ちょこっと不動産をやってみた4人の評判!プロ投資家目線で不動産クラウドファンディングサービスを解説! 

「不動産投資ってどうなの?」

「不動産投資型クラウドファンディングで運用してみたい」

など、不動産投資に関心のある人も増えているのではないでしょうか。

最近では、副業の解禁や物価上昇などの理由から、不動産投資への注目が高まっています。

しかし、一般的な不動産投資の場合、多額の資金や知識、手間が必要となるため、初心者はハードルが高いと感じるかもしれません。

そこでスマホで簡単に、少額から不動産に投資できる、不動産投資型クラウドファンディングが注目されています。

不動産投資型クラウドファンディングとは、投資初心者や忙しいサラリーマンでも、少額から気軽にはじめられる不動産投資です。

今回は、1口1万円からはじめられる、不動産投資型クラウドファンディング「ちょこっと不動産」について、ご紹介します。

この記事では、ちょこっと不動産の特徴や口コミ、投資する際の注意点まで、詳しく解説しています。

不動産投資型クラウドファンディングを検討している人は、ぜひ最後までご確認ください。

ちょこっと不動産の公式サイトはこちら⇒

【平均10%以上の高利回り投資「COZUCHI」がアツい!】

1万円の少額からでも不動産投資ができる「不動産投資クラウドファンディング」が大人気です。

業界の盛り上がりもあいまって、2022年8月時点では40社以上の事業者が参入しています。

数ある事業者の中でも筆者が最もおすすめしたいのが、LAETOLI株式会社が運営するCOZUCHIです。 

COZUCHIの魅力は、なんといっても利回り10%を超える高利回りファンドが多数組成されている点です。

一般的な不動産クラウドファンディングは4〜5%程度の利回りが多いため、どれだけ条件がいいかわかっていただけると思います。

他にも、COZUCHIには下記のようなメリットがあります。

  • プロが選定した不動産に共同で投資ができる
  • ほったらかしで1万円の少額から気軽に投資できる
  • 運用期間中もいつでも換金できる
  • これまで配当の遅延や元本棄損ゼロ

少額かつ高利回りの投資を検討している人にとっては、COZUCHIはまず押さえておくべき投資先といえるでしょう。

またCOZUCHIは2022年8月現在、最大30万円分のアマゾンギフト券がもらえるキャンペーンを実施中です。

投資家登録後、10万円以上の投資で投資額の1%のAmazonギフト券がもらえるというキャンペーンで、2022年7月5日〜8月31日まで実施されています。

COZUCHIのこれまでのキャンペーンでも最大規模の還元額なので、ぜひこの機会に無料の投資家登録をしてみてください。

ちょこっと不動産に関する評判・口コミを紹介

ちょこっと不動産の投資家たちは、サービスについてどう感じているのでしょうか。

Twitterから、投資家たちの気になる口コミをまとめてみました。

ちょこっと不動産の良い評判・口コミ

SNS上では、ちょこっと不動産の「少額投資可能な点」「投資先の手堅さ」「運用期間」が高く評価されていました。

ちょこっと不動産は1万円から少額投資できるので、はじめやすかったです。
ちょこっと不動産の投資先は、関東圏の戸建住宅が中心で、手堅いと感じました。

運用期間が半年程度の案件が多いのも、ちょうどよいと感じます。

運用期間が長いと資金が長期で固定されますが、半年ならはじめやすいと思います。

ちょこっと不動産の悪い評判・口コミ

ちょこっと不動産のネガティブな意見としては、「案件が少なく、実績が未知数であること」があげられました。

まだ新しいサービスなので、案件が少ないのと運用実績が未知数なのがデメリットだと感じました。

ちょこっと不動産の公式サイトはこちら⇒

ちょこっと不動産の7つの特徴を一挙解説!

ちょこっと不動産のサービスには、どのような特徴があるのでしょうか。

ここでは、案件の募集頻度や金額など、7つの項目に分け、詳しくご紹介します。

ちょこっと不動産の特徴

ちょこっと不動産とは、株式会社良栄が運営する不動産投資型クラウドファンディングサービスです。

株式会社良栄では、市場分析や不動産の施工、アフターサービスまで、一貫して自社でおこなっており、信頼性の高いサービスを提供しています。

1口1万円から少額で、戸建住宅や区分マンションに投資でき、手堅い運用実績が特徴です。

ちょこっと不動産の募集頻度

ちょこっと不動産の募集頻度は、不定期ですが、1~2ヵ月に1件の募集がおこなわれています。

2021年5月に第一号案件の募集がスタートし、現在までに合計16件の案件が運用されています。(2022年7月時点)

すでに7件の案件が、運用終了となっており、手堅い実績が伺えます。

また、ちょこっと不動産の申込期間は、10日前後です。

案件の申し込み忘れがないよう、定期的にマイページをチェックしておきましょう。

ちょこっと不動産の過去の募集件数

ちょこっと不動産の過去の案件は16件です。

2021年5月に募集がスタートした新しいサービスですが、約1ヵ月に1件のペースで募集がおこなわれています。

すでに、7件の案件が運用終了し、分配金も予定どおり支払われており、手堅い運用結果となっています。

ちょこっと不動産の最低投資額と優先劣後比率

ちょこっと不動産の最低投資金額は1万円です。

少額からスマホで簡単にスタートできます。

また、ちょこっと不動産は優先劣後方式を採用しており、投資家の資産を保護しています。

優先劣後システムとは、不動産評価額が下がった場合でも、一定割合まではちょこっと不動産が保証し、投資家の元本を守るシステムのことです。

万一、下落分がちょこっと不動産の劣後出資金額をオーバーした場合には、投資家に損失が発生します。

なお、優先劣後割合は案件によって、異なります。

ちょこっと不動産は優先劣後の出資割合が「優先50~70%:劣後30~50%」と劣後割合が高いのが特徴です。

詳細は公式ホームページ上の、案件の投資スキーム欄で確認できます。

申し込みの際には、必ず優先劣後割合を確認しておきましょう。

ちょこっと不動産の直近の平均募集額

ちょこっと不動産の直近5件の平均募集額は、2,512万円です。(2022年7月時点)

ほとんどの案件が2,000~3,000万円前後であることがわかります。

ちょこっと不動産の直近の募集達成率

ちょこっと不動産の直近5件の募集達成率は、100%でした。

4~7%前後と比較的高利回りでありながらも、手堅い運用実績であることから人気が高いサービスといえます。

ちょこっと不動産の平均運用期間

直近5件の平均運用期間は6.8ヵ月でした。

長すぎず、比較的短期間で運用できるため、お試しで運用したい人もはじめやすい期間だといえるでしょう。

ちょこっと不動産の公式サイトはこちら⇒

ちょこっと不動産に投資する前に!リスク・デメリットについても解説

ちょこっと不動産は、スマホで簡単に、少額から投資できる魅力的なサービスです。

手堅い運用実績でメリットが多いサービスですが、気を付けるべき点もあります。

ここでは、ちょこっと不動産の注意点を確認しておきましょう。

  • 運用実績が少ない
  • 提携金融機関以外での出金には、手数料が発生する

ちょこっと不動産の注意点・デメリット1.運用実績が少ない

ちょこっと不動産は、2021年5月に募集がスタートした新しいサービスです。

そのため、現時点では運用実績がそれほど多くありません。(2022年7月時点)

しかし、すでに7件の案件が運用終了しており、予定どおり分配金も支払われています。

ちょこっと不動産は運用開始から約1年と新しいサービスですが、手堅い運用が期待できるでしょう。

ちょこっと不動産の注意点・デメリット2.提携金融機関以外での出金には、手数料が発生する

ちょこっと不動産では、GMOあおぞらネット銀行以外での出金には、145円の出金手数料がかかります。

GMOあおぞらネット銀行は提携銀行であるため、金額に問わず手数料がかかりません。

頻繁に出金をおこなう人は、GMOあおぞらネット銀行の口座を作成しておきましょう。

ちょこっと不動産の会員登録の方法をステップでわかりやすく解説

ちょこっと不動産は、パソコンやスマホで簡単に会員登録ができます。

会員登録は以下の手順でおこないます。

  1. 公式サイトにて、会員仮登録
  2. 会員登録をおこなう
  3. 本人確認ハガキを受け取る
  4. 案件に申し込みする
  5. 成立時書面確認
  6. 出資金振り込み

ちょこっと不動産では、公式ホームページでメールアドレスとパスワードを入力し、新規会員登録をおこないます。

会員登録の際には、個人情報・本人確認資料(運転免許証、パスポートなど顔写真付きの書類2点)・口座確認資料(キャッシュカード、通帳など)が必要です。

無事会員登録が完了すると、登録住所に簡易書留で本人確認ハガキが送付されます。

ハガキに記載されたコードを入力すると、本人確認が完了です。

会員登録が完了すれば、新規案件の申し込みができます。

事前にマイページを確認し、案件を見逃さないようにしましょう。

ちょこっと不動産の公式サイトはこちら⇒

ちょこっと不動産の運営会社は信頼できる?会社情報から信頼性や安定性を紹介

ちょこっと不動産は株式会社良栄によって運営されています。

株式会社良栄は、1991年に創業し、不動産開発事業・不動産賃貸業・不動産ファンド事業を主軸に取り組んでいる不動産会社です。

本社は新宿ですが、久米川や立川、浦和、横浜などにも支店を構え、関東圏を中心に営業しています。

株式会社良栄は、不動産開発や賃貸に強みを持つ会社であり、土地の仕入れから企画・設計まで一貫して取り組んでいます。

株式会社良栄の会社概要

株式会社良栄の詳細情報は以下の通りです。

社名 株式会社 良栄
代表取締役 森田 良人 (もりた かずひと)
住所 新宿本店:〒160-0023
東京都新宿区西新宿6丁目14-1 新宿グリーンタワービル18F
電話番号 TEL:03-6908-8135 FAX:03-6908-8175
資本金 1億円
資格・免許

宅地建物取引業:国土交通大臣(1)第 9740 号

建設業:国土交通大臣(般-3)第28271号

一級建築士事務所:東京都知事登録 第59835号

不動産特定共同事業 東京都知事 第123号

賃貸住宅管理業 国土交通大臣(02)第004885号

まとめ

ちょこっと不動産は戸建住宅や区分マンションに、1万円から投資できる不動産投資型クラウドファンディングサービスです。

2021年5月に募集がスタートした新しいサービスですが、手堅い運用がおこなわれており、すでに7件の案件が運用終了しています。(2022年7月時点)

基本的には1~2ヵ月に1件ペースで、募集がスタートしています。

興味がある人は、会員登録をおこない、案件情報をチェックしておきましょう。

ちょこっと不動産の公式サイトはこちら⇒

【平均10%以上の高利回り投資「COZUCHI」がアツい!】

1万円の少額からでも不動産投資ができる「不動産投資クラウドファンディング」が大人気です。

業界の盛り上がりもあいまって、2022年8月時点では40社以上の事業者が参入しています。

数ある事業者の中でも筆者が最もおすすめしたいのが、LAETOLI株式会社が運営するCOZUCHIです。 

COZUCHIの魅力は、なんといっても利回り10%を超える高利回りファンドが多数組成されている点です。

一般的な不動産クラウドファンディングは4〜5%程度の利回りが多いため、どれだけ条件がいいかわかっていただけると思います。

他にも、COZUCHIには下記のようなメリットがあります。

  • プロが選定した不動産に共同で投資ができる
  • ほったらかしで1万円の少額から気軽に投資できる
  • 運用期間中もいつでも換金できる
  • これまで配当の遅延や元本棄損ゼロ

少額かつ高利回りの投資を検討している人にとっては、COZUCHIはまず押さえておくべき投資先といえるでしょう。

またCOZUCHIは2022年8月現在、最大30万円分のアマゾンギフト券がもらえるキャンペーンを実施中です。

投資家登録後、10万円以上の投資で投資額の1%のAmazonギフト券がもらえるというキャンペーンで、2022年7月5日〜8月31日まで実施されています。

COZUCHIのこれまでのキャンペーンでも最大規模の還元額なので、ぜひこの機会に無料の投資家登録をしてみてください。