iRDをやってみた4人の評判!プロ投資家目線で不動産クラウドファンディングサービスを解説!

「不動産投資型クラウドファンディングのiRDなら10万円から不動産に投資できるって本当?」

「iRDは東京23区内の優良物件に投資をしているので安心して投資が出来そう」

など、不動産投資型クラウドファンディングに投資をしたいと考えている方も多いと思います。

iRDは東京23区の賃貸マンションに特化した不動産投資型クラウドファンディングです。

不動産投資型クラウドファンディングでは、運営会社が投資家から集めた資金を使って不動産投資をおこない、得た利益を投資家に分配します。

個人で不動産投資を行う場合には購入できないような優良物件に少額で投資が可能です。

iRDなら東京23区内の駅徒歩10分圏内の優良物件に1口10万円から投資することができます。

今回は、不動産クラウドファンディングの「iRD」について解説します。

iRDの公式サイトはこちら⇒

【監修者】青柳 雄太郎

 

株式会社BrightReach(ブライトリーチ)代表取締役。 大手コンサルティングファームでの経営コンサルタント、不動産投資ファンドでのファンドマネージャー、 外資系生命保険会社での経営企画部門を歴任し、現在に至る。 生命保険・損害保険・不動産仲介・不動産売買・人材紹介事業を展開。 会社経営を行いながら、年間100件以上の個人や法人の資産運用・ライフプランニング・

保険見直し・ 不動産取引のコンサルティングを行っている。 宅地建物取引士。 慶應義塾大学理工学部卒。

※本記事はPRを含みます。

累計調達額No.1不動産クラファン「COZUCHI(コヅチ)」が最大50,500円のアマギフプレゼントキャンペーン実施中!【ad】

累計調達額600億円超のNo.1の不動産クラウドファンディング「COZUCHI」が人気を集めています。

これまで一度も元本割れがないことから多数の投資家から愛されているサービスです。

そんなCOZUCHIですが、2024年3月現在、サイト限定で最大50,500円分のAmazonギフト券プレゼントキャンペーンを実施しています。

 

会員登録だけでも2,000円分のAmazonギフト券がもらえ、登録から180日以内の投資金額に応じて最大48,500円分のAmazonギフト券がもらえます。

登録だけで2,000円分のAmazonギフト券がもらえることは滅多にありません。

興味がある方はこの機会に会員登録しておくことをおすすめします。

iRDの関する評判・口コミを紹介

東京23区内の優良物件に投資をできる不動産投資型クラウドファンディングのiRDですが、利用者の声も気になるところです。

iRDの利用者の評判・口コミをTwitterや比較サイトなどからピックアップしてご紹介いたします。

iRDの良い評判・口コミ

まず、iRDの良い口コミ・評判について紹介します。

30代会社員・男性

将来の年金不安から不動産クラウドファンディングに興味を持ち、色々と調べた中からiRDに投資をした。

iRDは賃貸需要の高い駅近物件が中心なので地方に投資をしているクラウドファンディングと比べると安心感が違う。

40代会社員・男性

普通預金に預けているのがもったいないと感じていたところ、iRDは5%以上も利回りがあることを知って迷わず購入。

現在も新しいファンドが出る度に応募している。

iRDの悪い評判・口コミ

次は、iRDの悪い口コミ・評判について紹介します。

50代会社員・男性

1万円から投資できる不動産クラウドファンディングが多い中、iRDは最低投資金額が10万円又は100万円なので少し敷居がたかい。

30代会社員・女性

iRDは運用期間が短いので利回りの割には利益が少ないと感じる。

せめて1年くらいの期間運用したい。

iRDの公式サイトはこちら⇒

iRDの6つの特徴を一挙解説!

応募倍率が200%越えるファンドも多い人気のiRDですが、購入に当たってはファンドの特徴を知っておく必要があります。

ここではiRDの6つの特徴、

  • iRDのファンドの概要
  • iRDのファンドの募集頻度
  • iRDのファンドの過去の募集件数
  • iRDの最低投資額と優先劣後比率
  • iRDのファンドの直近の平均募集額
  • iRDのファンドの平均運用期間

について解説します。

iRDのファンドの概要

iRDは東京23区内の駅近マンションを主に取り扱っている不動産投資型クラウドファンディングです。

年4.1%~5.8%の高い利回りが期待できて、劣後出資割合は40%以上と高く設定されているので、万が一損失が出た場合でも運営会社の負担割合が大きいので安心して投資できます。

iRDのファンドの募集頻度

ファンドの募集頻度は、2021年には4月に2件、10月に2件のファンドの募集がありましたが、2022年3月以降は3か月から4か月に1件のペースです。

毎月1件のペースでファンドの提供をしている不動産投資型クラウドファンディングもあるので、募集頻度としてはそれほど多くないと言えるでしょう。

iRDのファンドの過去の募集件数

iRDは、2021年4月にサービスの提供を開始しましたが、2022年10月時点でファンドの募集件数は7件です。

iRDの最低投資額と優先劣後比率

iRDの最低投資額は1口10万円又は100万円です。

1万円から始められる不動産投資型クラウドファンディングも多いことを考えると、高めの設定となっています。

優先劣後比率は、優先出資額(投資家)60%、劣後出資額(運営会社)40%です。

運営会社が負担する劣後出資額の比率については、20%~30%に設定されている不動産投資型クラウドファンディングが多いことを考えると、iRDの劣後出資額は高く設定されていると言えます。

iRDのファンドの直近の平均募集額

iRDのファンドの募集金額はどの程度なのかが気になるところです。

直近で募集されているiRD の5件のファンドの平均募集金額は約1,718万円です。

iRDの投資先は、東京23区内のワンルームマンションが中心なので、大型プロジェクトを取り扱う不動産投資型クラウドファンディングと比べると募集金額は低くなっています。

iRDのファンドの平均運用期間

iRDの直近5件のファンドの平均運用期間は4.2か月です。

ファンドによって3か月または6か月に設定されています。

不動産投資型クラウドファンディングによっては3年以上と長期間運用するファンドもあることを考えると、iRDの運用期間はかなり短いと言えます。

iRDの公式サイトはこちら⇒

iRDに投資する前に!リスク・デメリットについても解説

iRDはメリットもですがデメリットもあります。

ファンドの募集頻度が少ない

iRDのファンドの募集は3か月~4か月に1件と頻度は少ない状況です。

これまで募集したファンドの応募率は145%~308%と非常に高くなっており、1度外れてしまうと次の購入まで長い期間待つことになります。

運用期間が短い

iRDの運用期間は3か月または6か月と短いです。

運用期間が短いと資金が拘束される期間は短くなりますが、得られる利益は少なくなってしまいます。

長い期間を掛けてまとまった収益を得たい場合は、他の不動産投資型クラウドファンディングを検討した方が良いでしょう。

iRDの会員登録の方法をステップでわかりやすく解説

ここではiRDの会員登録の方法、

  1. 会員登録
  2. 投資家登録
  3. 審査
  4. ファンドの申込
  5. 運用スタート

について解説します。

STEP1.会員登録

まずは、ホームページにある会員登録ボタンをクリックします。

会員登録フォームよりメールアドレス等の必要項目を入力して仮登録を行います。

STEP2.投資家登録

仮登録を行うと入力したメールアドレスに本登録用のURLが送られてきます。

URLより登録サイトへ移動し、投資か情報、本人確認資料、銀行口座確認資料の登録が必要です。

顔写真付きの身分証明書と口座情報がわかる資料をアップロードする必要があるので、事前に準備しておきましょう。

STEP3.審査

登録が完了するとiRDによる審査が行われます。

審査を無事通過すると登録した住所に本人確認のハガキが送られてきます。

ハガキに記載された本人確認コードを入力すれば投資家登録は完了です。

STEP4.ファンドの申込

不動産投資型クラウドファンディングの一覧より、募集要項を確認して気に入ったファンドに申込をおこないます。

STEP5.運用スタート

募集期間が過ぎると抽選がおこなわれるので、当選した場合は「振込先口座のご案内」のメールが送られてきます。

メールに記載された振込口座へ入金をして運用開始です。

iRDの公式サイトはこちら⇒

iRDの運営会社は信頼できる?会社情報から信頼性や安定性を紹介

iRDの運営会社である「JRD株式会社」はマンション開発や賃貸管理をおこなっている不動産会社です。

設立は平成9年5月と業歴も長く、マンションの分譲実績は2022年5月時点で131棟5266戸と非常に多くの実績を残しています。

JRDでは投資家に購入してもらった分譲マンションの賃貸管理もおこなっており、そのノウハウを活かしてiRDを運用しています。

JRD株式会社の会社概要

JRD株式会社の詳細情報は以下の通りです。

会社名 JRD株式会社
代表者 代表取締役 佐藤 満
設立年 平成9年5月
資本金 1億円
所在地 東京都渋谷区神宮前6-12-20 J6Front 7階
免許・登録

宅地建物取引業 東京都知事(6)第75426号

不動産特定共同事業 東京都知事第140号
賃貸住宅管理業 国土交通大臣(01)第002586号

会社HP https://jrd.co.jp/

まとめ

iRDは、株式会社JRD株式会社が運営をおこなっている不動産投資型クラウドファンディングです。

東京23区内の駅近ワンルームマンションを中心に投資をおこなっており、優良物件に10万円から投資ができます。

運用期間は3か月~6か月と短いですが、利回りは年4.1%~5.8%と高く、劣後部分は40%で元本毀損リスクが低いなどメリットも多いです。

東京23区内の優良物件に投資をしたいと考えている方は、iRDを検討してみてはいかがでしょうか。

iRDの公式サイトはこちら⇒

累計調達額No.1不動産クラファン「COZUCHI(コヅチ)」が最大50,500円のアマギフプレゼントキャンペーン実施中!【ad】

累計調達額600億円超のNo.1の不動産クラウドファンディング「COZUCHI」が人気を集めています。

これまで一度も元本割れがないことから多数の投資家から愛されているサービスです。

そんなCOZUCHIですが、2024年3月現在、サイト限定で最大50,500円分のAmazonギフト券プレゼントキャンペーンを実施しています。

 

会員登録だけでも2,000円分のAmazonギフト券がもらえ、登録から180日以内の投資金額に応じて最大48,500円分のAmazonギフト券がもらえます。

登録だけで2,000円分のAmazonギフト券がもらえることは滅多にありません。

興味がある方はこの機会に会員登録しておくことをおすすめします。