Solanaは時価総額で上位に位置する仮想通貨の1つですが、売買できる取引所は少なく、どこを利用すればいいのか迷っている方は多いかと思います。

そこで本記事ではSolana(ソラナ/SOL)を売買できる取引所を一覧で紹介していきます。

国内だけでなく海外の取引所もまとめていますので、ぜひとも参考にしていただき、Solanaの売買を始めましょう。

Solana(ソラナ/SOL)を売買できる取引所まとめ

取引所 国内/国外
Liquid bu FTX 国内
BINANCE 国外
OKEx 国外
Serum 国外
Raydium 国外
Huobi Global 国外

※2022年4月10日時点

Solanaの売買ができる主な取引所は上表の通りです。国内の取引所は2022年4月10日時点ではLiquid by FTXしかありません。つまり国内取引所を利用したい場合はLiquid by FTX一択となります。

時価総額は高いため、海外を含めれば数多くの取引所でSolanaの売買は可能ですが、海外の取引所だと日本円でSolanaは購入できません。海外の取引所を利用するなら、日本円を他の仮想通貨などに替えてそこからSolanaを購入するため、手間や手数料などが大きいのが難点です。

本格的に仮想通貨の運用をするのであれば、いずれは海外の取引所も視野に入れる必要がありますが、初心者にとっては国内の取引所の方が簡単なので、まずはLiquid by FTXでの運用から始めてみましょう。どうしても海外の取引所を利用したい場合は、日本語に対応しており人気の高いBINANCEがおすすめです。

日本でSolanaを売買できる取引所はLiquid by FTXのみ!

Liquid by FTX
SOLの手数料

0.05%(QASHでの支払い)

0.1%(QASH以外での支払い)

SOLの出金手数料 無料
SOLの最低購入量 0.1SOL
日本円入金手数料 無料(振込手数料は利用者負担)
日本円出金手数料 700円(銀行手数料を含む)

前述したように、国内の取引所でSolanaを売買するにはLiquid by FTX以外の選択肢はありません。

日本円の出金手数料が高いのがネックではありますが、Solanaの利用には最適なので、他の仮想通貨取引所と並行して利用しましょう。

他の仮想通貨取引所にはない独自の通貨「QASH」を扱っているのも大きな特徴です。取引手数料はQASHでの支払いだと安くなるため、Liquid by FTXを利用するのであればQASHの利用も検討してみましょう。

Liquid by FTXをおすすめする人
  • Solanaの売買がしたい

  • しっかりとサポートを受けたい

  • 狭いスプレッドで仮想通貨の売買がしたい

Liquid by FTXはSolanaの売買がしたい方におすすめです。またサポートが充実しているため、仮想通貨取引に慣れていない方にもおすすめできます。

特に仮想通貨取引に慣れていない方は販売所での売買をすることが多いため、スプレッドが狭いLiquid by FTXは大きな味方となってくれます。

Liquid by FTXをおすすめしない人
  • 日本円出金手数料を抑えたい

  • 日本円入金手数料を抑えたい

  • 頻繁に日本円を出し入れしたい

Liquid by FTXの入金手数料は無料とありますが、振込手数料は利用者負担となっています。他の仮想通貨取引所では入金手数料は提携銀行からだと完全に無料になることも多いので、お得とは言えません。

また出金手数料においては700円と高額な部類に入ります。そのため、頻繁に日本円を出し入れしたい場合は向いていません。

※QASHはLiquid by FTX独自の仮想通貨です。2018年の1月には270円を記録していましたが、2022年4月現在は10円前後を推移しており、一時と比べると3年近くは大きな変化もなく推移しています。QASH自体に将来性はあるとは言えませんが、取引手数料はQASHの支払いだと安くなるためSolanaを購入するために所持しておくのも一つの手です。

Solanaの取引所と販売所の違い

  取引所 販売所
メリット

購入と売却の差(手数料)が狭い

すぐに取引ができる
デメリット 取引が複雑で難しい スプレッドが広い

取引所と販売所には上表のような違いがあります。Liquid by FTXではSolanaを販売所・取引所ともに利用できるため、双方のメリット・デメリットを理解しておく必要があります。

Liquid by FTXの販売所は「クイック販売所」といった名称で、即座に簡単に取引ができるのが魅力ですが、Solanaのスプレッドが43円と設定(2022年4月10日時点)されているため、1SOLを購入をすると実質的に43円分損することになります。

対して取引所はユーザー間で取引をするため、スプレッドで損をするという考えはありません。ただしその分、構造が多少複雑になっており、初心者だと利用に手間どってしまうのがデメリットとなります。

Solanaの購入は取引所と販売所のどちらが良い?

Solanaを取引所での購入をおすすめする理由
  • 手数料(スプレッド)がかからない

  • サポートが充実しており初心者でも使いやすい

結論から言えば、Solanaの購入は取引所がおすすめです。理由は上の通りです。

取引所を使うべき大きな要因が「手数料(スプレッド)がかからない」点です。これから仮想通貨の取引に慣れていけば分かりますが、上級者で販売所を利用している人はほぼいません。それほど仮想通貨を利用するうえで手数料というのは重要な要素です。

毎回取引をするたびにスプレッド分を損していたら、どれほど買い目や売り目を理解していたとしても利益を出すのは困難を極めます。そのため、頻繁に取引をしていくつもりならスプレッドがかかってしまう販売所の利用はおすすめしません。

また唯一Solanaを取り扱っている国内取引所であるLiquid by FTXはサポートが充実しているので、取引所の利用で困った場合にも対応してもらえます。そのため、初心者で取引所の利用が不安な場合でも安心です。利用方法をある程度理解したら販売所は使わずに取引所を利用しましょう。

Solanaを買うまでの流れ

Solanaを買うまでの流れ
  1. 口座開設
  2. 入金
  3. 購入

Solanaを買うまでの流れは上記の通りです。

初心者の方は特に口座開設で躓きやすいので、ひとつひとつ手順を確認しながら、購入まで進めていきましょう。

Solanaが購入できる国内取引所Liquid by FTXを例に紹介していきますので、ぜひとも参考にしてください。

パソコンからの口座解説の流れ
  1. メールアドレスの登録

  2. 個人情報の登録

  3. 本人確認書類の提出

  4. 簡易書留の受取(はがきで本人確認の場合のみ)

  5. 審査

まずは口座開設から行いましょう。すべての仮想通貨取引所に言えることですが、口座開設が完了しなければ仮想通貨取引はできません。口座開設の手順としては上記の通りです。

Liquid by FTXの口座開設はメールアドレスの登録から始めます。トップページでメールアドレスを入力する欄があるので、そこから登録を進めていきましょう。

メールアドレス入力後、届いたメールにアクセスすると個人情報の登録を進めます。個人情報の入力が完了したら、ひとまずLiquid by FTXの登録自体は完了です。

あとは「かんたん本人確認」もしくは「はがきで本人確認」を行い、審査を終わらせましょう。「かんたん本人確認」ならスマホを使って、最短即日で審査が終了して口座を開設できるので、スマホを持っているなら「かんたん本人確認」の利用をおすすめします。

2.入金

審査が終了し口座の開設ができたら入金が行えるようになります。

入金の手順は以下の通りです。

①Liquid by FTXにログインする

②「ウォレット」の入金をクリック

③表示された振込先情報へ任意の金額を振り込む

特に難しい手順はありません。画面の表示通りに進めて振り込みをしましょう。

前述したように入金手数料は自己負担となるので、複数の口座を持っている場合は、振込手数料が安い方がお得です。

3.購入

入金が完了したら仮想通貨が購入できるようになります。

購入の手順は以下の通りです。

①Liquid by FTXにログインする

②「クイック販売所」もしくは「現物取引」をクリック

③「クイック販売所」の場合はJPY→SOLにして任意の数量を入力

④「現物取引」の場合はSOL/JPYにして任意のレートと数量を入力(画像は公式サイトのQASH/JPYとなっていますがSOLを選択してください。)

クイック販売所はすぐに購入ができて操作も簡単ですがスプレッドが余計にかかるため、できるだけ取引所での売買を行いましょう。

取引所での購入には厳密には指値注文などの方法もありますが、最初は成行注文で問題ありません。慣れてきたら指値注文なども覚えていきましょう。

Solanaの保管におすすめのウォレット3選

おすすめのウォレット
  1. Trust Wallet

  2. Phantom

  3. SolFlare

仮想通貨はインターネット上にあるお金なので、ハッカーに狙われやすいという側面を持っています。

そのため、Solanaを購入したら安全に保管するためにもウォレットが必要です。

Solanaの保管におすすめのウォレットを3つ紹介していきますので、自分の利用用途にあったウォレットを選んで、安全に資産を管理しましょう。

1.Trust Wallet

Trust Walletは海外の取引所であるBINANCEの公式のウォレットです。Solanaだけでなく、数多くの仮想通貨に対応しており、ビットコインやイーサリアム、ライトコインなどの保管も可能です。今後継続的に仮想通貨取引をしていくのであれば、Trust Walletさえ持っておけば幅広く安全に仮想通貨を保管できるので、1つのウォレットでまとめて管理したい方に向いています。

登録方法はスマホアプリから行い、パソコンやブラウザなどには対応していません。iPhoneの場合はApp Storeから、androidの場合はGoogle Playからダウンロードしましょう。

ダウンロード後ウォレットを作成して、仮想通貨を管理することになりますが、ウォレット作成時のバックアップフレーズを忘れてしまうと、資産は永久に取り出せなくなります。必ず複数のメモを取るなどして、忘れないようにしましょう。

2.Phantom

PhantomはSolanaのステーキングが行えるウォレットです。ステーキングとは簡単に言えば銀行の利子のようなものが貰えるシステムで、長期間PhantomにSolanaを預けることを条件にSolanaが大きくなって帰ってくるので、長期間Solanaを運用したい方に向いています

今まではブラウザの拡張機能でしか利用できませんでしたが、現在はスマホ版も公開されており、更に利便性が上がりました。ただしiPhoneでしかスマホ版は公開されていないので、androidユーザーはブラウザの拡張機能を使って管理しましょう。ブラウザはGooglechromeやfirefox、Microsoftedgeなどが対応しています。

ステーキングをするには、PhantomにSolanaを送金して「Earning」からステークする数量を選ぶだけです。長期間運用するつもりならステーキングで着実にSolanaを増やしていきましょう。

3.SolFlare

SolFlareも前述のPhantomと同様にSolanaのステーキングが行えるウォレットです。そのため、長期間の運用に向いているウォレットと言えます。

PhantomとSolFlareどちらも、ステーキングが行えますが、Phantomは日本で人気が高く情報量が多いのが特徴です。対してSolFlareは一部で日本語にも対応しており、androidスマホアプリもあるのが大きなメリットですが、日本ではあまり利用者が少ないのか、情報量が少ないのが難点です。

ステーキングの利子は変化するので、どちらが優秀とは断言できません。そのため、一度どちらも触ってみて、使いやすそうな方を選ぶと良いでしょう。強いて言うならandroidスマホでSolanaを管理したいならSolFlareが、人気のウォレットを選びたいならPhantomがおすすめです。

Solanaを売買できる取引所でおすすめな他のアルトコイン3選

おすすめのアルトコイン
  1. イーサリアム(ETH/Ethereum)

  2. リップル(XRP/Ripple)

  3. ライトコイン(LTC/Litecoin)

Solanaを買える取引所、Liquid by FTXで扱われているおすすめアルトコイン3選を紹介します。

当然のことながらLiquid by FTXではSolana以外にもさまざまな仮想通貨を取り扱っており、将来性にも期待が持てるアルトコインはいくつかあります。

それぞれのアルトコインの特性を理解して、さらに幅広く仮想通貨の運用をしてみましょう。

1.イーサリアム(ETH/Ethereum)

イーサリアムもおすすめの仮想通貨の1つです。Solanaはイーサリアムキラーとも呼ばれており、イーサリアムの地位を脅かす仮想通貨の1つです。そのため逆を言えばSolanaが下がってしまった場合でも、イーサリアムは伸び続ける可能性もあると考えることができます。

つまりSolanaとイーサリアム両方を所持しておけば、どちらかが打撃を受けても、もう片方で資産をフォローできる可能性が高くなります。もちろんそれは他の仮想通貨にも言えることではありますが、イーサリアムキラーと言われているSolanaとイーサリアム両方を保有しておくのは有効と言えるでしょう。

引用元:tradingview

現在イーサリアムはイーサリアム2.0のアップデートがされている途中です。以前イーサリアム2.0の最初のアップデートがされた2020年12月は大きく価格が高騰したため、現在進行形であるこのアップデートが完了すれば価格にも大きな影響を与えると考えられます。

そのため、今後のアップデートに向けて今のうちにイーサリアムを所持しておくのは一つの手と言えます。

2.リップル(XRP/Ripple)

リップルも今後伸びると期待値の高い仮想通貨の1つです。リップルは発行されている多くの枚数を創業者・リップル社が保有しています。そのため、他の仮想通貨に比べて価格が大きく下落しにくいです。

さらに発行数が上限に達しているため、このまま順調に進めばリップルの希少性は上がり続けていきます。日に日に盛り上がりを見せている仮想通貨界隈において希少性の高さは重要な要素の1つです。

引用元:tradingview

2022年4月現在は2月の下落から回復傾向にあり、徐々に価格が上がってきています。考え方によっては今こそ安く購入するチャンスと見ても良いでしょう。

3.ライトコイン(LTC/Litecoin)

ライトコインは2011年10月に誕生した仮想通貨で、非常に長い歴史を持っています。発行総量はビットコインの約4倍で、ブロック生成時間はビットコインの4分の1というのが大きな特徴です。

ビットコインと似た特徴を持ちながら、このようにビットコイン特有の欠点である承認の遅さという欠点を補っているため、広い地域で高い人気を持っています。

引用元:tradingview

2021年5月の急上昇から、その後変動はありながらも緩やかに下降していき、2022年に入ってからは13,000円前後をうろうろとしています。高い人気からサービス普及による影響で今後も価格が一気に上昇していく可能性は十分考えられるでしょう。

まとめ

Solanaを買える国内の取引所は「Liquid by FTX」だけです。

Liquid by FTXはサポートが充実していて初心者でも利用しやすい取引所の1つです。

Solana以外にもライトコインやリップルなど将来性の高いアルトコインの取引が可能なので、ぜひとも活用していただければと思います。