レベチーをやってみた3人の評判!プロ投資家目線で不動産クラウドファンディングサービスを解説!

 

「レベチーの利用を検討しているけど、実際のところどうなんだろう?」

「実際に利用した人の声を聞いた上で、利用するか判断したい!」

など、レベチーを利用するか検討する際、このような疑問を感じている方も多いのではないでしょうか。

プロ投資家目線でレベチーのメリット・デメリットについて詳しく紹介していきます。

また、利用者の評判や口コミについても紹介していくので、利用を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

レベチーの公式サイトはこちら⇒

【監修者】青柳 雄太郎

 

株式会社BrightReach(ブライトリーチ)代表取締役。 大手コンサルティングファームでの経営コンサルタント、不動産投資ファンドでのファンドマネージャー、 外資系生命保険会社での経営企画部門を歴任し、現在に至る。 生命保険・損害保険・不動産仲介・不動産売買・人材紹介事業を展開。 会社経営を行いながら、年間100件以上の個人や法人の資産運用・ライフプランニング・

保険見直し・ 不動産取引のコンサルティングを行っている。 宅地建物取引士。 慶應義塾大学理工学部卒。

※本記事はPRを含みます。

累計調達額No.1不動産クラファン「COZUCHI(コヅチ)」が最大50,500円のアマギフプレゼントキャンペーン実施中!【ad】

累計調達額600億円超のNo.1の不動産クラウドファンディング「COZUCHI」が人気を集めています。

これまで一度も元本割れがないことから多数の投資家から愛されているサービスです。

そんなCOZUCHIですが、2024年3月現在、サイト限定で最大50,500円分のAmazonギフト券プレゼントキャンペーンを実施しています。

 

会員登録だけでも2,000円分のAmazonギフト券がもらえ、登録から180日以内の投資金額に応じて最大48,500円分のAmazonギフト券がもらえます。

登録だけで2,000円分のAmazonギフト券がもらえることは滅多にありません。

興味がある方はこの機会に会員登録しておくことをおすすめします。

レベチーはどんな仕組み?評判・口コミを紹介

不動産クラウドファンディングサービス・レベチーの仕組み、評判や口コミを紹介していきます。

実際に利用した人の声を集めました。

レベチーの良い評判・口コミ

先にレベチーの良い評判や口コミを取り上げます。

レベチーの悪い評判・口コミ

次に、レベチーについて挙げられた悪い評判・口コミを紹介します。

レベチーの7つの特徴を一挙解説!

ここからは、レベチーの特徴について、解説します。

主な特徴として、以下の7つを挙げました。

レベチーの特徴

レベチーの特徴としては「高い安全性・高配当を実現できること」と「条件を満たせば法人も利用できること」が挙げられます。

まず高い安全性・高配当を実現できることについてですが、運営会社が倒産した場合でも投資家の不動産や配当収入が差し押さえられることのない仕組みが構築されています。

またレベチーでは、一般的なクラウドファンディングよりも高い配当を受けることが可能です。

そして条件を満たせば、法人も利用することができます。

高い安全性や高配当を確保した上で、個人・法人問わず利用者の対象を広く設けていることが、レベチーの持つ一つの特徴と言えるでしょう。

レベチーの募集頻度

レベチーの2024年2月時点においてファンドの募集実績は10件です。

レベチーが第一号案件を募集したのは2023年の6月です。

9ヶ月で10件の募集をしているので1ヶ月に1件以上のペースで募集していることになります。

レベチーの過去の募集件数と実績(元本割れはあるか)

レベチーの過去の募集実績と実績について、紹介します。

レベチーは今までに10件の募集をしています。

そのうち運用終了・償還されているのは1件のみです。

 この1件は問題なく償還されており、元本割れもありません。

しかしまだ1件しか実績がないので、これからの実績に注目しましょう。

レベチーの最低投資額

レベチーの最低投資額は1万円です。

レベチーの直近の平均募集額

次に、レベチーの直近での平均募集額についてです。

直近5件の平均募集額は5億1,285万円です。

レベチーは他のサービスと比較して募集額が非常に大きく、投資しやすくなっています。

レベチーの直近の平均募集達成率

レベチーの直近での平均募集達成率について、紹介します。

直近5件の募集達成率は100%です。

抽選式で100%を超える応募率でした。

レベチーの平均運用期間

次は、レベチーの平均運用期間についてです。

直近5件の平均運用期間は13.2ヶ月です。

ほとんどのファンドでは12ヶ月で設定されています。

レベチーの公式サイトはこちら⇒

レベチーに投資する前に!リスク・デメリットについても解説

レベチーに投資する前に知っておきたいデメリットや注意点についても、触れておきます。

レベチーの主なデメリット・注意点は、以下の3点です。

  • 運用実績が乏しい
  • 不動産投資に関わる様々なリスクを受け入れる必要がある
  • 入出金の際に手数料がかかる

レベチーの注意点・デメリット1.運用実績が乏しい

レベチーのデメリットは、まだ不動産クラウドファンディングの運用実績が少ないことです。

2024年2月時点で、募集された件数は10件で運用終了したのは1件です。

そのため過去の運用実績を確認して、投資の是非について判断することが難しいでしょう。

いくつかの運用実績を見てから慎重に判断したいと考える人にとっては、情報が少ないことは残念ですね。

レベチーの注意点・デメリット2.不動産投資に関わる様々なリスクを受け入れる必要がある

レベチーの提供している不動産クラウドファンディングというサービスの性質上、利用することに伴う様々なリスクを受け入れる必要があります。

たとえば不動産の毀損などに関するリスクや、不動産の物的・法的な欠陥や瑕疵に関するリスクです。

他にも、様々なリスクがあります。

不動産クラウドファンディングを利用するということは、このような様々な投資リスクを受け入れるということです。

レベチーの注意点・デメリット3.入出金の際に手数料がかかる

レベチーでは、入出金を行う際に手数料が発生します。

まず入金時の振込手数料は、利用者が負担することになります。

また出金時については、GMOあおぞらネット銀行宛ての場合は無料です。

他行宛ての場合は、145円の手数料がかかります。

そのため手数料の負担を減らしたい場合は、入出金の回数を絞るなど工夫すると良いでしょう。

レベチーのキャンペーン情報

2024年2月現在、レベチーではお友達紹介キャンペーンを実施中です。

友達を紹介して、そお友達が会員登録と投資の申し込みをしたら双方に1,000円分のAmazonギフト券がプレゼントされます。

キャンペーン情報を詳しくみたい方は公式サイトの「お知らせ」欄をみてみてください。

レベチーの公式サイトはこちら⇒

レベチーの会員登録の方法をステップでわかりやすく解説

レベチーの会員登録の方法について、ステップで解説します。

詳しくは会員登録を行ってから利用開始までの流れについて、以下にまとめました。

  1. 会員の仮登録
  2. 会員の本登録
  3. 投資申請・運用開始

1.会員の仮登録

最初に、会員の仮登録を行います。

公式サイトの「新規会員登録」より、必要事項を入力して先に進みます。

メールアドレスの入力などを行いますので、確実に正確な情報を入力しましょう。

2.会員の本登録

仮登録の次は、会員の本登録を行います。

仮登録の手順に従って手続きを進めると、会員の本登録の申請まで進みます。

本登録の申請を済ませると、次の手続きはレベチーによる審査です。

審査が完了すると、レベチーから「本人確認コード」がメールか郵送で送られてきます。

メールか郵送が届いたら、その本人確認コードを入力することで会員本登録の手続きが完了します。

3.投資申請・運用開始

会員の本登録が完了すると、投資の申請を行い、いよいよ運用開始です。

募集中のファンドに、投資申請を行います。

投資申請が受け付けられると、契約成立時書面と入金の案内がメールにて送られてきます。

なお入金には期日が設定されていますので、確実に期限内に手続きできるよう進めましょう。

レベチーの公式サイトはこちら⇒

レベチーのよくある質問に答えます

レベチーのよくある質問に答えます。

今回は「投資金を運用中でも、退会できるか?」と「確定申告は必要か?」という内容を取り上げます。

投資金を運用中でも、退会できるか?

投資している全てのファンドの運用が終了するまでは、退会できません。

そのため運用を開始する前に、運用を終了するまで投資しなければいけないということと、運用を終了するまで投資してもよいと思えるファンドなのかについてよく確認しておくと良いでしょう。

確定申告は必要か?

年末調整を受けた給与所得者の1年間の雑所得の合計金額が20万円を超える場合に、確定申告が必要となります。

なお雑所得は、他の所得と損益通算できません。

詳しくは、税務署や税理士に確認しましょう。

レベチーの運営会社は信頼できる?会社情報から信頼性や安定性を紹介

レベチーの運営会社は信頼できるのか、会社情報から信頼性や安定性について紹介します。

まずレベチーの運営会社は「ジャパン・プロパティーズ株式会社」という会社です。

ジャパン・プロパティーズ株式会社はレベチーの運営を通して、事業における様々な信頼性や安定性につなげています。

具体的には投資家の資産を守る「倒産乖離」や投資家の配当収入を守る「信託保全」によって、それぞれの安全性を確保しています。

また「優先劣後構造」は、投資家を優先的に守るための安全性対策です。

さらには社長自らが説明するオンラインセミナーや年次レポートの配信を行うなど、情報開示にも積極的です。

このように、信頼性や安定性につなげる対策はいくつも検討して行っている会社と言えるでしょう。

ジャパン・プロパティーズ株式会社の会社概要

最後にジャパン・プロパティーズ株式会社の概要を、紹介します。

ジャパン・プロパティーズ株式会社の会社概要を、以下にまとめました。

会社名 ジャパン・プロパティーズ株式会社
本社所在地 〒107-0052
東京都港区赤坂1-11-28 JMFビル赤坂01 5階
設立日 2012年1月11日
代表者 高 将司
資本金 1億円
社員の人数 29名 (2024年1月現在)
取得している免許 宅地建物取引業、金融商品取引業、不動産特定共同事業、賃貸住宅管理業者、貸金業者

まとめ

今回紹介したレベチーについて、重要なポイントを5つにまとめました。

  • 様々な対策により、安全性や信頼性を追求
  • 高配当を実現している
  • 法人も利用できる
  • 運用実績が少ない
  • 不動産投資に関わる様々なリスクを受け入れる必要がある

高度な安全性と信頼性を追求して積極的な運用を目指す不動産クラウドファンディングサービスに興味を持たれた方は、レベチーの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

レベチーの公式サイトはこちら⇒

累計調達額No.1不動産クラファン「COZUCHI(コヅチ)」が最大50,500円のアマギフプレゼントキャンペーン実施中!【ad】

累計調達額600億円超のNo.1の不動産クラウドファンディング「COZUCHI」が人気を集めています。

これまで一度も元本割れがないことから多数の投資家から愛されているサービスです。

そんなCOZUCHIですが、2024年3月現在、サイト限定で最大50,500円分のAmazonギフト券プレゼントキャンペーンを実施しています。

 

会員登録だけでも2,000円分のAmazonギフト券がもらえ、登録から180日以内の投資金額に応じて最大48,500円分のAmazonギフト券がもらえます。

登録だけで2,000円分のAmazonギフト券がもらえることは滅多にありません。

興味がある方はこの機会に会員登録しておくことをおすすめします。