仮想通貨エイダコインとは?特徴や魅力、将来性、リスクを徹底解説

プロモーション

仮想通貨エイダコインは、オンラインカジノ「カルダノ」で使用される仮想通貨です。

特徴として安全かつ効率的に取引するために、開発されたブロックチェーン技術を採用しています。現在ではエイダコインの利用の幅が広がり、さまざまな分野で活躍しています。

エイダコインが注目を集める理由は、技術的な特徴だけではありません。

カルダノはオンラインカジノにブロックチェーンを取り入れている珍しいオンラインカジノです。そのため不正が起こりにくくなっており、注目を集めています。本記事ではエイダコインについて以下の内容を紹介します。

  • 仮想通貨エイダコインの特徴
  • 仮想通貨エイダコインの価格推移
  • 今後の展開による将来性や注意点
  • 購入できる取引所
  • エイダコインを活用した稼ぎ方

エイダコイン(ADA)とは

                                    引用:カルダノ

 

仮想通貨エイダコインは、分散型のブロックチェーンプラットフォーム「Cardano」上で運営されている仮想通貨です。

またエイダコインはオンラインカジノで利用可能です。オンラインカジノとは、インターネットを通じて行うカジノを指します。そのオンラインカジノの通貨として使用されていた仮想通貨がエイダコインの始まりでした。

オンラインカジノに限らずカジノでは、ディーラー側が勝ちやすい仕組みとなっています。しかしブロックチェーンの技術を利用したオンラインカジノであるため、不正が起こりにくい仕様となっています。

ブロックチェーンは取引履歴が運営以外も確認できるので、不正が行われたらすぐにバレてしまう仕組みであり安心です。

通貨名 Cardano(カルダノ)
シンボル ADA
発行上限 450億枚
現在の価格(2023年2月8日現在)※1 52.46円
時価総額(2023年2月8日現在)※1 1,772,923,956,656円
市場ランキング(2023年2月8日現在)※1 8位
詳細 公式サイト

※1:CoinMarketCap参照

仮想通貨エイダコインの特徴

続いては、仮想通貨エイダコインの特徴を紹介します。

  • Proof of Stake(PoS)方式
  • オーダーブックモデル
  • テクノロジーの革新性
  • 専用ウォレットがある

Proof of Stake(PoS)方式

エイダコインはコンセンサスアルゴリズムに「Proof of Stake(PoS)」を採用しており、マイニングに比べて省エネかつ環境にも優しいとされています。

PoSでは、ブロックチェーンのネットワークを維持するために、すでに所有している仮想通貨の保有量に応じて報酬を得ることが可能です。またエイダコインでは、プールに参加する必要がないため、セキュリティの向上にもつながっています。

保有量に応じて報酬が得られる仕組みは、一部のユーザーに対して大きな利益が与えられ、偏ったサービスになってしまうという問題があります。しかしエイダコインは、保有者に対しての報酬にはランダム性があるため、保有者に対して公平性を確保している通貨です。

このような機能を「ウロボロス」と呼び、エイダコイン独自のサービスです。

オーダーブックモデル

エイダコインはオーダーブックモデルを採用しており、取引がスムーズかつ透明性が高く、投資家にとって利益を最大化するための取引が可能です。

オーダーブックモデルとは、買い手と売り手が取引を希望する金額と数量を登録し、マッチングすることで取引が成立する方式です。この方式により、取引の透明性が高く、価格操作が困難であるというメリットがあります。

エイダコインはこのオーダーブックモデルを採用しており、取引所での取引がスムーズに行われています。

例えば、ある投資家が現在の市場価格よりも低い価格で購入したいと考えていた場合、オーダーブックモデルでは要望を登録する必要があります。

その後、売り手が同じ価格で売りたいと思っていた場合、その要望が登録された買い手とマッチングされ、取引が成立するという流れです。

したがってオーダーブックモデルを採用しているエイダコインは、取引の透明性が高く、投資家にとって利益を最大化するための取引を可能にします。

テクノロジーの革新性

エイダコインは、革新的なテクノロジーを採用しており、スマートコントラクトや分散型アプリケーション(dApps)の開発が可能です。

エイダコインは、設立者であるカーデノ社が独自に開発したオープンソースのプロトコル「オーロラ」を採用しています。オーロラは、既存のブロックチェーンの問題点を解決するために設計されており、スマートコントラクトや分散型アプリケーションの開発に適しているといえるでしょう。

またエイダコインはテクノロジーの革新性により、さまざまな分野で活用されています。

例えば、農業分野では、エイダコインを活用した分散型アプリケーションが開発され、農業生産の効率化や食品情報の透明性の確保に役立っています。また、医療分野では、エイダコインを活用した分散型アプリケーションが開発され、電子カルテの共有や医療情報の安全な管理が可能です。

エイダコインは、革新的なテクノロジーを採用しているためさまざまな分野で今後も活躍が期待されるでしょう。

専用ウォレットがある

エイダコインはカルダノブロックチェーン上で動作する仮想通貨であり、専用のウォレットである「ダイダロス」が提供されています。

ダイダロスはカルダノの創設者であるチャールズ・ホスキンソンが率いるIOHK(Input Output Hong Kong)によって開発されたウォレットです。特徴はセキュリティの高さや取引のスピードが高く、市場で評価されています。

ダイダロスウォレットは、カルダノブロックチェーンに直接接続されているため、セキュリティが強固です。また、ウォレットのダウンロード、インストール、同期が簡単に行えるため、初心者でも扱いやすいとされています。

さらに、ダイダロスウォレットを使用することで、エイダコインのステーキングも可能となり、報酬を得られます。エイダコインを保有する場合は、ダイダロスウォレットを利用すると良いでしょう。

仮想通貨エイダコインの価格

                                                      引用:CoinMarketCap

 

続いてはエイダコインの価格について紹介します。

2023年4月27日現在の価格は1ADA=54.11円であり、時価総額ランキングは7位です。

時価総額ランキングでは、注目度の高い仮想通貨である「Polygon(MATIC)」や「Solana(SOL)」「Polkadot(DOT)」よりも上位にランクインしているため、エイダコインの注目度が高いことわかります。

この章では、エイダコインが過去にどのようなチャートの動きをしてきたか見ていきましょう。

2021年9月に最高値を記録

2021年9月にエイダコインは1ADA=338円をを記録し、過去最高値を更新しました。

2021年は、多くの仮想通貨が急速に価格を上げ、市場全体が熱狂的な状態にありました。エイダコインもこの影響を受け、9月には最高値である、1ADA=338円をを記録しています。

また、エイダコインは「Proof of Stake(PoS)」を採用しており、マイニングに必要なコストが比較的低いことも、価格上昇につながった要因の一つです。

2021年9月1日には、エイダコインは1ADA=約300円前後で推移していました。しかし、9月4日には急激に価格が上昇し、1ADA=約330円を記録しました。その後も価格は上昇を続け、9月16日には最高値である、1ADA=338円を記録しています。

この上昇の背景には、仮想通貨市場全体の熱狂的な状態や、低コストでマイニングできるPoS方式があると考えられています。

2022年5月に大暴落

最高値1ADA=338円を記録したエイダコインですが、2022年5月に大暴落をしてしまいます。

最高値を記録した9月あたりは仮想通貨全体として市況が良かったのですが、2021年末には仮想通貨全体で相場環境が下落しています。

そのためエイダコインも同様に価格を落とし、131円台まで下落しました。

しかし2022年1月に、新しいプロジェクトであるメタバース「Pavia.io」やDeFi「SundaeSwap」などが発表され価格を140円台まで戻しました。

ただし2022年5月には再度仮想通貨全体の市況が下がり、それに伴いエイダコインも下落し1ADA=50円台まで下がっています。

仮想通貨エイダコインの将来性

次に仮想通貨エイダコインの将来性について紹介します。

  • ​​​​​​エイダコインの採用事例
  • 大型アップデート
  • 新ファンドが期待されている
  • カルダノ財団の活動

エイダコインの採用事例

エイダコインは、世界中の企業や政府機関によって採用され、その将来性が期待されています。

2021年9月には、エチオピア政府がカルダノのブロックチェーン技術を採用することを発表しました。エチオピア政府は、カルダノのブロックチェーン技術を使用して、エチオピア内のID管理や投票システムなどを行う予定です。

また、エイダコインは、日本のIT企業フジツボが開発した脱炭素技術にも採用されており、その可能性が広がっています。脱炭素技術は、エイダコインのスマートコントラクトによって、自動的にCO2排出量の取引が行われる仕組みです。

他にも、2021年6月にはNervos(ネルボス)という、相互運用に特化した企業と提携しています。ネルボスはクロスチェーンブリッジの開発をしている企業です。クロスチェーンブリッジとは、異なるブロックチェーンで通貨のやりとりを行うために使用されるツールです。

また2022年7月にはMoonPay決済サービスのプラットフォームとの統合を発表しました。アメリカではApplePayや銀行カードを使用して、エイダコインの購入が可能となります。

したがってエイダコインは、世界中の企業や政府機関によって採用され、その将来性が期待されているといえるでしょう。

大型アップデート

エイダコインは大型アップデートによって、より高速でスケーラブルな取引が可能になり、将来性が高まるでしょう。

2022年には、エイダコインのプロトコルであるカルダノが、Alonzoハードフォークを実施しました。これにより、スマートコントラクトを実行するためのプログラム言語「Plutus」が導入されています。

このスマートコントラクト導入により、エイダコインはイーサリアムに迫る規模のスマートコントラクトプラットフォームとなる可能性があるといえるでしょう。

したがって、この大型アップデートがうまくいけば、エイダコインの価値は高まっていくと考えられています。

新ファンドが期待されている

エイダコインには、新しいファンドの導入によって、より多くの開発プロジェクトやイノベーションに投資できる可能性があります。これによって、エイダコインの技術とプラットフォームが進化し、将来的にさらなる成長が期待されています。

エイダコインの開発会社であるIOHKは、2021年5月に新しいファンドを発表しました。このファンドは、100億ドルという莫大な資金を投資することで、カルダノエコシステム全体の成長を促進することを目的としています

このファンドにより、エイダコインはより多くのプロジェクトに投資し、エコシステム全体を強化することができるでしょう。

また、エイダコインおよび新ファンドの創設者であるチャールズ・ホスキンソン氏は、エイダコインがブロックチェーン業界のトッププレーヤーの1つに成長する可能性があると述べています。

したがって創設者であるチャールズ・ホスキンソン氏が強い信念を持っているプロジェクトであるため、エイダコインの将来性は高いといえるでしょう。

カルダノ財団の活動

カルダノ財団は、エイダコインの発展に向けたさまざまな活動を行っており、技術開発や普及活動などに力を入れています。これらの活動はエイダコインの将来性を高めるうえで、大きな役割を果たしているといえます。

カルダノ財団は、カルダノプロジェクトの中心的な組織です。技術開発やプロモーション、コミュニティの育成などを行っています。

技術開発では、カルダノの開発チームであるIOHKと協力し、カルダノの技術開発を進めています。特に、スケーラビリティやセキュリティに重点を置いた技術開発を行っており、その成果は市場でも高く評価されているといえるでしょう。

また普及活動のため、技術や価値を広く世界に伝えるためのプロモーション活動を行っています。具体的には、エイダコインの特徴やメリットを紹介するイベントやコンテストの開催、メディアへの露出、教育プログラムの提供などを行っています。

さらにコミュニティ育成も行っているため、活動面は幅広いです。例えば、グローバルなコミュニティを形成するための支援やコミュニティメンバーとの定期的な交流、コミュニティ内での情報共有やディスカッションの促進などを行っています。

仮想通貨エイダコインが購入できる仮想通貨取引所

ここまでエイダコインについて紹介しました。

ここではエイダコインを入手できる国内の仮想通貨取引所を紹介します。

国内でエイダコインを上場している取引所は以下のとおりです。

  • BITPOINT
  • GMOコイン

BITPOINT

引用:BITPOINT

取引所名 BITPOINT
取扱通貨数 17種類
エイダコイン最低取引数量 販売所:500円
取引所:0.01ADA
取引手数料 無料
手数料 入金:無料(即時入金のみ)
出金:振込手数料分負担
詳細 公式サイト

BITPOINTの特徴は以下のとおりです。

  • スプレッドを利用した仮想通貨取引ができる
  • 取引所でエイダコインを購入可能
  • 各種手数料が安い

BITPOINTは日本で最初にエイダコインを上場させた仮想通貨取引所です。取引所を利用して、エイダコインを購入できるため、安く入手できます。

エイダコイン以外の仮想通貨をレバレッジをかけて取引したい方におすすめな取引所です。

GMOコイン

引用:GMOコイン

取引所名 GMOコイン
取扱通貨数 23種類
エイダコイン最低取引数量 販売所:1ADA
取引所:なし
取引手数料 無料(販売所)
手数料 入金:無料(即時入金のみ)
出金:無料
詳細 公式サイト

GMOコインの特徴は以下のとおりです。

  • ​​​​​幅広い通貨で取引可能
  • 出金手数料や入金手数料が安い
  • レバレッジやつみたて、ステーキングなど幅広い機能がある

GMOコインは手数料が安く継続的な取引を行うにはおすすめの仮想通貨取引所です。

GMOコインでエイダコインを購入する場合は、販売所でしか取り扱いを行っていません。取引所で購入できるBITPOINTと比較するとデメリットとなるでしょう。

しかし幅広い通貨や機能を離床したい方にはおすすめの仮想通貨取引所です。

仮想通貨エイダコインを海外の取引所で入手する方法

エイダコインは紹介した前述した2つの国内の仮想通貨取引所以外に海外の仮想通貨取引所を使うことで入手できます。

利用できる海外の取引所は以下のとおりです。

  • バイナンス
  • Kucoin
  • Kraken
  • OKEx
  • Bithumb

この章では、紹介した海外取引所のなかでも「Kucoin」を利用した方法を紹介します。

bitFlyer(国内)の口座開設をする

まずは国内の仮想通貨取引所である「bitFlyer」の口座を開設しましょう

bitFlyerの口座開設の手順は以下のとおりです。

  • bitFlyer にアクセス
  • メールアドレスを入力し登録
  • 名前や住所など本人情報を入力
  • オンライン上で本人確認書類と顔写真撮影して提出

オンライン上で完結するため、郵送などの面倒な書類の手続きが必要なく簡単に口座開設できます。

Kucoin(海外)の口座開設をする

続いては海外の仮想通貨取引所である「Kucoin」の口座を開設しましょう。

口座開設方法は以下のとおりです。

  • Kucoin にアクセス
  • 登録者の基本情報を入力し登録
  • 2段階認証の設定
  • 取引パスワードの設定

bitFlyerからKucoinに送金し、エイダコインを購入

続いてはbitFlyerからKucoinに送金し、エイダコインを購入しましょう。

手順は以下のとおりです。

  • bitFlyerの取引所でビットコインを購入
  • Kucoinの入金アドレスを確認し、bitFlyerから送金する
  • Kucoinで入金を確認
  • Kucoinの販売所か取引所でエイダコインを購入

仮想通貨エイダコインの注意点・リスク

続いては、エイダコインを取引するうえでの注意点やリスクを紹介します。

  • ICO時の問題
  • アップデート(Vasil)が遅れる
  • AdaPayの普及が思ったように進まない可能性がある

ICO時の問題

エイダコインのICO時に問題が発生したことは事実です。しかし現在は、カルダノ財団の改革により運営体制が改善され、安定した運営が行われています。

ICOとは「Initial Coin Offering」の略で、新規仮想通貨公開を指しています。

2019年には、カルダノ財団が新しい取締役会を設置し、ICO時の問題を解決するための取り組みを開始しました。また、2020年にはカルダノ財団の監査機関であるPwCと契約を結び、財務レポートの公表や透明性の向上に取り組んでいます。

エイダコインのICO時には問題がありましたが、現在はカルダノ財団が新しい管理体制に移行し、問題に取り組んでいる状況です。今後も運営体制の改善や、トークン流動化の推進が行われることに期待が寄せられます。

アップデート(Vasil)が遅れる

カルダノのアップデート(Vasil)が遅れることで、エイダコインにとってはリスクとなります。しかし、この遅延はテスト段階で発見された問題を修正するためであり、セキュリティに対するカルダノの取り組みを示すものでもあります。

カルダノのアップデート(Vasil)は、2022年第2四半期にリリースされる予定でしたが、開発の遅れにより2023年第1四半期に延期されました。この遅延は、テスト段階で発見された問題を修正するためであり、カルダノが安全性に対して真剣に取り組んでいることをアピールする結果ともなっています。

またアップデート(Vasil)の遅延により、カルダノの競合他社がカルダノを上回る機能を提供することができる可能性もあります。しかし、カルダノは長期的な視野を持ち、セキュリティーに対する取り組みを重視しているため、リスクはあるものの投資家は冷静な判断をとるようにすると良いでしょう。

AdaPayの普及が思ったように進まない可能性がある

エイダコインには、AdaPayという決済サービスがあります。

仮想通貨市場がいまだに成熟していないことや、競合他社の決済サービスがあることから、AdaPayが普及するまでには時間がかかる可能性が高いです。現在、AdaPayを利用できるサービスや店舗はまだ限られており、普及には課題があります。

例えば、2023年4月時点でAdaPayを利用できるオンラインストアは、IOHKの公式ストアやファングッズを販売するストアなどわずか数店舗です。また、実店舗でもAdaPayを利用できる店舗は限られており、普及はまだまだだという状況です。

エイダコインのAdaPayは、仮想通貨決済サービスの中でも注目されていますが、まだ普及には課題があります。

競合他社の存在や、仮想通貨決済がいまだに普及していないことなどが原因で、AdaPayが普及するまでには時間がかかる可能性が高いです。しかし、カルダノ財団はAdaPayの普及に力を入れているため、今後の取り組みに期待していきましょう。

仮想通貨エイダコインを使って稼ぐ方法

続いては、仮想通貨エイダコインを使って稼ぐ方法を紹介します。

  • ステーキング
  • セービング

ステーキング

エイダコインをステーキングすることで、運用利回りを得ることが可能です。

ステーキングとは、対象の仮想通貨を保有し、ブロックチェーンのオペレーションに参加することで報酬を得られる仕組みです。マイニングの代替手段だといわれています。

ステーキングによる運用利回りは、最大で年率5〜6%程度の利回りが見込めるといわれています。

ステーキングを行うには、ダイダロスウォレットを使って、エイダコインをステーキングプールに委託することが必要です。基本的には、プールに委託することで、ネットワークへの貢献度が高まり、報酬を得やすくなる傾向があります。

このようにエイダコインを保有しステーキングすることで、運用利回りを狙えます。

セービング

エイダコインをセービングすることで、運用利回りを得られます。

セービングとは、保有している仮想通貨を預けることで金利収入が得られる仕組みです。

エイダコインのセービングは、長期的な収益を追求するために有効な方法の1つです。エイダコインを貯蓄するだけで、年率に応じた報酬を受け取ることができます。また、セービングのリスクは比較的低く、他の仮想通貨と比較しても競争力のある運用利回りを提供しています。

例えばバイナンスでは、エイダコインのステーキングと同様に、定期的に配当を受け取ることが可能です。またダイダロスウォレットでも、エイダコインを保有しているだけで、運用利回りに応じた報酬を受け取ることができます。

エイダコインのセービングは、比較的低いリスクで長期的な収益を追求することができる方法の1つです。

仮想通貨エイダコインの今後の展望

続いては、仮想通貨エイダコインの今後の展望を紹介していきます。

  • エイダコインが将来的にどのように発展していくのか
  • エイダコインが世界中でどのような影響を与えるのか

エイダコインが将来的にどのように発展していくのか

エイダコインは、安定した技術と優れたスケーラビリティーによって、今後も発展していくと予想されます。

カルダノ財団は、エイダコインをさらに発展させるために、技術的な研究や開発を進めています。そのため成果が将来的に、エイダコインのさらなる普及へと期待が高まっているでしょう。

またカルダノ財団は、エイダコインのブロックチェーン技術に関する研究を進め、ウロボロスやプログラム言語「Plutus」などの技術の開発を行っています。さらに、スマートコントラクトやDeFiなど、新たなアプリケーション領域にも進出していく可能性が高いです。

さまざまな分野へと発展を遂げていくエイダコインの将来性は高いといえるのではないでしょうか。

エイダコインが世界中でどのような影響を与えるのか

エイダコインは、仮想通貨の技術に限らずさまざまな分野での応用が期待されています。

例えば、分散型アプリやスマートコントラクト、IoT(Internet of Things)デバイスの管理、投票システム、金融サービスなどです。これらの分野において、エイダコインは高いセキュリティとスケーラビリティを持ち合わせており、安全かつ高速な取引処理が可能です。

特に、世界中で現在注目を集めているデジタル革命において、エイダコインが重要な役割を果たすことが期待されています。分散型アプリやスマートコントラクトにより、さまざまな業界での業務の自動化や効率化が実現され、経済的な利益や社会的なインパクトが生まれる可能性は高いです。

さらに、エイダコインは、発展途上国においても重要な役割を果たすことが期待されています。現在、多くの国々では、金融サービスにアクセスすることができない人が多くいます。

エイダコインを利用することで、彼らも金融サービスにアクセスすることができるようになり、経済的な自立や発展が促進されるでしょう。

したがって、エイダコインは将来的に、分散型アプリやスマートコントラクトなどの分野での応用が期待され、世界中で重要な役割を果たすことが予想されます。

10. よくある質問

続いて、仮想通貨エイダコインについてよくある質問と回答を紹介します。

  • エイダコインを取引したい場合、どのような取引所を使えばよいですか?
  • エイダコインをステーキングする際に必要な最低枚数はありますか?
  • エイダコインのセキュリティについて、どのような対策がされていますか?

エイダコインを取引したい場合、どのような取引所を使えばよいですか?

エイダコインは、日本国内の取引所では「BITPOINT」か「GMOコイン」にて取引ができます。

海外の取引所では「バイナンス」や「Kucoin」「Kraken」「OKEx」「Bithumb」などをはじめ、多くの取引所で取引が可能です。

エイダコインをステーキングする際に必要な最低枚数はありますか?

エイダコインをステーキングするためには、ダイダロスウォレットを使用する必要があります。

最低ステーキング枚数は利用するウォレットによって異なりますが、一般的には2〜3万枚程度が必要とされています。ただし、一部の取引所ではステーキングプールに参加することができるため、最低枚数に満たない場合でもステーキングに参加することが可能です。

エイダコインのセキュリティについて、どのような対策がされていますか?

エイダコインは、Cardanoプロジェクトによって開発されたブロックチェーン技術を採用しています。

この技術は、「Proof of Stake(PoS)」と呼ばれる仕組みを採用しており、より高いセキュリティの実現が可能です。また、エイダコインは開発にあたって、世界中の専門家によるレビューや監査を実施するなど、セキュリティに対する取り組みに力を入れています。

さらに、ウォレットや取引所など、エイダコインを扱うサービス提供者も、二段階認証やマルチシグなどのセキュリティ対策を実施しています。

よって比較的高いレベルのセキュリティを提供しているといえるでしょう。

まとめ

仮想通貨の中でも注目されているエイダコインについて、本記事ではさまざまな観点から解説していきました。

エイダコインは、高速なトランザクション処理やスマートコントラクトを実現する技術的に優れたプラットフォームです。また、エイダコインを保有することでステーキングやセービングといった投資方法があり、将来的にはより高い利益を得ることができるかもしれません。

ここで、本記事で重要なポイントを以下にまとめてみました。
  • 高速なトランザクション処理やスマートコントラクトを実現する技術的に優れたプラットフォーム
  • エイダコインの開発を行っているIOHKは、数々の実績があり、技術的な信頼性が高い
  • セキュリティ面は、カルダノのブロックチェーン技術を採用しており、高い安全性が確保されている
  • エイダコインを保有することで、ステーキングやセービングといった投資方法がある
  • 将来的にスマートコントラクトや分散型アプリの開発に利用される可能性が高い

以上のように、エイダコインは多くの投資家や開発者の注目を集めている仮想通貨だといえます。技術的な優位性や投資の可能性から、今後もさらなる成長が期待されています。