catch-img

医療保険の見直し!年齢も重要なポイントのひとつ

医療保険を見直すときには必ずチェックしなければならない項目がいくつかあります。

重要な項目をチェックし忘れると、せっかく見直ししてもその意味がなくなってしまう可能性があるので要注意です。

特に年齢は重要なチェックポイントのひとつですから、そのことをきちんと理解して見直しましょう。

この記事では、医療保険を見直す際に、なぜ年齢が重要なチェックポイントになるのか、また、どのように見直せばよいのかということについて解説します。

【目次】


医療保険の見直しが必要な理由を知ろう

まず、なぜ医療保険の見直しが必要なのかという点について知っておきましょう。

医療保険は、いざというときにかかる医療費負担を補うために加入する保険です。

ですから、いざというときに役に立つものでなければわざわざ保険料を払っている意味がありません。

ところが、医療技術は日々進歩しており、受けられる医療の内容も刻々と変化しています。

過去には開腹手術と長期入院によって治していた病気も、医療技術の進歩によって、腹腔鏡下手術で治せるようになり、入院期間も短くなっているのが現実です。

ですから、昔入った保険をそのままの状態にしていたのでは、現状に合わなくなってしまうということが頻繁に起こり得ます。

たとえば、昔の医療保険の入院給付金は、5日間もしくは8日間以上入院したときに初めて出るタイプで、しかも、5日目もしくは8日目からの給付金だけが出るというものでした。

これでは、短期入院が当たり前になった現状では入院給付金が出ないということになります。

保険はそれぞれの時代の医療レベルや実状に合わせた保障内容や給付条件になっているため、年月が経つうちに合わなくなってくることが多いということです。

もしも加入している医療保険が、実状に合わないものであれば、保険料を払い続けていても意味がなくなってしまいます。

医療保険の見直しが必要な最大の理由は、現状に合う保障内容や条件かという点を確認することなのです。

年齢によって医療保険のニーズは変わる

医療保険に求める内容は、年齢によって大きく違います。そのため、年齢が重要なチェックポイントになるわけです。

たとえば、20代と40代、60代の男性で医療保険にどんなことを求めるかを考えてみましょう。

20代は、結婚して家庭を持つ人がいる一方で独身の人もかなり多くいる年代です。

生活習慣病やがんなど重篤な病気にかかるリスクは少ないものの、事故やケガなどで入院するリスクはあります。

ですから、傷害保険の部分を手厚くしたいと考える人が多いでしょう。

一方、40代は生活習慣病のリスクが急激に高まる時期です。家庭では子育てにお金がかかる時期でもあります。

もしも病気で入院することになっても家族が困らないように、入院費や手術費を保険で賄いたいと考える人が多くなるでしょう。

入院期間中は働けなくなるので、その間の給与保障についてのニーズを強く感じる人もいるかもしれません。

若いころから医療保険に入っている人は、傷害保障中心から生活習慣病やがんのリスクに対する備えに切り替えたいと考える可能性もあります。

これらの年代と比べると、60代は違うポイントでの見直しも必要です。

医療保険の必要性は高まる年代ですが、定年後の年代でもあるため、保険料の支払いを維持できなければ入り続けられません。

必要な保障を維持しながら、負担の少ない医療保険という視点で医療保険を見直すことになるでしょう。


年齢別の見直しポイントは?


医療保険は医療技術の進歩などに合わせて内容が変化していきます。

ですから、入った後も定期的な見直しが必要です。

あらかじめ見直しの時期を決めておけば、確実に見直しができるので、ライフイベントや年代ごとに節目の時期を選んで見直すようにしましょう。

年代別に医療保険を見直す際のポイントが異なります。

たとえば、20代なら就職や結婚が加入や見直しのポイントになります。

学生だった人が就職した場合は、ケガや病気で入院したときは働けないという点をしっかり考えなければなりません。

独身の人が結婚するときは、家族に対する責任として保険をどうとらえるかという点も重要になってくるでしょう。

医療費の負担が誰にどのくらい重くのしかかるのかという点が変化する年代です。

30代は結婚や出産が見直しのきっかけになるライフイベントといえます。

ただし、女性の場合、妊娠する前の見直しが必要です。

妊娠時のトラブルで入院する場合や、帝王切開による出産も医療保険でカバーできますが、妊娠してからでは適用されなくなってしまいます。

40代は生活習慣病やがんのリスクに対する備えがきちんとできているかを中心にチェックしましょう。

急激に病気のリスクが高まる時期である以上に、家族に対する責任も重い時期なので、保険料の負担が大きくなりすぎないかという点も考える必要があります。

50代は、老後のことを考える時期でもあるので、将来のことも考えた見直しをすることが大事です。

定年や早期退職によって、年金受給開始までどれくらいの保険料負担であれば維持できるかという点も見据えた見直しをしましょう。

年齢が高い人ほど見直しが必要?

年齢が高く加入年数が長い人ほど、医療保険は見直しが必要です。

古い医療保険は、現状と合っていないケースが多く見られます。

たとえば、かつては入院日数が5日以上もしくは8日以上になったときに初めて入院給付金が出るという内容が主流でした。

しかし、現状では日帰り入院や短期入院が増えており、これからも短期化する傾向は続くでしょう。

ですから、古いままの保険では、入院しても給付金が出ないケースが多くなってしまいます。

せっかく入っていても給付金が下りない医療保険に入っていたのでは保険料を払っている意味がありませんから、年齢が高い人ほど実状に合った保険に替える必要があるわけです。

ただし、年齢が高くなっていると、健康状態などによって新しい保険に切り替えられないケースも出てきます。

少しでも早い時期に医療保険の見直しをしておきたいのは、できるだけ健康状態の良いうちに、保障内容を見直しておきたいからです。

しっかり見直すことで、必要な保障を得られやすくなります。面倒くさがらずに見直しましょう。

医療保険は年齢に合わせた見直しを


医療保険は入った時点で安心しきってしまうことが多く、入りっぱなしになりがちです。

特に終身医療保険は、一生涯保障が続くと思ってしまうため、見直さずに長い間放置してしまうことが少なくありません。

しかし、医療保険は実状に合わせて内容を変えていくことが必要です。

年齢に応じた見直しをするように心がけましょう。


【関連記事】

◆◆「医療保険は見直しで変わる!知っておくべき10個のカギ」◆◆

◆◆「病気・ケガに備える生命保険「BrightReach」はこちら」◆◆

お問い合わせ

保険についての疑問やご質問、
何かお困りの際は、お気軽にご相談ください。
当サイトのメールフォームよりお問い合わせいただき
担当者が折り返しご連絡いたします。