ジャストフィットを6つの特徴から徹底解剖!投資のプロ目線でリスク・デメリットも解説!

「都心型ではなく、地方など少し変わった不動産クラウドファンディングに投資がしたい」

「少額ではなくてまとまった資金を不動産クラウドファンディングで運用したい」

といった要望に応えることができる不動産クラウドファンディングとしてジャストフィットが注目されています。

ジャストフィットは、シマダアセットパートナーズ株式会社が運営する不動産クラウドファンディングです。

不動産クラウドファンディングでは首都圏や都心部の不動産への投資が多いですが、ジャストフィットは石川県金沢市や神奈川県相模原市など地方都市の不動産への投資を行っています。

ジャストフィットの取り扱う案件は1億円を越え、最低出資額は1口100万円ですがファンドによっては最低出資額が3口300万と高額な案件もあり、まとまった資金を投資したい人におすすめの不動産クラウドファンディングです。

今回は、不動産クラウドファンディングのジャストフィットについて解説します。

ジャストフィットの公式サイトはこちら⇒

【監修者】青柳 雄太郎

 

株式会社BrightReach(ブライトリーチ)代表取締役。 大手コンサルティングファームでの経営コンサルタント、不動産投資ファンドでのファンドマネージャー、 外資系生命保険会社での経営企画部門を歴任し、現在に至る。 生命保険・損害保険・不動産仲介・不動産売買・人材紹介事業を展開。 会社経営を行いながら、年間100件以上の個人や法人の資産運用・ライフプランニング・

保険見直し・ 不動産取引のコンサルティングを行っている。 宅地建物取引士。 慶應義塾大学理工学部卒。

※本記事はPRを含みます。

累計調達額No.1不動産クラファン「COZUCHI(コヅチ)」が最大50,500円のアマギフプレゼントキャンペーン実施中!【ad】

累計調達額600億円超のNo.1の不動産クラウドファンディング「COZUCHI」が人気を集めています。

これまで一度も元本割れがないことから多数の投資家から愛されているサービスです。

そんなCOZUCHIですが、2024年3月現在、サイト限定で最大50,500円分のAmazonギフト券プレゼントキャンペーンを実施しています。

 

会員登録だけでも2,000円分のAmazonギフト券がもらえ、登録から180日以内の投資金額に応じて最大48,500円分のAmazonギフト券がもらえます。

登録だけで2,000円分のAmazonギフト券がもらえることは滅多にありません。

興味がある方はこの機会に会員登録しておくことをおすすめします。

ジャストフィットの関する評判・口コミを紹介

まとまった資金が投資できる不動産クラウドファンディングのジャストフィットですが、利用者の声も気になるところです。

ジャストフィットの利用者の評判・口コミをTwitterや比較サイトなどからピックアップしてご紹介いたします。

ジャストフィットの良い評判・口コミ

まず、ジャストフィットの良い口コミ・評判について紹介します。

60代年金受給者・男性

退職金の運用先を探していたが、どれも金利が低く、金利が高いものはリスクがありそうで手が出せなかった。

そんなときに知り合いからジャストフィットの存在を教えてもらい、金利も3%~4%と魅力的なこともあり、300万円ほど投資をした。

投資期間も5年以上とじっくりと資産形成できるのも良い。

50代会社役員・女性

ジャストフィットは任意組合型なので実物の不動産投資と同様に減価償却の計上や相続税評価額の圧縮効果があるのが良い。

ジャストフィットの悪い評判・口コミ

次は、ジャストフィットの悪い口コミ・評判について紹介します。

40代会社員・男性

ジャストフィットはファンドの規模が大きく投資先も魅力的なところが多いが投資額が100万円以上と資金を準備するのが難しい。

60代年金受給者・男性

ジャストフィットは、運用は運営会社が行ってくれるが、優先劣後方式で運営会社が負担するなどの投資家保護の仕組みがないのでリスク面で少し心配。

ジャストフィットの公式サイトはこちら⇒

ジャストフィットの6つの特徴を一挙解説!

人気のジャストフィットですが、購入に当たってはファンドの特徴を知っておく必要があります。

ここではジャストフィットの6つの特徴、

  • ジャストフィットのファンドの概要
  • ジャストフィットのファンドの募集頻度
  • ジャストフィットのファンドの過去の募集件数
  • ジャストフィットの最低投資額と優先劣後比率
  • ジャストフィットのファンドの直近の平均募集額
  • ジャストフィットのファンドの平均運用期間

について解説します。

ジャストフィットのファンドの概要

不動産クラウドファンディングの多くは、投資家は所有権を持たずに最低出資額1万円~10万円から始められる匿名組合型ですが、ジャストフィットは任意組合型の不動産クラウドファンディングです。

任意組合型の場合、1棟マンションなど大規模不動産の共同オーナーになる形になるので、投資家は不動産の所有権を持ちます。

最低出資額は100万円以上、投資期間は3年以上とハードルは高いですが、まとまった資金を長期的に運用でき、不動産税制の活用や相続税対策にも有効です。

ジャストフィットならサービス付き高齢者向け住宅や地方の一棟マンションといった1億円以上の大型案件に投資できます。

ジャストフィットのファンドの募集頻度

ジャストフィット の募集頻度は、8か月に2本のペースです。

2021年11月のサービス開始時にJF1号、2号ファンド、2022年7月にJF3号、4号ファンドの募集を行っています。

ジャストフィットのファンドの過去の募集件数

ファンドの募集頻度は、2021年11月のサービス開始以降に提供されたファンドは4件です。

ジャストフィットの最低投資額と優先劣後比率

ジャストフィットの最低投資額は1口100万円です。

不動産クラウドファンディングの最低出資額は1万円~10万円のサービスが多いことを考えると高額な価格設定と言えます。

優先劣後方式に関しては、ジャストフィットは任意組合型なので採用していません。

ジャストフィットのファンドの直近の平均募集額

ジャストフィットのファンドの募集金額はどの程度なのかが気になります。

直近で募集されているジャストフィットの4件のファンドの平均募集金額は2億9,250万円です。

JF2号は1億円、JF3号は1億8,500万円、JF4号は8,500万円と1億円前後となっていますが、JF1号が募集金額8億円と平均金額を大きく引き上げています。

ジャストフィットのファンドの平均運用期間

直近で募集されているジャストフィット のファンド2件の平均運用期間は78か月です。

最長はJF1号の120か月となっています。

ジャストフィットの公式サイトはこちら⇒

ジャストフィットに投資する前に!リスク・デメリットについても解説

ジャストフィットはメリットも多いですがデメリットもあります。

募集金額が高額

不動産クラウドファンディングの多くは匿名組合型のため、最低募集金額は1万円から10万円と少額です。

ジャストフィットは任意組合型のため、最低募集金額は1口100万円でファンドによっては3口300万円から10口1,000万円と高額に設定されています。

ある程度資産がないと投資は難しいでしょう。

元本毀損リスクがある

匿名組合型の場合は優先劣後方式で運営会社が一部負担してくれるので、万が一不動産価格が下がっても投資家の元本毀損リスクはかなり低いです。

しかし、ジャストフィットは任意組合型なので、投資家は不動産の所有権を持つことになり、不動産価格が下がった場合は元本を毀損するリスクがあります。

ジャストフィットの会員登録の方法をステップでわかりやすく解説

ジャストフィットの会員登録の流れ、

  1. 資料請求
  2. 申込書の郵送
  3. 対面又は郵送にて契約手続き
  4. 出資金の振込
  5. 組合への加入、組合会員証の発行

について解説します。

STEP1.資料請求

まずは、ホームページにあるお問合せ・資料請求のボタンをクリックします。

会員登録フォームより住所、氏名、電話番号、メールアドレスを入力して送信します。

STEP2.申込書の郵送

ジャストフィットより資料と一緒に申込書が送られてくるので、申込書と必要書類、顔写真付き身分証明証を同封して郵送します。

STEP3.対面又は郵送にて契約手続き

契約については、対面又は郵送が選べます。

対面の場合は、契約日時、場所の設定が必要ですが、ZOOMなどオンライン面談も可能です。

郵送の場合は、本人限定受取郵便にて契約書が郵送されてくるので不動産特定共同事業契約書などの契約書類に署名捺印をして返送します。

STEP4.出資金の振込

契約時に指定された口座は振込期日までに振込みする必要があります。

STEP5.組合への加入、組合会員証の発行

後日、ファンドが組成されると組合への加入が完了し、組合会員証が発行されると手続きは可能です。

ジャストフィットの公式サイトはこちら⇒

ジャストフィットの運営会社は信頼できる?会社情報から信頼性や安定性を紹介

ジャストフィットの運営会社であるシマダアセットパートナーズ株式会社は、戸建分譲・収益不動産開発事業、不動産再生事業等を行っている不動産会社です。

不動産運営・コンサルティング事業、ホテル運営・飲食事業など多数の事業を運営しているシマダグループのグループ会社で、2007年にシマダハウスの不動産開発・分譲部門が分離独立して設立されました。

シマダグループのグループ全体の売上は130億円、そのうち71億円がシマダアセットパートナーズの売上となっています。

1960年の創業から不動産関連事業に携わり、そのノウハウを活かしてジャストフィットの運営を行っています。

シマダアセットパートナーズ株式会社の会社概要

シマダアセットパートナーズ株式会社の詳細情報は以下の通りです。

会社名

シマダアセットパートナーズ株式会社

代表者

代表取締役会長 島田 成年

代表取締役社長 佐藤 悌章

設立年

2007年11月

資本金

1億円

所在地

東京都渋谷区代々木3丁目22番7号 新宿文化クイントビル14階

会社HP

https://shimada-sap.co.jp/

まとめ

ジャストフィットは、シマダアセットパートナーズ株式会社が運営を行っている不動産クラウドファンディングです。

匿名組合型を採用しており、最低出資額は1口100万円、投資期間は平均78か月とまとまった資金を長期運用することができます。

不動産の所有権を持つことで、不動産関連の税制が適用される、相続税対策に活用できるのもメリットです。

まとまった資金を長期的に投資したい人は、ジャストフィットへの投資を検討してみてはいかがでしょうか。

ジャストフィットの公式サイトはこちら⇒

累計調達額No.1不動産クラファン「COZUCHI(コヅチ)」が最大50,500円のアマギフプレゼントキャンペーン実施中!【ad】

累計調達額600億円超のNo.1の不動産クラウドファンディング「COZUCHI」が人気を集めています。

これまで一度も元本割れがないことから多数の投資家から愛されているサービスです。

そんなCOZUCHIですが、2024年3月現在、サイト限定で最大50,500円分のAmazonギフト券プレゼントキャンペーンを実施しています。

 

会員登録だけでも2,000円分のAmazonギフト券がもらえ、登録から180日以内の投資金額に応じて最大48,500円分のAmazonギフト券がもらえます。

登録だけで2,000円分のAmazonギフト券がもらえることは滅多にありません。

興味がある方はこの機会に会員登録しておくことをおすすめします。