銀行カードローンの安心おすすめ5選|全113行の金利・ATM・審査の比較一覧

【PR】

銀行カードローンのおすすめはどこ?

メガバンクや都市銀行の銀行カードローンがやはり良いのか。

楽天銀行やPayPay銀行などのネットバンクが良いのか。地元の地方銀行の銀行カードローンはどうか。

銀行カードローンもたくさんあるので、どれがベストかわかりませんよね。

当記事では日本全国の銀行113行の銀行カードローンを徹底調査し、その中から厳選した銀行カードローンのおすすめを紹介します。(※注)

※注:都市銀行5行、ネット専業銀行9行、地方銀行62行、第二地方銀行37行。ゆうちょ銀行はカードローン商品がないため除外。2023年10月8日時点。

 

銀行カードローンおすすめ5選

おすすめ1:三菱UFJ銀行カードローンバンクイック

実質年率 年率1.8%〜14.6%
借入限度額 10万円〜500万円
預金口座 三菱UFJ銀行の口座なしでも利用可能
手数料無料のATM 三菱UFJ銀行ATM、セブン銀行ATM、ローソン銀行ATM、イーネットATM

三菱UFJ銀行バンクイックは大手メガバンクの安心して借りれる銀行カードローンでありながら使い勝手も良く、幅広い方々におすすめです。

三菱UFJ銀行カードローン、バンクイックは原則安定した収入があればパート・アルバイトの方や年金収入のみの方も申込ができます。

バンクイックは三菱UFJ銀行の口座をお持ちでない方も、口座開設をすることなく利用可能です。

三菱UFJ銀行の口座がない場合はバンクイックカードを使ってATMで借入・返済を行います。

バンクイックなら三菱UFJ銀行ATMはもちろん、提携コンビニATM(セブン銀行ATM、ローソン銀行ATM、イーネットATM)が利用手数料無料です。

全国のコンビニで利用できる上に何度でも手数料無料です。

利息以外の無駄な出費がなく、手持ちの現金に余裕があるときには積極的に返済を進められるメリットがあります。

三菱UFJ銀行の口座がない場合のデメリットは、口座への振込融資と口座からの自動引落による返済ができないことくらいです。

バンクイックカードは自宅に郵送で届きますが、急ぐ場合や家族にバレないで借りたい場合はお近くの三菱UFJ銀行の店頭にあるテレビ窓口でもカードを受け取れます。

テレビ窓口は土日・祝日も利用でき、土日でもカード受取が可能です。

バレずに借りたいという方にもおすすめの銀行カードローンです。

 
 

おすすめ2:三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローン
実質年率 年率1.5%〜14.5%
借入限度額 10万円〜800万円
預金口座 三井住友銀行の預金口座なしでも利用可能
手数料無料のATM 三井住友銀行ATM、ゆうちょ銀行ATM、セブン銀行ATM、ローソン銀行ATM、イーネットATM

三井住友銀行カードローンは提携コンビニATM手数料が無料です。

ゆうちょ銀行ATMもローン専用カードなら手数料無料で使えます。(キャッシュカード兼用カードでは使用不可)

近くにコンビニがなくゆうちょ銀行ATMを使いたい場合もローン専用カードがあれば借入・返済ができます。

三井住友銀行カードローンは三井住友銀行に口座がない人もインターネットバンキングのSMBCダイレクトを利用できます。

SMBCダイレクトを使えば他の銀行の自分名義の口座へも振込融資でお金を借りられます。

SMBCダイレクトならローン専用カードを受け取る前にお金を借りることもできます。

ローン専用カードは郵送の他、三井住友銀行のローン契約機設置店舗にてローン契約機からの受け取りも可能です。

自宅にローン専用カードが届いては困る場合も店舗受け取りが可能なので安心です。

 
 

おすすめ3:楽天銀行スーパーローン

実質年率 年率1.9%〜14.5%
借入限度額 最高800万円
預金口座 楽天銀行の預金口座なしでも利用可能
手数料無料のATM 三井住友銀行ATM、みずほ銀行ATM、セブン銀行ATM、ローソン銀行ATM、イーネットATM、イオン銀行ATM

楽天銀行スーパーローンは楽天銀行に口座がない人も利用できる銀行カードローンです。

審査通過後は会員専用サイト「メンバーズデスク」から振込依頼をすれば、楽天銀行以外の口座へ土日でも振込による借入がすぐにできます。

楽天銀行は店舗を持たないネット専業銀行なので提携ATM網の構築にも力を入れています。

イオン銀行ATMほか、提携コンビニATMは手数料無料。メガバンクのATMも三井住友銀行ATM、みずほ銀行ATMは手数料無料で、地方銀行ATMも一部の銀行では手数料無料で利用できます。

楽天会員ランクに応じた審査優遇があり、楽天グループのサービスを数多く利用している方にはおすすめです。※必ずしもすべての楽天会員さまが審査の優遇を受けられるとは限りません。

返済の自動引落は楽天銀行の口座だけでなく他行の銀行口座にも対応しています。随時返済は提携ATMや会員サイトのメンバーズデスクからインターネットバンキングでいつでも行えます。

また楽天銀行スーパーローンはクレジットカードのリボ払いなど、高金利のローンからの返済の見直しにも活用するとよいかも知れません

欠点としてはゆうちょ銀行ATMでは利用できない点が挙げられますが、目立ったデメリットはそのくらいです。

ネットバンクの銀行カードローンの中ではおすすめです。

 
 

おすすめ4:オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローン
実質年率 年率1.7%〜14.8%
借入限度額 最高800万円
預金口座 オリックス銀行の預金口座なしでも利用可能
手数料無料のATM ゆうちょ銀行ATM、三菱UFJ銀行ATM、三井住友銀行ATM、セブン銀行ATM、ローソン銀行ATM、イーネットATM、イオン銀行ATM、西日本シティ銀行ATM

オリックス銀行カードローンは提携ATM手数料が無料で、その提携ATM網がほぼ全国をカバーしているのが特長です。

コンビニATMとゆうちょ銀行ATM、メガバンク2行のATMが手数料無料で使え、提携ATM網の全国カバー率は銀行カードローンではトップクラスです。

さらにオリックス銀行カードローン契約者はガン保障特約付きプラン「Bright」を保険料ゼロ円、金利上乗せなしの完全無料で加入できます。

Brightは「死亡・高度障害」または「ガン」と診断確定された場合に、その時点での借入残高が保険金で全額支払われ返済不要になるサービスです。保険料はオリックス銀行が負担します。

健康リスクが出てくる30代後半以降の方には安心感が増すサービスです。

オリックス銀行カードローンは大きな欠点が見当たらず、非常に使い勝手のよいカードローンです

特にそれなりの収入がある30代・40代以降の方には強くおすすめできる銀行カードローンです。

 
 

おすすめ5:みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン
実質年率 年率2.0%〜14.0%
借入限度額 10万円~800万円
預金口座 みずほ銀行の預金口座が必要
手数料無料のATM みずほ銀行ATM、イーネットATM

みずほ銀行カードローンのメリットは3大メガバンクの銀行カードローンの中では最も上限金利が低いことです。さらにみずほ銀行の住宅ローン利用者には金利優遇制度もあります。

みずほ銀行に預金口座を持っている方は、審査通過後にみずほ銀行のキャッシュカードをローンカードとして利用することもできます。

審査結果はネット申込では翌営業日以降の回答となっており、預金口座がある方は申込から数日中にお金を借りることも可能です。

しかしみずほ銀行に口座がない方はカードローンの申込と同時に預金口座開設を申込みますが、その場合はカードローン利用まで2週間程度かかってしまいます。

カードローンの審査には落ちたのに口座開設だけしてしまったという残念な事態になる可能性もあります。

みずほ銀行カードローンでは提携コンビニATMはセブン銀行ATM、ローソン銀行ATM、イーネットATMが使えますが、手数料無料なのはイーネットATM(ファミリーマート、デイリーヤマザキ等)のみです。

コンビニATM手数料が無料になるのも無条件ではなく、みずほマイレージクラブに入会して月末時点にカードローン借入残高がある場合に翌々月のATM手数料料がみずほ銀行ATM0円、イーネットATM月3回まで0円になります。

大手メガバンクの銀行カードローンの中では最も上限金利が低いのが魅力ですが、使いやすさの面ではやや劣る印象が否めません。

みずほ銀行カードローンはみずほ銀行ですでに預金口座を持っている方におすすめします。

 
 

銀行カードローンの種類と特長

銀行カードローンは発行元の銀行によって大きく3つのタイプがあります。

  • メガバンク・都市銀行カードローン
  • ネット専業銀行カードローン
  • 地方銀行カードローン

この3つです。

メガバンク、ネット専業銀行、地方銀行それぞれのカードローンには特長があります。

 

メガバンクの銀行カードローンのメリット

3大メガバンク(三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行)や都市銀行(りそな銀行、埼玉りそな銀行等)は、全国規模で支店やATM網が充実しているのが特長です。

全国どこにお住まいの方でも来店不要で契約可能で、自行ATMはもちろん提携コンビニATMも手数料無料で利用できます。

スケールメリットを活かしたサービスはカードローンとしての使い勝手も便利で優れています。

金利は標準的ですが、メガバンクの銀行カードローンの金利こそが業界標準とも言えます。

また三菱UFJ銀行と三井住友銀行のカードローンは預金口座を持っていない方も口座開設することなく契約できます。

大手で全国に店舗がある安心感と使い勝手の良さから、当サイトでも銀行カードローンの中では特におすすめしています。

 

ネットバンクのカードローンのメリット

楽天銀行やPayPay銀行など店舗を持たないネット専業銀行のカードローンは、

  • 提携コンビニATMが手数料無料の銀行が多い
  • 各行でそれぞれに多彩なサービスを提供している

この2つが特長です。

多くのネットバンクは店舗を持たない分だけ提携ATM網の構築に積極的で、提携コンビニATM(セブン銀行ATM、ローソン銀行ATM、イーネットATM)が利用手数料無料の銀行も多いです。

店舗がないので全国どの地域にお住まいでも来店不要でWeb完結で契約できます。

また各銀行でさまざまな独自サービスを提供しているのも特長です。

例えば楽天銀行スーパーローンでは楽天会員ランクに応じた審査優遇があります。(※必ずしもすべての楽天会員さまが審査の優遇を受けられるとは限りません。)

またオリックス銀行カードローンでは死亡・高度障害またはガンと診断された場合に借入残高が0円になるガン保障特約付きプラン「Bright」に無料加入できます。

保障特約でカードローンの一括返済が行われ、返済を気にせずガン治療に専念できるというサービスです。

こうした独自のサービスを比較して自身に合った銀行カードローンを選ぶのもおすすめです。

 

地方銀行のカードローンのメリット・デメリット

地方銀行カードローンはメガバンクやネットバンクの銀行カードローンより金利が低めな傾向があります。

さらに年金受給者の方、専業主婦の方でも契約可能な地方銀行カードローンもあります。

ただしメガバンクやネットバンクの銀行カードローンと比較すると、以下のような欠点があります。

  • その銀行の営業エリア内に在住または在勤でないと契約できない
  • その銀行の預金口座が必要な場合が多い
  • 申込からローンカードでお金を借りるまでに時間がかかる(1〜2週間程度)
  • 利用手数料無料のATMが少ない
  • 近くの店舗に来店が必要な場合がある

普段の使い勝手の面ではメガバンクやネットバンクの銀行カードローンに劣るのは否めません。

地方銀行カードローンはお住まいの地域の地方銀行ですでに口座を持ってる方利用条件の合う銀行カードローンがあった方におすすめします。

 
 

メガバンク・ネットバンクの銀行カードローン一覧

銀行カードローン 実質年率 借入限度額 預金口座開設
三菱UFJ銀行バンクイック 1.8%〜14.6% 10万円〜500万円 不要
三井住友銀行カードローン

1.5%〜14.5%

10万円〜800万円 不要
みずほ銀行カードローン 2.0%〜14.0% 最高800万円 必須
りそな銀行・埼玉りそな銀行カードローン 3.5%~13.5% 10万円~800万円 必須
楽天銀行スーパーローン 1.9%〜14.5% 最高800万円 不要
オリックス銀行カードローン 1.7%〜14.8% 最高800万円 不要
イオン銀行カードローン 3.8%〜13.8% 10万円〜800万円 不要
PayPay銀行カードローン 1.59%〜18.0% 最高1,000万円 必須
auじぶん銀行カードローン 1.48%~17.5% 10万円〜800万円 不要
住信SBIネット銀行カードローン 1.59%~14.79% 10万円〜1,200万円 必須
セブン銀行ローンサービス 12.0%〜15.0% 10万円〜300万円 必須
ソニー銀行カードローン 2.5%〜13.8% 10万円〜800万円 必須
みんなの銀行Loan 1.5%〜14.5% 最大1,000万円 必須
UI銀行 UI Planスマホローン 1.3%~14.5% 30万円~1,000万円 必須
 
 

りそな銀行カードローン

実質年率 年率3.5%~13.5%
借入限度額 10万円~800万円
預金口座 りそな銀行の預金口座が必要
手数料無料のATM りそな銀行ATM、埼玉りそな銀行ATM、関西みらい銀行ATM、みなと銀行ATM(平日8:45〜18:00の間)

りそな銀行と埼玉りそな銀行は2行ともりそなホールディングス傘下の銀行です。

この2行はどちらも共通の銀行カードローン(りそなプレミアムカードローン)を取り扱っており、りそな銀行カードローンと埼玉りそな銀行カードローンは商品内容は同じです。

りそな銀行カードローンは上限金利が年率13.5%と銀行カードローンとしても低い金利です。

さらに給与振込または住宅ローンの利用で年0.5%の金利引下げ特典があります。

りそな銀行カードローンは月中平均残高10万円以上で、nanacoポイントや楽天ポイントと交換可能なりそなクラブポイントが貯まります。

りそな銀行カードローンの審査結果回答は申込から概ね1週間以内としています。

他の銀行カードローンと比較すると金利は低いですが、申込から実際に借りれるまでには時間がかかります。

また、コンビニATMも利用可能ですが、ATM利用手数料がかかる点にも注意が必要です。

都市銀行のカードローンではありますが、三井住友銀行、三菱UFJ銀行やネットバンクの銀行カードローンと比べると、やや使いにくい印象です。

 
 

イオン銀行カードローン

イオン銀行カードローン
実質年率 年率3.8%~13.8%
借入限度額 10万円~800万円
預金口座 イオン銀行の預金口座なしでも利用可能
手数料無料のATM イオン銀行ATM、ローソン銀行ATM、イーネットATM、みずほ銀行ATM(平日8:45〜18:00の間)、三菱UFJ銀行ATM(平日8:45〜18:00の間)、ゆうちょ銀行ATM(平日8:45〜18:00、土曜9:00〜14:00の間)

イオン銀行カードローンは上限金利が低い、利用手数料無料の提携ATMが多い、といった特徴を持った銀行カードローンです。

イオン銀行ATMはもちろん、コンビニATMは常に利用手数料無料。みずほ銀行ATM、三菱UFJ銀行ATMも平日の営業時間内は手数料無料。

全国各地のゆうちょ銀行ATMも平日と土日の営業時間内は手数料無料で使えます。

イオン銀行カードローンの専用ローンカードは審査完了後5日程度で郵送で届きます。

イオン銀行の普通預金口座をお持ちの方のみ、ローンカード受取前に1回だけ振込でお金を借りられます。

返済はATMからの返済、イオン銀行口座からの自動引落、他の銀行口座からの自動引落の3つの方法があります。

イオン銀行以外の現在ご利用中の金融機関の口座からの引落にも対応している点が評価できます。

一方、イオン銀行カードローンのデメリットとしては、イオン銀行の口座がない場合はATMでしか借り入れができない点が挙げられます。

イオン銀行の普通預金口座があれば、自宅から一歩も出ずにインターネットバンキングでの借入もできます。

イオン銀行カードローンはネットバンクらしい充実した提携ATM網により、全国どの地域にお住まいの方でも幅広くおすすめできます。

 
 

PayPay銀行カードローン

PayPay銀行カードローン
実質年率 年率1.59%~18.0%
借入限度額 10万円~1,000万円
預金口座 PayPay銀行の預金口座が必要
手数料無料のATM セブン銀行ATM、ローソン銀行ATM、イーネットATM

PayPay銀行カードローンは申込から仮審査結果は最短60分で結果回答があり、その後に本審査へと進みます。

PayPay銀行に普通預金口座がある方は、契約手続き完了と同時に借入希望額を自動で振り込む「初回自動借入」を利用できます。

PayPay銀行の口座が必須のため口座のない人は口座開設の手続きも必要ですが、口座のある人にとっては申込も借入もスムーズです。

PayPay銀行カードローンのデメリットは上限金利の高さが挙げられます。

利用限度額100万円未満での契約は年率18.0%の金利適用ですが、これは消費者金融と同じ利率です。

初回借入日から30日間は利息0円のサービスがあるものの、やはり銀行カードローンとしては他行より高いと言わざるを得ません。

PayPay銀行カードローンはPayPay銀行の普通預金口座が残高不足の際に、不足額を自動的に借り入れる残高不足サポート機能を付与できます。

PayPay銀行の口座に残高不足に備えて自動借入を利用したい、という方にはおすすめできる銀行カードローンです。

 
 

auじぶん銀行カードローン

auじぶん銀行カードローン
実質年率 年率1.48%〜17.5%
借入限度額 10万円~800万円
預金口座 auじぶん銀行の預金口座なしでも利用可能
手数料無料のATM セブン銀行ATM、ローソン銀行ATM、イーネットATM、イオン銀行ATM、ゆうちょ銀行ATM、三菱UFJ銀行ATM

auじぶん銀行はauフィナンシャルグループの銀行です。

auじぶん銀行カードローンはauじぶん銀行口座がなくても利用できますが、契約にはau IDが必要です。

借入はATM、auじぶん銀行口座への振込、他行の銀行口座への振込の3通りの方法でできます。

ローンカードは契約手続き完了後1週間程度で届きますが、銀行口座への振込融資は契約手続き完了後すぐに利用できます。

提携ATMはコンビニATMの他、ゆうちょ銀行、三菱UFJ銀行ATMが手数料無料です。

他社借り入れの借り換えもOKで、リボ払いや消費者金融などの高い金利での借入をauじぶん銀行カードローンに借り換えることもできます。

申込後、在籍確認で勤務先にauじぶん銀行名で電話連絡があります。

個人名での連絡に変更してもらいたい場合はauじぶん銀行ローンセンターに連絡しましょう。

auのスマホを利用しているなど、すでにau IDをお持ちの方は契約手続きも早く進みます。

auユーザーや他社借入あっても借りたい人にはおすすめできる銀行カードローンです。

 
 

住信SBIネット銀行カードローン

住信SBIネット銀行カードローン
実質年率 年率1.59%〜14.79%
借入限度額 10万円~1,200万円
預金口座 住信SBIネット銀行の預金口座が必要
手数料無料のATM セブン銀行ATM、ローソン銀行ATM、イーネットATM、イオン銀行ATM

住信SBIネット銀行カードローンは金利優遇があり、金利引下げの条件もそれほど厳しくありません。

ミライノカード(JCB)を保有し住信SBIネット銀行を引落口座に設定すると年0.1%、SBI証券の口座を保有・登録していると年0.5%の金利引き下げを受けられます。

カードローンの利用には住信SBIネット銀行の預金口座が必要ですが、契約完了後はキャッシュカードがローンカードとして使え、ATMからお金を借りれるようになります。

本審査時の在籍確認の電話は個人名で行われますが、事前に相談すれば住信SBIネット銀行名で名乗ってもらうことも可能です。

自宅に明細やローンカードが届かず、家族にバレないでお金を借りることも可能です。

返済は毎月5日に住信SBIネット銀行の口座から自動引落と、ATMや振込による随時返済ができます。

ただし住信SBIネット銀行カードローンはゆうちょ銀行ATMが使えないため、地方在住の方には少々使い勝手が悪いかもしれません。

すでに口座をお持ちの方でコンビニATMや振込での借入・返済を主に利用される方にはおすすめの銀行カードローンです。

 
 

セブン銀行ローンサービス

セブン銀行ローンサービス
実質年率 年率12.0%〜15.0%
借入限度額 10万円~300万円
預金口座 セブン銀行の預金口座が必要
手数料無料のATM セブン銀行ATM

セブン銀行ローンサービスはセブン銀行の預金口座に付帯する形のカードローンです。

利用にはセブン銀行の口座が必要ですが、口座開設はMyセブン銀行アプリからすぐにできます。

Myセブン銀行アプリを使えばセブン銀行のキャッシュカード到着前でもセブン銀行ATMで借入・返済が可能です。

借入はセブン銀行ATMとセブン銀行のダイレクトバンキングで行えます。

返済は毎月27日にセブン銀行口座から自動引落されるほか、セブン銀行ATMとダイレクトバンキングでも行えます。

セブン銀行ローンサービスの欠点としては、ATMがセブン銀行ATMしか使えない点が挙げられます。

近所にセブンイレブンのコンビニがない地域の方には使いづらいです。

セブンイレブンのコンビニへよく行く方にはおすすめできる銀行カードローンです。

 
 

ソニー銀行カードローン

ソニー銀行カードローン
実質年率 年率2.5%〜13.8%
借入限度額 10万円~800万円
預金口座 ソニー銀行の預金口座が必要
手数料無料のATM セブン銀行ATM、ローソン銀行ATM、イーネットATM、イオン銀行ATM、ゆうちょ銀行ATM、三菱UFJ銀行ATM、三井住友銀行ATM

ソニー銀行カードローンは上限金利が年率13.8%と他行と比較しても低金利です。

利用にはソニー銀行の預金口座が必要です。

提携コンビニATMとイオン銀行ATM、ゆうちょ銀行ATM、三菱UFJ銀行ATM、三井住友銀行ATMが月4回まで手数料無料で使えます。

ATM手数料無料に回数制限はありますが、全国各地をほぼ完全にカバーしているので、一度契約を済ませれば使い勝手は良いです。

欠点としては手元にローンカードが届くまで審査通過から7〜10日程度の時間がかかることが挙げられます。

低金利で使い勝手も良いですが、利用できるまでに時間がかかります。

カード到着前にお金を借りれる初回振込サービスもありますが、振込口座の登録に通帳またはキャッシュカード券面の写真が必要です。やや面倒くさい印象なのは否めません。

ソニー銀行カードローンは不足の事態に備えて低金利のカードローンの契約だけ済ませておきたい方にはおすすめです。

 
 

みんなの銀行Loan

みんなの銀行loan
実質年率 年率1.5%〜14.5%
借入限度額 10万円~1,000万円
預金口座 みんなの銀行の預金口座が必要
手数料無料のATM セブン銀行ATM

みんなの銀行は2019年8月開業のスマホ取引に特化したネットバンクです。

みんなの銀行Loanは申込から借入・返済まですべてスマホアプリで完結する銀行カードローンです。

借入はみんなの銀行の普通預金口座(Wallet)への振込のみです。

現金を借入したい場合は、みんなの銀行Walletから他行の自分の口座へ振込後、自分の口座からキャッシュカードで引き出す、という形になります。

他の銀行への振込手数料はプレミアム会員だと月10回まで無料ですが、通常は1回200円かかります。

プレミアム会員になるには月額600円かかるので、カードローン利用だけなら正直お得感はありません。

またみんなの銀行Walletから直接現金を引き出すのはセブン銀行ATMでスマホATMを使うことでしか行えません。

セブン銀行ATM以外で入出金はできますか
セブン銀行ATM以外で現金の入出金はできません。
引用元:FAQ|みんなの銀行

みんなの銀行Loanは金利は銀行カードローンとしては他行と比較して同水準ですが、スマホ取引に特化している分、慣れないとやや使い勝手が悪い印象があります。

セブンイレブンが近所にある方でスマホ取引だけでも問題ない方にはおすすめできます。

 
 
 

地方銀行カードローンのおすすめ・全国各地の地銀カードローン一覧

 
 

北海道の地方銀行カードローンおすすめは北海道銀行カードローンラピッド

実質年率 年率1.9%〜14.95%
借入限度額 1万円〜800万円
預金口座 北海道銀行の預金口座なしでも利用可能
手数料無料のATM 北海道銀行ATM、セブン銀行ATM、ローソン銀行ATM、イーネットATM、バンクタイムATM
対象地域 北海道内に在住・在勤の方

北海道銀行カードローンラピッドは北海道銀行に口座がない方でも口座開設なしでお金を借りれます。

審査は必要書類を提出後、最短翌営業日に借入ができます。

提携コンビニATM手数料は無料で、セブンイレブンやファミリーマートはもちろん、セイコーマート内にあるバンクタイムATMも手数料無料で借入・返済が行えます。

返済は自動引落がなく、ラピッドカードでのATMからの返済か振込での返済となります。返済スケジュールはしっかり確認しておく必要があります。

借入限度額が1万円からの設定なので、パートやアルバイトで収入が少ない方も無理のない範囲でカードローン契約ができます。

 

北海道の地方銀行カードローン一覧

銀行カードローン 実質年率 借入限度額 預金口座開設
北海道銀行ラピッド 年率1.9%〜14.95% 1万円〜800万円 なくても可
北洋銀行スーパーアルカ 年率1.9%〜14.7% 10万円〜1000万円 なくても可
 
 

東北の地方銀行カードローンおすすめは北日本銀行カードローンスーパークイカ

実質年率 年率3.0%~14.8%
借入限度額 10万円〜500万円
預金口座 北日本銀行の預金口座なしでも利用可能
手数料無料のATM 北日本銀行ATM、セブン銀行、ローソン銀行、イーネットATM、ゆうちょ銀行ATM、イオン銀行ATM
対象地域 全国対応

北日本銀行カードローンスーパークイカは地方銀行では数少ない、全国どの地域にお住まいの方も借りれる銀行カードローンです。

北日本銀行は岩手県盛岡市に本店のある第二地方銀行ですが、北日本銀行カードローンスーパークイカは他の地域の方も利用できます。

北日本銀行の預金口座がなくてもWeb完結でカードローン契約が可能で、提携コンビニATMとゆうちょ銀行ATMが手数料無料で使えます。

北日本銀行の口座をお持ちの方は、ローンカード到着前に振込融資で借りることもできます。

さらに契約日から30日間無利息のサービスも実施しています。

北日本銀行カードローンスーパークイカは都市銀行やネットバンクの銀行カードローンに匹敵する隠れたおすすめ銀行カードローンと言えます。

 

東北の地方銀行カードローン一覧(青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島)

銀行カードローン 実質年率 借入限度額 預金口座開設
青森銀行あおぎんカードローン<Aキャッシング> 年率2.4%〜14.5% 10万円〜1000万円 必要
みちのく銀行カードローン『トモカ』 年率4.9%〜14.0% 10万円〜500万円 必要
みちのく銀行Webカードローン「トモカ」 年率4.9%〜14.0% 10万円〜300万円 必要
岩手銀行いわぎんカードローン(エルパス) 年率1.8%~14.6% 10万円~1000万円 必要
北日本銀行スーパークイカ 年率3.0%~14.8% 10万円〜500万円 なくても可
北日本銀行カードローンASUMO 年率4.5%~14.8% 10万円〜500万円 必要
東北銀行とうぎんカードローンinos 年率4.8%~14.0% 10万円〜500万円 必要
七十七銀行77スマートネクスト 年率1.58%~14.8% 10万円〜800万円 必要
七十七銀行77カードローン 年率11.0% 10万円〜300万円 必要
仙台銀行カードローンNEO 年率3.5%~14.5% 10万円〜500万円 必要
秋田銀行あきぎんスマートネクスト 年率5.8%~14.8% 10万円〜500万円 必要
北都銀行スーパーアシストカードローンプラン 年率6.5%~14.6% 10万円〜500万円 必要
きらやか銀行きらやかWebカードローン 年率9.0%~11.0% 10万円〜200万円 必要
きらやか銀行カードローンDo it500 年率4.8%~14.6% 10万円〜500万円 なくても可
荘内銀行ドリームコンシェルカードローンプラン 年率5.5%~14.6% 10万円〜500万円 必要
荘内銀行カードローン1000 年率3.5%~13.5% 10万円〜1000万円 必要
山形銀行カードローン 年率4.5%~14.6% 10万円〜500万円 なくても可
東邦銀行TOHOスマートネクスト 年率4.8%~14.6% 30万円〜500万円 必要
福島銀行ふくぎんカードローン 年率3.8%~13.8% 10万円〜1000万円 必要
大東銀行だいとうカードローン
年率2.9%~14.5% 10万円〜1000万円 なくても可
 
 

関東の地方銀行カードローンおすすめはきらぼし銀行カードローン

実質年率 年率1.6%~14.80%
借入限度額 10万円〜1000万円
預金口座 契約までにきらぼし銀行の預金口座が必要
手数料無料のATM きらぼし銀行ATM、セブン銀行ATM、ゆうちょ銀行、イオン銀行ATM(いずれも平日8:45〜18:00の間)
対象地域 東京、埼玉、千葉、神奈川にお住まいかお勤めの方

きらぼし銀行カードローンは金利・借入限度額は他の銀行カードローンと大きく変わりません。

しかし関東では手数料無料で利用できるATM網が充実しています。

きらぼし銀行ATMやコンビニATM、ゆうちょ銀行ATMはもちろん、提携銀行(常陽銀行・筑波銀行・武蔵野銀行・千葉銀行・千葉興業銀行・横浜銀行・山梨中央銀行・東日本銀行・東邦銀行)のATMも平日8:45〜18:00の間は手数料無料で利用できます。

きらぼし銀行の営業エリアである東京、埼玉、千葉、神奈川にお住まいの方には使い勝手の良い銀行カードローンです。

審査結果は必要書類アップロード後、最短当日回答で、契約完了と同時にきらぼし銀行の預金口座へ振込融資も可能です。

きらぼし銀行の口座がなくても24時間365日Webで申込可能ですが、契約までにきらぼし銀行の預金口座の開設が必要です。

きらぼし銀行の口座をすでにお持ちの方はWeb完結で契約完了できます。

メガバンクやネットバンクの銀行カードローンともほぼ同条件ながら申込できる方の地域が絞られている分、該当する地域の方には狙い目の銀行カードローンと言えます。

 

関東の地方銀行カードローン一覧(茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川)

銀行カードローン 実質年率 借入限度額 預金口座開設
常陽銀行カードローンキャッシュピット 年率1.5%~14.8% 1万円〜800万円 なくても可
筑波銀行カードローンつくばカードアスジョイ 年率1.4%~14.6% 10万円〜1000万円 なくても可
足利銀行あしぎんカードローンモシカ 年率1.5%~14.8% 10万円~800万円 必要
栃木銀行カードローン 年率1.9%~14.5% 10万円~800万円 必要
栃木銀行とちぎんカードローンマックス 年率6.8%~14.6% 10万円~500万円 必要
群馬銀行ナイスサポートカード 年率2.0%~14.5% 10万円〜1000万円 なくても可
東和銀行カードローンとんとん 年率3.9%~14.6% 10万円〜500万円 なくても可
東和銀行スピード王MAX 年率12.0%~14.6% 10万円〜300万円 必要
武蔵野銀行むさしのスマートネクスト 年率4.5%~14.8% 10万円~500万円 必要
千葉銀行クイックパワー<アドバンス> 年率1.4%~14.8% 10万円~800万円 必要
千葉銀行プレミアクラス 年率3.8%~5.5% 300万円~500万円 必要
千葉興業銀行ちば興銀カードローン 年率3.8%~14.8% 10万円〜1000万円 なくても可
京葉銀行カードローンそっけつくん 年率5.0%~14.0% 30万円〜300万円 必要
東日本銀行ゆあポケットⅡ 年率2.9%~14.5% 10万円~500万円 必要
東日本銀行BIZポケット 年率7.5%・13.5% 10万円~500万円 必要
東京スター銀行スターカードローンα 年率1.5%~14.6% 10万円〜1000万円 必要
東京スター銀行おまとめローン(スターワン乗り換えローン) 年率9.8%・12.5%・14.6% 30万円〜1000万円 必要
きらぼし銀行カードローン 年率1.6%~14.80% 10万円〜1000万円 なくても可
神奈川銀行マイサポート 年率7.3%~13.3% 10万円〜100万円 必要
横浜銀行カードローン 年率1.5%~14.6% 10万円~1,000万円 必要
 
 

甲信越の地方銀行カードローン(新潟、長野、山梨)おすすめは八十二銀行はちにのかん太くんカード

実質年率 年率1.8%~14.5%
借入限度額 10万円〜800万円
預金口座 八十二銀行の預金口座なしでも利用可能
手数料無料のATM 八十二銀行ATM、セブン銀行ATM、ローソン銀行ATM、イーネットATM
対象地域 長野県、新潟県、埼玉県、東京都にお住まいかお勤めの方

八十二銀行のはちにのかん太くんカードは上限金利が年率14.5%と他行と変わらぬ水準で借りれる銀行カードローンです。

八十二銀行ATMと提携コンビニATM手数料が無料で、特に八十二銀行の店舗やATMが多い長野県にお住まいの方には使い勝手が良いはずです。

振込融資は八十二銀行の預金口座のみに対応しており他行へは行えませんが、ATMとローンカードのみの取引なら家族にもバレにくいメリットもあります。

八十二銀行の預金口座がなくても利用できるため、長野や新潟で銀行カードローンの契約を考えている方にはおすすめです。

 

新潟、長野、山梨の地方銀行カードローン一覧

銀行カードローン 実質年率 借入限度額 預金口座開設
第四北越銀行カードローンASCA(アスカ) 年率4.0%~14.8% 10万円~500万円 なくても可
大光銀行カードローン LUXZO 年率3.8%~14.0% 20万円~800万円 必要
八十二銀行はちにのかん太くんカード 年率1.8%~14.5% 1万円~800万円 なくても可
長野銀行ながぎんカードローン「リベロ」 年率5.5%~14.5% 10万円~500万円 なくても可
山梨中銀カードローン「waku waku エブリ」 年率5.0%~13.5% 10万円~300万円 必要
山梨中銀カードローン『waku waku Smart』 年率5.0%~14.5% 10万円~500万円 必要
 
 

北陸の地方銀行カードローン(富山、石川、福井)おすすめは富山第一銀行ファーストバンクのカードロー

実質年率 年率2.8%~13.8%
借入限度額 30万円~1000万円
預金口座 富山第一銀行の預金口座が必要
手数料無料のATM 富山第一銀行ATM、セブン銀行ATM(平日8:45〜18:00の間)
対象地域 富山県、石川県、新潟県、岐阜県の営業エリア内にお住まいかお勤めの方

富山第一銀行のファーストバンクのカードローンは上限金利が年率13.8%と他の銀行と比較して低金利です。

他社からの借り換えも可能で、リボ払いやキャッシングなど支払利息の高い借金を低金利に借り換える目的でも利用できます。

ATMは手数料無料なのが富山第一銀行ATMとセブン銀行ATMのみですが、ローソン銀行ATMやゆうちょ銀行ATMも手数料はかかりますが利用できます。

低金利で利便性もまずまず良い銀行カードローンです。

富山第一銀行の預金口座がある方は来店不要のWeb完結で契約ができます。

口座のない方は口座開設のため郵送での契約となります。

仮審査結果の連絡まで約1週間かかります。

富山第一銀行の口座がある方も実際に借入できるまで2週間近くかかりますが、富山や石川県で低金利の銀行カードローンへの借り換えを考えている方におすすめです。

 

北陸の地方銀行カードローン一覧(富山、石川、福井)

銀行カードローン 実質年率 借入限度額 預金口座開設
北陸銀行カードローンスーパーNOW 年率1.9%~14.6% 10万円~1,000万円 必要
北陸銀行カードローンクイックマン 年率11.95%~14.95% 10万円~500万円 なくても可
富山銀行スピード王MAX 年率4.5%~14.6% 10万円~500万円 必要
富山第一銀行ファーストバンクのカードローン 年率2.8%~13.8% 30万円~1000万円 必要
富山第一銀行ハウスカード・ネオ 年率4.80%~5.50% 30万円~300万円 必要
北國銀行北國カードローン DAY SMART(デイスマート) 年率5.00%~9.50% 30万円~300万円 必要
福井銀行カードローン 年率2.8%~14.6% 10万円~1,000万円 なくても可
福邦銀行ざ・カードローン 年率4.8%~14.6% 10万円~500万円 なくても可
 
 

東海の地方銀行カードローン(静岡、岐阜、愛知、三重)おすすめは清水銀行しみずピアカードローン

実質年率 年率2.8%~9.8%
借入限度額 30万円~1000万円
預金口座 清水銀行の預金口座が必要
手数料無料のATM 清水銀行ATM、セブン銀行ATM(平日8:45〜18:00の間)
対象地域 静岡県にお住まいかお勤めの方

清水銀行のしみずピアカードローンは上限金利が年率9.8%と他の銀行カードローンと比較して破格な低金利が特徴です。

借入には清水銀行の預金口座が必要ですが、ない人はWeb上で清水みなとインターネット支店に口座開設でき、口座がない人も来店不要でカードローンの契約まで可能です。

手数料無料で利用できるATMは清水銀行ATMと平日日中のセブン銀行ATMのみですが、その他のコンビニATMやゆうちょ銀行ATMも利用できます。

静岡県内に在住・在勤の方に限定されますが、住宅ローンの利用等がなしでも借りれる銀行カードローンで上限金利が年率10%を下回るところは他にありません。

静岡県内で低金利で借りれる銀行カードローンをお探しの方にはおすすめです。

 

東海の地方銀行カードローン一覧(静岡、岐阜、愛知、三重)

銀行カードローン 実質年率 借入限度額 預金口座開設
大垣共立銀行カードローン「ザ・マキシマム」 年率4.5%~12.0% 10万円~1,000万円 必要
大垣共立銀行少子化対策カードローン「子育て太鼓判」 年率4.975% 50万円~200万円 必要
十六銀行カードローンQ-LOAN 年率1.6%~14.6% 1万円~800万円 なくても可
静岡銀行カードローンセレカ 年率4.0%~14.5% 10万円~500万円 必要
スルガ銀行カードローン 年率3.9%~14.9% 10万円~800万円 なくても可
スルガ銀行Tポイント付きリザーブドプラン 年率3.9%~14.9% 10万円~800万円 なくても可
清水銀行しみずピアカードローン 年率2.8%~9.8% 50万円~1000万円 必要
静岡中央銀行CSカードローン 年率3.5%~14.6% 10万円~1000万円 必要
愛知銀行カードローン「愛」 年率1.9%~13.9% 10万円~1000万円 必要
名古屋銀行カードローン 年率1.8%~13.8% 10万円~1000万円 なくても可
中京銀行カードローンC-style 年率1.5%~14.5% 10万円~1000万円 必要
百五銀行百五マイカード「DREAM」 年率3.8%~14.7% 10万円〜500万円 必要
三十三銀行カードローン 年率6.8%~14.5% 10万円〜500万円 必要
 
 

関西の地方銀行カードローンおすすめは関西みらい銀行の関西みらいカードローン

実質年率 年率3.5%~12.475%
借入限度額 10万円~800万円
預金口座 関西みらい銀行の預金口座が必要
手数料無料のATM 関西みらい銀行ATM、りそな銀行ATM、埼玉りそな銀行ATM、三井住友銀行ATM、池田泉州銀行ATM、滋賀銀行ATM(いずれも平日8:45~18:00の間)
対象地域 滋賀、京都、大阪、奈良、和歌山、兵庫にお住まいかお勤めの方

関西みらい銀行の関西みらいカードローンは上限金利が年率12.475%で他の銀行カードローンと比較して低金利です。

さらに1ヶ月の平均借入残高10万円以上で楽天ポイントやWAONポイントに交換可能な関西みらいクラブポイントが貯まります。

ポイントサービスによる還元があるのも関西みらいカードローンの他行にない特長です。

また、関西みらいカードローン他社ローンの借換資金にも利用可能です。

他社カードローンの借換えはできますか?
可能です。
当社のカードローンは他社ローンの借換資金にもご利用いただけますので、ぜひご検討ください。
引用元:他社カードローンの借換えはできますか?|関西みらい銀行

クレジットカードのキャッシングやリボ払いなどをまとめて低金利に借り換えることもできます。

デメリットは提携コンビニATM(セブン銀行ATM、ローソン銀行ATM、イーネットATM)の利用に手数料がかかることが挙げられます。

関西みらいカードローンは関西地方にお住まいで低金利で借り換えできる銀行カードローンをお探しの方にはおすすめです。

 

関西の地方銀行カードローン一覧(滋賀、京都、大阪、奈良、和歌山、兵庫)

銀行カードローン 実質年率 借入限度額 預金口座開設
滋賀銀行しがぎんカードローンサットキャッシュ 年率4.8%~14.9% 30万円〜500万円 必要
京都銀行カードローン<ダイレクト> 年率1.9%~14.5% 10万円~1000万円 必要
関西みらい銀行関西みらいカードローン 年率3.5%~12.475% 10万円~800万円 必要
池田泉州銀行カードローン(キャッシュカード一体型) 年率14.5% 10万円〜300万円 必要
池田泉州銀行カードローン MaxV(マックスファイブ) 年率5.95%(変動) 30万円〜500万円 必要
南都銀行キャッシュクイック 年率2.5%~14.95% 10万円〜500万円 なくても可
南都銀行<ナント>カードローンE-PACK 年率4.0%~14.0% 10万円~1000万円 必要
紀陽銀行カードローンプラス 年率3.8%~14.9% 10万円〜500万円 必要
但馬銀行カードローン 年率1.9%~14.5% 10万円~1000万円 なくても可
みなと銀行みなとカードローン 年率4.5%~14.0% 10万円~800万円 必要
 
 

鳥取、島根、岡山、広島、山口の地方銀行カードローンおすすめは広島銀行カードローン

実質年率 年率2.475%~13.475%
借入限度額 10万円~500万円
預金口座 広島銀行の預金口座が必要
手数料無料のATM 広島銀行ATM、ひろしまネットサービス提携ATM、福岡銀行ATM、山陰合同銀行ATM、中国銀行ATM、伊予銀行ATM、トマト銀行ATM、西京銀行ATM、広島市信用組合ATM(いずれも平日8:45~18:00の間)
対象地域 広島、岡山、山口、愛媛、福岡県の営業エリア内にお住まいかお勤めの方

広島銀行カードローンは上限金利が年率13.475%と年率14%を下回っており、銀行カードローンの中では比較的低金利でお金を借りることができます。

利用には広島銀行の預金口座が必要ですが、広島銀行のキャッシュカードで借入ができます。

また広島銀行のWallet+というスマホアプリを使えば申込から借入までスマホ完結で、自宅への郵便物もなしで利用できます。

コンビニATMやゆうちょ銀行ATMでの利用は手数料が必要ですが、広島銀行とATM手数料無料の提携をしている銀行は多く、広島近郊の銀行ATMは平日の日中はほぼ手数料無料です。

広島銀行の預金口座をすでにお持ちの方であればおすすめできる銀行カードローンです。

 

中国地方の地方銀行カードローン一覧(鳥取、島根、岡山、広島、山口)

銀行カードローン 実質年率 借入限度額 預金口座開設
鳥取銀行カードローン 年率1.8%~14.5% 10万円~800万円 なくても可
山陰合同銀行ごうぎんカードローンキャッシュバンクネオ 年率1.95%~14.5% 10万円~800万円 なくても可
島根銀行<しまぎんウェブ完結型ローン> ウェブ de Can カードローン 年率4.0%~14.5% 30万円~300万円 必要
中国銀行カードローン コ・レ・カ 年率4.8%~14.5% 10万円~500万円 必要
トマト銀行カードローン「Q-Li」 年率3.0%~14.5% 10万円~1000万円 必要
広島銀行カードローンマイライフプラス 年率2.475%~13.475% 10万円~500万円 必要
広島銀行<ひろぎん>ハローワイド 年率7.5%~14.6% 10万円~500万円 なくても可
もみじ銀行マイカードもみじ君 年率4.5%~14.5% 10万円~500万円 なくても可
山口銀行マイカードやまぐち君 年率4.5%~14.5% 10万円~500万円 なくても可
西京銀行さいきょうカードローン「チョットポケット」 年率9.8%~14.78% 10万円~200万円 必要
 
 

四国の地方銀行カードローン(香川、徳島、高知、愛媛)おすすめは徳島大正銀行SaSaっとカードローン

実質年率 年率7.5%~11.5%
借入限度額 10万円~500万円
預金口座 徳島大正銀行の預金口座が必要
手数料無料のATM 徳島大正銀行ATM、セブン銀行ATM(平日8:00〜21:00)、イオン銀行ATM、香川銀行ATM、愛媛銀行ATM、高知銀行ATM、三菱UFJ銀行ATM(いずれも平日8:45〜18:00の間)
対象地域 香川、徳島、高知、愛媛、兵庫県の営業エリア内にお住まいかお勤めの方

徳島大正銀行SaSaっとカードローンは上限金利が年率11.5%と低金利なのが魅力です。

審査に通過して契約できれば誰でも年率11.5%から借りれるのは大きなメリットです。

さらに徳島大正銀行の口座で給与受取や住宅ローン契約のある方はさらに金利引下げがあります。

利用には徳島大正銀行の預金口座が必要ですが、セブン銀行ATMやイオン銀行ATMも平日の日中は手数料無料で利用でき、使い勝手は悪くありません。

四国4県と大阪にお住まいの方にはおすすめできる銀行カードローンです。

 

四国の地方銀行カードローン一覧(香川、徳島、高知、愛媛)

銀行カードローン 実質年率 借入限度額 預金口座開設
阿波銀行あわぎんカードローンスマートネクスト 年率1.7%~14.8% 10万円~800万円 必要
徳島大正銀行SaSaっとカードローン 年率7.5%~11.5% 10万円~500万円 必要
香川銀行PaPaっとCard(パパットカード) 年率7.0%~14.6% 10万円~300万円 必要
百十四銀行114ニューカードローン 年率5.0%~12.0% 30万円~300万円 必要
百十四銀行114スマートネクスト 年率9.0%~14.5% 30万円~300万円 必要
伊予銀行SAFETY 年率1.9%~14.5% 10万円~1000万円 なくても可
伊予銀行新スピードカードローン 年率2.0%~14.5% 10万円~1000万円 なくても可
愛媛銀行ひめぎんアプリカードローン 年率3.8%~13.8% 10万円~500万円 必要
愛媛銀行ひめぎんクイックカードローン 年率4.4%~14.6% 10万円~800万円 なくても可
愛媛銀行ひめぎんカードローンサポート 年率5.0%~14.6% 10万円~500万円 なくても可
高知銀行こうぎんカードローンモアプラス 年率4.5%~13.0% 10万円~300万円 なくても可
高知銀行こうぎんはちきんカードローン 年率4.2%~12.7% 10万円~300万円 なくても可
高知銀行こうぎんカードローン・サポート 年率4.8%~14.5% 10万円~500万円 なくても可
高知銀行こうぎんセレクトローンZEYO 年率4.5%~14.5% 10万円~1000万円 必要
四国銀行カードローン4'S 年率4.0%~14.6% 10万円~800万円 必要
四国銀行フリーカードローン 年率4.5%~14.3% 30万円~800万円 必要
 
 

九州の地方銀行カードローンおすすめは筑邦銀行カードローン

実質年率 年率3.9%~13.95%
借入限度額 10万円~500万円
預金口座 筑邦銀行の預金口座なしでも利用可能
手数料無料のATM 筑邦銀行ATM
対象地域 福岡県全域、佐賀県、大分県の営業エリア内にお住まいかお勤めの方

筑邦銀行カードローンは上限金利が年率13.95%と他行より少し低金利でお金を借りれます。

年金生活者や世帯年収のある専業主婦の方も50万円以下であれば申込可能で、対象者が幅広いのも特長です。

さらに筑邦銀行カードローンは他社からの借り換えが可能です。

カードのリボ払いやキャッシングなど金利の高い借金の借り換えも行えます。

申込は筑邦銀行の預金口座がある方はWeb完結で契約できますが、ない方は店頭または郵送での契約となります。

提携コンビニATMはセブン銀行ATM、ローソン銀行ATM、イーネットATMが手数料はかかりますが利用できます。

筑邦銀行の営業エリア内に在住・在勤の方で、借り換えを希望する人にはおすすめできる銀行カードローンです。

 

九州の地方銀行カードローン一覧(福岡、佐賀、長崎、大分、熊本、宮崎、鹿児島)

銀行カードローン 実質年率 借入限度額 預金口座開設
福岡中央銀行ナイスサポート50 年率9.8% 10万円~50万円 必要
福岡中央銀行福中銀カードローンザ・プライム 年率5.5%~14.5% 10万円~500万円 必要
福岡銀行カードローン 年率3.0%~14.5% 10万円~1000万円 なくても可
福岡銀行FFGカードローン 年率10.0%~14.5% 10万円~300万円 なくても可
筑邦銀行カードローン 年率3.9%~13.95% 10万円~500万円 必要
西日本シティ銀行NCB キャッシュエース(カードローン) 年率13.0%~14.95% 10万円~300万円 必要
西日本シティ銀行NCBアプリ カードローン 年率11.0% 20万円~50万円 必要
北九州銀行マイカードきたきゅう君 年率4.5%~14.5% 10万円~500万円 必要
北九州銀行マイカードきたきゅう君(口座なしタイプ) 年率4.5%~14.5% 30万円~300万円 なくても可
佐賀銀行カードローン 年率2.0%~14.6% 10万円~800万円 なくても可
佐賀共栄銀行カードローンパワフル 年率3.8%~14.5% 10万円~1000万円 必要
佐賀共栄銀行スピード王MAX 年率12.0%~14.5% 10万円~300万円 必要
佐賀共栄銀行きょうぎんカードローンプレミアム 年率6.0% 10万円~200万円 必要
佐賀共栄銀行スーパーカードローン 年率14.5% 10万円~300万円 必要
佐賀共栄銀行きょうぎんカードローンえびす 年率7.0%~14.5% 10万円~800万円 必要
長崎銀行カードローンプレミアA(エース) 年率2.8%~14.95% 10万円~800万円 必要
十八親和銀行カードローン 年率3.0%~14.5% 10万円~1000万円 なくても可
十八親和銀行FFGカードローン 年率10.0%~14.5% 10万円~300万円 なくても可
肥後銀行WEBカードローン 年率4.5%~14.0% 10万円~500万円 必要
肥後銀行カードローンBEST ASSIST 年率5.4%~7.15% 100万円~300万円 必要
肥後銀行カードローンBack Up 年率12.5%~14.0% 30万円~100万円 必要
熊本銀行カードローン 年率3.0%~14.5% 10万円~1000万円 なくても可
熊本銀行FFGカードローン 年率10.0%~14.5% 10万円~300万円 なくても可
大分銀行ハッピーカードローン 年率5.0%~14.5% 10万円~500万円 なくても可
豊和銀行ほうわSmartカードローン 年率4.5%~14.0% 10万円~500万円 必要
豊和銀行ほうわHigh Classカードローン 年率3.5%~4.0% 510万円~1000万円 必要
豊和銀行ほうわレディースカードローン 年率9.8% 10万円~100万円 必要
宮崎太陽銀行カードローン 年率5.8%~13.8% 10万円~100万円 必要
宮崎銀行みやぎんパートナーカードローンおまかせくん 年率0.9%~14.5% 10万円~1000万円 なくても可
鹿児島銀行かぎんカードローンS 年率1.9%~14.5% 10万円~1000万円 なくても可
鹿児島銀行かぎんカードローン 年率4.5%~14.5% 10万円~500万円 必要
南日本銀行カードローン WAZZECA-S 年率1.8%~14.5% 10万円~1000万円 なくても可
 
 

沖縄の地方銀行カードローンおすすめは琉球銀行しあわせのカードローン

実質年率 年率5.0%~13.5%
借入限度額 10万円~500万円
預金口座 琉球銀行の預金口座が必要
手数料無料のATM りゅうぎんポイントサービスのステージによる
対象地域 営業エリア内にお住まいかお勤めの方

琉球銀行しあわせのカードローンは上限金利が年率13.5%の低金利です。

さらにパート・アルバイト、専業主婦の方も申込可能です。

提携コンビニATM(セブン銀行ATM、ローソン銀行ATM、イーネットATM)は原則、利用手数料がかかります。

しかしりゅうぎんポイントサービスに加入して所定のポイントに達すると、ステージに応じてコンビニATMの利用手数料は無料になります。

りゅうぎんポイントサービスで50ポイントになるとシルバーステージになり、平日のコンビニATM手数料が月3回無料です。

以下はポイント算出の一部です。

  • カードローン:20ポイント
  • インターネットバンキング:10ポイント
  • Visaデビットカード:10ポイント
  • りゅうぎんDCカード:20ポイント
  • 給与振込:40ポイント

カードローンとインターネットバンキング、りゅうぎんDCカードの利用で50ポイントになるので、シルバーステージになるのはそれほど大変ではありません。

沖縄に在住・在勤の方で低金利の銀行カードローンをお探しの方にはおすすめです。

 

沖縄の地方銀行カードローン一覧

銀行カードローン 実質年率 借入限度額 預金口座開設
琉球銀行しあわせのカードローン 年率5.0%~13.5% 10万円~500万円 必要
沖縄銀行カードローンチェキット 年率4.25%~14.6% 10万円~500万円 なくても可
沖縄銀行カトレアカードローン 年率7.8%~9.8% 10万円~300万円 必要
沖縄銀行おきぎんプラスワン(30・60) 年率8.5% 30万円~60万円 必要
沖縄海邦銀行ハッピーカードローンSmart 年率7.5%~13.5% 10万円~500万円 必要
沖縄海邦銀行ハッピーカードローンPremium 年率3.8%~6.0% 510万円~1000万円 必要
沖縄海邦銀行カードローンS 年率14.6% 20万円~30万円 必要
沖縄海邦銀行カードローンナイン 年率14.6% 10万円~300万円 必要
 
 

銀行カードローンと消費者金融カードローンの違いはココ

銀行カードローンと消費者金融系カードローンの一般的な違いをカンタンにまとめるとこうなります。

  銀行カードローン 消費者金融
実質年率 最大で年率15.0%程度(注1) 最大で年率18.0%程度(注2)
審査の厳しさ やや厳しい 銀行より通りやすい
審査回答の早さ 翌営業日以降(注3) 申込後すぐ
申込当日の融資 できない できる
利用手数料無料の提携ATM 多い(注1) 少ない(注2)

注1)各銀行により詳細は異なります。詳細は各銀行の公式サイトを参照。注2)各消費者金融により詳細は異なります。詳細は各社公式サイトを参照。注3)申込完了後の確認事項や本人確認書類の提出状況によって異なる場合がございます。

 

銀行カードローンと消費者金融カードローン(アコム、アイフル等)を比較すると、銀行カードローンのメリットは

  • 上限金利が低いこと
  • 提携コンビニATMの利用手数料

が挙げられます。

 

銀行カードローンのメリット1:上限金利の低さ

金利は上限金利(最も高い金利)で比較すると、銀行カードローンの方が消費者金融より金利が低めなのは一目瞭然です。

ただ消費者金融各社も初回30日間無利息といった初回特典を用意しており、借入金を短期間で完済できれば金利面のデメリットは少ないです。

しかし借入額が大きく、数ヶ月、数年かけて返済する場合は利息の支払いが多くなります。

ある程度まとまった金額のお金を借りる場合、完済まで日数を要する場合は上限金利の低い銀行カードローンがおすすめです。

 
 

銀行カードローンのメリット2:提携コンビニATM手数料でお得

カードローンの借入や返済を近くのコンビニから行う場合に気になるのが提携コンビニATMの利用手数料です。

提携コンビニATM利用手数料は、銀行カードローンは手数料無料で利用できることが多いです。

一方、消費者金融の場合は自社のローン契約機に併設のATMや系列の銀行ATMでは手数料がかからないところもありますが、コンビニ利用の場合は提携コンビニATMでの利用手数料が発生することが多いです。

数百円程度とはいえ借入や返済の都度、ATM利用手数料が発生するのも積み重なればそれなりの出費となります。

金利や提携コンビニATM手数料などでの支払いを減らしたい、少なくしたい場合も銀行カードローンがおすすめです。

 
 

銀行カードローンのデメリットは審査(難易度・早さ)と借入までの日数

消費者金融と比較して銀行カードローンのデメリットとなるのが審査と借入までの日数です。

消費者金融は審査結果回答も融資実行も非常に早く、申込当日の即日融資が可能です。

中には最短30分融資を掲げるスピード対応の金融会社もあります。

しかし銀行カードローンの審査は警察庁のデータベース接続・照会が必要など、消費者金融にはない制約があります。

このため銀行カードローンは新規で申込当日にお金を借りることはできません。

審査の難易度においても銀行カードローンは消費者金融より厳しいです。

特にすでに別のカードローンでの借入(他社借入)がある人は、金融庁の指導もあって銀行カードローンでの融資は厳しくなっています。

消費者金融で2社、3社とお金を借りる人は全国に100万人以上いますが、銀行カードローンで2行、3行とお金を借りれる人はあまりいません。

とはいえ、銀行カードローンの審査もあくまで消費者金融より厳しいというだけです。

契約条件を満たす方で他社借入のない方であれば、それほど心配する必要はありません。

 
 

まとまったお金が必要なら銀行フリーローンもおすすめ

銀行では個人向け無担保ローンにカードローンと並んでフリーローンというものがあります。

どちらも担保・保証人なしで借りれるローンですが、大きな違いはお金の借り方にあります。

カードローンは限度額の範囲内で数千円、数万円と何度でも借りることができます。

一方でフリーローンは最初に契約金額を一度にドンとまとめて借り、その後は返済するだけになります。

フリーローンではカードローンのように少額を何度も借りるということはできませんが、まとまったお金を借りるのには向いています。

例として三井住友銀行のカードローンとフリーローンを比較してみましょう。

  三井住友銀行
カードローン
三井住友銀行
フリーローン
借入額 10万円~800万円 10万円~300万円
本ローンを含めた無担保総借入額が前年度税込年収の50%以内。ご提出いただく納付書、パンフレット、見積書または契約書等に記載の金額と同じかそれよりも少ない金額
金利 年率1.5~14.5% 年率5.975%
返済期間 1年毎(当初契約日より1年後の応当日)の自動更新 1年以上10年以内(1ヵ月きざみ)
必要書類 本人確認書類、収入証明書類 本人確認書類、収入証明書類、納付書、パンフレット、見積書または契約書等
資金使途 原則自由(ただし、事業性資金にはご利用いただけません) 家具・インテリアの購入資金、旅行資金、ご婚礼に伴う資金等、さまざまなお使いみちにご利用いただけます。以下のお使いみち等は除きます。事業性資金、投機性資金、見積書や契約書等により確認できない資金、個人間の売買契約、お借入資金をお支払先に一括してお支払いいただけない資金(家賃・生活資金等)、すでにお支払済の資金、当行または他金融機関からのお借り換え資金

カードローンと比べてフリーローンは申込時の必要書類が多く来店も必要になることがあります。

資金の使い途や金額がわかる書類も必要で、融資を受けるまでに時間も手間もかかります。

また、借入限度額もカードローンほど大きくない場合もあります。

しかしカードローンと同じ借入額で金利を比較すると、フリーローンの方が断然低金利です。

お金の使い道が決まっていて書類も用意できる場合は、銀行のフリーローンで借りることも検討すべきです。

お金を借りる目的に応じて銀行カードローンと銀行フリーローンをうまく使い分けましょう。

 
 

銀行カードローンの審査は保証会社が行っている

保証人なしの無担保で借りれる銀行カードローンの審査は、保証人の代わりに保証を行う保証会社が行っています。

保証会社は銀行カードローン契約者が多重債務などで返済不能に陥り、返済ができなくなった時に代位弁済を行う義務を負います。

返済ができなくなった銀行カードローン契約者に代わって保証会社が銀行に代位弁済で債務を支払い、保証会社が銀行カードローン契約者に対して請求を行うようになります。

銀行カードローンの審査を保証会社が行うのは、貸倒れのリスクを保証会社が実質的に背負っているからです。

銀行カードローンの審査を行う主な保証会社には以下のところがあります。

  • アコム株式会社
  • SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
  • 新生フィナンシャル株式会社
  • アイフル株式会社
  • エム・ユー信用保証株式会社
  • 株式会社オリエントコーポレーション
  • オリックス・クレジット株式会社

保証会社の中にアコムやアイフルなど大手消費者金融の名前が上がっているのに驚く人もいるかもしれません。

大手消費者金融では個人向け融資とは別に、銀行カードローンの信用保証事業でも収益を上げている会社もあります。

もっとも銀行がカードローンで多くの人に無担保融資が行えるのも、保証会社が貸倒れリスクを背負っているから、という背景があります。

 
 

現在のゆうちょ銀行にカードローン商品は存在しない

ゆうちょ銀行は日本最大のATM網を持つ金融機関です。コンビニや地方銀行のATMもない離島でも郵便局にはゆうちょ銀行ATMがあるものです。

以前のゆうちょ銀行には「ゆうちょ銀行カードローンしたく」という静岡のスルガ銀行が媒介して提供するカードローンがありました。

しかし平成30年10月にスルガ銀行が不正融資問題で金融庁より行政処分を受けたことから、ゆうちょ銀行はスルガ銀行との業務提携を解消し、ゆうちょ銀行カードローンしたくも新規受付を停止しました。

金融庁は、本日、スルガ銀行株式会社(以下「当行」という。法人番号 9080101000957)に対し、下記のとおり行政処分を行いました。
引用:スルガ銀行株式会社に対する行政処分について|金融庁

現在はゆうちょ銀行においてカードローンに相当する金融商品の取り扱いはありません。

ゆうちょ銀行のカードローンはありませんが、ゆうちょ銀行ATMが使える銀行カードローンはいくつもあります。

普段ゆうちょ銀行ATMを主に使っている方は、ゆうちょ銀行ATMが手数料無料で利用できる銀行カードローンがおすすめです。

 
 

行の住宅ローン利用者はまずその銀行のカードローンを確認しよう

銀行で住宅ローンを利用中の方は、まずは住宅ローンを借りている銀行のカードローンをチェックしてみるのをおすすめします。

銀行カードローンの中には、その銀行の住宅ローン利用者向けの金利優遇制度があったり、住宅ローン利用者専用のカードローンがあるところがあります。

こうした住宅ローン利用者向けのカードローンなら金利が通常より低いだけでなく、住宅ローン利用の実績から審査も有利になる場合があります。

本カードローンのご利用店でみずほ銀行の住宅ローンをご利用いただいている場合、基準金利から年0.5%金利を引き下げます。
引用:カードローン金利・ご利用限度額 | みずほ銀行

次のすべてを満たす個人のお客さま
    お借入時の年齢が満20歳以上60歳以下の方
    年収が400万円以上ある方または当行住宅ローンをお借入中(お借入予定※)の方
    福岡銀行の住宅ローン仮審査が承認済の方
    保証会社の保証が受けられる方
引用:カードローンTHE FIRST | 福岡銀行

住宅ローンの返済をしている方は、自分の取引銀行のカードローンがどこよりも低金利で借りれる銀行カードローンとなる場合があります。

カードローンの申込を行う際に必ず一度は住宅ローン利用中の銀行の公式サイトを確認してみましょう。

 
 

銀行カードローンでお金を借りるのがおすすめなのはこんな人

消費者金融やクレジットカードのキャッシングではなく、銀行カードローンでお金を借りるのがおすすめなのは、以下の条件に該当する人です。

  1. 初めてカードローンを利用する会社員・公務員(他社借入経験がない人)
  2. まとまったお金を借りたい人(10万円以上借りたい)
  3. 申込から実際にお金を借りるまで1週間ほど待てる人
  4. 今後の急なお金の支払いに備えたい人
 

人生で初めてカードローンを利用する会社員・公務員の方(他社借入経験がない人)

銀行カードローンはカードローンでお金を借りるのが初めての人にこそおすすめです。

消費者金融やクレジットカードのキャッシングの方が手軽に借りれるイメージはあります。

しかし銀行カードローンはこれらより上限金利が低く、利息の支払いの負担が少ないメリットがあります。

銀行カードローンの方が審査が厳しいとはよく言われます。

銀行カードローンの審査はすでに消費者金融などで借入がある人にとっては審査通過が難しいです。

なぜなら銀行カードローンは過去の過剰融資問題により他社借入のある方の審査を厳格化しているからです。
参考記事:銀行カードローンの過剰融資問題と貸付自主規制。総量規制との関連を解説

しかし公務員や会社にお勤めでご自身にきちんと収入がある方で、さらにカードローン利用自体が初めての方であれば、条件的には消費者金融で借入がある人より有利です。

携帯代やクレジットカードの支払い等、他になにか問題がない限り、銀行カードローンも安心して申し込めます。

 
 

まとまったお金を借りたい人(10万円以上借りたい)

銀行カードローンは借入限度額が大きいため、10万円以上のまとまったお金を借りたい人にもおすすめです。

消費者金融では借入限度額が100万円を超えると金利が年率15.0%以下に下がります。

逆に言えば100万円以下の限度額では金利は年率18.0%程度のままで、高い金利でお金を借りることになります。

しかし銀行カードローンなら金利が最大でも年率15%程度のところが多く、100万円以下の借入でも消費者金融より金利が低くなります。

10万円借りたい、50万円借りたいなど、10万円から100万円ほどの金額でお金を借りたい人には銀行カードローンがおすすめです。

 
 

申込から実際にお金を借りるまで1週間ほど待てる人

銀行カードローンは消費者金融より上限金利が低いメリットがありますが、申込当日中にお金を借りる即日融資ができないデメリットがあります。

これは銀行カードローンは審査時に警察庁のデータベースと接続することが義務付けられており、この照会に1営業日を要するからです。

接続に関する枠組みの概要は次のとおりです。(1)警察庁の暴力団情報データベースへの接続は、預金保険機構を介して実施する。(2)対象取引は、新規の個人向け融資等とする。(3)対象者は、個人の融資申込者等とする。
引用元:反社会的勢力との関係遮断に向けた対応について|一般社団法人全国銀行協会

このため、銀行カードローンの審査結果回答は申込から1営業日は最低限必要で、その上で銀行独自の審査が行われるため、通常は審査結果回答に数日かかります。

審査通過後はローンカードの発行手続きが行われ、これが手元に届くまでに申込から約1週間程度かかります。

銀行カードローンでお金を借りるなら、申込から1週間程度は余裕がほしいところです。

審査通過からローンカードが手元に届くまでの間、口座振込による借入ができる銀行カードローンもあります。

早めに借りたい場合は審査通過後にすぐ振込融資ができる銀行カードローンを選びましょう。

 
 

今後の急なお金の支払いに備えたい人

カードローンは契約後に必ずお金を借りなければならないわけではありません。

クレジットカードのキャッシング枠のように普段は使わないけれど、いざという時の支出に備えて契約だけしておくこともできます。

銀行カードローンはクレジットカードのキャッシングよりも上限金利が低いです。

さらに返済方法も多くいつでも一括返済が可能なため、支払日が決まっているクレカのキャッシングより無駄に日割り利息を払うことも少なくなります。

お金が足りなくなったときに備えて、時間的に余裕のあるうちに銀行カードローンの契約も済ませておきましょう。

いざという時に慌てて消費者金融に申し込んだり、クレカのキャッシングを使うより低い金利でお金を借りて対処できます。

 
 
この記事の著者

ブライトリーチ「カードローンの知識」編集部:川崎浩

金融ライター歴10年以上。長年の取材経験からFX、株式、クレジットカード、カードローンに精通。本記事では貸金業務取扱主任者FP技能士の有資格者、金融会社勤務経験者と協同し、その知識と経験をわかりやすくまとめ伝えることに心を砕いている。

※みずほ銀行カードローン:住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%〜13.5%です。※アコム:当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しアコム社から委託を受け広告収益を得て運用しております。※レイク:※審査結果表示は年末年始を除く8時10分〜21時50分の間。毎月第3日曜日は8時10分〜19時まで。上記以外の時間帯は審査結果をメールで連絡。※初回お借入れ額5万円まで180日間無利息は契約額1万円~200万円まで ※初回Webで申込むと60日間無利息はWebで申込いただき、ご契約額が1~200万円の方。30日間、60日間、180日間無利息と併用不可。ご契約額が200万超えの方は30日無利息のみになります。Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません。無利息期間経過後は通常金利適用。※初回契約翌日から無利息 ※最短即日融資は21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。審査によりご希望に沿えない場合がございます。・申込資格:年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方、ご自分のメールアドレスをお持ちの方、日本の永住権を取得されている方・遅延損害金(年率):20.0%・ご返済期間・回数:最長5年、最大60回・担保・保証人:不要・必要書類:運転免許証、※収入証明(契約額に応じて、新生銀行フィナンシャルが必要とする場合)新生フィナンシャル株式会社貸金業登録番号:関東財務局長(10) 第01024号

【編集方針】
当記事は金融業界の知識・経験が豊富なライター陣を擁し、可能な限り外部の専門家の監修を受けつつ制作しています。
金融商品についてはメリットだけでなくデメリットも明記し、誇張・偏向・捏造を排し極力中立的な視点に立って執筆しています。
掲載されている記事内の事象・データは官公庁、公的機関、金融機関、関連団体等からの信頼性の高い情報をソースとして引用・参照しています。
ブログやSNS投稿を情報ソースとする場合もございますが、こちらは特定の意見や見解を紹介する目的以外で引用・参照することはありません。
詳しくは編集方針をご覧ください。

※当サイトはローン商品の一般的な情報提供を目的としております。各金融機関・サービス事業者とお客様の契約・取引に関していかなる関与もいたしません。
※当サイトに掲載されているカードローン等の商品・サービスに関するご質問・お問い合わせにはお答えできません。各金融機関・サービス事業者へ直接お問い合わせください。
※当サイトに掲載されている商品・サービスには、契約時に所定の審査が行われるものがございます。本サイトに掲載の情報は、個人の審査結果について保証するものではございません。
※当サイトでは可能な限り正確な情報の掲載に努めておりますが、掲載内容の正確性や安全性を保証するものではありません。特に商品・サービス等の最新情報につきましては各金融機関・サービス事業者の公式サイトにてご確認ください。
※ローン商品のお申し込みは、必ずご自身で各金融機関・サービス事業者公式サイトで内容をご確認の上、行っていただきますようお願いいたします。
※カードローンのご利用はお借り入れ条件をご確認の上、計画的なご利用をお願いいたします。借りすぎには注意しましょう。
※当サイトのカードローン関連記事・広告のお問い合わせは「お問い合わせ」までお願いいたします。

トップページカードローン > 銀行カードローンの安心おすすめ5選|全113行の金利・ATM・審査の比較一覧