CROWD BUILDをやってみた6人の評判!プロ投資家目線で不動産クラウドファンディングサービスを解説!

「不動産投資って簡単にはじめられる?」

「おすすめのクラウドファンディングを知りたい」

など、不動産投資型クラウドファンディングに関心がある人も多いのではないでしょうか。

一般的に、現物不動産での投資は、多額の資金や不動産の知識などが必要となり、いきなり始めるには、かなりハードルが高いといえます。

初心者の方もはじめやすい不動産投資の一つに、「不動産投資型クラウドファンディング」があります。

スマホで簡単に、少額から不動産投資ができるため、日ごろ忙しいサラリーマンの方もはじめやすいのが特徴です。

この記事では、1口1万円からスタートできる、「CROWD BUILDS」についてご紹介します。

CROWD BUILDSの口コミや案件の特徴から、投資する際の注意点まで、確認しておきましょう。

【平均10%以上の高利回り投資「COZUCHI」がアツい!】

1万円の少額からでも不動産投資ができる「不動産投資クラウドファンディング」が大人気です。

業界の盛り上がりもあいまって、2022年8月時点では40社以上の事業者が参入しています。

数ある事業者の中でも筆者が最もおすすめしたいのが、LAETOLI株式会社が運営するCOZUCHIです。 

COZUCHIの魅力は、なんといっても利回り10%を超える高利回りファンドが多数組成されている点です。

一般的な不動産クラウドファンディングは4〜5%程度の利回りが多いため、どれだけ条件がいいかわかっていただけると思います。

他にも、COZUCHIには下記のようなメリットがあります。

  • プロが選定した不動産に共同で投資ができる
  • ほったらかしで1万円の少額から気軽に投資できる
  • 運用期間中もいつでも換金できる
  • これまで配当の遅延や元本棄損ゼロ

少額かつ高利回りの投資を検討している人にとっては、COZUCHIはまず押さえておくべき投資先といえるでしょう。

またCOZUCHIは2022年8月現在、最大30万円分のアマゾンギフト券がもらえるキャンペーンを実施中です。

投資家登録後、10万円以上の投資で投資額の1%のAmazonギフト券がもらえるというキャンペーンで、2022年7月5日〜8月31日まで実施されています。

COZUCHIのこれまでのキャンペーンでも最大規模の還元額なので、ぜひこの機会に無料の投資家登録をしてみてください。

CROWD BUILDSに関する評判・口コミを紹介

CROWD BUILDSの評判は実際のところ、どうなのでしょうか。

Twitterから、投資家の気になる口コミをまとめてみました。

CROWD BUILDSの良い評判・口コミ

とにかくCROWD BUILDSの利回りはすごいと思います。

年利20%を超える案件もあるので、絶対に当選したいと思います。

1万円からはじめられるので、お試しでもスタートしやすかったです。

あの時投資をはじめて本当に良かったと思います。

優先劣後方式が採用されているので、リスクが抑えられていて安心です。

SNS上では、CROWD BUILDSの「利回りの高さ」・「少額投資が可能なところ」・「優先劣後方式が導入されているところ」が評価されています。

CROWD BUILDSの悪い評判・口コミ

利回りが高いだけあって、いつも案件の倍率がとても高いです。

900%を超える案件だったので、今回も落選しました。

次回こそは期待しています。

まだ案件数が多くないので、どんな投資先なのか見極めたいです。

他と比べて利回りが高すぎるのが、逆に心配になります。

利回りが年利27%など、とても高い案件なので、大きく損することもありそう。

CROWD BUILDSのネガティブな意見は、「倍率が高いこと」・「案件数が少なく、運用状況が未知数なところ」・「利回りが高すぎること」があげられました。

CROWD BUILDSの7つの特徴を一挙解説!

CROWD BUILDSとは、いったいどのようなクラウドファンディングサービスなのでしょうか。

ここでは、CROWD BUILDSの案件の特徴を、7つの項目に分けて詳しくみていきましょう。

CROWD BUILDSの特徴

CROWD BUILDSは、株式会社フィンスターが運営する不動産投資型クラウドファンディングです。

1万円から、20%を超える高利回りの案件に投資できるサービスとして人気を集めています。

投資先の多くは、東京23区の築40年前後の中古マンションです。

中古だからこそ、安く仕入れるなど、コスト削減が可能となり、案件の想定利回りが20%を超えています。

また、CROWD BUILDSの案件では、投資家間での出資持分の譲渡ができるのも特徴の一つです。運用中でも譲渡できるため、急な現金化にも対応できます。

CROWD BUILDSの募集頻度

CROWD BUILDSの募集頻度は、2021年は1.2ヵ月に1件ペースでおこなわれていました。

しかし、今年に入ってからは3月の1件のみです。(2022年7月時点)

今後も新たな案件募集がいつおこなわれるのか、注目していきたいところです。

CROWD BUILDSの過去の募集件数

CROWD BUILDSの過去の募集案件は6件です。(2022年7月時点)

2021年5月に募集がスタートした新しいサービスですので、募集案件数はそれほど多くありません。

CROWD BUILDSの最低投資額

CROWD BUILDSの最低投資金額は1万円です。

少額でスタートできるため、クラウドファンディング初心者の方もはじめやすいのが特徴です。

CROWD BUILDSの直近の平均募集額

CROWD BUILDSの直近5件の平均募集額は、1,093万円です。(2022年7月時点)

CROWD BUILDSの募集金額は、700~1,500万円前後の案件が中心です。

CROWD BUILDSの直近の募集達成率

CROWD BUILDSの直近5件の募集達成率は、なんと748%でした。

利回りが20%を超える案件ばかりであるため、応募が殺到しています。

CROWD BUILDSの平均運用期間と優先劣後比率

直近5件の平均運用期間は2.6ヵ月でした。

すべての案件が2~3ヵ月と短期間なのが特徴です。

また、CROWD BUILDSでは、優先劣後出資方式を導入しています。

損失が出た場合には、一定の下落分までは運営会社が負担します。

これにより、投資家の元本の変動を抑え、資産を守ります。

CROWD BUILDSに投資する前に!リスク・デメリットについても解説

CROWD BUILDSは1万円から高利回りの案件に投資できるクラウドファンディングで、投資家へのメリットが非常に大きいといえるでしょう。

しかし、どれだけ魅力的な投資先であっても、注意点を見ておくことが大切です。

CROWD BUILDSのデメリットを確認しておきましょう。

  • 1件あたりの上限金額が100万円であること          
  • 運用期間が2~3ヵ月と短いこと

CROWD BUILDSの注意点・デメリット1. 1件あたりの上限金額が100万円であること

CROWD BUILDSの1件あたりの上限金額は100万円に設定されています。

そのため、多額の資金を投資にまわしたい投資家にとっては物足りないと感じるかもしれません。

ただし、少額で投資したい人にとっては、それほどデメリットではないでしょう。

CROWD BUILDSの注意点・デメリット2. 運用期間が2~3ヵ月と短いこと

CROWD BUILDSの案件は、運用期間が2~3ヵ月と非常に短いのが特徴です。

運用終了後、何かしら運用を続けたい投資家は、新たな案件に申し込みをしなければなりません。

ただし、CROWD BUILDSの短期投資は、「短期間で運用状況をみてみたい投資家」、「お試しではじめたい投資家」には、メリットが大きいといえるでしょう。

CROWD BUILDSの会員登録の方法をステップでわかりやすく解説

CROWD BUILDSは、会員登録から入金まで、すべてweb上で完結します。

会員登録の手順は以下の通りです。

  1. 公式サイトから新規会員登録
  2. 投資家情報・銀行口座情報の入力
  3. 本人確認書類の画像アップロード
  4. 会員登録後、ハガキに記載されたコードを入力
  5. 案件申し込み
  6. 入金

新規会員登録は、メールアドレスのほか、FacebookやTwitter、LINE、Yahoo!のアカウントでおこなうことができます。

投資家登録が無事終了すると、運営会社からハガキが郵送されます。

そのハガキに記載されたコードを入力すると、案件への申し込みができるようになります。

CROWD BUILDSの運営会社は信頼できる?会社情報から信頼性や安定性を紹介

フィンスターは、さまざまな不動産取引での膨大なデータを活用し、新たなサービスや仕組みを提供している会社です。

不動産×テクノロジーの力を活用し、「不動産テック」事業をおこなっています。

クラウドファンディング事業や、ソーシャルレンディング比較サービスなどを手掛けています。

株式会社フィンスターの会社概要

社名

株式会社フィンスター

Finstar Inc.
代表者 忽那 清彦
資本金 2,000万円
本社

〒102–0082

東京都千代田区一番町18番地 川喜多メモリアルビル4階
電話番号

TEL:03–6161–0022(代)/FAX:03–6161–0023

お客様相談室:050–3066–0050
免許

宅地建物取引業免許 東京都知事(2)第99156号

小規模不動産特定共同事業第1号事業者東京都知事(1)第5号
事業内容

宅地建物取引業, 不動産売買業務, 不動産投資コンサルティング業務,

収益不動産管理業務, 不動産投資セミナー業務

まとめ

CROWD BUILDSは、1万円から高利回りの不動産に投資できる不動産投資型クラウドファンディングサービスです。

利回りが20%超と、非常に高いのが特徴です。

そのため、多くの投資家が申し込みをおこない、当選するのもなかなか難しい状況といえます。

都度案件をチェックし、こまめに申し込みをおこなうのが大切です。

CROWD BUILDSに興味のある人は、まずは会員登録をはじめましょう。

【平均10%以上の高利回り投資「COZUCHI」がアツい!】

1万円の少額からでも不動産投資ができる「不動産投資クラウドファンディング」が大人気です。

業界の盛り上がりもあいまって、2022年8月時点では40社以上の事業者が参入しています。

数ある事業者の中でも筆者が最もおすすめしたいのが、LAETOLI株式会社が運営するCOZUCHIです。 

COZUCHIの魅力は、なんといっても利回り10%を超える高利回りファンドが多数組成されている点です。

一般的な不動産クラウドファンディングは4〜5%程度の利回りが多いため、どれだけ条件がいいかわかっていただけると思います。

他にも、COZUCHIには下記のようなメリットがあります。

  • プロが選定した不動産に共同で投資ができる
  • ほったらかしで1万円の少額から気軽に投資できる
  • 運用期間中もいつでも換金できる
  • これまで配当の遅延や元本棄損ゼロ

少額かつ高利回りの投資を検討している人にとっては、COZUCHIはまず押さえておくべき投資先といえるでしょう。

またCOZUCHIは2022年8月現在、最大30万円分のアマゾンギフト券がもらえるキャンペーンを実施中です。

投資家登録後、10万円以上の投資で投資額の1%のAmazonギフト券がもらえるというキャンペーンで、2022年7月5日〜8月31日まで実施されています。

COZUCHIのこれまでのキャンペーンでも最大規模の還元額なので、ぜひこの機会に無料の投資家登録をしてみてください。