catch-img

医療保険にも見直しは必要?おすすめのタイミングはいつ?

万が一の備えとして入っておくと安心なのが医療保険です。

しかし、医療保険に入っただけで安心してしまったのでは意味がありません。

ほったらかしにし続けると、いざ使おうと思ったときに使えないかもしれません。

もしも、入ったまま見直しもせずに長年放ったままになっている医療保険があるなら、今すぐ見直しましょう。

この記事では、医療保険にはなぜ見直しが必要なのかを説明し、見直しに適したタイミングについて解説します。

【目次】


なぜ医療保険に見直しが必要なのか


医療保険は、病気やケガで治療や入院が必要になったときに備え、経済的な負担を補うのが目的の保険です。

そのため、保険に入るときは、自分の生活習慣や生活環境を基準に必要な保障を選びます。

しかし、人は年を重ねるうちに、生活環境が変化していくのが普通です。

ですから、年齢に合わせて、今の生活環境に合う保険内容に変えていくことが欠かせません。

まず、年齢が高くなったら何が変わるのかを考えてみましょう。

そうすると、なぜ医療保険に見直しが必要なのかがわかってくるはずです。

人間は年齢が高くなると、その分病気やケガのリスクも高まります。

治療費や入院費も余分にかかるようになってくるので、十分な保険金額かどうかを見直す必要があるでしょう。

独身時代に保険に入った人が、結婚して家族を持ったら、独身のときにはなかった家族への責任の重さや経済的な負担も変化します。

病気やケガの治療費負担を補うだけの意味合いではなくなってくるということです。

きちんと保険で補わなければ、家族の生活に影響が出かねません。

今の自分にはどのような保障が必要なのかをチェックして、それに合った保険内容に変えていくために、医療保険にも生命保険と同様に見直しが必要なのです。

ライフイベントは見直しのベストタイミング


医療保険の見直しが必要になるのは、生活環境が変化するタイミングと一致しています。

生活環境が変わると、必要な保障の内容も変わるからです。

人は誰でも、生きている間に何回も生活環境が変わる時期を迎えます。

就職、結婚、妊娠・出産、転職、子どもの独立、定年退職など、生き方を大きく変えるライフイベントの時期です。


誰もが無意識のうちにライフイベントに合わせて自分の生活内容を変化させています。

ライフイベントに合わせて保険を見直すように最初から決めておくと、見直しの時期を逸することがないので安心です。

特に女性の場合は、妊娠する前に一度は医療保険の見直しをするようにしましょう。

手術を伴うような出産も医療保険の対象だからです。

ただし、妊娠中に見直しても、その妊娠に関しては対象外になってしまいます。

また、帝王切開等も手術に含まれるため、その後しばらくは新たな医療保険には入れません。

2度目の帝王切開は保障の対象にならない保険もあるので、見直すなら妊娠前がおすすめです。


最新の医療保険をチェック


自分の加入している医療保険が古いと感じたときも見直しのタイミングです。

10年、20年前の医療保険と最新の医療保険とを比べると、入院日数や支払い条件、対応できる疾病や手術の内容などが大きく違っています。

かつては入院治療が当たり前だった病気も、通院で治せるようになっているからです。

医療の技術は日々進歩しているため、保険の内容もそれに合わせてどんどん変化しています。

古い医療保険をそのままにしていたのでは、実際に受けた治療が保障の対象に入っていないということにもなりかねません。

ですから、最新の医療保険と自分が加入している保険とどこがどのくらい違っているのかということを比較する必要があります。

まずは、何日入院したときに何日目から入院給付金が出るのか、通院治療も対象になっているかなどについて確認します。

古い保険では長く入院したときにしか給付されないうえに、最初の何日かは入院給付金が出ないというものもあります。

保障の対象となる病気やケガの治療内容、手術の術式などもチェックしましょう。

保険に入った当初になかった治療方法は保障の対象になっていない可能性があります。

せっかく医療保険に入っていても、実際に治療を受けたときには給付を受けられないというのでは意味がありません。

新しい治療方法に合う形に直していきましょう。


保険料の負担が大きいと感じるときも

ライフイベントに合わせて医療保険を見直すようにすると、見直しのタイミングを逃さずに済みます。

しかし、見直しはライフイベントがなければする必要はないというわけではありません。

見直しは必要に応じていつでも行えます。

たとえば、加入当時と比較して収入が減ってしまった場合や、収入は変わっていなくても支出が増えてしまった場合は、保険料の負担が大きいと感じることもあるでしょう。

そんなときは、他の医療保険商品と比較して、負担の小さな医療保険にかけ替えるという手もあります。

保障内容を見直したり、保険会社を見直したりするだけで、保険料が下がる可能性がありますから、試してみるとよいでしょう。

医療保険の見直し注意点


古い医療保険は見直す必要がありますが、その際には注意すべき点もあります。

たとえば、見直しというと、保険料を上げずに最適な形に手直しできるように思いがちです。

しかし、古い保険を解約して新しく保険に入り直すのと同じようなものですから、年齢が上がっている分、保険料が高くなる可能性があります。

健康状態が悪いと、新たな保険には加入できないかもしれません。

医療保険の見直しは、自分が加入している保険が実際に使えるかどうかを確認することがメインです。

もし、使えなくなっている部分があったら、それを使える形に直していくことが目的なのですから、単純に最新の保険にかけ替えるという意味でもありません。

加入中の保険を継続することも選択肢に入れながら見直しをすることが大事です。

医療保険の見直しはポイントを押さえて

医療保険は種類が多いので、見直しの際には複数の商品と見比べることになるでしょう。きちんとポイントを絞って見直さないと、時間がかかりすぎるうえに、どれを選んだらよいかもわかりにくくなってしまいます。医療保険の見直しポイントは、保障期間と入院日額、保障金額、給付の条件、対象となる疾病や手術です。それらのポイントをしっかり押さえて見直すことが大事です。



【関連記事】

◆◆「医療保険は見直しで変わる!知っておくべき10個のカギ」◆◆

◆◆「がんの治療費に備える生命保険「BrightReach」はこちら」◆◆

お問い合わせ

保険についての疑問やご質問、
何かお困りの際は、お気軽にご相談ください。
当サイトのメールフォームよりお問い合わせいただき
担当者が折り返しご連絡いたします。