catch-img

初心者必見!代表的な生命保険の見直し方を押さえておこう

生命保険を見直すには、目的にあった見直し方をする必要があります。

ご自身がしっかりと保証内容を理解してから見直すことが必要です。

もしかすると解約前の保障内容や保険料の方が、ライフスタイルに合っていたかも知れません。

そこで今回は、生命保険の基本的な見直し方について、見直しの目的別に紹介していきます。

保険料の節約や本当に必要な保障内容を見つけるための方法として、ぜひ覚えていきましょう。

【目次】


生命保険の見直し方は大きく分けて2通りある


保険料を安くしたい場合と保障内容を手厚くしたい場合で、生命保険の見直し方は大きく変わります。

前者と後者ではどのような人が当てはまるのでしょうか?

保険料を安くするべきなのは、まず独身の人です。

大体、自分に対する医療費を手厚くするケースが多いですが、家族にお金を残したい場合は別として、多額の死亡保険に加入する必要性はあまりありません。

万が一のために自分の葬式代が出るくらいの保障額で十分です。

独身の人で死亡保険が高い場合は、保険料を安くできないかを見直しましょう。

離婚をした人も、保険料を見直す良い機会です。

結婚当時は家族のために保障内容を手厚くしているケースが多いもの。

一方、離婚をするとライフスタイルがガラリと変わります。

元パートナーに対して残す予定だった保障内容を削って、保険料を安くすることができます。

逆に、保障内容を手厚くしたい場合のシチュエーションとしては、結婚や出産などで、家族が増えたケースがあります。

一家の大黒柱が亡くなっても家族が困窮しないように死亡保障を分厚くしたり、子どもの将来に備えたり、さまざまな面で保障額を増やしていく必要が出てきます。

また、生命保険は病気があると加入することができません。

もし、家系的に特定の病気の心配があるようなら、若い頃から生命保険に加入しておくのがおすすめです。

通常、人間は年齢を重ねるごとに病気のリスクが増していきます。

それと並行して、保険料も年齢とともに高くなっていくのが一般的です。

病気をしても入れる保険はありますが、保険料も高くなります。

将来のリスクを想定して、年齢を重ねるとともに保障内容を厚くしていくと、いざというときのために役に立ちます。

生命保険はライフスタイルの変化や将来設計図とともに変えていくのが、かしこい見直し方です。

保険料を安くしたい場合の見直し方



保険料を安くしたい場合の見直し方は、3つあります。

1つ目は、不要な特約を削って保険料を安くする方法です。

知人や親族のつきあいで生命保険に加入した人は、言われるがままに入ってしまい保障内容の詳細まで把握していないケースが多々あります。

日本の大手生命保険会社で主流の、主契約に特約を付加するタイプの保険に加入しているなら、どのくらい特約が付加されているのかを必ずチェックしてみてください。

特約がダブっていて不要だと判断したら、特約を解除して保険料を安くしましょう。

2つ目は、現在加入している保険とほかの保険について、保障内容と保険料を比較する方法です。

生命保険各社では、多種多様な保険商品を販売しています。

保障内容が同じでもより安い保険商品のほうが、当然ですが節約になります。

貯蓄型と掛け捨て型なら、掛け捨て型のほうが保険料は安いです。

既存の貯蓄型保険が、予定利率の高い時代に加入した死亡保険以外であれば、今一度貯蓄型が必要なのかを検討して、より実用的で安い掛け捨て型に入り直すのがおすすめです。

3つ目は、保証の範囲を妥協して保険料を安くする方法です。

本来は現在の保障内容を維持したいものの、月の保険料支払いが負担になっている場合は、保険料を安くする必要があります。

保障内容が薄くなるリスクを極力減らすのであれば、現在加入している保険は解約せずに保険金を減額して、保険料を安くする方法を取りましょう。

特約は一度削除すると、再度つけ直すことはできませんので、慎重に行ってください。

とりあえずお金がかかる時期だけ安い定期保険に加入しておいて、満期のタイミングで希望する保障内容の保険に入り直すのもひとつの方法です。

保障を増やしたい場合の見直し方


保障を増やしたい場合の生命保険の見直し方は3つです。

1つ目は、現在加入している主契約に特約をつける方法です。

ただし、医療保険の場合は契約時の年齢と条件が変わっていることもあり、契約途中での特約はつけられないケースが多いです。

責任準備金を支払えば付加できる場合もありますので、特約を途中からつけたい場合は、保険会社の営業担当に見積もりを出してもらってから検討してみてください。

2つ目は、プラスして別の保険商品に加入する方法です。

特約を途中付加するより簡単にできます。

現在加入している保険はどの部分の保障が足りないのかを検討して、足りない分を補える保険商品を探しましょう。

同じ会社で理想の商品が見つからなければ、別の会社の保険商品を検討するのも一案です。

保険の管理が2社分になりますので、保険証書をしっかり保管するようにしてください。

3つ目は、既存の生命保険を解約して、保障内容が充実している保険に入り直す方法です。

もし、同じ保険会社内で行うのであれば、加入中の保険商品を下取りに出して新しい保険に加入する転換制度を使うことができます。

既存の保険が貯蓄型だった場合、解約と同時に戻ってきた返戻金や積立配当金を新しい保険の支払いに廻すことで、保険料を安くすることができます。

ただし、解約返戻金がなくなれば保険料は高くなりますし、予定利率の高い昔の保険を解約するのは、逆に保障内容を薄くしてしまうことにもなりますので注意してください。

3つの方法のうち、特約の付加と転換の利用に関しては、余分なお金がかかったり、これまでの解約返戻金や積立配当金が無になったりしても構わない人にだけおすすめです。

どの人にもおすすめなのは、2つ目に紹介した、新しい保険契約を結ぶ方法です。

保険会社によって実現できない見直し方もある!



保険会社や保険商品によっては、特約の途中付加はできないケースが多いです。

新しく保険に入るのは比較的簡単にできますが、途中からの契約変更は実現不可能な場合があります。

保険を見直す前にどの方法が可能なのかを確認してから、検討するようにしましょう。

保険会社の担当が信頼できる人なら、生命保険の見直しを行いたい旨を相談したうえで見積もりをもらってください。

複数の保険を扱うファイナンシャルプランナーに相談すると、偏りのないアドバイスをもらえることが多いのでおすすめです。



【関連記事】

関連記事:◆◆「生命保険の見直しをするべきメリットとは?ベストな保険を見つけるための指南書」◆◆

◆◆「万が一の死亡時に備える生命保険「BrightReach」はこちら◆◆

お問い合わせ

保険についての疑問やご質問、
何かお困りの際は、お気軽にご相談ください。
当サイトのメールフォームよりお問い合わせいただき
担当者が折り返しご連絡いたします。