理想的な貯金は手取り給料の何割?独身、共働きどちらにも投資をおすすめする2つの理由をプロ投資家目線で徹底解説!

「手取り収入の何割を貯金したほうがよいのか知りたい。」

「貯金よりも資産形成したほうが良いの?」

貯金を始めようとする際に、上記のような疑問や要望を持つ方は少なくありません。

「老後の資金のために貯金を」と考えても、貯金をどれほど貯めれば安心なのか、貯金だけで足りるのか、明確にイメージすることは難しいためです。

そこで、この記事では「手取り収入の何割を貯金するべきなのか」と「貯金よりも投資で資金を貯めることをおすすめする理由」について解説していきます。

老後の資金に不安を抱えている方はこの記事を参考にしてみてください。

【監修者】青柳 雄太郎

 

株式会社BrightReach(ブライトリーチ)代表取締役。 大手コンサルティングファームでの経営コンサルタント、不動産投資ファンドでのファンドマネージャー、 外資系生命保険会社での経営企画部門を歴任し、現在に至る。 生命保険・損害保険・不動産仲介・不動産売買・人材紹介事業を展開。 会社経営を行いながら、年間100件以上の個人や法人の資産運用・ライフプランニング・

保険見直し・ 不動産取引のコンサルティングを行っている。 宅地建物取引士。 慶應義塾大学理工学部卒。

※本記事はPRを含みます。

累計調達額No.1不動産クラファン「COZUCHI(コヅチ)」が最大50,500円のアマギフプレゼントキャンペーン実施中!【ad】

累計調達額600億円超のNo.1の不動産クラウドファンディング「COZUCHI」が人気を集めています。

これまで一度も元本割れがないことから多数の投資家から愛されているサービスです。

そんなCOZUCHIですが、2024年3月現在、サイト限定で最大50,500円分のAmazonギフト券プレゼントキャンペーンを実施しています。

 

会員登録だけでも2,000円分のAmazonギフト券がもらえ、登録から180日以内の投資金額に応じて最大48,500円分のAmazonギフト券がもらえます。

登録だけで2,000円分のAmazonギフト券がもらえることは滅多にありません。

興味がある方はこの機会に会員登録しておくことをおすすめします。

手取り収入の何割を貯金したほうが良い?

いくら貯金に回すべきなのかは年齢や家族構成、生活状況などさまざま要素によって異なるため、個人によって適切な割合が異なります。

とはいえ「ある程度指標となる金額は知っておきたい」という方も多いのではないでしょう。

そこで、ここでは「一般的に手取り収入の何割を貯金に回しているのか」や「最低限貯金するべき手取り収入の割合」について解説していきます。

手取りの3割は貯金している方が多い

日本人は手取りの3割程度貯蓄に回している方が多いです。

総務省が公表している「家計調査2021年」によると、勤労世帯の貯蓄率は以下の表のようになっています。

年代 世帯人数 実収入 可処分所得 預貯金 貯蓄率
10代〜20代 1.33 ¥364,903 ¥308,056 ¥136,345 44.3%
30代 2.68 ¥486,700 ¥407,977 ¥135,366 33.2%
40代 3.17 ¥608,570 ¥494,116 ¥157,255 31.8%
50代 2.53 ¥610,996 ¥482,767 ¥149,472 31.0%
60代 2.28 ¥441,631 ¥362,482 ¥92,935 25.6%
70代以上 1.88 ¥318,008 ¥284,526 ¥83,379 29.3%
平均 2.31 ¥471,801 ¥389,987 ¥125,792 32.5%

引用:家計調査2021年(総務省)

上記の表からわかるように、平均すると「実収入の32.5%」を貯金に回していることがわかります。

このため、手取りの3割を貯金に回すのが理想的な貯金の目安と言えるでしょう。

ただし、実際の割合は年齢や家族構成などさまざま要素によって異なります。

そのため、具体的な金額を知りたい場合は、将来に必要な資金を貯めるためにいくら貯める必要があるのかをシミュレートするようにしましょう。

最低でも手取り収入の1割は貯金に回した方が良い

老後のためにも資金を貯めることは必要です。

しかし、前述した手取りの3割の貯金が負担になるという方もいます。

仮にそのような方が無理をして手取りの3割を貯めようとしても家計を圧迫する結果になり、長続きしない可能性が高いです。

このため、最低でも手取り収入の1割は貯金するようにしましょう。

少しでも資金を増やしておくことで将来的な負担が少なくなり、将来への資金的な不安が軽減できます。

貯金よりも投資がおすすめ!2つの理由とは?

ここまで、手取りの3割を貯金したほうがよいと説明しましたが、資金を貯めるなら貯金よりも投資をおすすめします。

その理由は以下の通りです。

  • 貯金よりも資金が増える可能性がある
  • 貯金だけでは必要な資金が貯まらない可能性が高い

上記の理由について詳しく解説するので、老後の資金を貯めるために貯金に取り組もうと考えている方は、内容をよく確認して投資も検討してみてください。

貯金よりも投資をおすすめする2つの理由1.貯金よりも資金が増える可能性がある

貯金は投資と違ってリスクなく確実に資金を貯めることができる方法ですが、低金利の状態が続いているため、資金がほとんど増えません。

一方で、投資は損をするリスクもありますが、上手く運用できれば資金が大きく増やせる可能性があります。

そのため、貯金と比較すると投資のほうが短期間で必要な資金を貯めることが可能です。

ただし、投資は貯金と違って勉強をして知識を身につけておかなければ失敗する可能性があるので、十分に注意するようにしましょう。

貯金よりも投資をおすすめする2つの理由2.貯金だけでは必要な資金が貯まらない可能性が高い

手取りの3割を貯金したほうがよいと説明しましたが、収入などによっては手取りの3割を貯金しても老後に必要な資金を貯めることができない可能性があります。

また、そもそも手取りの3割を貯金できないという方も多く、将来的に必要な資金を貯めることができないと感じている方も少なくありません。

そういった方におすすめしたいのが投資です。

前述したように、投資は貯金よりも資金が大きく増える可能性があるため、必要な資金を短期間で貯められる可能性があります。

ただし、当然投資であるためリスクがあり、運用方法によっては損をしてしまう可能性もあるため、自身に適した投資方法などを慎重に検討しなければなりません。

投資方法によってはリスクを抑えながら安定して資金を増やしていける可能性が高いものもあるので、投資を検討するなら自身に適した投資を選びましょう。

数ある投資の中でも不動産クラウドファンディングをおすすめする3つの理由

投資には株式投資やFX、投資信託などさまざまな投資方法があります。

そんな数ある投資方法の中でも特におすすめしたいのが不動産クラウドファンディングです。

不動産クラウドファンディングをおすすめする理由は以下の3つです。

  • 利回りが高い
  • 手間がかからない
  • 少額の資金で投資できる

おすすめする理由について詳しく解説するので、どの投資を利用しようか悩んでいる方は内容をよく理解したうえで投資方法を検討する際の参考にしてみてください。

数ある投資の中でも不動産クラウドファンディングをおすすめする理由1.利回りが高い

不動産クラウドファンディングの平均利回りは「7%前後」と他の投資と比較しても利回りが高いです。

例えば、株式投資の平均利回りは「5%前後」と言われており、つみたてNISAの平均利回りは「3%前後」と言われています。

しかも、ファンドによっては利回りが「30%」を超えるものも少なくありません。

このことからもわかるように、不動産クラウドファンディングは高い分配金を期待できる投資です。

したがって、不動産クラウドファンディングは他の投資よりも資金が増えていく可能性が高いため、十分に検討する価値のある投資だと言えます。

数ある投資の中でも不動産クラウドファンディングをおすすめする理由2.手間がかからない

不動産クラウドファンディングは事業者が投資した不動産の運用を行ってくれるため、一度投資手続きを完了してしまえば運用が終了するまで放置することができます。

一方、他の投資はそうはいきません。

例えば、株式投資は値動きをチェックする必要があり、不動産投資も管理会社と打ち合わせする必要があるなど、投資後に放置しておくことは難しいです。

中には手間がかかる方がいいという方もいますが、投資初心者や本業が忙しい方ならできる限り手間を省ける方が良いと思うので、不動産クラウドファンディングを検討してみてください。

数ある投資の中でも不動産クラウドファンディングをおすすめする理由3.少額の資金で投資できる

不動産クラウドファンディングは1万円から投資できるため、資金的な余裕がない方でも始められる投資です。

そのため、手取りの3割を貯金に回せない方でも、投資金額を調節することで家計に負担を与えることなく投資できます。

一方、実物不動産投資など投資の種類によっては多額の資金が必要なものもあるため、資金的な余裕がない方は少額の資金で始められる不動産クラウドファンディングを検討してみてください。

まとめ

老後を快適に過ごすための資金を得るには、資金を貯める必要があります。

しかし、貯金する金額の目安である「手取り収入の3割」を貯金したとしても、目標とする金額に届かない方も多いです。

そういった方には貯金をするよりも資金が増える可能性がある投資をおすすめしています。

しかし、投資にはさまざまな方法があるため、どの方法が良いのかわからないという方も少なくありません。

そこで、この記事では「手取り収入の何割を貯金するべきなのか」や「貯金よりも投資で資金を貯めることをおすすめする理由」「おすすめ投資方法である不動産クラウドファンディング」について解説してきました。

老後のために資金を貯めようと検討している方はこの記事を参考にしてみてください。

累計調達額No.1不動産クラファン「COZUCHI(コヅチ)」が最大50,500円のアマギフプレゼントキャンペーン実施中!【ad】

累計調達額600億円超のNo.1の不動産クラウドファンディング「COZUCHI」が人気を集めています。

これまで一度も元本割れがないことから多数の投資家から愛されているサービスです。

そんなCOZUCHIですが、2024年3月現在、サイト限定で最大50,500円分のAmazonギフト券プレゼントキャンペーンを実施しています。

 

会員登録だけでも2,000円分のAmazonギフト券がもらえ、登録から180日以内の投資金額に応じて最大48,500円分のAmazonギフト券がもらえます。

登録だけで2,000円分のAmazonギフト券がもらえることは滅多にありません。

興味がある方はこの機会に会員登録しておくことをおすすめします。