A fundingをやってみた3人の評判!プロ投資家目線で不動産クラウドファンディングサービスを解説!

「手軽に不動産投資をするにはA fundingがいいみたいだけど、本当?」

「不動産の知識が必要だったり、自分で管理したりとか面倒くさくない?」

1万円から始められる不動産投資型クラウドファンディング、それがA fundingです。

不動産投資型クラウドファンディングは、集めた資金で購入した物件を管理運用し、賃料から経費を差し引いた利益と、売却した利益を分配するサービスになっています。

その中でもA fundingは

  • 少額で不動産投資を始めてみたい
  • 預金ではほとんど利子が付かないのをなんとかしたい
  • 株や債権以外に運用資産の分散をしたい

こんな方に合っています。

この記事を読めば、A fundingの評判や口コミや、6つの切り口から見たA fundingの特徴、そしてメリット・デメリットまでわかります。

投資を始めようと考えている方、有効な投資を探している方はぜひ参考にしてみてください。

A fundingの公式サイトはこちら⇒

【平均10%以上の高利回り投資「COZUCHI」がアツい!】

1万円の少額からでも不動産投資ができる「不動産投資クラウドファンディング」が大人気です。

業界の盛り上がりもあいまって、2022年8月時点では40社以上の事業者が参入しています。

数ある事業者の中でも筆者が最もおすすめしたいのが、LAETOLI株式会社が運営するCOZUCHIです。 

COZUCHIの魅力は、なんといっても利回り10%を超える高利回りファンドが多数組成されている点です。

一般的な不動産クラウドファンディングは4〜5%程度の利回りが多いため、どれだけ条件がいいかわかっていただけると思います。

他にも、COZUCHIには下記のようなメリットがあります。

  • プロが選定した不動産に共同で投資ができる
  • ほったらかしで1万円の少額から気軽に投資できる
  • 運用期間中もいつでも換金できる
  • これまで配当の遅延や元本棄損ゼロ

少額かつ高利回りの投資を検討している人にとっては、COZUCHIはまず押さえておくべき投資先といえるでしょう。

またCOZUCHIは2022年8月現在、最大30万円分のアマゾンギフト券がもらえるキャンペーンを実施中です。

投資家登録後、10万円以上の投資で投資額の1%のAmazonギフト券がもらえるというキャンペーンで、2022年7月5日〜8月31日まで実施されています。

COZUCHIのこれまでのキャンペーンでも最大規模の還元額なので、ぜひこの機会に無料の投資家登録をしてみてください。

A fundingに関する評判・口コミを紹介

ブログやツイッターなどで、A Fundingに関する評判・口コミを調べてみました。

1万円から不動産投資を始められるのが嬉しいです。

基本的におまかせなので、不動産の知識がなくても始められるのが良いですね!

優先劣後方式で、しかも劣後投資の割合が30%と高水準なところが、安心できる要素のひとつです。

手軽に投資をスタートできるところ、優先劣後方式を採用しているところなど、一定の安心感が好評を得ているようです。

ファンド募集後すぐに完売してしまうので、なかなか投資ができません。

でも、それだけ人気がある証拠なので、次こそはチャンスをつかみたいです!

人気が高く、応募しても投資できないときがあるようです。

しかしこれも人気の高さを表しているので、高評価を維持している要因にもなっています。

A fundingの公式サイトはこちら⇒

A fundingの6つの特徴を一挙解説!

ここからはA Fundingについて6つの特徴を説明します。

  • 概要
  • 募集頻度
  • 過去の募集件数
  • 平均募集額
  • 募集達成率
  • 平均運用期間

他の投資との比較もありますので、選択の参考にしてください。

A fundingのファンドの概要

不動産投資型クラウドファンディングのA fundingは、ファンドの資金で物件を購入し、管理運用することで、運用期間中の家賃収入や売却資金を投資者に分配するスキームです。

過去のファンド投資対象はすべて中古マンションの1室で、その概要は

  • 相模原市・小田急東林間駅~徒歩7分(A funding1号 不動産特定共同事業)
  • 新宿区・大江戸線西新宿五丁目駅~徒歩4分(A funding2号 不動産特定共同事業)
  • 新宿区・大江戸線西新宿五丁目駅~徒歩4分(A funding3号 不動産特定共同事業)
  • 横浜市西区・京急本線 戸部駅~徒歩3分(A funding4号 不動産特定共同事業)
  • 品川区・山手線五反田駅~徒歩5分(A funding5号 不動産特定共同事業)

となっており、いずれも主要駅から徒歩圏内の好立地な物件に投資しているとわかります。

A fundingのファンドの募集頻度

2020年に第1号ファンドがスタートしてからの募集開始時期は

  • A funding1号 不動産特定共同事業:2020年1月募集
  • A funding2号 不動産特定共同事業:2020年7月募集
  • A funding3号 不動産特定共同事業:2020年7月募集
  • A funding4号 不動産特定共同事業:2020年11月募集
  • A funding5号 不動産特定共同事業:2021年6月募集

となっており、3~6か月の間隔で募集がありました。

ただし、2022年7月時点でこれ以上の募集は行われていないため、1年以上ファンドの組成がストップしていることになります。

A fundingのファンドの過去の募集件数

2022年7月時点で、A fundingでのファンド募集実績は5件です。

2020年にサービス開始してから、日が浅い中でも高い人気を博していましたので、募集がストップしてしまったのは非常に残念ですね。

今後の再開に期待したいところです。

A fundingのファンドの平均募集額

これまで募集したファンド5件の募集額は

  • A funding1号 不動産特定共同事業:8,750,000円
  • A funding2号 不動産特定共同事業:8,400,000円
  • A funding3号 不動産特定共同事業:8,540,000円
  • A funding4号 不動産特定共同事業:4,200,000円
  • A funding5号 不動産特定共同事業:17,500,000円

となり、平均募集額は9,478,000円となります。

A fundingのファンドの募集達成率

これまで募集したファンド5件の募集達成率は

  • A funding1号 不動産特定共同事業:100%
  • A funding2号 不動産特定共同事業:100%
  • A funding3号 不動産特定共同事業:100%
  • A funding4号 不動産特定共同事業:100%
  • A funding5号 不動産特定共同事業:100%

となり、募集達成率はすべて100%を維持しています。

A fundingのファンドの平均運用期間

これまで募集したファンド5件の運用期間(予定運用期間)は

  • A funding1号 不動産特定共同事業:予定運用期間約6ヶ月
  • A funding2号 不動産特定共同事業:予定運用期間約7ヶ月
  • A funding3号 不動産特定共同事業:予定運用期間約7ヶ月
  • A funding4号 不動産特定共同事業:予定運用期間約6ヶ月
  • A funding5号 不動産特定共同事業:予定運用期間約9ヶ月

となり、上記から平均した予定運用期間は7ヵ月となります。

A fundingの公式サイトはこちら⇒

A fundingに投資する前に!リスク・デメリットについても解説

A fundingのリスクは、元本の保証がないという点です。

不動産投資型クラウドファンディングであるA fundingは、運用や売却の結果によっては投資した元本が戻らない可能性もあります。

しかし、これは不動産投資型クラウドファンディングに共通したものであり、A fundingだけに限ったものではありません。

A fundingの会員登録の方法をステップでわかりやすく解説

A Fundingの会員登録方法は以下のとおり簡単な数ステップで完結します。

  1. 仮登録:A Fundingのサイトで自分のメールアドレスを仮登録します。
  2. 本登録:A Fundingからメールが返信されてくるので、記載された本登録用のURLにアクセスし、必要事項を入力すれが本登録は完了です。
  3. マイナンバーのアップロード:本人確認書類とマイナンバーカードの写しを、説明に沿ってアップロードします。
  4. 本人確認用はがきの受け取り:本人確認用のはがきが簡易書留で送られて来ます。こちらを受け取ることで、本人確認と住所確認が完了します。
  5. 会員登録完了:はがき受け取りで会員登録は完了です。

A fundingの運営会社は信頼できる?会社情報から信頼性や安定性を紹介

A fundingを運営しているのは、東証グロースに上場している「株式会社アンビション DX ホールディングス」です。

なんといっても、上場企業が運営しているというのは安心感がありますね。

株式会社アンビションDXホールディングスの会社概要

会社名 株式会社アンビション DX ホールディングス
設立 2007年9月14日
資本金 3億7,978万円
上場区分 東京証券取引所グロース市場(証券コード:3300)
事業内容 【賃貸DX】プロパティマネジメント事業
【売買DX】インベスト事業
【賃貸DX】賃貸仲介事業
不動産DX事業
少額短期保険事業
海外システム事業
インキュベーション事業
宅地建物取引業免許 国土交通大臣免許(3)第8023号
本社所在地 東京都渋谷区神宮前2-34-17 住友不動産原宿ビル18F
主要取引銀行 三菱UFJ銀行
りそな銀行
みずほ銀行
三井住友銀行
オリックス銀行
千葉銀行

まとめ

この記事ではA fundingの評判や口コミと特徴、そしてとメリット・デメリットまで解説してきました。

A fundingは

  • 不動産のプロによる管理・運用
  • 不動産のプロによる物件選定
  • 1万円から不動産投資が可能
  • 上場会社が運営している安心感

といったメリットから高い人気を誇っています。

質の高いサービスですので、募集の再開に期待したいですね。

A fundingの公式サイトはこちら⇒

【平均10%以上の高利回り投資「COZUCHI」がアツい!】

1万円の少額からでも不動産投資ができる「不動産投資クラウドファンディング」が大人気です。

業界の盛り上がりもあいまって、2022年8月時点では40社以上の事業者が参入しています。

数ある事業者の中でも筆者が最もおすすめしたいのが、LAETOLI株式会社が運営するCOZUCHIです。 

COZUCHIの魅力は、なんといっても利回り10%を超える高利回りファンドが多数組成されている点です。

一般的な不動産クラウドファンディングは4〜5%程度の利回りが多いため、どれだけ条件がいいかわかっていただけると思います。

他にも、COZUCHIには下記のようなメリットがあります。

  • プロが選定した不動産に共同で投資ができる
  • ほったらかしで1万円の少額から気軽に投資できる
  • 運用期間中もいつでも換金できる
  • これまで配当の遅延や元本棄損ゼロ

少額かつ高利回りの投資を検討している人にとっては、COZUCHIはまず押さえておくべき投資先といえるでしょう。

またCOZUCHIは2022年8月現在、最大30万円分のアマゾンギフト券がもらえるキャンペーンを実施中です。

投資家登録後、10万円以上の投資で投資額の1%のAmazonギフト券がもらえるというキャンペーンで、2022年7月5日〜8月31日まで実施されています。

COZUCHIのこれまでのキャンペーンでも最大規模の還元額なので、ぜひこの機会に無料の投資家登録をしてみてください。