プロモーション

世界中で注目される新興仮想通貨ソラナ(SOL)、その特徴や将来性、メリットデメリットとは?

仮想通貨を最高利率10%で運用

 

ビットレンディングは今だけ、新規口座開設&貸出開始をするだけで、もれなくアマゾンギフトカード2,000円がもらえます!

  • ビットコイン(BTC)年利 8%
  • テザー(USDT)年利 10%

など、高利回りが実現!

ビットレンディングはテラショックやFTX破綻、 SVB破綻など市場が混乱するニュースがあった中でも問題なく運営しているため、安心して利用できます。

無料口座開設は3分程度の入力で完了。
ぜひこのチャンスを見逃さず登録しておきましょう。

仮想通貨ソラナ(SOL)は、近年仮想通貨のなかでも注目を集めています。

ソラナは処理速度が速く手数料も安いため、スケーラビリティ問題への解決策を持っているのが特徴です。これらの強みによりソラナは、今後多くの企業や開発者から注目され、さらに進化することが期待されています。

しかし、競合する仮想通貨や技術の存在、セキュリティー上のリスクなど、ソラナが直面する可能性のある課題もあります。そのような課題をどう乗り越えるのか、そしてソラナが将来的にどのように発展していくのか、詳しく見ていきましょう。

本記事で紹介する内容は、以下のとおりです。

仮想通貨ソラナ(SOL)とは?

引用:ソラナ公式サイト

名称 ソラナ
シンボル SOL
価格(2023年4月20日現在) 3,025円
時価総額(2023年4月20日現在) 1,187,134,961,028円
時価総額ランキング(2023年4月20日現在) 10位
詳細 公式サイト

参照:CoinMarketCap

仮想通貨ソラナ(SOL)は、処理速度が速く、コストが低いため他のプラットフォームとの差別化ができているプラットフォームです。また高いスケーラビリティやセキュリティを誇り、DeFiやゲーム開発などの用途に向いています。

さらにソラナはセキュリティ面でも優れており、分散型のコンセンサスアルゴリズムである「PoH(Proof of History)」を採用しています。このアルゴリズムは、ネットワークに参加するノードが偽のトランザクションを送信することを防止するため、高いセキュリティを誇るのが特徴です。

 仮想通貨ソラナ(SOL)の特徴とメリット

ここでは仮想通貨ソラナ(SOL)の特徴とメリットを紹介します。

  1. 高速なトランザクション処理が実現できる
  2. スケーラビリティ問題を解決できる
  3. コスト効率の高さ
  4. エコシステムの拡大

1. 高速なトランザクション処理が実現できる

仮想通貨ソラナは高速なトランザクション処理を可能にするブロックチェーンです。

処理速度が高速な理由として、サイドチェーンであることが挙げられます。サイドチェーンとは、メインのブロックチェーンとは異なるチェーンで、処理を行う手法です。

実際に、ソラナは1秒あたり最大で6万5000件のトランザクションを処理できるとされています。また仮想通貨において処理速度に定評があるリップルのブロックチェーン生成速度が4秒なのに対して、ソラナは0.4秒と処理速度が高速な仮想通貨だとわかるでしょう。

よってソラナのトランザクションの速度は、ビットコインやイーサリアムなどの主要な仮想通貨と比較して圧倒的に高速です。 

2. スケーラビリティ問題を解決できる

仮想通貨ソラナはスケーラビリティ問題を解決可能です。

スケーラビリティ問題とは、ブロックチェーンの容量がひっ迫した際に、手数料の高騰や、取引の処理遅延などが発生する問題です。

仮想通貨の多くは、取引量が増加するとトランザクション処理の遅延やネットワークの混雑が発生します。その結果、手数料が高くなることが度々発生します。

しかしソラナはスケーラビリティ問題の解決が可能です。

根拠として、ソラナが採用しているコンセンサスアルゴリズム「PoH(Proof of History)」を採用しているためです。PoHは過去のトランザクションをマイクロ秒単位で記録し、現在のトランザクションを高速かつ安全に処理することができます。

よってソラナは、高速なトランザクション処理とスケーラビリティ問題の解決により、需要が高まっています。

3. 低コストで利用できる

ソラナは他のプラットフォームと比較すると、低コストで利用できます。

ソラナが低コストで利用できる理由は、トランザクション処理速度が速いからです。ソラナのブロックチェーンは、1秒で最大6万5000件のトランザクションを処理することができます。

よって、高速で処理が終わるため、スケーラビリティ問題の影響を受けにくいのが特徴です。またネットワークが拡大した場合でも、高速な処理速度を維持できます。

例えば、ソラナのスマートコントラクトプラットフォーム「Solana Wormhole」は、イーサリアムとの相互運用性を実現可能です。これにより、イーサリアム上で発生したトランザクションをソラナ上で処理することができ、高速かつ低コストなトランザクション処理が実現できます。

4. エコシステムの拡大

仮想通貨ソラナは、自身が開発したプロトコルの上に多数の分散型アプリケーション(dApps)を構築することができ、エコシステムの拡大に注力しています。

エコシステムは、ソラナが提供する開発者向けツールやリソース、そして「Solana Foundation」が行う資金調達などによって支援されています。

またソラナは、DeFiやNFTなどのさまざまな分野で、ソラナプロトコル上に構築された分散型アプリケーションを提供しており、提携しているプロジェクトも多いのが特徴です。

  • Openbook(分散型取引所/DEX)
  • USDT(ステーブルコイン)
  • USDC(ステーブルコイン)
  • Terra/UST(ステーブルコイン)
  • Chainlink(ブロックチェーン/仮想通貨)

ソラナは多数の分散型アプリの構築に適しており、エコシステムの拡大に成功しています。今後もさらなる成長を続け、ブロックチェーン業界において重要な存在として注目されることでしょう。

仮想通貨ソラナ(SOL)のデメリット

続いては、仮想通貨ソラナのデメリットについて紹介します。

  1. まだ知名度が低い
  2. セキュリティ面でリスクがある
  3. 開発者が少ない

1. まだ知名度が低い

仮想通貨ソラナは、現状まだ知名度が低いといえます。

CoinMarketCapによると、2023年4月現在、ソラナは市場時価総額ランキングで10位にランクインしています。しかし、ビットコインやイーサリアムなどの主要な仮想通貨に比べると知名度は低いです。

2023年4月現在の「Google Trends」での検索ボリュームを見ると、ソラナに関する検索はまだまだ少ない状況です。ソラナは仮想通貨やNFTなど、クリプトを触っている人にとっては聞いたことがある銘柄ですが、仮想通貨に触れたことがない人はほとんど知らない通貨になるでしょう。

現状知名度が低い通貨ですが、今後の成長が期待できる仮想通貨業界において注目を集める可能性は高いといえます。

2. セキュリティ面でリスクがある

仮想通貨ソラナは、セキュリティ面でのリスクが指摘されています。

実例として、2021年の9月には、ソラナのプロトコル上で動作するプログラムの1つであるSaber Labsがハッキングされ、100万ドル(当時のレートで1億1,000万円)以上の資金が流出するという事件が発生しています。この事件をきっかけに、ソラナのセキュリティ面での問題が指摘されるようになりました。

セキュリティ面でのリスクが指摘されていますが、ソラナの開発者はセキュリティの強化に取り組んでいるため、今後の改善に期待できます。

3. 開発者が少ない

仮想通貨ソラナは、開発者が少ないという問題点を抱えております。

ソラナの開発に携わる開発者の数は、ほかの有名な仮想通貨プロジェクトに比べると少ないとされています。しかし、ソラナは比較的新しいプロジェクトであるため、開発者が少ないことはしょうがないともいえるでしょう。

ただし近年では、ソラナの開発に参加する開発者の数が増加傾向にあります。2021年6月には、開発者コミュニティの「Solanians」が設立され、開発者間の交流が活発化しました。

また「Solana Foundation」も、ソラナの開発に携わるための奨学金プログラムを実施しており、開発者の育成にも力を入れています。

したがってソラナの開発者数が少ないというデメリットがありますが、近年では開発者数の増加が見られています。

さらにソラナ上で動作する分散型アプリ(dApps)の数が増加しており、開発者数が少なくても高品質のdAppsを開発することができ、今後の将来性が期待されるでしょう。

仮想通貨ソラナ(SOL)とイーサリアムの比較

ここからは、仮想通貨ソラナとイーサリアムの比較をしていきます。

  1. トランザクション処理について
  2. スケーラビリティについて
  3. エコシステムについて
  4. セキュリティについて

1. トランザクション処理について

仮想通貨ソラナはイーサリアムに比べて高速なトランザクション処理が可能です。

ソラナは、コンセンサスアルゴリズム「PoH(Proof of History)」という独自の技術により、高速なトランザクション処理を実現しています。PoHは時間に関する情報をブロックチェーンに保存することで、過去のトランザクションの正確な順序を把握し、ブロックチェーンの処理速度を向上させる技術です。

一方イーサリアムは「PoW(Proof of Work)」から「PoS(Proof of Steak)」に移行しています。移行によりトランザクション処理の遅延解決が期待されているものの、ソラナに比べると処理速度は遅い傾向にあります。

ソラナは、1秒で最大6万トランザクションを処理することが可能です。一方、イーサリアムの場合は、1秒で最大15〜45トランザクション程度となっており、ソラナに比べると遅いです。

ソラナは、独自のコンセンサスアルゴリズム「PoH」を採用しているため、イーサリアムに比べて処理速度が速いことが分かりました。この結果はスケーラビリティが重要視されるdAppsやNFTの取引において、ソラナが有利になるといえるのではないでしょうか。

2. スケーラビリティについて

仮想通貨ソラナはイーサリアムに比べて、高速かつ安定したトランザクション処理が可能です。そのためスケーラビリティ問題を解決するための有望な技術を採用しているといえる通貨です。

前述したとおりソラナは、1秒で最大6万トランザクションを処理することができるとされています。一方、イーサリアムは1秒で最大15〜45トランザクション程度となっており、スケーラビリティの問題を抱えています。

イーサリアムの問題点であるスケーラビリティについての解決策を持つソラナは、将来性の高い仮想通貨といえるでしょう。

3. エコシステムについて

イーサリアムに比べ、ソラナのエコシステムはまだ発展途上ですが、急速に成長しており、今後の成長が期待されています。

イーサリアムは、DeFiやNFTなどの分野で広く採用されており、このような技術のトップランナーでもあります。

一方、ソラナは比較的新しいプラットフォームのため、まだ開発途上であるエコシステムです。しかしソラナは急速に拡大しており、多くのプロジェクトがソラナ上で開発され、採用されるようになってきています。

例えば「Raydium」や「Openbook」などのDeFiプロトコル、「Star Atlas」や「Mango Markets」などのゲームプラットフォーム、そしてソラナ上で展開されるNFTプロジェクトなどが挙げられます。

また近年では、dAppsの簡単な作成を可能にするプラットフォームである「Step Finance」がリリースされ、今後多くのプロジェクトがソラナ上で開発される可能性が高いです。

ソラナのエコシステムはイーサリアムに比べ知名度は低いですが、DeFiやNFTなどのプロジェクトがソラナ上で開発され、注目度が高まっていくとされています。

4. セキュリティについて

仮想通貨ソラナとイーサリアムは2つとも、高いレベルのセキュリティの維持が可能です。

どちらもブロックチェーン技術を使用しているため、改ざんがほとんど起こり得ないという高いセキュリティを誇ります。ただし、これらのプラットフォームには過去に脆弱性の問題が報告されたことがあります。

例えばイーサリアムは、2016年に「The DAO」と呼ばれるスマートコントラクトに関する脆弱性が発見され、約500万ETHが盗まれる事件が発生しました。しかし事件後は、セキュリティに対する注力を強化し、より高いセキュリティが確保されました。

一方ソラナは2021年11月に、ソラナのパブリックノードに影響を与えるセキュリティの脆弱性が報告されています。ただし対応は迅速であり、問題を修正するためのアップデートがリリースされました。

ソラナとイーサリアムのどちらもセキュリティに重点を置いており、優れたブロックチェーンプラットフォームといえるでしょう。

仮想通貨ソラナ(SOL)が購入できる取引所

続いては、仮想通貨ソラナが購入できる取引所を2つ紹介します。

  1. GMOコイン
  2. SBI VCトレード

1. GMOコイン

引用:GMOコイン

取引所名 GMOコイン
取扱通貨数 23種類
最低取引数量 各通貨により違いあり
取引手数料 無料(販売所)
手数料 入金:無料(即時入金のみ)
出金:無料
詳細 公式サイト

GMOコインは手数料が安く継続的な取引を行うにはおすすめの仮想通貨取引所です。

GMOコインでエイダコインを購入する場合は、販売所でしか取り扱いを行っていません。取引所で購入できるBITPOINTと比較するとデメリットとなるでしょう。

しかし幅広い通貨や機能を離床したい方にはおすすめの仮想通貨取引所です。

2. SBI VCトレード

引用:SBI VCトレード

取引所名 SBI VCトレード
取扱通貨数 14種類
最低取引数量 500円〜
取引手数料 無料
入出金手数料 無料
詳細 公式サイト

 

SBI VCトレードは最低500円から仮想通貨を購入することができるため、少額から取引可能です。

また運営元はSBI VCトレード株式会社であり、SBIグループのグループ会社です。SBIグループはネット証券大手であるSBI証券や、住信SBIネット銀行など銀行業界の大手グループとなっています。

さらに取引方法は現物の取引だけではなく、レバレッジ取引やレンディング、つみたてのサービスを提供しています。

 仮想通貨ソラナ(SOL)の将来性

次に、仮想通貨ソラナの将来性について紹介します。

  1. DeFiのプラットフォームとして
  2. クロスチェーンプラットフォームとして
  3. ゲーム開発プラットフォームとして

1. DeFiのプラットフォームとして

仮想通貨ソラナは、高速かつスケーラブルなネットワークにより、DeFiのプラットフォームとして将来的に期待されています。

ソラナは高速でコストが低いため、優秀なDeFiプラットフォームの実現が可能です。実際にソラナ上で動くDeFiプロトコルの数は増加傾向にあり、取引量も増えています。

ソラナ上で動く代表的なDeFiプロトコルには「Openbook」や「Raydium」などがあります。これらのプロトコルは、高速で安価な取引を可能とし、高い流動性を実現しているといえるでしょう。

今後DeFiのプラットフォームとして、需要が高まればソラナの価値も高まっていくと予想されます。

2. クロスチェーンプラットフォームとして

仮想通貨ソラナはクロスチェーンブリッジとして、他のブロックチェーンとの相互運用性を備えており、重要性が増していくと考えられています。

クロスチェーンブリッジとは、他のブロックチェーンと連携して相互運用性をつくることを指しています。

具体的には、ビットコインやイーサリアム、ポリゴンなどの主要なブロックチェーンとの相互運用が可能になる予定です。またソラナの高速処理性能は、他のブロックチェーンとの相互運用においてポジティブな要素となります。

2021年にソラナは、ポリゴンとのクロスチェーンブリッジ「ポルカブリッジ」の開発を発表しました。これにより、ソラナ上でのDeFiやNFTの取引がポリゴン上でも可能になり、相互運用性が向上しています。

よってソラナの高速性能と相互運用性を備えたクロスチェーンプラットフォームとしての開発が進められており、今後ますます重要性を増していくと考えられます。特に、DeFiやNFTなど、ブロックチェーン上でのトレンドに合わせて、相互運用性が求められることが多くなるでしょう。

3. ゲーム開発プラットフォームとして

仮想通貨ソラナは、高速で安定したブロックチェーン技術を採用しているため、ゲーム開発プラットフォームとしての将来性があります。

基本的にゲームでは、高速なトランザクション処理が求められるため、ソラナの採用によってゲームのスピードや快適性を向上させることが期待されるでしょう。

現在、ソラナ上でゲームプロジェクトとして「Star Atlas」という宇宙船シミュレーションゲームがあります。ゲーム性はプレイヤーが宇宙船を操縦し、宇宙を冒険したり、他のプレイヤーと戦ったりすることができるゲームです。

またゲーム内通貨として「ATLAS」というトークンが発行されており、これを使ってゲーム内アイテムの購入や売買ができるようになっています。

ソラナのゲーム開発プラットフォームとしての将来性は、まだまだ発展途上です。ただしソラナが提供する高速で安定したブロックチェーン技術を活用することで、ゲーム開発における課題を解決することができる可能性があります。

 仮想通貨ソラナ(SOL)の価格予測に影響を与える要因

続いては、仮想通貨ソラナ(SOL)の価格予測に与える要因を紹介します。

  1. トランザクション数の増加
  2. エコシステムの発展
  3. セキュリティの向上
  4. 他の競合プロジェクトとの競合

1. トランザクション数の増加

トランザクション数の増加は、ソラナの需要増加を意味するため、価格の上昇につながる可能性があると考えられています。

ソラナのトランザクション数は、年々増加傾向にあります。DeFi(分散型金融)アプリの普及やゲーム、NFTなどのアプリケーションの開発によって、ソラナの注目度が高まっていることがわかるでしょう。

2021年には、ソラナの価格が上昇しました。その価格上昇はトランザクション数の急増と関連しています。

2021年1月には、1日あたりの平均トランザクション数が10万件を超えており、同年9月には100万件を超える日もありました。この時期のソラナの価格は、1ドル以下から30ドル以上に急騰しています。

ソラナのトランザクション数は、ソラナの需要増加を意味し、価格上昇につながる可能性があるといえるでしょう。

2. エコシステムの発展

仮想通貨ソラナのエコシステムが発展すると、ソラナの価格にポジティブな影響を与える可能性が高いです。

エコシステムが発展すると、より多くの開発者がソラナ上でアプリケーションを開発することが可能です。これによって、ソラナのプラットフォームがより多様化され、ソラナ上で取引されるトークンの数が増えることが期待されます。

またソラナのエコシステムの発展には、エキスパートコミュニティやパートナーシップ、開発者支援など、さまざまな要因が関係しています。

エキスパートコミュニティは、ソラナの開発を支援し、新しいアプリケーションの開発を促進することが可能です。パートナーシップは、より多くの企業や組織がソラナを採用することを促し、ソラナの需要を増やすことが期待されます。

ソラナのエコシステムの発展が進むことによって、ソラナの需要が高まり、価格上昇につながるといえるでしょう。

3. セキュリティの向上

仮想通貨ソラナの価格予測に与える要因は、セキュリティの向上です。

ソラナは「PoH(Proof of History)」という独自のコンセンサスアルゴリズムを採用しています。これにより高速かつセキュリティの高いトランザクションが可能です。またソラナはブロックチェーン上での不正行為を防止するために、高度なセキュリティ対策が取られています。

すでに高いソラナのセキュリティが、今以上に向上すると投資家の信頼性を高め、価格の上昇につながる可能性が考えられるでしょう。

4. ほかのプロジェクトとの競合

仮想通貨ソラナの価格予測に影響を与える要因は、ほかのプロジェクトとの競合があげられます。

現在、ブロックチェーン技術を利用したプロジェクトは数多く存在し、その中でも成功しているプロジェクトは限られています。ソラナがほかの競合プロジェクトに比べて優位性を持つことができれば、価格の上昇が期待されるでしょう。

ブロックチェーン技術の分野では、新しいプロジェクトが頻繁に登場し、競合関係にあることが多いです。そのためソラナが市場に浸透するためには、優れた特徴や機能、パフォーマンスが必要です。

 仮想通貨ソラナ(SOL)の将来の可能性とリスク

続いては、仮想通貨ソラナ(SOL)の将来の可能性とリスクについて紹介します。

  1. 成功する可能性が高い要因
  2. 失敗する可能性がある要因

1. 成功する可能性が高い要因

仮想通貨ソラナが成功する可能性が高い要因は、以下の3つが挙げられます。

  • 技術的優位性
  • 多様なアプリケーションの開発
  • 豊富な投資と開発支援

ソラナの技術的優位性は、前述したとおり高速なトランザクション処理能力を持っている点です。また多様なアプリケーションを開発するために強力な基盤を提供しています。

DeFiやNFT、ゲーム、市場プレイスなど、幅広い分野でのアプリケーション開発が進んでいます。さらにソラナはイーサリアムをはじめとする、ほかのプロトコルとの相互運用性も提供しており、多様なアプリケーション開発にとって重要な要素です。

ソラナは多くの有名な投資家やベンチャーキャピタルから資金を調達し、さまざまな開発者やプロジェクトを支援しています。

このような点がソラナの成功する要因だといえるでしょう。

2. 失敗する可能性がある要因

仮想通貨ソラナが失敗する可能性がある要因には、以下の要因が含まれます。

  • 開発者の離脱や競合他社の人材獲得による開発の遅れ
  • ソラナが必要とする技術の進歩による価値低下
  • セキュリティ上の問題による不正アクセスや詐欺の発生

これらの要因が組み合わさると、ソラナが失敗する可能性があります。競合他社の増加や技術進歩によって、ソラナの価値が低下する可能性もあります。また、セキュリティ上の問題が発生した場合には、ユーザーの信頼を失うことになるでしょう。

しかしソラナは急速に成長し、多くの投資家や開発者の関心を集めているのが現状です。上記のリスクを適切に管理することが、ソラナの将来の成功につながるといえます。

 まとめ

仮想通貨ソラナは、独自のコンセンサスアルゴリズムであるPoH(Proof of History)を採用しています。そのため高速で安全な取引が可能なブロックチェーン技術を持つ仮想通貨です。

またDeFiやNFT、ゲーム、市場プレイスなど、幅広い分野でのアプリケーション開発が進んでいます。これらは将来的に市場が拡大する可能性が高いプロジェクトです。

さらにクロスチェーンブリッジを採用しており、他のブロックチェーンとの相互運用性を備えており、重要性が増していくと考えられています。

これらの要因によりソラナは将来的に、ビットコインやイーサリアムなどと肩を並べる存在となる可能性があるといえるでしょう。

仮想通貨を最高利率10%で運用

 

ビットレンディングは今だけ、新規口座開設&貸出開始をするだけで、もれなくアマゾンギフトカード2,000円がもらえます!

  • ビットコイン(BTC)年利 8%
  • テザー(USDT)年利 10%

など、高利回りが実現!

ビットレンディングはテラショックやFTX破綻、 SVB破綻など市場が混乱するニュースがあった中でも問題なく運営しているため、安心して利用できます。

無料口座開設は3分程度の入力で完了。
ぜひこのチャンスを見逃さず登録しておきましょう。