不動産クラウドファンディングの市場規模をプロ投資家目線で紹介!拡大の理由から3つの注意点まで徹底解説!

「最近よく目にするけど不動産クラウドファンディングの市場規模は大きいの?」

「不動産クラウドファンディングが向いているのはどんな人なの?」

など、不動産クラウドファンディングに興味を持つ人が増えています。

不動産クラウドファンディングは、不動産投資に特化した融資型クラウドファンディングです。

不動産投資に関する運用はすべて運用会社が行ってくれるので、投資家は手間を掛けずに収益を上げることができます。

少額で不動産投資が可能で、安定して分配金を得られるので新しい投資先として注目を集めており、不動産クラウドファンディングの市場規模は2021年末時点で250億まで成長しています。

不動産投資に興味がある、少額で投資をしたい、手間を掛けたくないといった人におすすめです。

今回は、不動産クラウドファンディングの市場規模の推移や注意したいポイントについて解説します。

【監修者】青柳 雄太郎

 

株式会社BrightReach(ブライトリーチ)代表取締役。 大手コンサルティングファームでの経営コンサルタント、不動産投資ファンドでのファンドマネージャー、 外資系生命保険会社での経営企画部門を歴任し、現在に至る。 生命保険・損害保険・不動産仲介・不動産売買・人材紹介事業を展開。 会社経営を行いながら、年間100件以上の個人や法人の資産運用・ライフプランニング・

保険見直し・ 不動産取引のコンサルティングを行っている。 宅地建物取引士。 慶應義塾大学理工学部卒。

※本記事はPRを含みます。

累計調達額No.1不動産クラファン「COZUCHI(コヅチ)」が最大50,500円のアマギフプレゼントキャンペーン実施中!【ad】

累計調達額600億円超のNo.1の不動産クラウドファンディング「COZUCHI」が人気を集めています。

これまで一度も元本割れがないことから多数の投資家から愛されているサービスです。

そんなCOZUCHIですが、2024年3月現在、サイト限定で最大50,500円分のAmazonギフト券プレゼントキャンペーンを実施しています。

 

会員登録だけでも2,000円分のAmazonギフト券がもらえ、登録から180日以内の投資金額に応じて最大48,500円分のAmazonギフト券がもらえます。

登録だけで2,000円分のAmazonギフト券がもらえることは滅多にありません。

興味がある方はこの機会に会員登録しておくことをおすすめします。

不動産クラウドファンディングの市場規模の推移

不動産クラウドファンディングはここ数年で様々な企業が参入してきていることもあり、市場規模はどんどん拡大しています。

不動産クラウドファンディングの市場規模はどの程度なのかが気になるところです。

ここでは、不動産クラウドファンディングの市場規模の推移、

  • 不動産クラウドファンディングは融資型クラウドファンディングの仲間
  • 不動産クラウドファンディングが拡大した理由
  • 2021年末時点で市場規模は250億に

について解説します。

不動産クラウドファンディングは融資型クラウドファンディングの仲間

インターネットで手軽に投資ができるクラウドファンディングは非常に人気が高いです。

クラウドファンディングには、寄付型、購入型、株式投資型、ファンド型、融資型といった5つの種類があります。

中でも融資型は資産運用向けのクラウドファンディングで、運営会社を通じて企業に融資を行うことで定期的に利息を得ることができます。

不動産クラウドファンディングも融資型クラウドファンディングの仲間です。

運営会社は投資家が出資(融資)した資金を使って不動産投資を行い、得た利益を分配金(利息)として投資家に支払う仕組みとなっています。

不動産クラウドファンディングが拡大した理由

不動産クラウドファンディングが近年拡大した理由として、一番大きいのは2017年12月に行われた不動産特定共同事業法の改正です。

この改正で事業者の参入要件が大幅に緩和されたことで不動産クラウドファンディングに参入する企業が一気に増えました。

不動産業界の大手企業だけでなく、独自のノウハウを持った中小企業の参入もあり、投資家にとって魅力的なサービスを展開しています。

2021年末時点で市場規模は250億に

一般社団法人日本クラウドファンディング協会が公表している2020年度の市場調査(参考:http://safe-crowdfunding.jp/wp-content/uploads/2021/07/CrowdFunding-market-report-20210709.pdf)によると、市場規模は2018年21億、2019年48億、2020年60億で推移しています。

2021年末時点では更に拡大しており、中小企業も含めた市場規模は250億です。

不動産クラウドファンディングの市場規模は今後も更に拡大していくでしょう。

不動産クラウドファンディングが向いている人の特徴4選

不動産クラウドファンディングは不動産を活用した融資型クラウドファンディングです。

ここでは不動産クラウドファンディングが向いている人の特徴4選、

  • 不動産投資に興味がある
  • 少額で投資をしたい
  • 手間暇を掛けたくない
  • 安定した利益を得たい

について解説します。

不動産投資に興味がある

不動産投資に興味がある人には不動産クラウドファンディングがおすすめです。

不動産投資を始めたいが、お金や時間が理由で中々始められないという人も多いと思います。

その点、不動産クラウドファンディングなら少額で購入ができ、運用は運営会社に任せられるので手軽に不動産に投資が可能です。

少額で投資をしたい

個人で不動産投資を始めるには、最低でも数百万円の自己資金額必要ですが、不動産クラウドファンディングなら最低募集金額が1万円から始めることができます。

最低募集金額は1万円、10万円、100万円とファンドによって異なります。

1万円ならおこづかいの範囲でも十分投資が可能です。

手間暇を掛けたくない

不動産投資を始めるには、物件の選定から売買、賃貸経営と手間暇が掛かります。

仕事の忙しいサラリーマンだと不動産投資を始めるのは大変です。

不動産クラウドファンディングであれば、運用はすべて運営会社が行ってくれるので、投資家は出資をするだけで分配金を得ることができます。

不動産クラウドファンディングは、手間を掛けずに投資がしたいという人におすすめです。

安定した利益を得たい

株やFXの場合、短期間で利益を得ることができる反面、大きな損失を被ることもあります。

安定した利益を得たいのであれば不動産クラウドファンディングがおすすめです。

不動産クラウドファンディングは、不動産投資の豊富な経験と実績のある運営会社が運用を行っており、平均利回り年5%から6%の高い分配金利回りが期待できます。

運用期間は6か月から12か月が多いですが、中には1年以上の長期運用できる商品もあります。

不動産クラウドファンディングで注意したい3つのポイント

不動産クラウドファンディングの市場規模は拡大しており、メリットも多いので投資をしたいと考えている人も多いと思います。

しかし、失敗しない為にもデメリットについてもきちんと理解しておくことが重要です。

ここでは、不動産クラウドファンディングで注意したい3つのポイント、

  • 元本保証の商品ではない
  • 短期間で大きな利益を得ることはできない
  • 売買ができない

について解説します。

元本保証の商品ではない

銀行の預金であればペイオフ制度が摘要されるので1,000万までは預金保護機構によって保護されるので実質元本保証がされていると言えます。

しかし、投資信託やJ-REITなど基本的に元本保証のある金融商品はなく、不動産クラウドファンディングも同様に元本保証の商品ではないです。

投資でリターンを得るためにはある程度リスクを背負う必要があります。

短期間で大きな利益を得ることはできない

不動産クラウドファンディングは、投資金額を少額にすることで多くの投資家から資金を集めて不動産投資を行います。

例えば、1口1万円でファンドを購入した場合、分配金利回りが年5%、運用期間6か月とすると償還時に得られる分配金は250円です。

大きな金額を投資したくても募集口数にも上限があり、抽選で権利を得ないと投資金額を増やすことが難しく、短期間で大きな利益を得るのは難しいと言えます。

売買ができない

不動産クラウドファンディングと同じく不動産に投資を行っている金融商品にJ-REITがあります。

J-REITは東京証券取引所に上場しているので市場が開いていればいつでも売買が可能です。

一方で不動産クラウドファンディングは、一度投資をすると償還まで解約することができず、自由に売買ができません。

株やJ-REITと比べると流動性の低さが不動産クラウドファンディングのデメリットと言えます。

まとめ

不動産クラウドファンディングの市場規模は年々増加傾向にあります。

2021年には250億円まで拡大しましたが、2022年には500億円に到達すると言われており、今後も益々拡大することが予想されます。

不動産クラウドファンディングは、少額で始めることができ、手間暇が掛からないので投資家にとってもメリットが多い金融商品です。

一方で元本保証がない、流動性が低いといったデメリットあります。

不動産クラウドファンディングを購入したいと思った人は、メリットだけでなく、デメリットも把握した上で購入を進めましょう。

累計調達額No.1不動産クラファン「COZUCHI(コヅチ)」が最大50,500円のアマギフプレゼントキャンペーン実施中!【ad】

累計調達額600億円超のNo.1の不動産クラウドファンディング「COZUCHI」が人気を集めています。

これまで一度も元本割れがないことから多数の投資家から愛されているサービスです。

そんなCOZUCHIですが、2024年3月現在、サイト限定で最大50,500円分のAmazonギフト券プレゼントキャンペーンを実施しています。

 

会員登録だけでも2,000円分のAmazonギフト券がもらえ、登録から180日以内の投資金額に応じて最大48,500円分のAmazonギフト券がもらえます。

登録だけで2,000円分のAmazonギフト券がもらえることは滅多にありません。

興味がある方はこの機会に会員登録しておくことをおすすめします。