信長ファンディングをやってみた4人の評判!プロ投資家目線で不動産クラウドファンディングサービスを解説!

「不動産投資はどうやって始めたらいいの?」

「不動産投資クラウドファンディングについて詳しく知りたい」

など、不動産投資に興味のある方も多いのではないでしょうか。

食材や日用品を中心とした値上げや、預金口座の利息が付かないことから、資産運用に取り組む方も増えています。

しかし、いざ不動産投資をはじめるとなると、多額の資金や知識・手間が必要となるため、初心者にはハードルが高いのも事実です。

そのため、スマホで簡単に・手間をかけずに投資できる点から、最近では不動産投資クラウドファンディングが普及しつつあります。

投資初心者や忙しいサラリーマンでも、少額から気軽に投資でき、メリットの大きいサービスといえるでしょう。

今回は、1万円からはじめられる不動産投資クラウドファンディング「信長ファンディング」についてご紹介します。

この記事では、信長ファンディングの特徴や口コミ、投資する際の注意点まで詳しく解説していますので、ぜひ最後までご確認ください。

【平均10%以上の高利回り投資「COZUCHI」がアツい!】

1万円の少額からでも不動産投資ができる「不動産投資クラウドファンディング」が大人気です。

業界の盛り上がりもあいまって、2022年8月時点では40社以上の事業者が参入しています。

数ある事業者の中でも筆者が最もおすすめしたいのが、LAETOLI株式会社が運営するCOZUCHIです。 

COZUCHIの魅力は、なんといっても利回り10%を超える高利回りファンドが多数組成されている点です。

一般的な不動産クラウドファンディングは4〜5%程度の利回りが多いため、どれだけ条件がいいかわかっていただけると思います。

他にも、COZUCHIには下記のようなメリットがあります。

  • プロが選定した不動産に共同で投資ができる
  • ほったらかしで1万円の少額から気軽に投資できる
  • 運用期間中もいつでも換金できる
  • これまで配当の遅延や元本棄損ゼロ

少額かつ高利回りの投資を検討している人にとっては、COZUCHIはまず押さえておくべき投資先といえるでしょう。

またCOZUCHIは2022年8月現在、最大30万円分のアマゾンギフト券がもらえるキャンペーンを実施中です。

投資家登録後、10万円以上の投資で投資額の1%のAmazonギフト券がもらえるというキャンペーンで、2022年7月5日〜8月31日まで実施されています。

COZUCHIのこれまでのキャンペーンでも最大規模の還元額なので、ぜひこの機会に無料の投資家登録をしてみてください。

信長ファンディングに関する評判・口コミを紹介

では実際に、信長ファンディングの利用者たちは、どのように感じているのでしょうか。

SNSから、投資家たちの気になる口コミをまとめてみました。

信長ファンディングの良い評判・口コミ

まず、信長ファンディングの良い評判・口コミを紹介します。

信長ファンディングでは、首都圏以外に岐阜や名古屋の不動産にも投資できるのが魅力的です。

出身が中部地方なので、馴染みのある地域の不動産に投資できてうれしいです。

信長ファンディングは上場企業が運営しているため、安心感があります。

なかには非常に利回りが高い案件もあるので、気になりました。

普段の案件も5%で安定しているので、よい投資先だと思います。

SNS上では、信長ファンディングの「名古屋が中心であること」「上場企業の運営による安心感」「利回りの高さ」が評価されていました。

信長ファンディングの良い評判・口コミ

次に、信長ファンディングの悪い評判・口コミを紹介します。

愛知や岐阜の案件ばかりなのが気になります。

いろんなエリアの物件に投資したいです。

信長ファンディングのネガティブな意見としては、「投資先のエリアが中部地方に集中していること」があげられました。

信長ファンディングは、運営会社の本社が名古屋で、愛知や岐阜の案件を中心としています。

首都圏エリアに投資したい方には向かないかもしれません。

信長ファンディングの7つの特徴を一挙解説!

信長ファンディングのサービスには、どのような特徴があるのでしょうか。

ここでは、7つのポイント

  • 概要
  • 募集頻度
  • 過去の募集件数
  • 最低投資額と優先劣後比率
  • 直近の平均募集額
  • 直近の募集達成率
  • 直近の平均運用期間

について解説していきます。

それぞれ詳しくみていきましょう。

信長ファンディングの概要

信長ファンディングは、国産木材の活用に強みを持つ「株式会社ウッドフレンズ」が運営する不動産投資クラウドファンディングです。

愛知・岐阜を中心とする中部地方に密着したサービスで、国産木材を使用した賃貸アパートをメインの投資先としています。

また、運営会社の株式会社ウッドフレンズは、東京証券取引所スタンダード市場と名古屋証券取引所メイン市場に上場しており、信用力の高い会社といえるでしょう。

信長ファンディングの募集頻度

信長ファンディングの募集ペースは、およそ1~3ヶ月に1件です。

2022年では5件の募集を行っています(2022年7月時点)

2022年5月には「10号記念 年利回り10%ファンド」が募集され、非常に高い利回りから応募が殺到しました。

信長ファンディングの過去の募集件数

信長ファンディングは、公式ホームページから全部で13件の案件が確認できました。(2022年7月時点)

すでに4件の案件は運用が終了しているため、少ないながらも実績もあります。

第1号案件の募集スタートが2020年12月と新しいサービスですので、今後がどうなるか注目していきたいところです。

信長ファンディングの最低投資額と優先劣後比率

信長ファンディングの最低投資金額は1万円です。

3号ファンドまでは10万円からとハードルが高めでしたが、4号ファンドからは1万円からとはじめやすくなりました。

また、信長ファンディングでは、投資家の元本を保護する優先劣後システムを取り入れています。

万一、不動産評価額が下がった場合でも、劣後出資比率以内であれば、劣後出資者である株式会社ウッドフレンズが保証し、投資家の元本を守るシステムです。

なお、劣後出資比率は案件によって異なります。

案件の申し込み前に、詳細を確認しましょう。

信長ファンディングの直近の平均募集額

信長ファンディングの直近5件の案件の平均募集額は、3,390万円でした。(2022年7月時点)

ほとんどの案件が3,000万円前後です。

ただし、「10号記念 年利回り10%ファンド」は1,480万円、「信長ファンド11号」は4,200万円と幅も生まれているため、今後はさまざまな金額のファンドが組成されるかもしれません。

信長ファンディングの直近の募集達成率

信長ファンディングの直近5件の募集達成率は、100%を超えています。(2022年7月時点)

利回りが安定しており、人気が高いため、すべての案件が完売しています。

信長ファンディングの直近の平均運用期間

信長ファンディングの直近5件の案件の平均運用期間は、9.8ヶ月でした。(2022年7月時点)

すべての案件が12ヶ月以内と短めで、最短では3ヶ月のものもあります。

短期間で投資したい方には、おすすめの投資先といえるでしょう。

信長ファンディングに投資する前に!リスク・デメリットについても解説

信長ファンディングは、愛知・岐阜を中心とした、地域密着型の不動産投資クラウドファンディングサービスです。

スマホで簡単に投資でき、魅力的なサービスですが、注意点もあります。

信長ファンディングの投資先は、愛知・岐阜のみです。(2022年7月時点)

運営会社の本社が名古屋にあり、地域密着型のサービスを展開しています。

そのため、首都圏の不動産に投資したい方にはあまり向いていないかもしれません。

信長ファンディングの会員登録の方法をステップでわかりやすく解説

信長ファンディングは、パソコンやスマホで簡単に会員登録・運用が可能です。

会員登録の手順は下記のとおりです。

  1. 公式サイトにて投資家仮登録(メールアドレスを入力)
  2. 投資家本登録(投資家情報の入力)
  3. 本人確認書類の提出

本人確認書類は、下記のうちいずれか2点が必要です。

  • 運転免許証
  • 各種健康保険証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 住民票
  • 各種年金手帳
  • 身体障害者手帳
  • 在留カード

あらかじめ用意しておくといいでしょう。

信長ファンディングの運営会社は信頼できる?会社情報から信頼性や安定性を紹介

信長ファンディングは、株式会社ウッドフレンズによって運営されています。

株式会社ウッドフレンズは、名古屋市を中心に、住宅事業・建設資材事業・不動産開発事業・都市開発事業・ホテル事業など、幅広く不動産業に取り組んでいる会社です。

ひのきや杉といった国産木材の販売や、国産木材をふんだんに利用した住宅の建設にも力を入れています。

株式会社ウッドフレンズの会社概要

社名 株式会社ウッドフレンズ
代表取締役 前田 和彦
住所

〒460-0008
愛知県名古屋市中区栄四丁目5番3号

KDX名古屋栄ビル2F

電話番号

052-249-3503(代表)

設立 1982年11月26日
資本金 279,125,000円
事業内容

不動産商品の企画・開発・販売

その他生活環境に関連する事業

まとめ

信長ファンディングは、中部地方の不動産を中心とした不動産投資クラウドファンディングサービスです。

2020年12月に運用開始した新しいサービスですが、上場企業が運営しており、優先劣後システムを導入するなど、健全な運営がおこなわれています。

興味がある方は、会員登録からはじめてみましょう。

【平均10%以上の高利回り投資「COZUCHI」がアツい!】

1万円の少額からでも不動産投資ができる「不動産投資クラウドファンディング」が大人気です。

業界の盛り上がりもあいまって、2022年8月時点では40社以上の事業者が参入しています。

数ある事業者の中でも筆者が最もおすすめしたいのが、LAETOLI株式会社が運営するCOZUCHIです。 

COZUCHIの魅力は、なんといっても利回り10%を超える高利回りファンドが多数組成されている点です。

一般的な不動産クラウドファンディングは4〜5%程度の利回りが多いため、どれだけ条件がいいかわかっていただけると思います。

他にも、COZUCHIには下記のようなメリットがあります。

  • プロが選定した不動産に共同で投資ができる
  • ほったらかしで1万円の少額から気軽に投資できる
  • 運用期間中もいつでも換金できる
  • これまで配当の遅延や元本棄損ゼロ

少額かつ高利回りの投資を検討している人にとっては、COZUCHIはまず押さえておくべき投資先といえるでしょう。

またCOZUCHIは2022年8月現在、最大30万円分のアマゾンギフト券がもらえるキャンペーンを実施中です。

投資家登録後、10万円以上の投資で投資額の1%のAmazonギフト券がもらえるというキャンペーンで、2022年7月5日〜8月31日まで実施されています。

COZUCHIのこれまでのキャンペーンでも最大規模の還元額なので、ぜひこの機会に無料の投資家登録をしてみてください。