catch-img

時期を考えて効果的に!生命保険の見直しをする最適なタイミングっていつ?


加入している生命保険会社の担当から、保険の見直しを勧められたことはありませんか?

生命保険の見直しは何かとお得なイメージがありますが、それは見直しのタイミングにもよります。

タイミングを逃せば、保障が足りなくなったり高い月額保険料を払い続けたりする可能性も出てきます。

実際、生命保険の見直しはいつ行うべきなのでしょうか?

今回は、見直しに適したタイミングについて解説していきます。

ぜひ、今後の参考にしてみてください。

【目次】


保険商品はたくさんあるからこそタイミングが重要


人は生まれてから死ぬまで、さまざまなライフイベントを経験します。

入学、卒業、就職、結婚などを経る中でライフステージが変化していき、そのたびにたくさんのお金が出ていきます。

生命保険会社では、多種多様なライフステージの変化に対応するため、さまざまな保障内容の商品を取りそろえています。

生命保険の商品で代表的なのは、一家の大黒柱が万が一亡くなった場合に残された家族を支えるための死亡保険、病気やケガによる医療費を保障する医療保険、貯蓄型の養老保険、子どもの教育資金に当てるための学資保険などです。

これらの生命保険はさらに、適用年齢や適用条件を変えて、たくさんの人に対応できるように細分化されています。

生命保険とは、残念ながら一度入ったらもう終わり、というわけにはいきません。

ライフステージが変わるごとに見直していかないと、いざ保険が下りても保障が足りないという状況になりかねません。

医療技術は常に進歩していますので、古い保険商品では新しい治療技術をカバーしていないケースもあります。

医療や時代の変化とともに進化しているのが生命保険の特徴です。

以前は適用外だった病気が保障されていたり、入院保険の入院日数が変わっていたりなど、新しい保険商品が次々に発売されています。

保険商品やプランが豊富に用意されているからこそ、ベストなタイミングで保険の見直しを図りたいもの。

生活ががらりと変わるタイミングで、定期的に見直しを検討するようにしてください。

見直す際は、保障内容が足りているか、逆に余分な保険に入りすぎていないかなどをチェックします。

効果的な見直しができれば、保険料の節約にもなります。

もし、一度も見直していない保険商品があれば、今のライフスタイルにマッチするか確認してみましょう。

生命保険の見直しをするべき代表的なタイミング



結婚は今後の人生を大きく動かす重大なライフイベントのひとつです。

独身時代とは違い、夫婦2人のこれからを考えていかなければなりません。

保険商品を見直す際は、共同生活を送るうえで夫婦にとってベストな保険を探していくのがメインになります。

結婚をしたら次のメインイベントは妊娠と出産になるケースが多いもの。

女性が覚えておきたいのは、流産手術や帝王切開手術で下りる医療保険があるということです。

子どもが生まれたら、養育費や教育費にかかるお金について考えていきましょう。

子どもが大学まで進学する場合、大体1000万円近くの学費がかかりますので、一般的には学資保険で学費を積み立てるのが一般的です。

将来を誓いあって結婚したものの、さまざまな理由で離婚するケースもあります。

もし子どもがいないのであれば、家族に残す死亡保険よりも、病気やケガに備えての医療保険を手厚くしておきましょう。

もし子どもがいるなら、自分の身に何かあったときでも子どもが生活していけるように、保険を見直してください。

人生で一番大きなお金が動くライフイベントが、マイホームの購入です。

住宅の購入は通常、住宅ローンを組んで長い年月をかけて返済していくケースがほとんどです。

住宅ローンの支払いは家計の負担になりやすく、とりあえず現時点で不要な生命保険の特約を外したり、一時的に保障を薄くしたりして、月額保険料を抑えるようにします。

成人した子どもが就職したら、基本的なプランの医療保険に加入するよう勧めてください。

生命保険は若い頃に加入しておいたほうが、毎月の保険料が安くなります。

子どもが独立をして家を出たり、一家の大黒柱が定年退職をしたりする場合は、夫婦2人の老後を考えて医療保険や死亡保障、がんや三大疾病特約などなりやすい病気に備えたプランに変更しましょう。

これらのライフイベントのほか、満期を迎える保険があれば契約更新をするのか、更新をやめて新しく保険に入るのかなどを考えるタイミングです。

必ずしも見直さなければならないというわけではない


ここまでは、代表的なライフイベントによる保険の見直しについて説明をしてきました。

しかし、ライフステージの変化があっても、生命保険の見直しが不要なケースもあります。

基本的に、貯蓄が十分にあり会社の福利厚生がしっかりしている人には、手厚い生命保険は必要ありません。

子どもが生まれたり住宅を購入したりしても、毎月の家計に余裕があって急病時の医療費も賄えるのであれば、生命保険に加入していたとしても最低限の保険商品で十分です。

逆に、生命保険の見直しが必要なのは、貯蓄がなく保険がないと、いざというときのお金が用意できない人です。

たとえば、夫婦2人のときは生活費に余裕があっても、子どもが生まれると養育費のために家計は圧迫されます。

子どもが生まれる前は夫婦の保障を手厚くしていても、子どもが生まれると保険料の支払いが負担になってきます。

この場合、保険の見直しによって子どもが成長するまでの間だけ医療保険の保障を薄くして、月額保険料を安くするなどの対応が必要です。

生命保険を見直す前に、ライフステージが変化したら具体的にどのくらいの出費があるのか、現状のままで問題なく生活をしていけるのかなどを確認してみてください。

もし、今のままでOKなら、無理に保険を見直す必要はありません。家族構成や経済状況、ライフステージによって、ベストな生命保険の内容は変わります。

多くの場合はライフイベントごとに見直すべきですが、必ずしもそうではないケースもあることを覚えておきましょう。

基本的な見直しタイミングはライフイベントごと!



結婚や出産、就職などは多くの人に共通するライフイベントです。

もちろん、すべての人がすべてのライフイベントを経験するわけではありません。

しかし、人生の中で数回は生命保険を見直すタイミングがあります。

目立ったライフイベントがなくても、30代、40代、50代と年齢を重ねていけば、それだけ必要な保険商品も変わります。

大切な人生の中で困窮しないように、生命保険は定期的に見直すことが大切です。



【関連記事】

関連記事:◆◆「生命保険の見直しをするべきメリットとは?ベストな保険を見つけるための指南書」◆◆

◆◆「万が一の死亡時に備える生命保険「BrightReach」はこちら◆◆

お問い合わせ

保険についての疑問やご質問、
何かお困りの際は、お気軽にご相談ください。
当サイトのメールフォームよりお問い合わせいただき
担当者が折り返しご連絡いたします。