catch-img

独身で必要?医療保険選びのポイントと注意点

医療保険の見直しを検討するときのきっかけとしては、

結婚や出産、マイホームの購入、仕事での変化などさまざまありますが、

独身の人の場合は、医療保険は必要ないのかと思う人も少なくないでしょう。

そこでこの記事では、独身の人は医療保険に加入する必要性はあるのかどうか、

また独身の人が医療保険に加入する際におさえておきたいポイントなどについて詳しく解説します。
 

【目次】

独身なら死亡保障より医療保険


独身のうちは、死亡保障よりも医療保険に加入したほうがたくさんのメリットを得られます。

一般的に、死亡保障は高額な保険料が必要となります。

他の世代と比べると、独身の若い世代は病気で死亡するリスクは低くなっています。

しかし、日ごろ健康な人でも、不慮の事故や思わぬ疾病にかかってしまう可能性もあるので、そうした事態に備えて終身医療保険と終身がん保険への加入はおすすめです。

公的医療保険だと、通院にかかる交通費や、入院時の食事代差額ベッド代、そして高額な先進医療はカバーしていません。

医療保険に加入しておくことで、いざというときに貯金を切り崩さなくても医療費の支払いに対応することができるので精神的な不安を軽減することができます。

また、毎月支払う保険料の負担が気になるという人には、掛け捨てタイプの医療保険がおすすめ。

掛け捨てタイプとは「10年間契約で40歳まで」などと自分で満期を設定し、そのあいだに病気やケガで治療を受けた場合に保険金を受け取れるというものです。

終身タイプと違って入院などをしなかったら保険料が返ってくるシステムではありませんが、月々支払う保険料が安いうえに契約期間内は手厚い保証を受けることができますよ。

 

死亡保険に入るなら貯蓄型がおすすめ



独身の人でも特に医療保険が必要なのは、医療費を支払うための貯蓄が十分にない人です。

なかには「公的医療保険制度で十分」だと思う人もいるかもしれませんね。

公的医療保険制度への加入者は、医療費の負担は3割で済むので、年に何度か少しの体調不良で通院するくらいであれば、公的医療保険でカバーすることができます。

しかし、通院にかかる交通費はもちろん、入院することになった場合の食事代や、大部屋から個室に移る際の差額ベッド代、さらには高額な治療費がかかる先進医療費は、公的医療保険ではカバーされないため自己負担となってしまいます。

さらには、長期入院などが必要な大病や大けがをしてしまうと働けなくなってしまうため収入が減り、さらに医療費の負担が重くのしかかることになります。

すると、経済的負担から十分な治療を受けることができなくなるので、まさに負のループに陥ってしまいかねません。

このような悪循環に陥らないためにも、医療保険への加入はとても重要です。

医療保険は自分の必要に応じて入院の上限日数を長めに設定することも、先進医療をカバーするかどうかも決めることが可能です。

ただし、毎月の保険料支払いが負担に感じる場合は、保険料が安い傾向にある共済で最低限の医療保障をつけておくといいでしょう。
 

貯蓄のない独身者は医療保険が必要


独身のうちは、死亡保障よりも医療保険に加入したほうがたくさんのメリットを得られます。

一般的に、死亡保障は高額な保険料が必要となります。

他の世代と比べると、独身の若い世代は病気で死亡するリスクは低くなっています。

しかし、日ごろ健康な人でも、不慮の事故や思わぬ疾病にかかってしまう可能性もあるので、そうした事態に備えて終身医療保険と終身がん保険への加入はおすすめです。

公的医療保険だと、通院にかかる交通費や、入院時の食事代差額ベッド代、そして高額な先進医療はカバーしていません。

医療保険に加入しておくことで、いざというときに貯金を切り崩さなくても医療費の支払いに対応することができるので精神的な不安を軽減することができます。

また、毎月支払う保険料の負担が気になるという人には、掛け捨てタイプの医療保険がおすすめ。

掛け捨てタイプとは「10年間契約で40歳まで」などと自分で満期を設定し、そのあいだに病気やケガで治療を受けた場合に保険金を受け取れるというものです。

終身タイプと違って入院などをしなかったら保険料が返ってくるシステムではありませんが、月々支払う保険料が安いうえに契約期間内は手厚い保証を受けることができますよ。
 

独身者が医療保険を見直すタイミングとは?



一般的に医療保険の見直しをするタイミングとは、結婚するときや、出産、マイホームを購入するとき、子供の独立時などが挙げられます。

特に結婚すると、一家の大黒柱がいざ病気になって医療費がかさんでしまうと家族の生活が圧迫されてしまいます。

生涯安心して家族を養っていくためにも医療保険の見直しが必要となります。

結婚を見据えて医療保険に加入しておくことも大切ですが、独身の人は結婚以外に転職や収入の変化もひとつのきっかけにするといいでしょう。

転職した場合は福利厚生の保証が変わることもありますし、収入が変わった場合は収入の増減に合わせて毎月の収支に合う保険を選びなおすことが重要です。

 

独身の医療保険は自分の治療費が賄えるかどうかがポイント


独身の人、特に、若い人だと働き始めたばかりで十分に貯金できていないという人も少なくないでしょう。

つい医療保険の保険料が負担に感じ、加入を後回しにしてしまいがちですが、医療保険に加入することでいざというときにも経済的・精神的な余裕が生まれます。

独身の人でも、転職などのタイミングと合わせて保険の加入や見直しを検討してみてくださいね。

関連記事
◆◆「5分で理解!ライフスタイルと年代別に必要な医療保険とは?」◆◆

◆◆「病気・ケガに備える生命保険「BrightReach」はこちら」 ◆◆

お問い合わせ

保険についての疑問やご質問、
何かお困りの際は、お気軽にご相談ください。
当サイトのメールフォームよりお問い合わせいただき
担当者が折り返しご連絡いたします。