えんFundingをやってみた4人の評判!プロ投資家目線で不動産クラウドファンディングサービスを解説!

「不動産クラウドファンディングに興味があるけど、えんFundingってどうなの?」

「えんFundingは福岡に特化しているようだけど利回りはどのくらい期待できるの?」

など、不動産クラウドファンディングの「えんFunding」に興味を持つ人が増えています。

えんFundingは、福岡エリアに特化した不動産クラウドファンディングです。

投資する物件は、賃貸不動産として人気の高い福岡市内のデザイナーズマンションが中心で、1口1万円から始めることができるので誰でも気軽に投資を始めることができます。

サービス開始当初の分配金利回りは年9%のファンドもありましたが現在は年4.0%~6.0%の商品が多くなっている印象です。

今回は、不動産クラウドファンディングの「えんFunding」について解説します。

えんFundingの公式サイトはこちら⇒

【監修者】青柳 雄太郎

 

株式会社BrightReach(ブライトリーチ)代表取締役。 大手コンサルティングファームでの経営コンサルタント、不動産投資ファンドでのファンドマネージャー、 外資系生命保険会社での経営企画部門を歴任し、現在に至る。 生命保険・損害保険・不動産仲介・不動産売買・人材紹介事業を展開。 会社経営を行いながら、年間100件以上の個人や法人の資産運用・ライフプランニング・

保険見直し・ 不動産取引のコンサルティングを行っている。 宅地建物取引士。 慶應義塾大学理工学部卒。

※本記事はPRを含みます。

累計調達額No.1不動産クラファン「COZUCHI(コヅチ)」が最大50,500円のアマギフプレゼントキャンペーン実施中!【ad】

累計調達額600億円超のNo.1の不動産クラウドファンディング「COZUCHI」が人気を集めています。

これまで一度も元本割れがないことから多数の投資家から愛されているサービスです。

そんなCOZUCHIですが、2024年3月現在、サイト限定で最大50,500円分のAmazonギフト券プレゼントキャンペーンを実施しています。

 

会員登録だけでも2,000円分のAmazonギフト券がもらえ、登録から180日以内の投資金額に応じて最大48,500円分のAmazonギフト券がもらえます。

登録だけで2,000円分のAmazonギフト券がもらえることは滅多にありません。

興味がある方はこの機会に会員登録しておくことをおすすめします。

えんFundingの関する評判・口コミを紹介

福岡市内のデザイナーズマンションに投資を行う不動産クラウドファンディングのえんFundingですが、利用者の声も気になるところです。

えんFundingの利用者の評判・口コミをTwitterや比較サイトなどからピックアップしてご紹介いたします。

えんFundingの良い評判・口コミ

まず、えんFundingの良い口コミ・評判について紹介します。

40代会社員・男性

えんFundingは人気の不動産クラウドファンディングなので中々当選できないが、2回目で運よく当選して投資できることになったので大変うれしい。

50代会社員・男性

福岡に住んでおり、福岡の不動産に投資をしたいと考えていたところ、えんFundingの記事をネットで見つけて急いで応募した。

1万円から始めることができ、利回りも高いので当選して非常に満足しています。

えんFundingの悪い評判・口コミ

次は、えんFundingの悪い口コミ・評判について紹介します。

40代会社員・男性

えんFundingは人気の不動産クラウドファンディングなので仕方がないとは思いますが、12回応募したが当選はわずか1回のみと中々当たらないのが残念。

60代年金受給者・女性

えんFundingは途中解約ができないので、投資をしたいが年金暮らしで手元資金が少ないので万が一を考えると購入を躊躇してしまう。

えんFundingの公式サイトはこちら⇒

えんFundingの7つの特徴を一挙解説!

応募しても中々当選しないほど人気のえんFundingですが、購入に当たってはファンドの特徴を知っておく必要があります。

ここでは、えんFundingのファンドの7つの特徴、

  • えんFundingのファンドの概要
  • えんFundingのファンドの募集頻度
  • えんFundingのファンドの過去の募集件数
  • えんFundingの最低投資額と優先劣後比率
  • えんFundingのファンドの直近の平均募集額
  • えんFundingのファンドの直近の募集達成率
  • えんFundingのファンドの平均運用期間

について解説します。

えんFundingのファンドの概要

えんFundingは、福岡市に特化した不動産クラウドファンディングです。

過去に募集しているファンドは1口1万円から投資ができているので、初心者でも利用しやすいサービスと言えるでしょう。

定期的にファンドの募集が行われていて、過去に募集されたファンドは問題なく運用終了しています。

えんFundingのファンドの募集頻度

ファンドの募集頻度は、月1件程度です。

年に数件といった不動産クラウドファンディングもある中、えんFundingは毎月コンスタントにファンドを提供しています。

えんFundingのファンドの過去の募集件数

えんFundingは、2021年8月にサービスの提供を開始しましたが、2023年3月時点でファンドの募集件数は21件です。

えんFundingの最低投資額と優先劣後比率

えんFundingの最低投資額は1口1万円です。

優先劣後比率は、優先出資額(投資家)80%、劣後出資額(運営会社)20%となっています。

運営会社が負担する劣後出資額の比率については30%程度を負担する不動産クラウドファンディングが多いことを考えると、えんFundingの劣後出資額は少し低いと言えます。

えんFundingのファンドの直近の平均募集額

えんFundingのファンドの募集金額はどの程度なのかが気になるところです。

直近で募集されているえんFunding の5件のファンドの平均募集金額は約1,374万円です。

他の不動産クラウドファンディングでは1億円を越えるファンドもあることを考えると募集金額の小さい案件が多いと言えます。

えんFundingのファンドの直近の募集達成率

えんFundingの直近5件のファンドの募集達成率は100%です。

サービスの提供から一度も募集の未達成はありません。

ファンドの募集については、直近5件のファンドの平均応募率は約881%となっています。

えんFundingの人気は非常に高く、購入するのが非常に難しい状況です。

えんFundingのファンドの平均運用期間

えんFundingの直近5件のファンドの平均運用期間は6か月です。

サービス開始当初は3か月と運用期間が短いファンドが多かったのですが、4か月、8か月と徐々に長くなり、直近の5つのファンドはすべて6か月となっています。

不動産クラウドファンディングによって運用期間は幅がありますが、12か月程度に設定しているファンドが多いです。

えんFundingは6か月が中心なので少し短めの設定になっています。

えんFundingの公式サイトはこちら⇒

えんFundingに投資する前に!リスク・デメリットについても解説

メリットの多いえんFundingですがデメリットもあります。

応募率が非常に高い

えんFundingは福岡市内のデザイナーズマンションへの投資を行っており、空室リスクの低い安全な投資先として多くの投資家から注目を集めています。

えんFundingの直近5件のファンドの応募率は約881%と非常に高いです。

サービス開始以降、どのファンドも応募が殺到しており、良いファンドを見つけても中々購入が出来ない状況になっています。

途中で解約ができない

途中で解約ができない

不動産クラウドファンディングによっては、投資した後でも途中で解約できるファンドもありますが、えんFundingは途中で解約がで

きません。

直近でお金が必要になりそうな場合は現金化できないので注意が必要です。

えんFundingの会員登録の方法をステップでわかりやすく解説

ここではえんFundingの会員登録の方法、

  1. 会員登録
  2. 投資家登録
  3. ファンドの申込
  4. 運用スタート

について解説します。

STEP1.会員登録

まずは、ホームページの「会員登録はこちら」から会員登録が行います。

メールアドレス等の必要項目を入力するだけで簡単に登録が可能です。

STEP2.投資家登録

会員登録を行うと登録したメール宛に投資家登録用のURLが送られてきます。

投資家登録には、個人情報の入力と出勤先口座登録、本人確認が必要です。

出勤先口座登録には口座の情報がわかる書類の画像のアップロードが必要になります。

本人確認は顔写真付き身分証明証があればスマートフォンで出来ます。

STEP3.ファンドの申込

投資家登録が完了すると次はファンドの申込です。

ファンド一覧から気に入ったファンドに申し込みをしましょう。

STEP4.運用スタート

応募に当選すると契約成立時書面と出資金入金の案内メールが来るので、期限内にお金を入金して運用スタートです。

えんFundingの公式サイトはこちら⇒

えんFundingの運営会社は信頼できる?会社情報から信頼性や安定性を紹介

えんFundingの運営会社である株式会社えんホールディングスは福岡市に本社を置き、建築・開発・総合管理を行っています。

設立は平成元年11月と歴史があり、グループ会社は、株式会社えん、株式会社えん賃貸管理といった不動産関連やシステム開発の株式会社えんシステム、WEBメディア運営の株式会社えんメディアネットなど10社と基盤もしっかりとした地場の優良企業です。

株式会社えんホールディングスの会社概要

株式会社えんホールディングスの会社概要の書斎情報は以下の通りです。

会社名 株式会社えんホールディングス
代表者 代表取締役 原田 透
設立年 平成元年11月
資本金 1億円
所在地:本社

〒812-0018

福岡市博多区住吉3丁目12番1号 えん博多ビル

TEL(092)260-5300/FAX(092)260-5301

会社HP https://www.en-hd.jp/

まとめ

えんFundingは、株式会社えんホールディングスが運営を行っている不動産クラウドファンディングです。

福岡市内のデザイナーズマンションを中心に行っており、1万円と少額から始められることから多くの投資家から支持されています。

運用期間は6か月程度と短いものが多いので短期で資金を運用したい人におすすめです。

これから不動産クラウドファンディングを始めたいと考えている人は、えんFundingを検討してみてはいかがでしょうか。

えんFundingの公式サイトはこちら⇒

累計調達額No.1不動産クラファン「COZUCHI(コヅチ)」が最大50,500円のアマギフプレゼントキャンペーン実施中!【ad】

累計調達額600億円超のNo.1の不動産クラウドファンディング「COZUCHI」が人気を集めています。

これまで一度も元本割れがないことから多数の投資家から愛されているサービスです。

そんなCOZUCHIですが、2024年3月現在、サイト限定で最大50,500円分のAmazonギフト券プレゼントキャンペーンを実施しています。

 

会員登録だけでも2,000円分のAmazonギフト券がもらえ、登録から180日以内の投資金額に応じて最大48,500円分のAmazonギフト券がもらえます。

登録だけで2,000円分のAmazonギフト券がもらえることは滅多にありません。

興味がある方はこの機会に会員登録しておくことをおすすめします。