B-Denをやってみた4人の評判!プロ投資家目線で不動産クラウドファンディングサービスを解説!

「都心部の区分マンションに投資ができる不動産クラウドファンディングに投資がしたい」

「単発ではなく定期的にファンドの組成がある不動産クラウドファンディングを探している」

など、不動産クラウドファンディングのB-Denに興味を持つ人が増えています。

B-Denは、東証スタンダード市場上場会社である株式会社ビーロットが運営する不動産クラウドファンディングです。

不動産クラウドファンディングでは、運営会社がお金を運用したい個人の投資家から出資金を集めて不動産投資を行い、得た利益を投資家に分配金として還元します。

B-Denでは東京23区や大阪などの都心部の区分マンションに投資を行っています。

分配金利回りは年2.0から4.0%のファンドに10万円から投資が可能です。

今回は、不動産クラウドファンディングの「B-Den」について解説します。

B-Denの公式サイトはこちら⇒

【監修者】青柳 雄太郎

 

株式会社BrightReach(ブライトリーチ)代表取締役。 大手コンサルティングファームでの経営コンサルタント、不動産投資ファンドでのファンドマネージャー、 外資系生命保険会社での経営企画部門を歴任し、現在に至る。 生命保険・損害保険・不動産仲介・不動産売買・人材紹介事業を展開。 会社経営を行いながら、年間100件以上の個人や法人の資産運用・ライフプランニング・

保険見直し・ 不動産取引のコンサルティングを行っている。 宅地建物取引士。 慶應義塾大学理工学部卒。

※本記事はPRを含みます。

累計調達額No.1不動産クラファン「COZUCHI(コヅチ)」が最大50,500円のAmazonギフト券プレゼント中!【ad】

累計調達額400億円超のNo.1の不動産クラウドファンディング「COZUCHI」が人気を集めています。

実質利回りの平均は10%を超えており、これまで一度も元本割れがないことから多数の投資家から愛されているサービスです。

そんなCOZUCHIですが、2024年2月現在当サイト限定で最大50,500円分のAmazonギフト券プレゼントキャンペーン中です!

 

会員登録だけでも2,000円のAmazonギフト券が必ずもらえますし、実際に投資した金額に応じて最大48,500円のAmazonギフト券がもらえます。

会員登録で2,000円もらえることはほとんどないですし、投資金額に応じてもさらにアマギフがもらえる絶好のチャンスなので、興味がある人はこの機会に会員登録しておくことをおすすめします。

B-Denの関する評判・口コミを紹介

都心の区分マンションに投資をできる不動産クラウドファンディングのB-Denですが、利用者の声も気になるところです。

B-Denの利用者の評判・口コミをTwitterや比較サイトなどからピックアップしてご紹介いたします。

B-Denの良い評判・口コミ

まず、B-Denの良い口コミ・評判について紹介します。

30代会社員・男性

B-Denの投資先は東京都23区や大阪市内の区分マンションなので、賃貸需要も高そうで安心して投資ができる。

40代会社員・女性

銀行に預けるのはもったいないと思い、分配金利回りが銀行の金利よりも断然高いB-Denに投資をしている。

B-Denの悪い評判・口コミ

次は、B-Denの悪い口コミ・評判について紹介します。

50代会社員・男性

B-Denの利回りは2.0%の商品が多く、他のファンドと比べて低いので投資をしようと思わない。

60代投資家・男性

運営会社が余り大手ではないので、運営中に会社が倒産するのではないかが心配。

B-Denの6つの特徴を一挙解説!

東京都心の優良物件に投資ができると人気のB-Denですが、購入に当たってはファンドの特徴を知っておく必要があります。

ここではB-Denの6つの特徴、

  • B-Denのファンドの概要
  • B-Denのファンドの募集頻度
  • B-Denのファンドの過去の募集件数
  • B-Denの最低投資額と優先劣後比率
  • B-Denのファンドの直近の平均募集額
  • B-Denのファンドの平均運用期間

について解説します。

B-Denのファンドの概要

B-Denは、不動産再生を得意とする株式会社ビーロットが運営する不動産クラウドファンディングです。

運営会社であるビーロットは東証スタンダード市場に上場しており、富裕層向けに資産コンサルティングを行っています。

B-Denではそのノウハウを活かして、都心部の区分マンションを中心に一棟マンションを活用したファンドを提供しています。

分配金利回りは手堅い都心部の区分マンションへの投資となるので年2%から4%と低めの設定です。

1口10万円から投資をすることができるので誰でも手軽に不動産に投資をすることができます。

B-Denのファンドの募集頻度

ファンドの募集頻度は、2021年4月の募集開始から3ヶ月に1件程度のペースでファンドの募集を行っています。

B-Denのファンドの過去の募集件数

ファンドの募集頻度は、2021年4月のサービス開始以降に提供されたファンドが2023年11月時点で21件です。

B-Denの最低投資額と優先劣後比率

B-Denの最低投資額は1口10万円です。

1万円から始められる不動産クラウドファンディングも多いので少し高めの設定になっています。

優先劣後システムは、募集総額の20%から30%程度を運営会社が負担する仕組みです。

万が一不動産の価格が下がったとしても運営会社の負担部分から優先的に充当されるので投資家の元本毀損リスクを減らす効果があります。

B-Denの優先劣後比率は、優先出資額(投資家)80%、劣後出資額(運営会社)20%です。

不動産クラウドファンディングの劣後出資額は20%から30%程度なので、B-Denの劣後出資割合は平均的と言えます。

B-Denのファンドの直近の平均募集額

B-Denのファンドの募集金額はどの程度なのかが気になります。

直近で募集されているB-Den の直近5件のファンドの平均募集金額は2,080万円です。

第11号ファンドが1棟案件で1億円と平均を押し上げていますが、区分マンションは1,000万円から2,000万円程度となっています。

B-Denのファンドの平均運用期間

B-Denのファンドの直近5件の平均運用期間は5か月です。

不動産クラウドファンディングでは運用期間を12か月程度に設定しているファンドが多いので、B-Denの運用期間は少し短めの設定と言えます。

B-Denの公式サイトはこちら⇒

B-Denに投資する前に!リスク・デメリットについても解説

B-Denはメリットもですがデメリットもあります。

利回りの設定が低い

不動産クラウドファンディングの平均的な利回りは年5%から6%です。

B-Denの利回りは年2%から4%なので平均よりも低く設定されています。

空室リスクの低い都心部の好立地物件に投資をしているので、物件の資産価値を考量すると利回りが低いのは仕方がないかもしれません。

途中解約できない

B-Denでは、ファンドへ投資をすると途中解約ができません。

不動産クラウドファンディングの中には途中解約できるサービスも多く、急に現金が必要になった場合に途中解約できないのはデメリットです。

ただ、運用期間は3か月から6か月と短いファンドが多いので途中解約できなくても大きなリスクになることはないでしょう。

B-Denのキャンペーン情報!

B-Denでは現在キャンペーンは実施されていません。(2023年12月時点)

過去にはAmazonギフト券がもらえるキャンペーンも行われていたのでこれからもキャンペーンを実施する可能性は高いでしょう。

最新情報が入り次第追記していきます。

B-Denの会員登録の方法をステップでわかりやすく解説

ここではB-Denの会員登録の方法、

  1. メールアドレス登録
  2. 会員登録
  3. 投資申込
  4. 運用開始

について解説します。

STEP1.メールアドレス登録

まずは、ホームページにある会員登録ボタンをクリックします。

会員登録フォームよりメールアドレス、パスワード等を入力してメールアドレス登録を行います。

STEP2.会員登録

メールアドレス登録を行うと入力した会員登録用のURLが送られてきます。

個人情報を入力し、運転免許証、マイナンバーカードなどの本人確認資料と口座情報をアップロードすると審査開始です。

審査が完了すると確認コードがメールアドレス、住所宛に送られてくるので、受取が完了すると自動的に会員登録されます。

STEP3.投資申込

ファンドの一覧画面から投資をしたいファンドを選んで投資申し込みを行います。

申し込み手続きが完了すると匿名組合契約書を電子交付されるので、内容を確認して指定の口座に出資金を振込みます。

STEP4.運用開始

募集期間が終了すると応募の結果の連絡があるので、当選していれば運用開始となります。

B-Denの公式サイトはこちら⇒

B-Denの運営会社は信頼できる?会社情報から信頼性や安定性を紹介

B-Denの運営会社である株式会社ビーロットは、東証スタンダード市場に上場する富裕層向けの資産コンサルティングを行っている総合不動産会社です。

東証スタンダード市場は日本でも有数の企業が上場している市場で、社会的に信用のある会社しか上場することはできません。

多くの不動産の開発、再生を行っており、そのノウハウを活用してファンドの運用を行っています。

株式会社ビーロットの会社概要

株式会社ビーロットの詳細情報は以下の通りです。

会社名 株式会社ビーロット (B-Lot Company Limited)
代表者

代表取締役会長 宮内 誠

取締役社長 望月 雅博

設立年 2008年10月10日
資本金 1,992,532,283円(2023年6月30日現在)
所在地 〒105-0004f
東​京​都​港​区​新​橋​1-11​-​7 新橋センタープレイス10F
会社HP https://www.b-lot.co.jp/

まとめ

B-Denは、株式会社ビーロットが運営を行っている不動産クラウドファンディングです。

東京23区や大阪市内の区分マンションを中心に投資を行っており、港区や表参道などの超好立地物件に10万円から投資ができます。

毎月1件程度のファンド組成を行っており、口座開設も簡単なので誰でも手軽に不動産投資を始めることが可能です。

利回りが低くても手堅い投資がしたいという人は、B-Denへの投資を検討してはいかがでしょうか。

B-Denの公式サイトはこちら⇒

累計調達額No.1不動産クラファン「COZUCHI(コヅチ)」が最大50,500円のAmazonギフト券プレゼント中!【ad】

累計調達額400億円超のNo.1の不動産クラウドファンディング「COZUCHI」が人気を集めています。

実質利回りの平均は10%を超えており、これまで一度も元本割れがないことから多数の投資家から愛されているサービスです。

そんなCOZUCHIですが、2024年2月現在当サイト限定で最大50,500円分のAmazonギフト券プレゼントキャンペーン中です!

 

会員登録だけでも2,000円のAmazonギフト券が必ずもらえますし、実際に投資した金額に応じて最大48,500円のAmazonギフト券がもらえます。

会員登録で2,000円もらえることはほとんどないですし、投資金額に応じてもさらにアマギフがもらえる絶好のチャンスなので、興味がある人はこの機会に会員登録しておくことをおすすめします。