catch-img

終身掛け捨て型と貯蓄型のがん保険!入るならどちらがお得?

日本人の国民病ともいえるがん。

万が一がんになってしまった場合に備えて入っておきたいがん保険ですが、一生涯保障が続く終身型がん保険には、掛け捨て型と貯蓄型の2種類が存在しています。

将来必要になるかもしれないとはいっても、保険料を払うならなるべくお得にすませたいものです。

そこで、終身掛け捨て型と貯蓄型ではどちらがリーズナブルなのか、それぞれの特徴やメリット、デメリットなどを解説しながら紐解いていきましょう。

これからがん保険の加入を考えている人は必読です。
 

【目次】

終身なのに掛け捨てとはどういう意味?


同じ「終身」という言葉がついていても、保険の種類によってその意味合いは微妙に異なります。

終身保険の代表格である生命保険の場合、契約者が死亡、もしくは高度障害状態になると、死亡保険金が支払われます。

また、終身型の生命保険の場合、保険料の一部は積立になっており、途中解約した場合には解約返戻金を受け取ることができます。

一方、終身型がん保険のほとんどは、保険料が掛け捨て型です。

終身型がん保険の目的は、もしもがんになってしまった場合に備えるためのものです。

がんは長期間の闘病になりやすく、治療費も高額です。仮にがん保険の保険期間が短いと、長期闘病になった場合のニーズに応えることができません。

給付金や保障内容を充実させるために、がん保険の保険期間は終身であることが望ましいといえます。

終身掛け捨て型は解約返戻金はないものの、月々の保険料を安くして契約者の負担を軽くし、さまざまな治療方法をカバーする保障を充実させています。

また、がん保険は医療保険の一種で、生命保険とは違います。

そのため、がんを患ったうえで亡くなったとしても、終身型がん保険から保険金が出ることもありません。

がん保険の終身型とは、あくまでも保障が終身でつくという意味で、終身型の生命保険のように死亡保険金を受け取るタイプの保険ではないことを覚えておきましょう。

終身型がん保険は、保険料も終身で払い続けますが、支払いを短期間で終わらせたい場合は、月々の支払い額を上げて、60歳までに終わらせることが可能です。
 

がん保険の貯蓄型とはどういうもの?


終身型がん保険の中には、少数ではありますが貯蓄型のがん保険も存在します。

解約したときに解約返戻金を受け取ることができるほか、所定年齢までに支払った保険料のうち、未使用分は全額戻ってくることもあります。

逆に、貯蓄型がん保険に返戻金の特則をつけると、解約返戻金を受け取ることができない代わりに、毎月の保険料を安くすることも可能です。

この特則をつけた場合、60歳までに保険料の払い込みを終えると、支払い後に死亡給付金と同じ額の解約返戻金を受け取ることができます。

保険会社によって、高額の解約返戻金がもらえるほか、解約返戻金の額は少ない反面、死亡時に解約返戻金相当額を受給できる場合もあります。

貯蓄型は保険会社によってその特性にさまざまな個性がありますので、選ぶときはそれぞれの商品を比較したうえで検討することが大切です。

貯蓄型は掛け捨て型と比べて保険料の設定が高額になっていることがほとんどです。

いくら解約返戻金を受け取ることができたとしても、毎日の生活が苦しくなるような金額を払うのは考えものです。

また、がん保険に加入する目的は、がん治療の保障を充実させることです。貯蓄を優先するあまり、保障内容が不十分になってしまうと、がん保険に加入する意味がありません。
 

それぞれの保険に加入するときの注意点は?


終身掛け捨て型も貯蓄型も、それぞれの特徴をきちんと押さえたうえで加入することが重要です。

終身掛け捨て型の場合は、保険料が掛け捨てですので、仮にがん保険を途中で解約しても解約返戻金は戻ってきません。

その代わり、がんの保障は一生涯続きますし、保険料が契約途中で上がることもありません。

もし途中で解約して新しいがん保険に加入し直す場合は、90日の免責期間が発生します。

免責期間の間にがんになってしまったら、給付金を受け取ることができないので、注意が必要です。

掛け捨て型の終身型がん保険は一見、損をしているようにも見えますが、がん保険は本来掛け捨て型の保険に長期間加入することで保障を得るのが基本です。

がん保険を選ぶときは、解約返戻金の有無はもちろん、がん保険に入る目的もハッキリさせるようにしましょう。

貯蓄型のがん保険の場合は、特定の年齢まで保険料を支払うと、使用しなかった保険料が100%戻ってくる商品があります。

その代わり、保険料は割高になりますので、毎月の支払いがある程度高くても割のいい払い戻し金を見込むのか、保険料を少なくする代わりに解約返戻金も少なくて大丈夫なのかを判断する必要があります。

また、貯蓄型の場合も、解約をして新しく別のがん保険に加入し直すと、免責期間が発生します。

貯蓄型は保険料の支払い期間が長いほど解約返戻金の額が大きくなりますが、それだけ支払いに年数も要します。

解約返戻金を受け取る頃には年齢を重ねていて、新たに加入する際は掛け捨ての場合であっても保険料が高くなっている可能性が高いので、解約のタイミングはよく考えるようにしましょう。
 

終身掛捨て型と終身貯蓄どちらのがん保険がおすすめ?


がん治療の備えとして、保険料と保障の充実度を重視するなら、終身掛け捨て型がん保険がおすすめです。

その代わりがんにならない場合は、保険料は無駄になります。

しかし、保険は相互扶助の考えで成り立っていますので、自分はがんにならずにすんで運が良かった、自分の代わりにがんを患った人たちの役に立てて良かった、と前向きに捉えることも大切です。

将来がんになるかどうかは予想することが難しいですが、普段の生活に負担をかけずに充実した保障がほしい場合は、終身掛け捨て型を選ぶのがおすすめです。

もしどうしても保険料の掛け捨てが嫌だという人は、貯蓄型にすると良いでしょう。

一般的には、取り扱っている保険会社も多く、がんへの備えという意味でも終身掛け捨て型がん保険を選ぶ人が多くいます。

しかし、どちらを選ぶかは、個人の考え方やライフスタイル、経済状況などによって変わってきます。

小さい子どものいる家庭で少しでも貯蓄したいと思うのであれば貯蓄型のほうが良いでしょうし、子どもが大きくなってもうそろそろ保障の充実したがん保険に加入したいのであれば、終身掛け捨て型のほうがおすすめです。

ベストながん保険は人によって違うということを念頭に、自分にあったがん保険を選ぶようにしましょう。

 

【関連記事】

◆◆「がん保険に入るならやっぱり終身!特徴から選ぶポイントまで全て教えます!」 ◆◆

◆◆「がんの治療費に備える生命保険「BrightReach」はこちら」◆◆

お問い合わせ

保険についての疑問やご質問、
何かお困りの際は、お気軽にご相談ください。
当サイトのメールフォームよりお問い合わせいただき
担当者が折り返しご連絡いたします。