property+(プロパティプラス)をやってみた6人の評判!プロ投資家目線で不動産クラウドファンディングサービスを解説!

「不動産クラウドファンディングって簡単にはじめられるの?」

「おすすめの不動産クラウドファンディングについて知りたい」

など、最近では不動産投資型クラウドファンディングに関心がある人が増えているのではないでしょうか。

一般的に現物不動産への投資は、多額の資金や不動産の知識などが必要であるため投資初心者がはじめるには、なかなかハードルが高いのが現状です。

そこで、初心者の方もスタートしやすい不動産投資の一つに、「不動産投資型クラウドファンディング」があります。

この記事では、1口1万円からスタートできる「property+(プロパティプラス)」についてご紹介します。

property+の口コミや案件の特徴から投資する際の注意点まで、確認しておきましょう。

最新のファンド情報についても詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

property+の公式サイトはこちら⇒

【平均10%以上の高利回り投資「COZUCHI」がアツい!】

1万円の少額からでも不動産投資ができる「不動産投資クラウドファンディング」が大人気です。

業界の盛り上がりもあいまって、2022年8月時点では40社以上の事業者が参入しています。

数ある事業者の中でも筆者が最もおすすめしたいのが、LAETOLI株式会社が運営するCOZUCHIです。 

COZUCHIの魅力は、なんといっても利回り10%を超える高利回りファンドが多数組成されている点です。

一般的な不動産クラウドファンディングは4〜5%程度の利回りが多いため、どれだけ条件がいいかわかっていただけると思います。

他にも、COZUCHIには下記のようなメリットがあります。

  • プロが選定した不動産に共同で投資ができる
  • ほったらかしで1万円の少額から気軽に投資できる
  • 運用期間中もいつでも換金できる
  • これまで配当の遅延や元本棄損ゼロ

少額かつ高利回りの投資を検討している人にとっては、COZUCHIはまず押さえておくべき投資先といえるでしょう。

またCOZUCHIは2022年8月現在、最大30万円分のアマゾンギフト券がもらえるキャンペーンを実施中です。

投資家登録後、10万円以上の投資で投資額の1%のAmazonギフト券がもらえるというキャンペーンで、2022年7月5日〜8月31日まで実施されています。

COZUCHIのこれまでのキャンペーンでも最大規模の還元額なので、ぜひこの機会に無料の投資家登録をしてみてください。

property+に関する評判・口コミを紹介

property+の評判は実際のところどうなのでしょうか。

SNSから投資家の気になる口コミをまとめてみました。

property+の良い評判・口コミ

property+は上場企業である飯田グループの提供するサービスなので、品質が良く、安心できるサービスだと思います。

1万円からはじめられてよかったです。

あまり資金のない私でも、試しに1万円から投資できました。

property+の案件は新しいため、まだそこまでクリック合戦になることなく申し込めます。

同じような案件でも他社だと、倍率が非常に高いので、property+を利用しています。

SNS上では、property+の「上場企業が提供するサービスであること」・「少額投資が可能なところ」・「比較的倍率が低いところ」が評価されています。

property+の悪い評判・口コミ

利回りは3%ほどでそんなに高くない案件が多いです。

ただし、運用期間がちょうど1年であれば、利回りどおりのリターンが得られるはずなので、検討してもいいかもしれません。

高利回りの案件は、運用期間が短いので、結局年利に直すと、決してリターンはよくありません。

もう少し高利回りで1年以上の案件が出てほしいと思います。

案件数をもっと増やしてほしいです。

まだ新しいクラファンなので仕方ないかもしれませんが、毎月もう少し案件を増やしてほしいと思います。

property+のネガティブな意見は、「利回りがそれほど高くないこと」・「高利回りの案件の運用期間が短いこと」・「案件数が少ないこと」があげられました。

まだまだ新しいサービスですので、今後注目していきたいところです。

property+の公式サイトはこちら⇒

property+の7つの特徴を一挙解説!

property+とは、いったいどのようなクラウドファンディングサービスなのでしょうか。

ここではproperty+の案件を、7つのポイントに分けて詳しくみていきましょう。

property+の特徴

property+は、東証一部上場企業・飯田グループホールディングス株式会社の子会社である、株式会社リビングコーポレーションが運営するサービスです。

上場企業の子会社ということもあり、コンプライアンスや安定した経営体制が徹底されていることから、多くの投資家から評価されています。

高品質で安定的な投資をしたい人向けの案件がそろっており、利回りは3%前後の案件が多いです。

property+の募集頻度

property+の募集頻度は、1ヵ月に1件ペースでおこなわれています。

1案件ごとの募集期間も3週間前後と長めに設定されており、応募しやすくなっています。

property+の過去の募集件数

property+の過去の募集案件は22件です。(2022年8月時点)

2021年6月に募集がスタートした新しいサービスですが、定期的にファンドの募集がおこなわれています。

property+の最低投資額

property+の最低投資金額は1万円です。

少額でスタートできるため、クラウドファンディング初心者の方や資金があまりない方も無理なくはじめやすいのがメリットです。

property+の直近の平均募集額

property+の直近5件の平均募集額は、1億386万円です。(2022年8月時点)

property+の募集金額は1億円前後の案件が中心ですが、なかには1,000万円台の案件から2億円を超える案件まであります。

property+の直近の募集達成率

property+の直近5件の募集達成率は、100%でした。

上場企業のグループ会社が運営するサービスということもあり、安定感があるため人気です。

property+の平均運用期間と優先劣後比率

直近5件の平均運用期間は14.4ヵ月でした。

最近の案件では、ほとんどが14ヵ月であり比較的長めです。

過去には3ヵ月、12ヵ月など、さまざまな案件があったので今後も短期間の案件が出てくることもあるかもしれません。

またproperty+では優先劣後出資方式が採用されており、投資家の元本を保護する工夫がなされています。

万一損失が出た場合には、一定の下落分までは運営会社が負担するため、投資家の損失が出にくくなります。

なお優先劣後割合は案件によって異なりますので、あらかじめ確認しておきましょう。

property+の公式サイトはこちら⇒

property+に投資する前に!リスク・デメリットについても解説

property+はここまででお伝えしたように、メリットの大きいサービスです。

一方で、投資する前にはproperty+の注意点も気になる方が多いのではないでしょうか。

デメリットについて、確認しておきましょう。

  • 運用期間が長めであること         
  • 利回りがそれほど高くはないこと

property+の注意点・デメリット1. 運用期間が長めであること

property+の運用期間は、1年前後と比較的長めなのが特徴です。

「短期で他の投資に資金を回したい」や「急に資金が必要になった」という状況になってしまった時に、引き出すことができません。

そのため運用期間中使い道のない資金で、余裕をもって投資することをおすすめします。

ただ、長期投資したい投資家にとっては、それほどデメリットではないでしょう。

property+の注意点・デメリット2. 利回りがそれほど高くはないこと

property+の案件は、年利3%前後の案件が中心です。

他社サービスと比較するとやや低めに設定されていると感じる方も多いのではないでしょうか。

ただし、飯田グループホールディングス株式会社の自社物件で安定的な投資ができるといったメリットも大きいです。

そして案件のほとんどが運用期間1年前後であるため、3ヵ月の案件などと比較し長期間にわたって利息が付く可能性が高いでしょう。

property+の会員登録の方法をステップでわかりやすく解説

property+は、インターネット上で簡単に口座開設から入金までおこなうことができます。

会員登録の手順は以下の通りです。

  1. 公式サイトから「会員登録」をクリック
  2. メールアドレス・パスワードを入力し、「仮会員登録」
  3. 届いたメールを開き、「本会員登録」
  4. eKYCまたははがき送付で本人確認を実施
  5. 口座開設完了
  6. 入金
  7. 運用開始

本会員登録では、投資家情報や本人確認書類のアップロード、口座情報の登録が必要です。

その後審査を経て、初回ログイン時に必要な認証コードがはがきで郵送されます。

なお、eKYCを選択した場合、はがきの送付・認証コードは不要で利用開始できます。

property+の公式サイトはこちら⇒

property+の運営会社は信頼できる?会社情報から信頼性や安定性を紹介

property+は株式会社リビングコーポレーションによって運営されています。

株式会社リビングコーポレーションでは、クラウドファンディング事業だけでなく「マンション開発事業」、「アパート開発事業」、「ホテル開発事業」など幅広く不動産関連事業に取り組んでいます。

また、自社開発・設計をおこなった物件を取り扱っているのも特徴です。

株式会社リビングコーポレーションの会社概要

社名

株式会社リビングコーポレーション

代表者

鈴木 英樹

資本金 1億円
本社 〒150-0002 
東京都渋谷区渋谷4-2-12 EDGE南青山2F
決算期

3月

免許

宅地建物取引業 国土交通大臣(02)第008917号

特定建設業 建築工事業 国土交通大臣許可(特-2)第26040号

不動産特定共同事業許可 東京都知事第150号

一級建築士事務所登録東京都知事登録第60617号

一級建築士事務所登録愛知県知事登録(い-3)第10038号

一級建築士事務所登録福岡県知事登録第1‐62011号

賃貸住宅管理業者登録 国土交通大臣(1)第351号

事業内容

1. 投資用収益物件に関する企画・設計業務の提供

2. 投資用収益物件の開発・販売

3. 建築工事の施工及び不動産全般に関するアドバイザリー業務

まとめ

property+は、1万円から上場企業・飯田グループホールディングス株式会社の自社物件へ投資できるクラウドファンディングです。

安定的な利回りと健全な運営体制で、多くの投資家から注目を集めています。

property+に興味のある人は、まずは会員登録からはじめてみましょう。

property+の公式サイトはこちら⇒

【平均10%以上の高利回り投資「COZUCHI」がアツい!】

1万円の少額からでも不動産投資ができる「不動産投資クラウドファンディング」が大人気です。

業界の盛り上がりもあいまって、2022年8月時点では40社以上の事業者が参入しています。

数ある事業者の中でも筆者が最もおすすめしたいのが、LAETOLI株式会社が運営するCOZUCHIです。 

COZUCHIの魅力は、なんといっても利回り10%を超える高利回りファンドが多数組成されている点です。

一般的な不動産クラウドファンディングは4〜5%程度の利回りが多いため、どれだけ条件がいいかわかっていただけると思います。

他にも、COZUCHIには下記のようなメリットがあります。

  • プロが選定した不動産に共同で投資ができる
  • ほったらかしで1万円の少額から気軽に投資できる
  • 運用期間中もいつでも換金できる
  • これまで配当の遅延や元本棄損ゼロ

少額かつ高利回りの投資を検討している人にとっては、COZUCHIはまず押さえておくべき投資先といえるでしょう。

またCOZUCHIは2022年8月現在、最大30万円分のアマゾンギフト券がもらえるキャンペーンを実施中です。

投資家登録後、10万円以上の投資で投資額の1%のAmazonギフト券がもらえるというキャンペーンで、2022年7月5日〜8月31日まで実施されています。

COZUCHIのこれまでのキャンペーンでも最大規模の還元額なので、ぜひこの機会に無料の投資家登録をしてみてください。