catch-img

生命保険の見直しをするべきメリットとは?ベストな保険を見つけるための指南書

「生命保険の見直しは定期的に行うべき」というのは、テレビのCMや広告などでよくいわれることです。しかし、終身保険のような一生涯保証の保険に入ったにもかかわらず、なぜ生命保険を見直す必要があるのでしょうか?今回は生命保険の見直しにおけるメリットとデメリット、見直しのためのベストな相談方法やタイミングまでを徹底的に解説していきます。見直しを勧められて困っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

【目次】


ライフステージにあった保険がわかる!
生命保険の見直しをするメリットとは?


自分で生命保険の見直しが難しい場合は、ファイナンシャルプランナーに相談するのがおすすめです。

ただし、相談する際のポイントを押さえておかないと、逆に不要な商品を勧められるケースもあります。保険会社のファイナンシャルプランナーは、自社の商品を勧めてくるのが普通です。

しつこい営業に流されないように、なぜ保険の見直しをしたいのか、その目的をハッキリとさせておくことが重要です。

また、相談に行く前は保険会社の評判や口コミを事前に調べておくのも一案です。

ライフステージが変化したタイミングで相談を行うと、ファイナンシャルプランナーもベストな提案をしやすくなります。

無用な営業を避けるためには、1社専属で保険商品を扱っている担当ではなく、複数社の商品を取り扱えるファイナンシャルプランナーに相談するようにしましょう。

詳しくは、◆◆「生命保険の見直し相談を効果的に行うために押さえておくべきポイント」◆◆をご参照ください。

タイミングが重要!生命保険の見直しをするならいつがベスト?

生命保険を見直すタイミングは、ライフイベントが発生する前後がベストです。

代表的な見直しタイミングは、結婚や妊娠、出産を経て新しい家族が増えたとき。

独身時代は自分のことだけを考えていればOKでしたが、家庭を築いたら、家族全員が安心して暮らせるように保険の見直しをしてください。

残念ながら離婚をしてしまった場合も、見直しが必要です。

子どもがいないなら、死亡保障の負担を軽くして自分のために医療保険を手厚くしましょう。

マイホームの購入は一番お金がかかるライフイベントです。

多額のローンを抱えるため、余分な保険料を払っていないかを確認します。

子どもの独立や定年退職を迎える頃になると、夫婦2人のことを考える時期。医療保険や介護保険の充実を重視してください。

詳しくは、◆◆「時期を考えて効果的に!生命保険の見直しをする最適なタイミングっていつ?」 ◆◆をご参照ください。


知らなきゃ損!生命保険の見直しポイントとは?

生命保険の見直しポイントは4つ。

1つ目は加入目的を明確にすること。

なんとなく入っていると、強引な営業にあったときに断りきれず、不要な保険に加入させられる恐れがあります。

2つ目は既存の保障内容と見直しをする保障内容の詳細を把握すること。

既存の保険で足りないのは何か、どこを見直して何を新しく追加するべきかを検討してください。

3つ目は、無駄な特約を付加していないか。

主契約に付加できる特約は便利ですが、ときにあれもこれもとつけすぎて、余計に入っているケースが多いものです。

4つ目は、複数加入している保険のうち、重複している保険はないか。

保険の重複は保険料の無駄です。自分にとってメリットの大きい保険を残し、余分な保険は解約するのがベストです。

詳しくは、◆◆「生命保険の見直しの際に知っておくべき4つの重要ポイント」 ◆◆をご参照ください。

定年退職をしたら必ず行いたい生命保険の見直し


定年退職をしたら、生命保険の見直しは必須です。

子どもに関する養育費や教育費の支払いは終わっているケースが多いので、子どもに対する手厚い死亡保障は薄くしても構いません。

配偶者を含めて同居する家族がいるなら、自分が死亡した場合に遺族が当面暮らしていける金額を算出しましょう。

保険金はどのくらい必要か、健康保険や年金などの公的年金でどこまで賄えるのかを確認します。

高齢者になると病気になるリスクがグンと上がるので、医療保険の保障を手厚くしておくことも重要です。

がん、心疾患、脳血管疾患の三大疾病特約は、必ずつけることをおすすめします。

長い闘病生活を想定して、がん保険や介護保険も同時に検討してみてください。

詳しくは、◆◆「定年退職時に行う生命保険の見直しポイント」 ◆◆をご参照ください。


要点を押さえておけば大丈夫!
生命保険の見直し方

典型的な生命保険の見直し方は、保険料を安くする方法と保障内容を手厚くする方法の2つです。

保険料を安くしたい場合は、不要な特約や保険商品を解約して、保険料を安くします。

もし保障内容をそのままにして保険料だけを安くしたいなら、解約はせずに保障額だけを一時的に減額するのがおすすめです。

保障を手厚くする一番簡単な方法は、新しい保険商品を追加することです。

責任準備金を払ったうえで特約をプラスすることもできますが、契約時と年齢が違うことから、ほとんどの場合あとから追加することはできません。

保険を下取りに出して新しい保険に入り直す転換制度では、既存の保険で溜まっていた解約返戻金を新しい保険の支払いに回すことができます。


詳しくは、◆◆「初心者必見!代表的な生命保険の見直し方を押さえておこう」◆◆をご参照ください。


大忙しの30代!生命保険の見直し術

30代は結婚、出産、育児、子どもの入学、転勤、マイホーム購入、引っ越しなど、さまざまなライフイベントを経験します。

子どものいない夫婦共働き世帯の場合は比較的収入が安定しますが、子どもができると女性の社会復帰が難しくなり、世帯収入が減ってしまう傾向にあります。

生命保険の見直しでは、共働きか片働きかでも考え方は代わってきます。

共働きであれば、どちらかが病気になったときのために医療保険を手厚くしておくと良いでしょう。

片働きの場合は、特に働いている側が死亡した場合に、残された配偶者と子どものことを考えます。

契約者の葬儀代と、遺族の当面の生活費が残るように、死亡保障を設計しましょう。

子どもが大学まで進学できるように、学資保険の加入も検討してみてください。

詳しくは、◆◆「30代におすすめの生命保険見直しポイント」 ◆◆をご参照ください。


若い頃とは違うかも?40代でやっておくべき生命保険の見直し

20代と40代では、健康状態もライフスタイルも家族構成も違います。

また、40代は出費も多いですが、収入も上がっている年代です。若い頃に入ったままの生命保険はしっかり見直して、現状にあう保険に切り替えましょう。

40代は子どもの教育費がかかる時期。万が一自分が死亡して家族が路頭に迷わないように、死亡保障は充実させておきます。

数十年前に入った医療保険だと、今の医療技術に対応していなかったり、保障内容が足りなかったりするケースが多々あります。

三大疾病特約やがん保険などの加入を考慮し、余力があれば計画的に貯蓄も考えていきましょう。

貯蓄型生命保険を利用すれば、半ば強制的に貯蓄することができるので、貯金が苦手な人におすすめです。

詳しくは、◆◆「40代におすすめの生命保険見直しポイント」◆◆をご参照ください。


生命保険の見直しは4つの注意点を守って!

生命保険の見直しに関する注意点は4つ。

1つ目は、保障内容と保険料のバランスです。

保障内容を厚くしすぎれば保険料が高くなり、保険料を安くしすぎれば保障が薄くなります。

見直すなら双方のバランスに気を配りましょう。

2つ目は、見直しによる保険料の変化について。

加入している内容が変われば、当然保険料も変わります。

保険料が高くなっても、保障内容との兼ね合いで契約者本人が納得済みならOKです。

3つ目は、支払期間について。

更新型の保険は更新ごとに保険料が高くなるので、支払期間の長期化には気をつけましょう。

4つ目は、解約返戻金の金額について。

解約返戻金型の保険は支払期間が終わる前に解約すると、返戻金の戻りが少なくなってしまいます。

詳しくは、◆◆「生命保険の見直しをするときに知っておきたい4つの注意点」◆◆をご参照ください。


本末転倒… 生命保険の見直しで損をしないための対策法

保険会社の営業から生命保険の見直しを迫られて、損をしてしまうケースがあります。

1つは、必要のない保険商品に不要な特約をたくさんつけてしまい、保険料を払いすぎることで損をするケース。

営業担当は自分の成績を上げるために契約を取ろうとしますので要注意です。

もう1つは、バブル期の予定利率の良い保険を、転換制度を使って解約させられるケース。

予定利率とは保険会社が契約者に約束をした利回りのことで、予定利率が高いほど解約返戻金も高くなります。

予定利率の高い商品は、生命保険会社にとって経営を圧迫する存在。

そのため、予定利率の低い商品を巧みに勧めて解約させようとします。

予定利率が3%以上の保険を解約するのはNGです。営業に勧められても、毅然とした態度で断りましょう。

詳しくは、◆◆「注意!生命保険の見直しで損をしてしまうケースもある?」◆◆をご参照ください。


生命保険の見直しは適切なタイミングで行うからこそ効果的

生命保険の見直しは、適切なタイミングで行ってこそ、効果があります。

適切なタイミングとは、ライフステージが変わるとき、20代、30代、40代と年代が変わるときの2つです。

生活や健康状態が大きく変わる時期を見計らって、定期的に生命保険の見直しを行ってください。

そのときの自分に一番必要な保険が見つかれば、保険料の払いすぎもなくなり、節約にもつながります。

◆◆「万が一の死亡時に備える生命保険「BrightReach」はこちら」◆◆

お問い合わせ

保険についての疑問やご質問、
何かお困りの際は、お気軽にご相談ください。
当サイトのメールフォームよりお問い合わせいただき
担当者が折り返しご連絡いたします。