catch-img

なぜ必要?生命保険の見直しにはどんなメリットがある?

テレビCMなどでもおなじみになっている生命保険の見直しには、たくさんのメリットがあります。

しかし、保険を見直すことによってどのようなメリットがあるのか、正確に説明できる人は少ないのではないでしょうか?

なぜ、保険の見直しが必要なのか、その理由と見直しによるメリットを理解することで、より自分にあった保険商品に加入できます。

いざというときの備えのために、ぜひ見直しのメリットについて勉強していきましょう。

【目次】

最大のメリットはライフステージの変化に応じた生命保険を選び


生命保険を見直す最大のメリットは、ライフステージの変化に応じた保険選びができることです。

入学、卒業、就職、結婚、出産、住宅購入、定年退職など、ライフイベントの種類はさまざま。

ライフイベントを迎えるときは人生の節目となるケースが多く、出費が増えたりライフスタイルの変化によってお金の使い方が変わったりします。

だからこそ、この機会に生命保険を見直すようにしましょう。

結婚をする場合は、共働きなのか、片働きなのか、子どもの予定はどうするのかによって、入る保険の内容が変わります。

もし片働きであれば、万が一、病気やケガ、死亡などが起こったときにパートナーの暮らしが保障できるよう、大黒柱になる人の保障を増やす必要があるでしょう。

妊娠・出産を控えている場合は、女性の医療費を手厚くすると、帝王切開手術や流産手術のときに保険が下ります。

子どもが生まれたタイミングでは、教育費の準備金として学資保険に加入したり、死亡や高度障害状態になっても家族が生活できるように、家族を扶養している人の死亡保障の充実を図ったりします。

成人した子どもの独立も、大きなライフステージの変化です。

子どもにかける保険の負担がなくなる代わりに、夫婦2人の老後のために、貯蓄と医療の両方を考えていきましょう。

がんや急性心筋梗塞、脳卒中の三大疾病に対応している医療保険、介護が必要になった場合の介護保険などが、必要な保険の選択肢に入ってきます。

ライフステージの変化に応じた生命保険の見直しでは、ライフイベントとその時点での年齢も考慮したうえで検討していくことが大切です。

家族の形だけ、必要な保障の種類は変わります。

日常生活に変化が見られる場合は、保険の見直しを忘れないようにしましょう。


契約更新のタイミングで適切な保険へ切り替える



契約更新のタイミングで保険を切り替えるのは、更新型の生命保険に加入している場合です。

更新型生命保険とは、10年や15年スパンで満了する仕組みの保険のことです。

​​​​​​​満了ごとに契約更新か終了かを検討し、更新する場合はさらに10年か15年、満了まで保障を受けられるようになっています。

更新型のメリットは、満了が着た時点で更新するかどうかを決められるところ。

満了ごとに決定を下すのは一見手間がかかるようにも見えますが、商品の内容が変わりやすい生命保険の世界では大きなメリットといえます。

たとえば、2000年に入る前は120日型の入院保障が主流でした。その頃の手術といえば開腹手術が主流で、手術後は長期間の入院を要するケースが多くありました。

一方、現代では腹腔鏡下手術によって大きくお腹を開かなくても手術ができるようになり、短期入院、手術の内容によっては日帰りで済むようになりました。

現代では、入院期間の短期化にあわせて、1泊2日の入院でも保険が下りるようになっています。

しかし、120日型の入院保障では20日以上入院しなければ保険が下りない商品も存在します。

生命保険の見直しをしなければ、今の医療技術に見合った保障を受けることができません。

更新型生命保険は、現代にはそぐわない生命保険を辞めて、今の医療に即した保険に入り直す絶好のチャンスです。

加入してから最初の満了までの保険料が安いのもメリットです。

もし、月額保険料の支払い額を安く抑えつつ保障内容をある程度厚くしたい場合に、1回の満了で終了することを前提に更新型生命保険に加入するのもおすすめです。

どの生命保険に加入するにしても、保険の見直しは定期的に必要だということを踏まえておくと、スムーズに切り替えることができます。


不要な特約や必要な保証の見直しができる


親族や知人の勧めで生命保険に加入したという話はよく聞きます。

ひと昔前だと、保険のセールスレディーが勤務先まで来て勧誘をしている姿も見かけました。

生命保険はいざというときのために生活を支えてくれる、重要な存在です。

しかし、それは自分にあった生命保険に加入できたらの話で、保険料ばかり高くて保障内容が不十分だったり、不要な特約がたくさんついていて保険料がつり上がっていたりするケースも多々ある話です。

もし、自分で保障内容を精査することなく、言われるがままに保険に加入していたら、一度契約内容と保険商品についてチェックしてみてください。

やたらと多くの保険商品に加入していませんか?

まず、20代のうちから養老保険や手厚い貯蓄型の生命保険は、必要ありません。

医療保険も所得が十分にあるのであれば、保険に加入するよりも貯金を優先させたほうが良いでしょう。

一方、40代、50代の夫婦の場合、死亡保障や医療保険が手厚いにこしたことはありません。

しかし、それも所得や貯蓄がどれくらいできているかによります。

40代以降の世代で多いのが、保障を手厚くしようとするあまりに、不要な特約をたくさんつけていたり、必要のない保険商品に加入していたりするケースです。

もし、社会保険や会社の福利厚生がしっかりしているなら、生命保険を充実させる必要はありません。

まずは公的保険や福利厚生の内容について確認をして、重複している商品や不要な特約などがあれば、削除していきましょう。

保険商品のダイエットができたら、今度は本当に手厚くしたい保障を加えていきましょう。

生命保険は、自分にとって必要な商品に加入するからこそ、意味があります。

何が余分で何が必要なのか、保険の見直しでしっかり見極めるようにしましょう。

必要な保険は人それぞれ!保障内容も保険の数だけある!


本当に必要な生命保険とは、人それぞれ違います。

また、保障内容も保険商品の数だけあり、特約をつけるとその幅はさらに広がります。

自分にあった生命保険を探すには、複数の会社の、複数の商品を比較して吟味することが重要です。

生命保険の見直しは、本当に必要な商品を見つけられるのがメリット。

生命保険や見直しの知識をしっかりと身につけて、何が自分にとってベストなのか判断できるようにすると良いでしょう。




【関連記事】

関連記事:◆◆「生命保険の見直しをするべきメリットとは?ベストな保険を見つけるための指南書」◆◆

◆◆「万が一の死亡時に備える生命保険「BrightReach」はこちら◆◆

お問い合わせ

保険についての疑問やご質問、
何かお困りの際は、お気軽にご相談ください。
当サイトのメールフォームよりお問い合わせいただき
担当者が折り返しご連絡いたします。