貯金3000万でセミリタイアはダメ人間?後悔しないためにおすすめしたい3つの資産形成の方法をプロ投資家目線で紹介!

「セミリタイアは3,000万円あれば出来る?」

「3,000万円でセミリタイア出来る人の特徴が知りたい」

セミリタイアを考えている方の中には、上記のような疑問や要望を持っている方がいます。

インターネット上の記事などでも「3,000万円あればセミリタイア出来る」といった情報を度々見かけるため、そういった情報を見かけたのでしょう。

では、本当に3,000万円あればセミリタイアが可能なのでしょうか?

結論を言うと、3,000万円あればセミリタイアは可能です。

ただし、年齢や毎月の収入、生活水準によっては3,000万円では資金が不足する可能性もあります。

そこで、この記事では「3,000万円でセミリタイア出来る人の特徴」や「3,000万円でセミリタイアするためにおすすめの資産形成の方法」について解説していきます。

セミリタイアを考えている方は、この記事を参考にしてみてください。

【監修者】青柳 雄太郎

 

株式会社BrightReach(ブライトリーチ)代表取締役。 大手コンサルティングファームでの経営コンサルタント、不動産投資ファンドでのファンドマネージャー、 外資系生命保険会社での経営企画部門を歴任し、現在に至る。 生命保険・損害保険・不動産仲介・不動産売買・人材紹介事業を展開。 会社経営を行いながら、年間100件以上の個人や法人の資産運用・ライフプランニング・

保険見直し・ 不動産取引のコンサルティングを行っている。 宅地建物取引士。 慶應義塾大学理工学部卒。

※本記事はPRを含みます。

☆その不動産投資、本当に大丈夫?第三者視点でプロが診断してくれる「Dr.マンション投資」を活用しましょう[ad]☆

不動産投資を始めようと検討している人であれば、複数の不動産会社のセミナーや説明会に参加して、条件を比較している人も多いのではないでしょうか?しかしどの不動産会社に話を聞いても、基本的にメリットの部分しか話しませんから、本当にその物件に投資をして大丈夫なのか確信を持てない人も多いでしょう。

不動産投資は数千万円単位のお金を借りて行う人が大半なので、条件の悪い物件をつかまされて、将来自己破産に追い込まれるなどの事態は絶対に避けたいはずです。そこでおすすめしたいのが、第三者視点でプロから不動産投資についてアドバイスがもらえる「Dr.マンション投資」です。


 
Dr.マンション投資は利用することで、以下のようなメリットが得られます。

  • 90戸の不動産投資をしているメガ大家でもある不動産投資家が監修
  • 今検討している不動産投資に関しての診断だけでなく、今後の考え方についてもアドバイスをもらえる
  • 問い合わせから最短1日で、電話、ZOOM、対面のどの形でも気軽に相談できる
  • 本来相談料5,000円がかかるところ、無料で相談可能
  • 物件の悪い点の指摘でなく、良い点もフラットに教えてくれる

不動産投資を成功させる上で、利害関係のない第三者かつ不動産投資のプロに相談することほど効果的なアクションはありません。無料かつオンラインでも気軽に相談できますし、無理な勧誘などもありません。
契約を結んで一生後悔するような事態になってしまう前に、不動産投資を検討している人はぜひ活用してみてください。 

3,000万円あればセミリタイア出来る?

前述したように、3,000万円あればセミリタイアをすることは可能性です。

ただし、年齢や生活水準、毎月の収入によっては3,000万円では資金が足らない可能性もあります。

例えば、セミリタイア後の生活費が20万円の場合は、3,000万円の資金では12.5年しか出来ないため、セミリタイアは困難です。

とはいえ、毎月一定の収入がある方や生活費を可能な限り抑えられる方の場合は、3,000万円でも十分にセミリタイア出来るでしょう。

3,000万円でセミリタイア出来る人の4つの特徴

3,000万円でセミリタイア出来る人の4つの特徴は以下の4つです。

  • 30代以上である
  • 家などの大きな買い物をしていない
  • 不労所得がある
  • 生活費を節約出来る

上記の内容について詳しく解説するので内容をよく理解しておきましょう。

3,000万円でセミリタイア出来る人の4つの特徴1. 30代以上である

30代以上の方は3,000万円あればセミリタイア出来る可能性があります。

ただし、30〜50代の方は一定の収入がないと、3,000万円ではセミリタイアは困難です。

特に、30代はセミリタイア後の人生も長いため、生活費を抑える必要があります。

当然のことですが、若ければ若いほど必要な資金が多くなるため、30代の方が3,000万円でセミリタイアしようとするなら生活費を抑えたうえで一定の収入があることが必要不可欠です。

したがって、30代は3,000万円でセミリタイアするハードルが高いので、30代からセミリタイアしたい方は必要な資金をシミュレートしましょう。

3,000万円でセミリタイア出来る人の4つの特徴2.家など大きな買い物をしていない

3,000万円でセミリアするためには、車や家などの大きな買い物をしないことが重要になります。

車や家はローンの支払いやガソリン代などの維持費がかかり、家計を圧迫するためです。

このため、3,000万円でセミリタイアしたいと考えている方は、将来的に大きな買い物をする可能性があるのかをよく検討しましょう。

仮に大きな買い物をする必要がある場合は、3,000万円ではセミリタイア出来ない可能性があるので、セミリタイアするにはいくら必要なのかを計算するようにしてください。

3,000万円でセミリタイア出来る人の4つの特徴3.不労所得がある

不労所得があれば3,000万円でもセミリタイア出来る可能性が高くなります。

一定の収入が得られるためです。

ただし、不労所得の種類や金額によっては不労所得があってもセミリタイア出来ないケースもあります。

例えば、銀行預金の場合は金利が低いため、利子がついたとしてもほとんど資産が増えません。

一方で、不動産投資の場合は、毎月数万円〜数十万円得ることが可能です。

このように、3,000万円でセミリタイアしたい方は、投資などある程度の収入が見込める不労所得を得られるようにしましょう。

3,000万円でセミリタイア出来る人の4つの特徴4.生活費を節約出来る

生活費を節約出来る方は、3,000万円でのセミリタイアが成功する可能性が高くなります。

セミリタイアをすると大幅に収入が減少するため、生活費を節約して質素に暮らす必要があるためです。

特に、若くセミリタイアした場合は、生活費を節約出来ないと3,000万円ではセミリタイアが出来ずに途中で就職して働かないといけない可能性があります。

したがって、セミリタイアを検討しているなら現在の生活費を計算して、無駄な出費を無くすようにしましょう。

3,000万円でセミリタイアするためにおすすめの資産形成の方法3選

3,000万円でセミリタイアするためにおすすめの資産形成の方法は、以下の3つです。

  • 不動産投資
  • 不動産クラウドファンディング
  • 株式投資

上記について詳しく解説するので、3,000万円でセミリタイアすることを検討しているなら、参考にしてみてください。

3,000万円でセミリタイアするためにおすすめの資産形成の方法1.不動産投資

セミリタイアの資産形成の方法としておすすめしたいのが、売却益を狙うのではなく家賃収入を得るタイプの不動産投資になります。

不動産投資をおすすめする理由は以下の3つです。

  • 他の投資方法よりもやり方が確立されており、勉強しやすく初心者でもわかりやすい
  • 管理会社に不動産の運用を任せること出来るので自分の時間を作れる
  • セミリタイア後も毎月安定した収入が得られる

毎月安定した収入が得られるため、しっかりとローンを返済出来るなら不動産投資は有効な方法です。

ただし、投資方法や物件の種類によって購入するために3,000万円以上必要になるケースもあるため、3,000万円以内で投資出来る区分投資や戸建投資などを検討する必要があります。

3,000万円でセミリタイアするためにおすすめの資産形成の方法2.不動産クラウドファンディング

不動産クラウドファンディングとは、インターネットを利用した不動産投資の手法の一つです。

複数の投資家に対して出資してもらい、その資金で不動産を購入・運営、家賃収入や不動産の売却益を投資家に分配する仕組みになります。

なお、不動産クラウドファンディングには以下の5つのメリットがあることから、セミリタイアするためにおすすめの資産形成の方法と言えます。

  • 平均利回りが「7%前後」と高利回りのファンドが多い
  • 「30%」を超えるファンドもあるため高収益を狙える
  • 最低出資額が1万円のファンドが多くあるため、資金に余裕がない方でも投資出来る
  • 不動産のプロが運用しているため手間と時間がかからない
  • インターネット上で取引などの手続きが簡単に出来る

不動産クラウドファンディングは少ない資金でリスクを抑えながら、大きく稼げる可能性が高いのが利点です。

ただし、運営会社の倒産や災害によって投資した物件が損傷するなどして損失が出る可能性もあります。

不動産クラウドファンディングに投資するなら、リスクについても理解しておきましょう。

3,000万円でセミリタイアするためにおすすめの資産形成の方法3.株式投資

株式投資とは企業が発行している株式を保有・売買することで、配当金や売却益を得る投資方法です。

以下のメリットがあるため、セミリタイアのための資産形成に向いています。

  • 10万円で購入出来る銘柄もある
  • インカムゲインを得ることが出来る以外にも株式を売買してキャピタルゲインを狙うことが出来る
  • 他の投資と比較しても流動性が高くすぐに換金出来る
  • セミリタイア後も保有していることで、分配金や株式優待を受け取ることが出来る
  • 短期売買を繰り返して短期間で大きく稼げる可能性がある

ただし、以下のようなデメリットもあるので覚えておきましょう。

  • 値動きを確認しておく必要があるため手間と時間が取られる
  • 株価が下がるリスク
  • 希望価格で売却出来ないリスク
  • 投資した企業が経営破綻するリスク

上記のように、株式投資はリスクも大きく大きな損害を出してしまう方も多いため注意が必要です。

まとめ

3,000万円でセミリタイアすることは出来ますが、生活費を節約するなど余裕がある暮らしが出来る可能性は低いです。

特に30代のように若いうちからセミリタイアするためには、ある程度の安定した収入が必要になる可能性が高く、セミリタイアするのは容易ではありません。

そのため、3,000万円でセミリタイアするためにおすすめの資産形成をしながら、セミリタイア後も不労所得を得られるように投資などを行う必要があります。

しかし、投資方法は多数あるため、どの方法が自身に適しているのかがわからないという方も少なくありません。

そこで、この記事では、3,000万円でセミリタイア出来る人の特徴や3,000万円でセミリタイアするためにおすすめの資産形成の方法について解説してきました。

セミリタイアを考えている方は、この記事を参考にしてみてください。

☆その不動産投資、本当に大丈夫?第三者視点でプロが診断してくれる「Dr.マンション投資」を活用しましょう[ad]☆

不動産投資を始めようと検討している人であれば、複数の不動産会社のセミナーや説明会に参加して、条件を比較している人も多いのではないでしょうか?しかしどの不動産会社に話を聞いても、基本的にメリットの部分しか話しませんから、本当にその物件に投資をして大丈夫なのか確信を持てない人も多いでしょう。

不動産投資は数千万円単位のお金を借りて行う人が大半なので、条件の悪い物件をつかまされて、将来自己破産に追い込まれるなどの事態は絶対に避けたいはずです。そこでおすすめしたいのが、第三者視点でプロから不動産投資についてアドバイスがもらえる「Dr.マンション投資」です。


 
Dr.マンション投資は利用することで、以下のようなメリットが得られます。

  • 90戸の不動産投資をしているメガ大家でもある不動産投資家が監修
  • 今検討している不動産投資に関しての診断だけでなく、今後の考え方についてもアドバイスをもらえる
  • 問い合わせから最短1日で、電話、ZOOM、対面のどの形でも気軽に相談できる
  • 本来相談料5,000円がかかるところ、無料で相談可能
  • 物件の悪い点の指摘でなく、良い点もフラットに教えてくれる

不動産投資を成功させる上で、利害関係のない第三者かつ不動産投資のプロに相談することほど効果的なアクションはありません。無料かつオンラインでも気軽に相談できますし、無理な勧誘などもありません。
契約を結んで一生後悔するような事態になってしまう前に、不動産投資を検討している人はぜひ活用してみてください。