J.LENDINGをやってみた5人の評判!プロ投資家目線で不動産クラウドファンディングサービスを解説!

「不動産投資って、実際のところどうなの?」

「おすすめの不動産投資型クラウドファンディングは?」

など、近年、個人投資家を中心に「不動産投資型クラウドファンディング」に注目が集まっています。

年間5%前後の利回りで、銀行預金や国債に代わる新たな投資先として、検討する投資家が増えているのが現状です。

不動産投資型クラウドファンディングは、スマホで簡単に、少額からスタートできるため、投資初心者や忙しいサラリーマンにもおすすめの投資方法です。

今回は、上場企業JALCOホールディングス株式会社の子会社が運営する「J.LENDING」について詳しくご紹介します。

この記事では、J.LENDINGの口コミから特徴、デメリットまで、解説しています。

ソーシャルレンディングに興味がある人は、最後までチェックしてみてください。

【平均10%以上の高利回り投資「COZUCHI」がアツい!】

1万円の少額からでも不動産投資ができる「不動産投資クラウドファンディング」が大人気です。

業界の盛り上がりもあいまって、2022年8月時点では40社以上の事業者が参入しています。

数ある事業者の中でも筆者が最もおすすめしたいのが、LAETOLI株式会社が運営するCOZUCHIです。 

COZUCHIの魅力は、なんといっても利回り10%を超える高利回りファンドが多数組成されている点です。

一般的な不動産クラウドファンディングは4〜5%程度の利回りが多いため、どれだけ条件がいいかわかっていただけると思います。

他にも、COZUCHIには下記のようなメリットがあります。

  • プロが選定した不動産に共同で投資ができる
  • ほったらかしで1万円の少額から気軽に投資できる
  • 運用期間中もいつでも換金できる
  • これまで配当の遅延や元本棄損ゼロ

少額かつ高利回りの投資を検討している人にとっては、COZUCHIはまず押さえておくべき投資先といえるでしょう。

またCOZUCHIは2022年8月現在、最大30万円分のアマゾンギフト券がもらえるキャンペーンを実施中です。

投資家登録後、10万円以上の投資で投資額の1%のAmazonギフト券がもらえるというキャンペーンで、2022年7月5日〜8月31日まで実施されています。

COZUCHIのこれまでのキャンペーンでも最大規模の還元額なので、ぜひこの機会に無料の投資家登録をしてみてください。

J.LENDINGに関する評判・口コミを紹介

J.LENDINGの投資家たちの評判は、どうなのでしょうか。

SNSから、投資家の気になる口コミをまとめました。

J.LENDINGの良い評判・口コミ

SNS上では、J.LENDINGの「上場企業の子会社が運営しているところ」「運用期間が短めのところ」「高利回りの案件が多いところ」が評価されています。

J.LENDINGは上場企業が運営するだけあって、安心感があります。

その分人気も高いですね。

投資金額が50万円以上ですが、運用期間は半年程度の短めのものが多いので、投資しやすいです。

J.LENDINGの案件は利回りが高いので、毎回見逃せないです。

募集総額が高めなので、7%以上の案件でも、当選しやすいのが嬉しいところです。

これからも投資するのが楽しみです。

J.LENDINGの悪い評判・口コミ

J.LENDINGのネガティブな意見は「最低投資金額が50万円であること」「短期投資案件が多いこと」があげられました。

最低50万円からというのが高いと感じます。

もう少し少額から投資できたらベストですが、今のところ狙ったファンドにすべて当選できているので、まあいいかなと思います。

J.LENDINGでは短期投資の案件が多いので、私のように長期投資したい人にはあまり向いていないかも。

やっぱり半年程度では短く感じます。

J.LENDINGの6つの特徴を一挙解説!

J.LENDINGとは、どのようなサービスなのでしょうか。

ここでは、J.LENDINGの6つの特徴

  • J.LENDINGの特徴
  • J.LENDINGの募集頻度
  • J.LENDINGの過去の募集件数
  • J.LENDINGの最低投資額
  • J.LENDINGの直近の平均募集額
  • J.LENDINGの平均運用期間

について詳しくご紹介します。

J.LENDINGは上場企業・JALCOホールディングス株式会社の子会社が運営する不動産投資型クラウドファンディングです。

安全性の高いファンドに短期投資でき、保証や担保も付いているため、投資家にとってのメリットが大きいといえるでしょう。

最低投資金額が50万円と高めの設定ではありますが、安全性を最優先とした資産運用ができます。

J.LENDINGの募集頻度

J.LENDINGの案件は、不定期ですが、およそ1ヶ月に2件ほどのペースで募集がおこなわれています。(2022年7月時点)

なかには1ヶ月に3件募集がおこなわれていたり、1ヶ月募集がない月もあったりと、不定期であることがわかります。

J.LENDINGの過去の募集件数

J.LENDINGの過去の募集案件は70件です。(2022年7月時点)

投資先の物件は、学校法人の敷地など、規模の大きい案件が中心です。

J.LENDINGの最低投資額

J.LENDINGの最低投資金額は50万円です。

50万円というのは、他社サービスと比較しても、かなり高めに設定されています。

しかしその分、質と利回りが高いクラウドファンディングサービスであり、投資家の満足度が非常に高いです。

また、J.LENDINGは募集金額も高めに設定されており、希望の案件に当選する確率も高いでしょう。

J.LENDINGの直近の平均募集額

J.LENDINGの直近5件の平均募集額は、1億1,300万円です。(2022年7月時点)

募集金額が1億円以上の案件が多く、なかには2億5,000万円といった案件もありました。

募集規模が大きいのが特徴です。

J.LENDINGの平均運用期間

直近5件の平均運用期間は326日でした。

J.LENDINGでは、比較的短期の案件が多く、半年から1年前後の案件が一般的です。

なかには1年以上の長期案件もあります。

J.LENDINGに投資する前に!リスク・デメリットについても解説

J.LENDINGは上場企業の子会社が運営しているサービスであり、非常に堅実で手堅い運用をおこなっています。

利回りや健全な運営状況から、投資家にとってのメリットが大きいサービスですが、気を付けておきたいポイントもあります。

デメリットについても、あらかじめおさえておきましょう。

  • 長期投資が難しい
  • 最低投資金額が50万円と高め

J.LENDINGの注意点・デメリット1.長期投資が難しい

J.LENDINGの運用期間は、半年前後の短期案件が中心です。

他社のクラウドファンディングサービスでは、2~3年といった長期投資の案件もありますが、J.LENDINGでは多くが1年未満の案件です。

運用を続けたい投資家は、運用終了後に新たな案件に申し込まなければなりません。

ただし、最近ではJ.LENDINGでも1年以上の運用期間の案件が出てきています。

長期投資したい投資家のニーズに合った案件もありますので、チェックしてみてください。

J.LENDINGの注意点・デメリット2.最低投資金額が50万円と高め

J.LENDINGの案件は、50万円から投資可能です。

他社の不動産投資型クラウドファンディングでは、1万円から投資できるサービスも多く、50万円はかなり高いと感じる人も多いでしょう。

少額投資を希望している投資家には、向いていないかもしれません。

ただし、最低投資金額が高額であるため、当選する可能性は高いことが考えられます。

J.LENDINGの会員登録の方法をステップでわかりやすく解説

J.LENDINGは、パソコンやスマホで簡単に会員登録ができます。

会員登録は以下の手順です。

  1. 公式サイトにて、口座開設申し込み
  2. 確認メールから登録専用画面へアクセス
  3. 投資家情報入力と本人確認資料の添付
  4. 本人確認メールから確認専用画面へアクセス
  5. 登録完了

J.LENDINGでは、公式ホームページでログインIDとメールアドレスを入力し、会員登録をおこなうことができます。

本人確認資料の添付まで、すべてインターネット上で完結します。

簡単にいつでもどこでも登録できますので、興味がある人は、あらかじめ口座開設申し込みをしておきましょう。

J.LENDINGの運営会社は信頼できる?会社情報から信頼性や安定性を紹

J.LENDINGは株式会社ジャルコによって運営されています。

株式会社ジャルコは、東証、スタンダード市場に上場しているJALCOホールディングス株式会社のグループ会社です。

不動産業と貸金業が主力事業であり、コロナ禍でも順調に購入件数や金額を伸ばしていいます。

大手企業が運営するクラウドファンディングサービスであるため、信用力も高いといえるでしょう。

株式会社ジャルコの会社概要

株式会社ジャルコの詳細情報は以下の通りです。

社名 株式会社ジャルコ
代表取締役 田辺 順一
住所

本社
〒103-0027
東京都中央区日本橋2丁目16番11号 日本橋セントラルスクエア8階

大阪本社
〒532-0003
大阪府大阪市淀川区宮原4-4-63新大阪千代田ビル別館6階

設立 1956年(昭和31年)3月9日
資本金 350,000,000円
資格・免許

貸金業登録番号 東京都知事(4)第31472号

貸金業協会  日本貸金業協会会員 第005772号

事業内容

不動産の賃貸および管理

不動産の売買

貸金業

ソーシャルレンディングサービス

設備機器などの販売

まとめ

J.LENDINGは上場企業の子会社が運営しており、手堅い運用実績が見込める不動産投資型クラウドファンディングサービスです。

最低投資金額が50万円と高めに設定されていますが、信用力がある質の高い投資先を選択できます。

J.LENDINGはインターネット上で簡単に口座開設申し込みができるので、興味がある人はあらかじめ登録しておきましょう。

【平均10%以上の高利回り投資「COZUCHI」がアツい!】

1万円の少額からでも不動産投資ができる「不動産投資クラウドファンディング」が大人気です。

業界の盛り上がりもあいまって、2022年8月時点では40社以上の事業者が参入しています。

数ある事業者の中でも筆者が最もおすすめしたいのが、LAETOLI株式会社が運営するCOZUCHIです。 

COZUCHIの魅力は、なんといっても利回り10%を超える高利回りファンドが多数組成されている点です。

一般的な不動産クラウドファンディングは4〜5%程度の利回りが多いため、どれだけ条件がいいかわかっていただけると思います。

他にも、COZUCHIには下記のようなメリットがあります。

  • プロが選定した不動産に共同で投資ができる
  • ほったらかしで1万円の少額から気軽に投資できる
  • 運用期間中もいつでも換金できる
  • これまで配当の遅延や元本棄損ゼロ

少額かつ高利回りの投資を検討している人にとっては、COZUCHIはまず押さえておくべき投資先といえるでしょう。

またCOZUCHIは2022年8月現在、最大30万円分のアマゾンギフト券がもらえるキャンペーンを実施中です。

投資家登録後、10万円以上の投資で投資額の1%のAmazonギフト券がもらえるというキャンペーンで、2022年7月5日〜8月31日まで実施されています。

COZUCHIのこれまでのキャンペーンでも最大規模の還元額なので、ぜひこの機会に無料の投資家登録をしてみてください。