お子様の教育費を準備する


お子様を持つご家庭またはこれからお子様を迎えるご家庭においては、教育費がどれくらいかかるかということは大きな心配事ではないでしょうか。
お子様の将来のためにも、早くから具体的な費用をイメージして、計画的に準備を進めましょう。

お子様に望む最終学歴は?


約80%の方が大学卒業以上を望まれています。
出所: セールス手帖社保険FPS研究所「サラリーマン世帯生活意識調査」平成22年「子供に望む最終学歴」

学費はどのくらいかかるの?


お子様の進学先が公立か私立か、文系か理系か等の進学コースによっても学費は大きく異なります。
進学コース毎の学費の目安を確認しましょう。

教育費の準備はいつからはじめればよい?


教育費の必要額がわかったら、早速準備をはじめましょう。
半数以上の方が、お子様の誕生と同時に準備をはじめています。

生命保険を活用してお子様の教育資金を準備する


学資保険(子ども保険)や終身保険を活用することで、お子様の将来の教育資金を計画的に準備することができます。
毎月支払った保険料の総額以上の金額を、お子様の入学や進学のタイミングに合わせて受け取ることができます。
契約者である親御様に万が一のことがあった場合は、保険料の払い込みが不要になり、学資保険金は変わらずに
受け取ることができるタイプの商品もあります。

保険料を積み立てる期間や保険金を受け取りたいタイミングなど、お客様のニーズに合わせて商品・プランを選択し、
お子様の将来のために計画的に教育資金を準備しましょう。

 ■ 学資保険を活用したプラン


学資保険を活用し、毎月の積立によってお子様の将来の教育資金を計画的に準備することができます。

契約者である親御様に万が一のことがあった場合は、保険料の払い込みが不要になり、学資保険金は変わらずに
受け取ることができるタイプの商品もあります。

 ■ 終身保険を活用したプラン


一般的な学資保険を使ったプラン以外にも、終身保険を活用して教育資金を準備する方法もあります。

終身保険には貯蓄機能があるので、これを活用して、払い込んだ保険料以上の金額を将来のお子様の教育資金に
活用することができます。

また、このプランの最大の特徴は、親御様に万が一のことがあった場合に、死亡保障をしっかり準備できることです。
仮に親御様に万が一のことがあった場合でも、死亡保険金が支払われるので、これを原資として新たな生活のスタート
準備やお子様の教育費金を併せてご準備頂くことができます。

目的別 個人保険の考え方