タスキFundsをやってみた5人の評判!プロ投資家目線で不動産クラウドファンディングサービスを解説!

「不動産投資に興味がある」

「不動産クラウドファンディングをはじめるなら、どこがおすすめ?」

など、不動産投資に興味のある人も多いのではないでしょうか。

昨今では、生活を取り巻く日用品や住宅価格などの物価上昇や給料が増えないことから、資産運用をはじめる人が増えています。

しかし、不動産投資の場合、多額の資金や知識、手間が必要となるため、初心者には、手が出しにくいのも事実です。

そこで最近では、スマホで簡単に、少額から不動産に投資できる、不動産投資型クラウドファンディングが注目されています。

不動産投資型クラウドファンディングとは、投資初心者や忙しいサラリーマンでも、少額から気軽にはじめられる不動産投資です。

今回は、1口10万円からはじめられる、不動産投資型クラウドファンディング「タスキFunds」について、ご紹介します。

この記事では、タスキFundsの特徴や口コミ、投資する際の注意点まで、詳しく紹介しています。

資産運用・不動産投資に関心がある人は、選択肢の一つとして、最後までご確認ください。

【平均10%以上の高利回り投資「COZUCHI」がアツい!】

1万円の少額からでも不動産投資ができる「不動産投資クラウドファンディング」が大人気です。

業界の盛り上がりもあいまって、2022年8月時点では40社以上の事業者が参入しています。

数ある事業者の中でも筆者が最もおすすめしたいのが、LAETOLI株式会社が運営するCOZUCHIです。 

COZUCHIの魅力は、なんといっても利回り10%を超える高利回りファンドが多数組成されている点です。

一般的な不動産クラウドファンディングは4〜5%程度の利回りが多いため、どれだけ条件がいいかわかっていただけると思います。

他にも、COZUCHIには下記のようなメリットがあります。

  • プロが選定した不動産に共同で投資ができる
  • ほったらかしで1万円の少額から気軽に投資できる
  • 運用期間中もいつでも換金できる
  • これまで配当の遅延や元本棄損ゼロ

少額かつ高利回りの投資を検討している人にとっては、COZUCHIはまず押さえておくべき投資先といえるでしょう。

またCOZUCHIは2022年8月現在、最大30万円分のアマゾンギフト券がもらえるキャンペーンを実施中です。

投資家登録後、10万円以上の投資で投資額の1%のAmazonギフト券がもらえるというキャンペーンで、2022年7月5日〜8月31日まで実施されています。

COZUCHIのこれまでのキャンペーンでも最大規模の還元額なので、ぜひこの機会に無料の投資家登録をしてみてください。

タスキFundsに関する評判・口コミを紹介

タスキFundsの投資家たちは、サービスについてどう感じているのでしょうか。

SNSから、投資家たちの気になる口コミをまとめてみました。

タスキFundsの良い評判・口コミ

SNS上では、タスキFundsの「利回りの高さ」「会員登録が早いこと」「上場企業が運営していること」が高く評価されていました。

タスキFundsの案件は利回りの高いので、投資したいです。

他社ではなかなか利回り10%の案件はないため、当選を願うばかりです。

スマホで会員登録したら、さっそく確認ハガキが届きました。

どんな案件があるか楽しみです。

タスキFundsの運営会社は上場企業なので、安心感がありますね。

規模の大きい会社で、資金調達や資本の安定性も問題ないと思います。

タスキFundsの悪い評判・口コミ

タスキFundsのネガティブな意見としては、「倍率の高さ」「案件が少ないこと」があげられました。

タスキFundsはまだ案件に余裕があると思っていましたが、倍率が高くてびっくりです。

当選しないかもしれないけれど、ひとまず申し込みました。

なかなか新規案件が始まらないのが残念です。

好条件のサービスだと感じているので、頻繫に募集してほしいです。

タスキFundsの7つの特徴を一挙解説!

タスキFundsのサービスにはどのような特徴があるのでしょうか。

ここでは、案件の募集頻度や金額など、詳しくご紹介します。

タスキFundsの特徴

タスキFundsとは、上場企業である株式会社タスキが運営する不動産投資型クラウドファンディングサービスです。

1口10万円から投資でき、高利回りの案件であることから、応募が殺到しています。

株式会社タスキには、不動産に関する知識や経験が豊富なプロフェッショナルが多数在籍しており、信頼性の高いサービスを提供しています。

タスキFundsの特徴

タスキFundsの募集頻度は、不定期です。

2020年12月に第一号案件の募集・運用がスタートしました。

その後、第二号案件は2022年3月に募集がおこなわれ、現在運用中です。

今後のタスキFundsの募集頻度に注目していきたいところです。

また、タスキFundsの案件の申し込み期間は約1週間と短いため、申し込み漏れを防ぐためにも、案件を定期的にチェックしておきましょう。

タスキFundsの過去の募集件数

タスキFundsの過去の案件は3件です。

2020年12月にスタートした新しいサービスのため、まだまだ実績は少ないですが、第一号案件はすでに運用が終了しています。

タスキFundsの最低投資額と優先劣後比率

タスキFundsの最低投資金額は10万円です。

比較的少額からはじめられます。

しかし、他社では1万円から投資できるサービスも多いため、高く感じる人もいるかもしれません。

また、タスキFundsは優先劣後システムで、投資家の資産を保護する仕組みを導入しています。

優先劣後システムとは、不動産評価額が下がった場合でも、一定割合まではタスキFundsが保証し、投資家の元本を守るシステムのことです。

万一、下落分がタスキFundsの劣後出資金額をオーバーした場合には、投資家に損失が発生します。

なお、優先劣後割合は案件によって、異なります。

詳細は公式ホームページ上の、案件の概要欄で確認できます。

申し込みの際には、必ず確認しましょう。

タスキFundsの直近の平均募集額

タスキFundsの直近3件の平均募集額は、4,000万円です。(2022年7月時点)

案件によって金額はさまざまですが、現段階では募集件数が少ないため、今後の案件に注目したいところです。

タスキFundsの直近の募集達成率

タスキFundsの直近3件の募集達成率は、282.6%でした。

利回りが10%の第一号案件は、なんと450%を超えています。

第二号案件も利回りが7%と高く、183%であったことからも倍率の高さが伺えます。

今後も、タスキFundsで好条件の案件が出た場合には、応募が殺到することが予想されます。

タスキFundsの平均運用期間

過去の案件は3件の運用期間は、6ヶ月〜7ヶ月でした。

長すぎず、短期間で運用しながら、様子を見たい人にもちょうどよい、運用期間といえるでしょう。

タスキFundsに投資する前に!リスク・デメリットについても解説

タスキFundsは、スマホで簡単に、高利回りの案件に投資できる魅力的なサービスです。

しかし、どんなに評判の良い資産運用でも、気を付けるべき点はあります。

ここでは、タスキFundsの注意点も確認しておきましょう。

  • 新規案件の募集が少ない
  • 案件の倍率が非常に高い

タスキFundsの注意点・デメリット1.新規案件の募集が少ない

タスキFundsは2020年12月にスタートした新しいサービスです。

募集の頻度は少なめで、現在第二号案件の運用中となっています。

非常に高利回りで優れたサービスですが、募集が少なく、すぐには投資できないのがデメリットといえるでしょう。

タスキFundsの注意点・デメリット2.案件の倍率が非常に高い

タスキFundsは高利回りで、投資家人気の高い不動産投資型クラウドファンディングサービスです。

そのため、毎回応募が殺到し、落選する投資家が少なくありません。

タスキFundsを利用する際には、他社のクラウドファンディングも併せて登録しておくとよいでしょう。

タスキFundsの会員登録の方法をステップでわかりやすく解説

タスキFundsは、パソコンやスマホで簡単に会員登録をおこなうことができます。

会員登録の手順は以下の通りです。

  1. 公式サイトにて新規会員登録
  2. 投資家登録をおこなう
  3. 本人確認ハガキを受け取る
  4. 案件へ応募
  5. 契約
  6. 運用開始

タスキFundsでは、公式ホームページでメールアドレスとパスワードを入力し、新規会員登録をおこないます。

すると、登録住所に簡易書留で本人確認ハガキが送付されます。

ハガキに記載されたコードを入力すると、本人確認が完了です。

会員登録が完了すれば、新規案件の申し込みができます。

事前にマイページを確認し、案件を見逃さないようにしましょう。

タスキFundsの運営会社は信頼できる?会社情報から信頼性や安定性を紹介

タスキFundsは株式会社タスキによって運営されています。

株式会社タスキでは、不動産業界のDX化を推進し、顧客や社会の潜在的なニーズを捉え直すことを目指しています。

不動産業界と関連性の高い、金融・保険業界全体のDXを推進するリーディングカンパニーです。

株式会社タスキの会社概要

株式会社タスキの詳細情報は以下の通りです。

社名 株式会社タスキ
代表取締役社長 柏村 雄
住所 〒107-0061
東京都港区北青山2-7-9日昭ビル2F
電話番号 03-6812-9330(土日祝・年末年始を除く10:00-17:00)
資本金 10億4,964万円
資格・免許

不動産特定共同事業許可番号 金融庁長官・国土交通大臣第99号

宅地建物取引業/国土交通大臣(1)第9357号

一級建築士事務所/東京都知事登録第62332号

特定建設業/東京都知事許可(特-30)第149863号

まとめ

タスキFundsは高利回りの案件に、投資できる不動産投資型クラウドファンディングサービスです。

2020年12月にスタートした新しいサービスであり、現時点では第二号案件の運用中となっています。(2022年7月時点)

タスキFundsの利回りは非常に高いため、今後も応募が殺到することが予想されます。

興味がある人は、あらかじめ口座開設をおこない、案件情報をチェックしておきましょう。

【平均10%以上の高利回り投資「COZUCHI」がアツい!】

1万円の少額からでも不動産投資ができる「不動産投資クラウドファンディング」が大人気です。

業界の盛り上がりもあいまって、2022年8月時点では40社以上の事業者が参入しています。

数ある事業者の中でも筆者が最もおすすめしたいのが、LAETOLI株式会社が運営するCOZUCHIです。 

COZUCHIの魅力は、なんといっても利回り10%を超える高利回りファンドが多数組成されている点です。

一般的な不動産クラウドファンディングは4〜5%程度の利回りが多いため、どれだけ条件がいいかわかっていただけると思います。

他にも、COZUCHIには下記のようなメリットがあります。

  • プロが選定した不動産に共同で投資ができる
  • ほったらかしで1万円の少額から気軽に投資できる
  • 運用期間中もいつでも換金できる
  • これまで配当の遅延や元本棄損ゼロ

少額かつ高利回りの投資を検討している人にとっては、COZUCHIはまず押さえておくべき投資先といえるでしょう。

またCOZUCHIは2022年8月現在、最大30万円分のアマゾンギフト券がもらえるキャンペーンを実施中です。

投資家登録後、10万円以上の投資で投資額の1%のAmazonギフト券がもらえるというキャンペーンで、2022年7月5日〜8月31日まで実施されています。

COZUCHIのこれまでのキャンペーンでも最大規模の還元額なので、ぜひこの機会に無料の投資家登録をしてみてください。