近年知名度を上げている仮想通貨ですが、実際にどうやって始めたらいいのかわからない人が多いのではないでしょうか。

今回の記事では仮想通貨の投資方法や取引所の種類、投資の注意点、投資方法などを解説しています。

仮想通貨に興味がある人はぜひ参考にしてみてください。

仮想通貨で利益を上げるための投資方法を4つ紹介!

  1. 現物取引
  2. レバレッジ取引
  3. 自動積立
  4. レンディング(貸仮想通貨)

仮想通貨の投資方法は大きく分けて上にあげた4つになります。

細かく分けると複雑で難しい部分もありますが、初めのうちは4つ投資方法について把握しておきましょう。

それぞれ解説していきます。

【方法1】現物取引

現物取引は、仮想通貨を購入して値上がりしたタイミングで売却することで利益を得ることができる取引方法です。

売却するときは仮想通貨を保有しておかなければいけません。そのため、現物取引では先に仮想通貨の購入取引をすることが必要になります。

また仮想通貨の値上がりが前提なので、ある程度の知識や分析力が求められこまめに情報をチェックする必要があります。

現物取引は手元の資金で購入取引をするので、手元の資金以上は購入できないのが特徴です。

【方法2】レバレッジ取引

レバレッジ取引は、保有する資金を証拠金として資金を数倍にして取引を行うことを指します。

例えば資金が10万円あるとして、2倍のレバレッジ取引をすると20万円の取引が可能になります。

資金は少なくても大きな金額で取引できるため、利益は大きくなりますが損失も大きくなるので、ハイリスクハイリターンな方法になります。なので、最初は小さなレバレッジをかけて取引することをおすすめします。

【方法3】自動積立

自動積立とは、入金から仮想通貨の購入まで自動で取引を行なってくれる方法です。

一度にたくさん買うのではなく、金額と時期を分散させて最初に仮想通貨を購入するタイミングや購入する金額などを設定するだけで、価格が高いタイミング・低いタイミング関係なく取引を行なってくれます。

取引所によっては1〜1,000円から始められるので手元にまとまった資金がなくても、すぐに始められ大きな損失もなく長期的にみて安定した投資方法となっています。

【方法4】レンディング(貸仮想通貨)

レンディングとは、貸仮想通貨とも呼ばれ一定期間の間、取引所に仮想通貨を貸して利息を受け取る方法です。

取引所を間に挟んで、現金ではなく仮想通貨を借りたい人に貸し出します。例えば銀行からお金を借りるときも利息がついてきますが、仕組みは一緒です。

仮想通貨を貸した期間は利息がついてきて、年利1〜5%程度を目安で受け取れます。

銀行の利息は0.01からどんなに高くても0.1%くらいなので、それと比べればかなりの年利となります。

仮想通貨の投資をするメリット・デメリット

メリット デメリット
  • いつでもどこでも取引が可能

  • 少額でも始められる

  • 大きなリターンが見込める

  • 大きな損失になる場合がある

  • ハッキングされる可能性がある

  • 税率が高い

仮想通貨は、取引時間が決められておらず24時間365日いつでも取引が可能なので、取引時間に縛られず隙間時間も有効的に使えます。

そして、値動きがかなり激しいので1日に2倍3倍になることもあれば半分になったり減少することもあります。そのため、1日で大きな利益を生み出すこともあれば、大きな損失になることもあります。

メリットは、仮想通貨投資で初めて取引する人が少額で始められることで、リスクを大きく減らしながら利益も出せることです。まずどんなものか試したい人や慣れる必要があるので、少額で始められる点は非常に良いです。

デメリットは、取引所の保管方法やセキュリティによってはハッキングされる可能性があることです。

インターネット中での取引になりますし、今では確立されてきた投資ですが一昔の2018年では日本国内で約580億円相当の資産が盗まれる事件も起きています。今では、セキュリティや保管方法を強化しておりハッキングのリスクを減らすことができています。

仮想通貨投資をする際に気をつけたい3つの注意点

  1. 必ず余剰資金で投資を行う

  2. はじめは少額の資金から投資をする

  3. 怪しい投資案件に飛びつかない

仮想通貨投資をする際の注意点を解説していきます。

仮想通貨の取引を行うときに、最初からリスクがあるような投資取引は避けたいです。

ハイリスクハイリターンになっては、損益が出てしまい大金を失う場合があります。それらを回避するために上に上げた3つの注意点を紹介します。

【注意点1】必ず余剰資金で投資を行う

仮想通貨はあくまで投資です。そのため大きく利益を出す場合もあれば大きな損失になる場合もあります。

一発逆転を狙って生活費までも投資に回してしまっては、損失になった場合に生活ができない状況になりかねません。

そのため、生活に困らない資金を残しつつなくなってもいい余剰資金で投資をするといいでしょう。

【注意点2】はじめは少額の資金から投資をする

仮想通貨は、1日の値動きが大きいところで多額の投資資金で取引をすると大きな損失になる可能性は0ではありません。

なので、仮想通貨が初心者の人は少額から取引を行うことをおすすめします。

1円からでも購入できる取引所があるので、まずは仮想通貨に慣れることを優先しましょう。

【注意点3】怪しい投資案件に飛びつかない

仮想通貨は投資案件によって、詐欺的な怪しいコインを買わされる場合があります。

インターネット上での取引なこともあり、投資案件を出している企業の情報が分からないこともあります。

基本的には怪しいものには近づかずに、有名な銘柄で人気のコインに投資しましょう。

仮想通貨投資をするのにおすすめの銘柄はある?人気のコイン5種類をピックアップ

銘柄 特徴

ビットコイン(BTC)

世界で初めて誕生した仮想通貨
仮想通貨の代表的存在
ビットコインの相場状況が他の仮想通貨相場に影響する

イーサリアム(ETH)

ビットコイン以外のコイン(アルトコイン)の代表
ビットコインに次ぐ時価総額
発行枚数の上限がない

リップル(XRP)

リップル社によって運用される「中央集権型コイン」
主に国際送金に使われる
送金手数料が非常に安い

ライトコイン(LTC)

安定成長しているアルトコイン
高速な決済を実現している

ビットコインキャッシュ(BCH)

ビットコインから分裂したコイン
ビットコインの欠点(送金遅れ)を補うことが可能

仮想通貨の種類は世界で15,000種以上あると言われていますが、将来的に価値が上がらないものや詐欺目的なものも多く含まれています。

国内では取引所で取引できるものは30種と少ないですが、これは金融庁によって厳しく審査されるためです。

これまで新しく誕生した、もしくはこれから誕生する仮想通貨は、大きな利益を得られる可能性もありますが、ほとんどが価値が上がらず消えていきます。

仮想通貨の投資初心者は、上記のような有名で安定したコインから始めれることをおすすめします。

これらの安定したコインはほとんどの仮想通貨取引所で売買が可能です。

仮想通貨投資をするには取引所の口座開設が必要!取引所の選び方は?

  • 投資したい仮想通貨は取り扱っているか

  • 取り組みたい投資方法に対応しているか

  • 取引手数料や入金/出金手数料は安いか

仮想通貨の投資をする際には、最低でも1つの取引所で口座開設が必要になります。

初心者の時は、どんな取引所があってどんな特徴があるのか分かりません。

取引所によって扱っている仮想通貨が異なっていたり、手数料が異なったりするので、上で紹介した3つを基準に選ぶといいでしょう。

ただ基本的にどの取引所も、口座開設・口座維持には手数料が掛からないので、気になった取引所の口座開設はすぐに申し込んでみるのも手です。

※少しややこしいですが、取引所では「取引所」と「販売所」という2つの取引方法があります。
取引所は利用者同士の取引で、株取引などと同じく指値注文ができ、手数料は安めです。一方の販売所は取引所相手に売買するもので、ほぼ確実に売買が成立する・初心者でも簡単に売買ができるなどのメリットはありますが、一方で売りと買いの価格差(スプレッド)が大きく、結果として手数料が高くなりがちです。
どの通貨がどちらの取引方法に対応しているかは仮想通貨取引所ごとに異なります。
できれば取引所経由での投資のほうが手数料が安いですが、取引所で取り扱いがない仮想通貨の場合は販売所を利用しましょう。

仮想通貨投資を始めるのにおすすめな人気取引所3選

仮想通貨の投資を始めるのにおすすめの取引所を紹介します。

仮想通貨投資で取引所を選ぶことはかなり重要になります。手数料や投資方法など取引所によって異なりますますので、できるだけ安い手数料で投資方法などを確認した上で選びましょう。

口座開設がまだの方はぜひチェックしてみてください。

1.コインチェック

コインチェック(coincheck)
取り扱い銘柄 取引所
(5銘柄)
BTC/ETH/FCT/MONA/PLT
販売所
(16銘柄)
BTC/ETH/ETC/LSK/FCT/XRP/XEM/LTC
BCH/MONA/XLM/QTUM/BAT/IOST/ENJ/OMG
取引手数料(税込) 取引所 メイカー手数料:0.000%
テイカー手数料:0.000%

販売所

無料(スプレッド:0.1〜5.0%)
入金手数料(税込) 銀行振込(日本円):無料(各銀行の振込手数料あり)
コンビニ入金:770円~1,018円
クイック入金:770円~入金金額×0.11% + 495 円

出金手数料(税込)

407円
対応する取引
(現物取引以外)
レバレッジ取引 非対応
自動積立 対応

レンディング

(貸仮想通貨)

対応

コインチェックは、CMでも流れている通り国内でも取り扱いコイン数が多い仮想通貨取引所で、取引所アプリのダウンロードも日本一となっています。それだけユーザーが利用する取引所ということですね。

投資方法は、レバレッジ取引には対応しておらず自動積立とレンディングには対応しています。

以前はレバレッジ取引の取り扱いもありましたが、2020年にサービス提供を終了しました。

コインチェックではさまざまなサービスを展開しており、「Coincheckでんき」や「Coincheckガス」という公共料金をビッツコインで支払いつつ、割引や還元を受けられることができます。

2.ビットフライヤー

ビットフライヤー(bitflyer)

取り扱い銘柄

取引所
(6銘柄)
BTC/ETH/BCH/MONA/XRP/XLM
販売所
(15銘柄)
BTC/ETH/ETC/LTC/BCH/MONA/LSK/XRP
BAT/XLM/XEM/XTZ/DOT/LINK/XYM
取引手数料(BTC)

取引所

約定数量 × 0.01 ~ 0.15%
販売所 無料
(スプレッドの負担あり)
入金手数料(税込) 無料~330円/1件
出金手数料(税込) 220円~770円/1件
対応する取引
(現物取引以外)
レバレッジ取引 2倍
自動積立 対応

レンディング

(貸仮想通貨)

非対応

ビットフライヤーは2014年に設立し、ビットコインの取扱量が日本No. 1で老舗ということもあり、安心感がある仮想通貨取引所です。

レバレッジ取引と自動積立は対応しており、レンディングは対応しておりません。

ビットフライヤーの「かんたん積立」なら1円から積み立てることができビットコインやイーサリアムの投資が可能で、積み立てのタイミングも毎日、毎週、毎月と選べます。

また、ビットフライヤーのサイトを経由して普段の買い物や旅行サイトで買い物をすると、ビットコインが付与されるサービスも展開しています。

そのほかに、ビットフライヤーのクレジットカードも出ており支払った分の金額に応じてビットコインが還元されるものも出てきています。

3.GMOコイン

GMOコイン
取り扱い銘柄 取引所
(11銘柄)
BTC/ETH/BCH/LTC/XRP/XEM
XLM/BAT/QTUM/XYM/MONA
販売所
(18銘柄)
BTC/ETH/BCH/LTC/XRP/XEMXLM/BAT/OMG
XZT/QTUM/ENJ/DOT/ATOM/ADA/MKR/DAI/LINK
取引手数料 取引所 メイカー手数料:-0.01%
テイカー手数料:0.05%
販売所 無料
(スプレッドの負担あり)
入金手数料 無料
(振込手数料の実費負担)
出金手数料 無料
対応する取引
(現物取引以外)
レバレッジ取引 2倍
自動積立 対応

レンディング

(貸仮想通貨)

対応

大手インターネットグループのGMOグループが2016年に設立した仮想通貨取引所です。

GMOコインは銀行や証券口座を持っているため、金融業に対する豊富な知識と経験で取引所を運営しているので、安心して利用できます。

仮想通貨の取引可能な銘柄は合計20種類で、これは日本国内の取引所の中で一番多いです。

また入金手数料が無料で売買コストの低さもかなり評判があり、初心者に人気がある「GMOコイン 暗号資産ウォレット」もk也つか癒しと定評です。

仮想通貨の取引は、レバレッジ取引・自動積立・レンディングの全ての取引に対応しています。

仮想通貨取引所の口座開設をして実際に投資を始めるまでの流れ3ステップ

  1. 取引所の口座開設がまだなら口座開設をする

  2. 仮想通貨を購入するための資金を入金する

  3. 購入したい人気の仮想通貨銘柄を購入する

仮想通貨取引所で最低1つの口座開設をしなければ取引ができません。

仮想通貨取引所の口座開設から実際に投資を始めるまでの流れを3ステップで解説していきます。

【ステップ1】取引所の口座開設がまだなら口座開設をする

 

  1. 公式HPにアクセスしてメールアドレス・パスワードなどを登録

  2. 仮想通貨投資をするための資金を入金する

  3. 投資したい仮想通貨の取引をする・利用したい投資方法を利用する

口座開設がまだなら、最初に取引所の口座開設が必要です。

取引所によって取り扱っている仮想通貨やサービスが違うので、自分が取引したい通貨や利用したい投資方法に応じて取引所を選びましょう。

口座開設の流れは、取引所にもよりますがおおむね上記のような流れです。本人確認書類には、「運転免許証」「パスポート」「マイナンバーカード」など、顔写真付きのものが必要です。

最近はスマホ撮影で本人確認を提出できるため、時間をかけず口座開設ができます。

 

【ステップ2】仮想通貨投資をするための資金を入金する

審査に通過し口座開設ができたら仮想通貨取引所の口座に投資するための資金を入金します。

取引は自己資産を使うことになります。特にレバレッジ取引は手持ちの資産以上の取引ができますが、リスク管理をした上で取引しましょう。

取引はあくまでも自己責任なので、余剰資金の範囲内で投資するようにしてください。

また、取引所や入金方法によって手数料が異なりますので、事前にチェックすることをおすすめします。

【ステップ3】投資したい仮想通貨の取引をする・利用したい投資方法を利用する

口座開設・投資資金の入金までできたら、いよいよ仮想通貨投資ができます。

現物取引やレバレッジ取引の場合は「取引所」や「販売所」で売買が可能です。

一方で自動積立やレンディングの場合は、取引所にもよりますが別途申し込みが必要です。

まとめ

今回は仮想通貨の投資について解説しました。

仮想通貨は一般的に値動きが激しいのですが、正しいやり方で投資をしていけば大きな損にはなりにくいですし大きな利益となって返ってくることもあります。

仮想通貨投資初心者の方は、慣れてくるまでリスクが少ない少額で始めることをおすすめします。