的ながん保険では乳房再建手術は給付の適応外ですから、それに対応している女性向け保険が人気なのは当然でしょう。

子宮がんは統計が子宮頸がんと子宮体がんに分かれているため、あまり割合が多いようには感じられませんが、両方合わせると女性にとってリスクの高いがんです。

乳がんも子宮がんも上皮内新生物の段階で見つけられれば、完治する確率が高まりますから、上皮内新生物が給付の対象になっているがん保険も人気があります。

がんと診断された時点で、一時金が給付されるタイプも女性には人気です。

詳しくは、◆◆「人気のがん保険!女性が選ぶときのポイントは?」◆をご参照ください。

女性のがん保険活用術!検診で早期発見が必須


検診でがんが発見されるのを心配して、検診の直前にがん保険に加入しようとする人がいます。

しかし、それはがん保険に入る時期としてはNGです。

がん保険はがんのリスクに備えるためのものですが、加入後すぐにがんであることがわかっても、免責期間中に当たるので給付金をもらうことができません。

がん検診を受けたら結果が出るのを待ち、がんでないことがはっきりわかった段階で加入するのが基本です。

また、がんは早期発見すればそれだけ生存率が高くなり、保険の診断給付金を有効活用できます。

ですから、がん保険に加入した後も、定期的に検診を受け、早期発見で治療できるようにすることが大事です。

特に女性の場合、乳がんや子宮がんは初期段階で見つかれば完治の可能性や5年生存率が大きく高まります。

定期的な検診は、がん保険に入る前よりも入ってからのほうが大事です。

詳しくは、◆◆「女性ががん保険に入るタイミング!検診の直前はダメって本当?」◆◆をご参照ください。



備えあれば憂いなし!がん保険は生きていくための保障


がん治療の中身は年々変化してきています。

入院から通院に、切除手術から抗がん剤治療や放射線治療に変化したことにより、がん保険の中身も変わりました。

かつてがんは不治の病でしたが、医療の進歩と共に治せる病気になりつつあります。

それに伴ってがん保険は生きていくための保障という意味合いが強くなりました。

がんの治療には高額な費用が必要ですし、がんになったことで働けなくなれば生活費も不足してしまいます。

ですから、がん保険は、万が一がんにかかってしまったときでも、経済的な負担を気にすることなく生きていけるようにするための備えだと捉えましょう。

経済的な負担を補って治療に専念できるように、どんなときに給付金が出て、どんな条件のときには出ないのかということを正しく理解することが大事です。

女性が昨今のがん治療の形にあったものを選ぶという意味では、女性特有のがんに対する保障が手厚い女性用のがん保険である必要があります。

通院による抗がん剤治療や放射線治療を給付の対象にしているものである点もポイントです。

入院日数が短くなっているので、短期間の入院に対応しているものがおすすめです。

​​​​​​​掛け捨てでできるだけ保険料の負担を小さくしながら内容の充実を図りましょう。

詳しくは、◆◆「がんの治療費に備える生命保険「BrightReach」はこちら」 ◆◆をご参照ください。


お問い合わせ

保険についての疑問やご質問、
何かお困りの際は、お気軽にご相談ください。
当サイトのメールフォームよりお問い合わせいただき
担当者が折り返しご連絡いたします。