WealthPark Investment(旧クラウドリアルティ)をやってみた5人の評判!プロ投資家目線で不動産クラウドファンディングサービスを解説!

「不動産投資に興味がある」

「おすすめの不動産投資型クラウドファンディングは?」

など、最近では、物価上昇や副業の解禁もあり、不動産投資への注目が集まっています。

しかし、不動産投資は、資金や不動産に関する知識が必要であり、初心者がはじめるのはなかなか難しいのが現状です。

初心者でも少額から簡単に投資できる投資方法として、「不動産投資型クラウドファンディング」があります。

スマホで気軽にはじめられるため、投資初心者や忙しい会社員にもおすすめの投資方法です。

今回は、地域活性化と不動産再生に貢献できる、不動産投資型クラウドファンディング「WealthPark Investment」について、ご紹介します。

この記事では、WealthPark Investmentの気になる口コミや特徴、デメリットまで、説明しています。

不動産投資を検討している人は、最後までチェックしてみてください。

【平均10%以上の高利回り投資「COZUCHI」がアツい!】

1万円の少額からでも不動産投資ができる「不動産投資クラウドファンディング」が大人気です。

業界の盛り上がりもあいまって、2022年8月時点では40社以上の事業者が参入しています。

数ある事業者の中でも筆者が最もおすすめしたいのが、LAETOLI株式会社が運営するCOZUCHIです。 

COZUCHIの魅力は、なんといっても利回り10%を超える高利回りファンドが多数組成されている点です。

一般的な不動産クラウドファンディングは4〜5%程度の利回りが多いため、どれだけ条件がいいかわかっていただけると思います。

他にも、COZUCHIには下記のようなメリットがあります。

  • プロが選定した不動産に共同で投資ができる
  • ほったらかしで1万円の少額から気軽に投資できる
  • 運用期間中もいつでも換金できる
  • これまで配当の遅延や元本棄損ゼロ

少額かつ高利回りの投資を検討している人にとっては、COZUCHIはまず押さえておくべき投資先といえるでしょう。

またCOZUCHIは2022年8月現在、最大30万円分のアマゾンギフト券がもらえるキャンペーンを実施中です。

投資家登録後、10万円以上の投資で投資額の1%のAmazonギフト券がもらえるというキャンペーンで、2022年7月5日〜8月31日まで実施されています。

COZUCHIのこれまでのキャンペーンでも最大規模の還元額なので、ぜひこの機会に無料の投資家登録をしてみてください。

WealthPark Investment(旧クラウドリアルティ)に関する評判・口コミを紹介

WealthPark Investmentの投資家たちの評判は、どうなのでしょうか。

SNSから、投資家の気になる口コミをまとめました。

WealthPark Investment(旧クラウドリアルティ)の良い評判・口コミ

SNS上では、WealthPark Investmentの「地域活性化に貢献できること」「キャンペーンが充実していること」「海外ファンドの利回りが高いこと」が評価されています。

WealthPark Investmentの案件は、地域の活性化につながる投資先が多いので興味深いです。

口座開設キャンペーンでポイントがもらえたのでラッキーです。

使うのが楽しみ!

海外ファンドもあるので、気になっています。

利回りが10%を超えているのが、魅力的です。

WealthPark Investment(旧クラウドリアルティ)の悪い評判・口コミ

WealthPark Investmentのネガティブな意見は「途中で償還した案件があること」「運用期間が長いこと」があげられました。

元本の9割で償還になってしまいました。

リファイナンスして利回りが上がればよかったのにと思うと、残念です。

運用期間が60ヶ月など、長いものが多いので、投資するか悩みます。

できるだけ短期で利益が出る案件に投資したいです。

WealthPark Investment(旧クラウドリアルティ)の7つの特徴を一挙解説!

WealthPark Investmentとは、どのようなサービスなのでしょうか。

ここでは、WealthPark Investmentの案件の特徴を、7つの項目で詳しくご紹介します。

WealthPark Investment(旧クラウドリアルティ)の特徴

WealthPark Investmentとは、株式会社クラウドリアルティが運営する不動産投資型クラウドファンディングサービスです。

不動産クラウドファンディングでは、分譲マンションやアパートが一般的ですが、WealthPark Investmentでは、古民家再生や地方のコワーキングスペースの立ち上げなど、社会創生や地域活性化に貢献できます。

また、出資金額によっては、旅行券や食事券など、株主優待のような特典が付いてくることもあります。

案件ごとの特典を楽しみながら、配当金も期待できる、ユニークなサービスといえるでしょう。

WealthPark Investment(旧クラウドリアルティ)の募集頻度

WealthPark Investmentの案件は、およそ1~2ヵ月に1件ペースで募集がおこなわれています。(2022年7月時点)

すでに9件の案件が、運用終了となっており手堅い運用実績も確認できます。

ほとんどの案件で、申込金額をはるかに上回る募集があり、人気が高いことが伺えます。

WealthPark Investment(旧クラウドリアルティ)の過去の募集件数

WealthPark Investmentの過去の募集案件は23件です。(2022年7月時点)

エストニアの不動産案件や京都の古民家再生、飲食店の活性化など、ユニークな案件が多いのもWealthPark Investmentの特徴といえます。

WealthPark Investment(旧クラウドリアルティ)の最低投資額と優先劣後比率

WealthPark Investmentの最低投資金額は1口5万円です。

しかし、実際のところ、最低出資額が2口10万円という案件が多くなっています。

また、WealthPark Investmentでは優先劣後方式を採用しているケースもあります。

優先劣後方式とは、優先出資者(投資家)は劣後出資者(WealthPark Investment)よりも優先的に利益分配が受けられ、一定割合までの損失は劣後出資者が負担するものです。

案件によって、優先劣後システムが導入されているのか、また割合なども異なりますので、マイページの詳細から確認しておきましょう。

WealthPark Investment(旧クラウドリアルティ)の直近の平均募集額

WealthPark Investmentの直近5件の平均募集額は、3,200万円です。(2022年7月時点)

募集金額が2,000万円の案件が中心ですが、なかには4,000~6,000円の案件もあります。

WealthPark Investment(旧クラウドリアルティ)の直近の募集達成率

WealthPark Investmentの直近5件の募集達成率は、152%でした。

案件の募集規模によって、募集達成率は異なりますが、基本的には100%を超えています。

直近の案件の中には、募集達成率が250%を超えた案件もあります。(2022年7月時点)

WealthPark Investment(旧クラウドリアルティ)の平均運用期間

直近5件の平均運用期間は30ヵ月でした。

WealthPark Investmentの案件は、長期のものが多いといえます。

基本的には、30ヵ月以上であり、長期間投資したい人向けのサービスといえるでしょう。

WealthPark Investment(旧クラウドリアルティ)に投資する前に!リスク・デメリットについても解説

WealthPark Investmentは、1口5万円から国内外のユニークな不動産に投資できるサービスです。

利回りや出資額に応じた特典など、投資家にとってのメリットが大きいサービスですが、気を付けるべきポイントもあります。

WealthPark Investmentに投資する際の、注意点について確認しておきましょう。

  • 運用期間が3年前後と長い
  • 最低投資金額が1口5万円と高め

WealthPark Investment(旧クラウドリアルティ)の注意点・デメリット1.運用期間が3年前後と長い

WealthPark Investmentの運用期間は、3年前後と長い案件が中心です。

他社のクラウドファンディングサービスでは、半年前後などの短期間の案件もあるため、長く感じる人も多いことでしょう。

運用期間が長いと資金が拘束される時間が長くなり、運用中の市況変化によっては損失が出る可能性が高まります。

また、急に資金が必要になった際、引き出せないのもデメリットです。

そのため、長期間使い道のない資金で、運用することが好ましいでしょう。

ただし、運用期間が長いと分配金を継続して受け取れる期間も長くなるため、メリットもあります。

WealthPark Investment(旧クラウドリアルティ)の注意点・デメリット2.最低投資金額が1口5万円と高め

WealthPark Investmentの案件は、1口5万円から投資可能です。

他社サービスでは1万円から投資できるところもあるため、やや高めに設定されています。

そして、案件によっては最低出資口数が2口、3口といった案件もあるため、10万円以上の資金が必要です。

気軽に少額からスタートしたい人には、あまり向いていないサービスかもしれません。

WealthPark Investment(旧クラウドリアルティ)の会員登録の方法をステップでわかりやすく解説

WealthPark Investmentは、パソコンやスマホで簡単に会員登録ができます。

会員登録は以下の手順です。

  1. 公式サイトにて、メールアドレス登録
  2. 確認キーと必要事項を入力し、会員登録
  3. 投資家情報登録
  4. マイナンバー・本人確認書類・銀行口座情報を撮影し、登録
  5. 本人確認ハガキを受け取り、登録完了
  6. 預託金の入金
  7. 案件申し込み

WealthPark Investmentでは、公式ホームページでメールアドレスを入力し、会員登録に進みます。

会員登録の際には、マイナンバー確認書類と免許証などの顔写真付き本人確認書類・口座確認資料(キャッシュカード、通帳など)が必要です。

顔写真付き本人確認書類を持っていない場合、本人確認書類を2点用意しましょう。

WealthPark Investment(旧クラウドリアルティ)の運営会社は信頼できる?会社情報から信頼性や安定性を紹介

WealthPark Investmentは株式会社クラウドリアルティによって運営されています。

株式会社クラウドリアルティは、2014年の創業以来、不動産投資型クラウドファンディングを中心に事業を展開している会社です。

これまで資金調達が難しかった不動産関連プロジェクトへの資金流入をおこない、不動産の新たな価値を創造し、地域活性化を目指しています。

株式会社クラウドリアルティの会社概要

株式会社クラウドリアルティの詳細情報は以下の通りです。

社名 株式会社クラウドリアルティ
代表取締役 間瀬 裕介
住所 〒100-0004
東京都千代田区大手町一丁目6番1号大手町ビル FINOLAB
設立 2014年12月
資格・免許

クラウドファンディング事業

金融業(第二種金融商品取引業 関東財務局長(金商) 第2963号)

不動産業(宅地建物取引業 東京都知事(2)第98234号)

まとめ

WealthPark Investmentは、1口5万円から古民家再生や地域活性化に貢献できる、ユニークな不動産クラウドファンディングサービスです。

投資期間は3年前後と長めのものが多いですが、投資金額によっては食事券や旅行券などの特典もあり、楽しみながら運用できます。

WealthPark Investmentに興味のある人は、まずは会員登録をはじめましょう。

【平均10%以上の高利回り投資「COZUCHI」がアツい!】

1万円の少額からでも不動産投資ができる「不動産投資クラウドファンディング」が大人気です。

業界の盛り上がりもあいまって、2022年8月時点では40社以上の事業者が参入しています。

数ある事業者の中でも筆者が最もおすすめしたいのが、LAETOLI株式会社が運営するCOZUCHIです。 

COZUCHIの魅力は、なんといっても利回り10%を超える高利回りファンドが多数組成されている点です。

一般的な不動産クラウドファンディングは4〜5%程度の利回りが多いため、どれだけ条件がいいかわかっていただけると思います。

他にも、COZUCHIには下記のようなメリットがあります。

  • プロが選定した不動産に共同で投資ができる
  • ほったらかしで1万円の少額から気軽に投資できる
  • 運用期間中もいつでも換金できる
  • これまで配当の遅延や元本棄損ゼロ

少額かつ高利回りの投資を検討している人にとっては、COZUCHIはまず押さえておくべき投資先といえるでしょう。

またCOZUCHIは2022年8月現在、最大30万円分のアマゾンギフト券がもらえるキャンペーンを実施中です。

投資家登録後、10万円以上の投資で投資額の1%のAmazonギフト券がもらえるというキャンペーンで、2022年7月5日〜8月31日まで実施されています。

COZUCHIのこれまでのキャンペーンでも最大規模の還元額なので、ぜひこの機会に無料の投資家登録をしてみてください。