仮想通貨SAND(サンド/The Sandbox)とは?特徴や将来性・買い方を解説

プロモーション

仮想通貨を最高利率10%で運用

 

ビットレンディングは今だけ、新規口座開設&貸出開始をするだけで、もれなくアマゾンギフトカード2,000円がもらえます!

  • ビットコイン(BTC)年利 8%
  • テザー(USDT)年利 10%

など、高利回りが実現!

ビットレンディングはテラショックやFTX破綻、 SVB破綻など市場が混乱するニュースがあった中でも問題なく運営しているため、安心して利用できます。

無料口座開設は3分程度の入力で完了。
ぜひこのチャンスを見逃さず登録しておきましょう。

「SAND(サンドボックス)ってどんな仮想通貨?」
「仮想通貨のSANDはどこで購入できる?」

以上のような悩みを解決できる記事をご用意しました。

仮想通貨SANDはメタバース空間「The Sandbox」内で使用される仮想通貨です。

日本では円が使われているように、The Sandboxの世界ではSANDが通貨として使われています

仮想通貨投資をしたことがない初心者の方でも理解できるように、わかりやすく解説しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

本記事でわかること

  • 仮想通貨サンドボックス(SAND)の5つの特徴
  • 仮想通貨サンドボックス(SAND)の価格推移
  • 仮想通貨サンドボックス(SAND)の今後の予想・将来性
  • 仮想通貨サンドボックス(SAND)を購入できる取引所
  • 仮想通貨サンドボックス(SAND)の買い方

仮想通貨サンドボックス(SAND)とは?

通貨名 SAND
シンボル SAND
価格(2023年1月時点) ¥93.22
時価総額(2023年1月時点) ¥139,924,727,589
時価総額ランキング(2023年1月時点) 47位
発行枚数 最大30億枚
公式サイト https://www.sandbox.game/jp/
公式Twitter https://twitter.com/thesandboxgame

仮想通貨のSAND(サンド)とは「The Sandbox」というメタバース内で使用されるトークン(通貨)のことです。

The Sandboxでは3D空間上で、ゲームや土地(LAND)の売買などができます。

収益性もあることから、個人だけでなく企業もビジネスとして参入してきます。

facebook社が社名を「Meta(メタ)」に改名するなど、The Sandboxを始めとするメタバース市場は大手企業にも注目されている分野です。

仮想通貨サンドボックス(SAND)の5つの特徴

仮想通貨The Sandboxには以下の5つの特徴があります。

①メタバース空間で楽しめる

②自作のゲームやNFTを販売できる

③デジタル上の土地「LAND」でマネタイズが可能

④イーサリアムの規格を採用している

⑤大手企業が参入している

以上の5つの特徴について順番に解説します。

①メタバース空間で楽しめる

The Sandboxは、アバターを使ってメタバース空間の中でイベントに参加したり、ゲームをしたりして楽しむことができます。

現実世界と同様に、3D上でクリスマスやハロウィンなどのイベントが開催されています。

②自作のゲームやNFTを販売できる

The SandboxではGame Makerというツールを活用して、プレイヤーが所有するLAND上にゲームを作成できます。

Gmae Makerはプログラミングの知識が不要で、初心者でも簡単に自作のゲームが作れる点が特徴です

作成したゲームやNFTは販売することで収益化できます。

売買には仮想通貨の「SAND」が使用されています。

③デジタル上の土地「LAND」でマネタイズが可能

The Sandboxではメタバース空間上で使用するデジタル上の土地「LAND」の売買が可能です。

購入したLANDは貸し出しや、有料ゲームの提供、イベントでの集客などによりマネタイズできます。

④イーサリアムの規格を採用している

仮想通貨SANDはERC20というイーサリアムの規格を採用しています

ゲーム内の土地に関してはERC721、The Sandbox内で作成可能なゲームやアイテムはERC1155を採用し、いずれもイーサリアムの規格です。

仮想通貨のSANDは、イーサリアムブロックチェーンのDEX(分散型取引所)のUniswapでETH(イーサリアム)と交換することができます。

⑤大手企業が参入している

The Sandboxには、すでに多くの大手企業が続々と参入してきています。

具体的例として、以下の企業がThe Sandboxと提携しています。

  • アディダス
  • スクウェア・エニックス
  • エイベックス・テクノロジーズ
  • LINE studio

各企業がLAND(土地)の購入やNFTの販売などを行っており、今後も市場拡大とともに、さまざまな企業との提携が予想されます。

大手企業がThe Sandboxを利用することで知名度が上がり、一般のユーザーが増え、それに伴いSANDの需要が高まります。

仮想通貨サンドボックス(SAND)の価格推移

SANDのチャートを見てみると2021年後半に価格が高騰しています。

価格高騰の要因としては以下の理由が考えられます。

①仮想通貨市場全体が盛り上がっていた

②Facebookが社名をMetaに改名した

③The Sandboxがadidasとの提携を示唆

①仮想通貨市場全体が盛り上がっていた

2022年11月はビットコイン(BTC)が過去最高の700万円を突破するなど、仮想通貨市場全体が盛り上がっている時期でした。

ビットコインの価格が上昇すると、その他のアルトコインも釣られて上昇する傾向にあります。

仮想通貨SANDにおいても、市場全体の追い風を受けて価格が高騰したと考えられます。

②Facebookが社名をMetaに改名した

GAFAの一角である巨大企業Facebook社が2021年10月28日に社名を「Meta(メタ)」へ改名したことを発表しました。

この社名変更はメタバース市場へ参入することへの意思表明となり、関連銘柄であるSANDの価格にも影響を及ぼしました。

③The Sandboxがadidasとの提携を示唆

The Sandboxは2021年11月23日に大手スポーツブランド「adidas originals」とコラボレーションを示唆するツイートを行いました。

adidas側もサンドボックス上に「adiVerse」を開発することを公言したことが注目を浴びました。

SANDの価格はこれらのプラス材料が重なり、2021年11月末まで高騰し続けましたが、その後はバブルが弾け、適正価格に戻ってきています。

バブルが崩壊したとはいえ、サンドボックスに関するプロジェクトは始まったばかりのものが多く、今後再び市場が盛り上がると思われます。

仮想通貨サンドボックス(SAND)の今後の予想・将来性

仮想通貨SANDの今後の予想・将来性については以下の4点がポイントとなります。

①大手仮想通貨取引所への上場

②The Sandboxのユーザー数の増加

③メタバースの普及

④大手企業の参入

上記、4つのポイントについて解説します。

①大手仮想通貨取引所への上場

現在、国内外含めてSANDは20箇所以上の仮想通貨取引所に上場しています。

一見多いようにも見えますが、大手取引所の中でもSANDを取り扱っていないところも多いのが現状です。

今後、大手の仮想通貨取引所へ追加上場できるかどうかがSAND普及の大きなポイントとなります。

②The Sandboxのユーザー数の増加

仮想通貨SANDはメタバース空間「The Sandbox」内で使用されることを想定したコインです。

The Sanboxの運営陣によるマーケティングにより、いかにユーザーを増やせるかどうかが今後の鍵となります。

多くのアクティブユーザー数を獲得することでSAND価格が上昇します。

③メタバースの普及

メタバース」というキーワードは話題になっているものの、現状、実際に利用している人はごくわずかです。

今後、メタバースの開発が進み実用化が進めば、一般の人でも気軽に使えるサービスになります。

メタバース全体の発展がThe Sandboxへも好影響を及ぼすこととなるでしょう。

④大手企業の参入

すでに、adidasスクウェア・エニックスなど一部の有名企業は参入していますが、ほとんどの企業はまだThe Sandboxに参入していません。

今後、有名企業が多く参入することで、大手ブランドのファンがThe Sandboxに流れ込んできます。

企業とのコラボレーションなどをきっかけにThe Sandboxやメタバースに興味がなかった人を取り込むことができれば市場価値が高まります。

仮想通貨サンドボックス(SAND)を購入できる仮想通貨取引所

仮想通貨サンドボックス(SAND)は国内外合わせて20ヶ所以上の仮想通貨取引所で取引が可能です。

海外の取引所ではBinance、Bybit、Uniswapなどで取引が可能です。

国内の取引所ではコインチェック、bitbankの2社で購入ができます。(2023年1月時点)

上記2社で口座開設していない場合、bitFlyerなどの取引所から海外取引所にビットコインやイーサリアムなどを送金してSANDを購入することもできます。

仮想通貨サンドボックス(SAND) の買い方

仮想通貨サンドボックス(SAND)の購入方法は以下の2パターンです。

①国内の取引所でSANDを購入

②国内の取引所を経由して海外の取引所で購入

順番に解説します。

①国内の取引所でSANDを購入

国内の取引所でSANDを取り扱っているのはコインチェックとbitbankの2社です。

今回はコインチェックを例に解説します。

コインチェックでSANDを購入するやり方は以下の3ステップです。

ステップ1:コインチェックで口座開設する

ステップ2:コインチェックに日本円を入金する

ステップ3:コインチェックでサンドボックス(SAND)を購入する

順に解説します。

ステップ1:コインチェックで口座開設する

コインチェックの公式HP(https://coincheck.com/ja/)にアクセスし、口座開設を行いましょう。

コインチェックの口座開設は無料です。

手順にしたがって、必要事項を入力するだけなので5分程度で申請が完了します。

ステップ2:コインチェックに日本円を入金する

以上の4ステップで入金が完了します。

審査が完了したら、コインチェックに日本円を入金します。

コインチェックアプリから以下の手順で日本円の入金が可能です。

①画面下の「ウォレット」をタップ

②日本円(JPY)を選択。

③金額を入力して「入金」をタップ。

④銀行を選択して入金

以上の4ステップで入金が完了します。

ステップ3:コインチェックでサンドボックス(SAND)を購入する

日本円が入金できたら、SANDを購入しましょう。

コインチェックアプリの販売所から「SAND」をタップ。

あとは必要な金額を入力して購入を完了させましょう。

 

コインチェックからSANDの購入する方法の解説は以上です。

②国内の取引所を経由して海外の取引所で購入

仮想通貨をこれから本格的に取り組みたいという人は、今後、国内の取引所で取り扱っていない銘柄が必要になることがあると思います。

その場合、国内の取引所でビットコインやイーサリアムなどのメジャーなコインを購入し、海外取引所に送金した後、欲しいコインと交換するやり方があります。

今回は、国内の有名取引所bitFlyer(ビットフライヤー)と海外取引所Bybitを例に解説します。

 

bitFlyer(ビットフライヤー)経由でBybitからSANDを購入する方法は以下の6ステップです。

ステップ1:bitFlyerで口座開設

ステップ2:bitFlyerで日本円を入金

ステップ3:bitFlyerでビットコインを購入

ステップ4:Bybitで口座開設

ステップ5:bitFlyerからBybitにビットコインを送金

ステップ6:BybitでSANDを購入

上記6ステップについて解説します。

ステップ1:bitFlyerで口座開設

まずは、bitFlyer公式HPより口座開設を行います。bitFlyer公式サイトはこちらから

「新規登録」から手順にしたがって、必要事項を入力しましょう。

口座開設は無料で、10分程度あれば完了します。

ステップ2:bitFlyerで日本円を入金

審査が完了したら、bitFlyerに日本円を入金します。

トップ画面から①入出金、②日本円、③入金の順でクリック。その後、入金方法を選択して入金を済ませてください。

おすすめの入金方法はインターネットバンキングの住信SBIネット銀行です。手数料無料で、原則、即時入金が反映されます。

ステップ3:bitFlyerでビットコインを購入

日本円の入金が完了したら、取引所からビットコイン(BTC)を購入します。

ログイン後、ホーム画面から取引所をクリック。数量、価格を入力後、「買う」をクリックして、購入を確定させましょう。

ステップ4:Bybitで口座開設

続いて、SANDを取り扱っている海外の取引所「Bybit(バイビット)」の口座開設を行います。

Bybitの公式HP(https://www.bybit.com/ja-JP/)にアクセスして、アカウントの作成を完了させましょう。

Bybitのアカウント作成、口座開設はメールアドレスまたは携帯番号どちらかの登録だけで完了するので、30秒ほどで終わります。

海外の取引所ですが、日本語に対応しているので安心です。

 

ステップ5:bitFlyerからBybitにビットコインを送金

bitFlyerからBybitに送金する際は、トップ画面から、①入出金、②ビットコインの順でクリックします。

その後、「アドレスを登録する」をクリックして、Bybitのウォレットアドレスを登録し、送金しましょう。

Bybitのウォレットアドレスは以下の手順で確認できます。

まずは、Bybitアプリのホーム画面から「入金」をタップします。

続いて、「BTC」をタップするとBTC用のウォレットアドレスが表示されるので、コピーしてbitFlyerに登録すれば送金準備の完了です。

ステップ6:BybitでSANDを購入

Bybitにビットコイン(BTC)を送金できたら、SANDを購入します。

Bybitの取引画面を開き交換するコインを「SAND/BTC」に設定するとビットコイン(BTC)でSANDを購入できます。

bitFlyerを通して、海外取引所BybitでSANDを購入する方法の説明は以上です。

国内の取引所で取り扱いのない銘柄を購入する際は、このやり方が有効なので参考にしてみてください。

まとめ

SANDはメタバース空間「The Sandbox」内で使用される仮想通貨です。

メタバースはこれから成長が期待される分野で、The Sandboxには大手企業も参入し始めているので将来性が期待できます。

SANDは国内取引所の場合、コインチェックとbitbankで購入できます。

過去にハッキング被害を受けたことがあるコインチェックや知名度で劣るbitbankで口座開設するのが不安という人もいると思います。

その際は、ビットコイン取引量6年連続No.1のbitFlyer経由でSANDを購入する方法もおすすめです。

今なら、口座開設でもれなく4,500円相当のビットコインがプレゼントされます。

プレゼントされたビットコインを利用すれば、無料でSANDが手に入りますよ。

仮想通貨を最高利率10%で運用

 

ビットレンディングは今だけ、新規口座開設&貸出開始をするだけで、もれなくアマゾンギフトカード2,000円がもらえます!

  • ビットコイン(BTC)年利 8%
  • テザー(USDT)年利 10%

など、高利回りが実現!

ビットレンディングはテラショックやFTX破綻、 SVB破綻など市場が混乱するニュースがあった中でも問題なく運営しているため、安心して利用できます。

無料口座開設は3分程度の入力で完了。
ぜひこのチャンスを見逃さず登録しておきましょう。