トラストゲートウェイの評判・口コミ【2023年5月最新】ファクタリングサービスの特徴を徹底調査!

トラストゲートウェイ

トラストゲートウェイは、スマホで完結するファクタリングサービスです。

保証人や担保、来店不要でサービスを利用できます。最低10万円から最大5,000万円まで請求書を買い取ってもらえるため、状況に合わせて資金調達が可能です。

「トラストゲートウェイってどんなサービスなの?」「トラストゲートウェイを利用した人の口コミが知りたい」と感じている人も多いでしょう。

本記事では、トラストゲートウェイのファクタリングサービスの概要を解説します。

トラストゲートウェイの特徴や口コミ・評判、具体的な利用時の流れについても紹介します。

トラストゲートウェイの利用を検討している人は、是非ご参考ください!

トラストゲートウェイのファクタリングの概要

トラストゲートウェイとは

トラストゲートウェイとは、福岡県を中心とし2017年にサービスを開始したファクタリングサービスです。

近年は事業拡大に伴い福岡エリアだけではなく、西日本エリア全域で請求書の買取を実施しています。

トラストゲートウェイのファクタリングはクラウド契約となるため、オフィスや自宅で手続きできる点が特徴です。来店不要で仮審査は30分となり、Web上で手続きを完結させられます。

さらに、トラストゲートウェイは医療報酬債権の買取も行なっています。他では買取不可の請求書も、与信で認められれば買取が可能です。

初回利用時の上限も1,000万円となるため、柔軟な対応が期待できるでしょう。

トラストゲートウェイのファクタリングサービス概要

トラストゲートウェイの会社概要

トラストゲートウェイは、ファクタリングサービス以外にも、経営コンサルティングや古物販売などを展開している企業です。

資本金8000万円で平成29年に設立されています。

運営会社 株式会社トラストゲートウェイ
代表取締役 保坂伸二
資本金 8,000万円
本社住所

【福岡本社】

〒810-0041

福岡県福岡市中央区大名2丁目2番42号 ケイワン大名402号

支店住所 【大阪支店】
〒532-0011 大阪府大阪市淀川区西中島3丁目11−26
電話番号 092-712-3366
営業時間 9:00~18:00(定休日:土日、祝日)
業務内容

ファクタリング事業

経営コンサルティング事業

古物営業法に基づく古物営業

トラストゲートウェイの口コミ・評判

トラストゲートウェイの利用を検討している人であれば「実際に利用した人の口コミが知りたい」と感じるケースも多いでしょう。

実際にトラストゲートウェイを利用した人の事例を元にサービスを紹介します。

実際の活用事例

業務上の都合で入金サイクルが2〜3ヶ月になってしまい、現金が足りなくなっていました。銀行融資も申請から審査・振込完了までは1ヶ月以上の時間が必要です。この状態でトラストゲートウェイを利用し、結果的に2日後には売掛金200万円を買い取ってもらっています。急な出費やキャッシュフローの都合上、現金がなくなってしまうタイミングがあります。トラストゲートウェイでは、初めて利用する場合でも、必要書類を提出すればすぐに買取が可能です。
 
従業員数 5名
月商 560万円
売掛金額 200万円

引用元:トラストゲートウェイ公式

利用者の口コミ

大口取引先の支払い遅延により、運営資金がショートしそうになりトラストゲートウェイに相談しました。急ぎ資金が必要だったため、訪問や郵送で時間を浪費することを避けたく、クラウド契約というものをお願いしました。手続きが迅速に進み、契約もパソコンでできたため、時間が短縮でき、資金が必要な日までに無事に現金化できました!手数料も他社より安くて満足です。普段使っているファクタリング会社から乗り換え、リピート利用しようと思っています。

引用元:ファクタリング会社の口コミサイト

コロナの影響で3月以降は予約キャンセルが相次ぎ、経営は決して楽ではありません。数社から「個人に対する売掛金は扱ってない」と利用を断られる中、こちらは「予約サイトと旅行代理店経由の宿泊金なら問題ない」と回答がありました。その際の説明も分かりやすく、ファクタリングは初めてでしたがトラブルなく資金を調達できました。利用する上で不安に感じた点は特になかったです。

引用元:ファクタリング会社の口コミサイト

口コミから以下のような評判がわかります。

  • 2日以内に入金できた
  • オンラインによって取引を完結できた
  • 特殊な状況でも柔軟に対応してくれた

トラストゲートウェイは全国規模のサービスではありませんが、福岡から西日本に対応する業者の中では優良サービスと認知されています。西日本在住の方でファクタリングを利用したい方は、一度トラストゲートウェイに無料相談してみると良いでしょう。

トラストゲートウェイのファクタリングの特徴・強み 

トラストゲートウェイのファクタリングサービスの特徴は以下の通りです。

  • 契約方式と買取額によって変動する手数料形態
  • 手数料以外の別途費用がない
  • クラウド契約により全国でも利用可能
  • 審査通過率95%
  • 相談から資金化まで最短1日で完了
  • 調達可能額を無料診断できる

それぞれ順を追って解説します。

契約方式と買取額によって変動する手数料形態

トラストゲートウェイの手数料形態は、契約方式と請求書の買取額によって変動します。具体的に発生する手数料は、以下の通りです。
売掛債権額 2社間取引の手数料 3社間取引の手数料
〜100万円 10%

8%

〜300万円 8% 5%
〜1,000万円 5%

4%

〜3,000万円以上 4%

3%

(参照:トラストゲートウェイ公式サイト

トラストゲートウェイの手数料は、売掛債権額が大きくなるほど下がります。手数料以外に費用は発生しないため、できる限りコストを抑えて取引が可能です。

トラストゲートウェイの契約方式は「2社間」と「3社間」の2種類が存在します。

2社間取引とは、契約と取引を利用者のみとやり取りする方法です。

一方3社間取引とは、ファクタリング業者と売掛先・利用者の3社が関与して、請求書の現金化を進める方法となります。

2社間と3社間のメリット・デメリットは、以下の通りです。

  2社間取引 3社間取引
メリット

・売掛先にサービスの利用が通知されない

 

・資金調達までがスピーディー

・手数料が安く設定される傾向にある

 

・継続的な与信調査が不要

デメリット

・支払い後も与信調査が行われる

 

・手数料が高く設定されている

・ファクタリング業社から売掛先へ連絡がくる

 

・売掛金は売掛先からファクタリング業者に支払われる

同じ金額でも、契約方式によって手数料の金額が異なり、3社間取引の方がコストを抑えられます。

トラストゲートウェイでは、2つの契約形態を提供しているため、利用者の希望に合わせて選択が可能です。

手数料以外の別途費用がない

トラストゲートウェイのファクタリングサービスには、手数料以外に発生する費用はありません。

他社にあるサービス利用料・事務手数料・掛け目などが必要ないため、最低限のコストで請求書を現金化できます。

トラストゲートウェイは請求書の金額に合わせて手数料が設定されています。

3社間取引を利用する場合は、最高でも8%の手数料しか必要ありません。

できる限りコストを抑えてファクタリングサービスを利用できる点は、トラストゲートウェイの特徴です。

クラウド契約により全国でも利用可能

トラストゲートウェイはクラウド契約に対応しているオンラインファクタリングのため、日本全国で利用が可能です。

従来型のファクタリングサービスは、店舗へ出向き書類を提出してから、振り込まれていました。

一方、トラストゲートウェイのファクタリングサービスは電話・Webフォームから必要情報を入力し、必要書類を提出するだけで利用できます。

全ての手続きがオンラインで完結するため、無駄な移動も不要です。

2社間取引でファクタリングサービスを利用すれば、取引先にサービスを利用したことを知られる心配もありません。万が一、売掛先が倒産してもトラストゲートウェイで請求した請求金額は、返済する必要もないため安心して利用できます。

審査通過率95%

トラストゲートウェイのファクタリングサービス利用時の審査通過率は95%を超えています。他社のファクタリングサービスで買い取ってもらえなかった案件でも、トラストゲートウェイなら積極的に取引が可能です。

実際にトラストゲートウェイは高い審査通過率から、利用者の98%がリピートしています。初めての利用でも最高1,000万円までの請求書なら買取対象となるため、安心して利用が可能です。

さらに、トラストゲートウェイでは利用回数に応じて手数料が下がる仕組みを採用しています。サービスを利用するほどお得に請求書を買い取ってもらえる点は、利用者にとって嬉しい部分と言えるでしょう。

相談から資金化まで最短1日で完了

トラストゲートウェイのファクタリングサービスは、相談から資金調達まで最短1日で完了します。

2022年10月時点で直近30日の振り込み時間は4時間〜5時間となります。手続きに必要な書類さえ用意しておけば、すぐに請求書の金額を振り込んでもらえます。

サービス利用前に調達可能額の無料診断を受けれる|1分で結果が分かる

トラストゲートウェイでは無料の「調達可能診断」を提供しています。

買い取ってもらいたい請求書の情報と会社情報をWebフォーム上に入力するだけで、自動的に調達可能額を算出できます。

トラストゲートウェイに相談する前に、無料で調達可能額を診断することで希望額に達してるか知れるので、是非一度利用してはいかがでしょうか?

トラストゲートウェイの利用の流れ

トラストゲートウェイ利用の手続き

トラストゲートウェイで請求書を現金化するには、以下のステップが必要です。

  1. 電話・Webフォームからトラストゲートウェイへ問い合わせる
  2. 正式申込フォームの各項目を入力する
  3. 請求書や必要書類を提出する
  4. トラストゲートウェイにて買取審査を実施
  5. 買取審査に問題がなければクラウド契約を実施

  6. 買取金額の振り込み

トラストゲートウェイを利用する際は、店舗に来店する必要はありません。

またトラストゲートウェイでは、審査が完了した後に必ずクラウド契約を実施します。

外部のクラウド契約サービスを使用するため、来店することなく手続きの完了が可能です。

トラストゲートウェイの手続きは、あらかじめ書類を用意しておけば、スマホだけで完結できます。審査自体も書類提出から数時間で完了するため、無理なく資金を用意できるでしょう。

トラストゲートウェイのファクタリングサービスを利用する際に必要な書類は、以下の通りです。

▼必要書類

  • 商業登記簿謄本
  • 印鑑証明書
  • 代表者の身分証明書・住民票
  • 決算書コピー
  • 取引先の基本契約書
  • 取引履歴書類
  • 成因資料(請求書や注文書)

上記書類を事前に用意しておくことで、Web上でもスムーズに手続きを進められるでしょう。

ただし審査過程において上記以外の書類提出を求められるケースがあります。

手続きを進める際は、必ずどんな書類が必要になるか担当者に確認しておきましょう。

トラストゲートウェイに関してよくある質問

どのような方がトラストゲートウェイを利用されていますか?

最も多い利用者は運送業、建設業の方となっています。

また2019年あたりから卸売業、医療関係、製造業の方の利用者も増加しています。

銀行の審査に落ちてしまった方でも利用できますか?

銀行などの金融機関からの融資を受けられなかった方でも、トラストゲートウェイは利用可能です。

最近では金融機関の審査に落ちた方で早急に資金が必要な事業者の問い合わせが増加しています。

トラストゲートウェイのファクタリングに関する総評

トラストゲートウェイのファクタリングサービスについて解説しました。

トラストゲートウェイを利用した人の中には「対応が早くて助かる」「担当者が直接出向いて相談に乗ってくれた」などの口コミがあります。

実際に福岡県の飲食店では「開業から最もキャッシュフローが停滞する6ヶ月〜1年間を支えてもらった」といった声もありました。トラストゲートウェイはクラウド契約を利用するため、オフィスや自宅から手続きを進められます。

キャッシュフローが停滞する時期や急な出費など、現金が必要なタイミングで利用できるサービスです。審査通過率は常時95%以上となるため、高い買取率で安心して審査を依頼できます。

https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3NLDOC+2PN6AY+3RD2+601S1

\\\トラストゲートウェイで即日資金調達///