仮想通貨ライトコインとは?特徴やチャート、将来性から今後の展望を徹底解説!

プロモーション

仮想通貨を最高利率10%で運用

 

ビットレンディングは今だけ、新規口座開設&貸出開始をするだけで、もれなくアマゾンギフトカード2,000円がもらえます!

  • ビットコイン(BTC)年利 8%
  • テザー(USDT)年利 10%

など、高利回りが実現!

ビットレンディングはテラショックやFTX破綻、 SVB破綻など市場が混乱するニュースがあった中でも問題なく運営しているため、安心して利用できます。

無料口座開設は3分程度の入力で完了。
ぜひこのチャンスを見逃さず登録しておきましょう。

「ライトコインはどんな通貨?」

「ライトコインの将来性は?」

「ライトコインの購入方法を知りたい!」

上記の悩みを解決します。

2011年に誕生したビットコインから派生した通貨であるライトコイン。

ビットコインと比べると高速な処理ができるため、実用的な通貨として注目を集めている仮想通貨です。

しかし、ライトコインがどんな特徴で、今までそのような価格変動があったのか気になりませんか?

そこで本記事では、ライトコインの特徴・チャート・将来性から分かる今後の展望を、初心者の方でもわかりやすく解説していきます。

記事を読むことで、ライトコインについて理解できることやビットフライヤーなどの取引所での購入方法がわかります。

本記事でわかること

  • ライトコインは発行上限8400万枚で時価総額ランキングも高く人気の通貨

  • ビットコインよりも処理能力が優れていて、決済手段として利用されている

  • 現在の価格は10000円(2023年3月)付近で、過去には50000円台の価値があった

  • 2023年8月に半減期が予定されているため、上昇が期待できる

  • 国内取引所ではビットフライヤーで購入できる

もくじ

  • 仮想通貨ライトコインとは?

  • 仮想通貨ライトコインの特徴【4つ】

  • 仮想通貨ライトコインのチャート

  • 仮想通貨ライトコインの将来性【4つ】

  • 仮想通貨ライトコインの今後の見通し

  • 仮想通貨ライトコインの購入におすすめの取引所3選

  • 仮想通貨ライトコインの購入方法【3ステップ】

  • 仮想通貨ライトコインに関するよくある質問

  • 【まとめ】仮想通貨ライトコインは今後も将来性がある

仮想通貨ライトコインとは?

引用:ライトコイン公式ホームページ

LTC(ライトコイン)の基本情報

通貨名 Litecoin(ライトコイン)
通貨記号 LTC
価格 10,227円※
発行日 2011年10月7日
時価総額ランキング 14位※
時価総額 740,942,932,874円※
発行上限 8,400万枚
国内取扱取引所 ビットフライヤー・コインチェック・GMOコイン・DMMビットコイン・bitbank・SBI VC トレード・BITPOINT・LINE BITMAX・BitTrade・ZAIFなど
公式サイト https://litecoin.com/

引用:Coin Market Cap

※2023年3月10日時点

ライトコインとは、2011年にチャーリー・リー氏によって作成された仮想通貨の1つで、ビットコインの技術を応用した分散型オープンソースの通貨です。

時価総額ランキングも14位と流動性があり、多くの投資家に人気があります。

ビットコインよりも処理能力が高いため、決済スピードが速く手数料も安価であることが特徴です。

発行枚数はビットコインの4倍である8,400万枚で、実際に決済として利用することを目的に作られています。

ビットコインと互換性があり、ビットコインのウォレットやマイニングソフトウェアなど多くの製品に採用されています。

仮想通貨ライトコインの特徴【4つ】

ライトコインは以下の4つの特徴があります。

  1. 処理能力が優れている

  2. Segwit(Segregated Witness)の導入

  3. 公式ウォレット(Litecoin Core)がある

  4. 安い手数料で決済できる

1.処理能力が優れている

ライトコインの特徴1つ目は、処理能力に優れていることです。

ライトコインはブロックを作成できる時間が2分半とトランザクション処理が速く、ビットコインはブロック処理が10分かかるため4倍も速く処理できます。

ライトコインは処理速度が速く流動性があることで、実際の企業でも決済手段として利用されています。

ビットコインよりも処理が速く、信頼できる通貨であることが採用されている理由の1つになっています。

2.Segwit(Segregated Witness)の導入

ライトコインの特徴2つ目は、Segwit(セグウィット)を導入していることです。

ライトコインは2017年にSegWitを導入しており、トランザクション処理を改善する目的で導入されました。

SegWitを導入したことで処理能力が向上しました。さらに取引手数料もおさえることができたため、2017年に注目され価格が上昇しています。

Segwit(セグウィット)とは「Segregated Witness(Witness=隔離された署名領域)」の略語です。Segwitはトランザクション情報をコンパクトに圧縮することで、ビットコインの抱えていたスケーラビリティ問題の解決が期待される技術です。

引用:DMM Bitcoin

3.公式ウォレット(Litecoin Core)がある

ライトコインの特徴3つ目は、公式のウォレットを利用できることです。

ライトコインの公式ウォレットは「Litecoin Core」と呼ばれており、ハッキングなどのリスクが少ないデスクトップウォレットとして利用できます。

パソコンに「Litecoin Core」をダウンロードして、ライトコインを入金・送金ができます。

入金や送金でソフトを起動しない限りネットワークにつながっていないため、安心して保管できます。無料でダウンロードして使えるため、気軽に利用できます。

4.安い手数料で決済できる

ライトコインの特徴4つ目は、処理能力が優れていることで安い手数料で決済できることです。

ビットコインに比べるとブロックサイズが小さく取引がスムーズに行えることやSegWit導入でトランザクションが大きくなるため、手数料が少なくできることです。

手数料が安いことや処理が速いことで、世界中で多くの店舗がライトコインを決済手段として利用しています。

ビットコインに比べコストパフォーマンスの良いため、今後もライトコインを導入する店舗が増えていくでしょう。

仮想通貨ライトコインのチャート

2014年から現在までのライトコインの価格変動を確認してみましょう。

これまでのチャートを振り返ることで相場の傾向が見えてきます。

ライトコイン【2014年~2022年の価格チャート】

【2014年~2019年までのチャート】

引用:CoinMarketCap

ライトコインは2013年の11月頃に仮想通貨全体が上昇する影響で3,000円台まで上昇しました。

その後、ビットコインの規制によって下落し、2017年まで100円〜500円台の間を推移していました。

2017年4月頃から徐々に上昇し始め、12月には急激に34,000円台まで上昇しましたSegWitで注目を集めたことや、仮想通貨全体の盛り上がりが影響しています。

その後、仮想通貨全体の下落により、1,000円台まで下落していますが、2019年に半減期の影響で、再び15,000円付近まで急激に上昇しています。

【2020年~2022年までのチャート】

引用:CoinMarketCap

2020年にペイパルが仮想通貨決済をはじめると発表し、ライトコインも対応通貨に採用されていたことで徐々に上昇しています。

2021年になるとビットコインとともに仮想通貨全体が盛り上がりのため、5月頃には40,000円付近まで上昇しました。

その後、中国の仮想通貨規制やテスラのビットコイン決済の中止などの影響を受けて2022年の6月まで下落しています。

ライトコイン【直近の価格チャート】

引用:CoinMarketCap

最近1年間のチャートでは2022年6月に6,000円付近まで下落していますが、その後2023年3月現在まで徐々に上昇している傾向にあります。

2022年の6月が中長期下落トレンドの底になっていることも考えられるため、今は様子見している感じですが、上昇していくことも期待できます。

仮想通貨ライトコインの将来性【4つ】

ライトコインには以下の将来性が4つあります。それぞれ見ていきましょう。

  1. 2023年に3回目の半減期がある

  2. 店舗で決済として利用

  3. デビットカード「BlockCard」が利用できる

  4. 「MimbleWimble」の導入

1.2023年に3回目の半減期がある

将来性の1つ目は、2023年8月に半減期が予定されていることです。

前回、2019年の半減期では、最安値から5倍ほどの上昇をしています。

前回と同様の盛り上がりを見せるのであれば、8月へ向けての価格上昇も期待できます。

2.店舗で決済として利用

将来性の2つ目は、企業の決済手段としてライトコインが利用されていることです。

ライトコインは現在、世界の店舗やネットショッピングで決済として使われています。

ライトコインを決済手段として利用している企業は、以下のとおりです。

ライトコインを決済手段として利用している企業

  • Overstock

  • eGifter

  • Travala

  • CheapAir

3.デビットカード「BlockCard」が利用できる

将来性の3つ目は、デビットカードである「BlockCard」が利用できるようになっていることです。

アメリカの仮想通貨企業であるTernioが提供するサービスで、ライトコインやその他の仮想通貨に対応しています。

ウォレットアプリである「BlockCard」にライトコインをチャージして、カードを日常的に利用することができます。

「BlockCard」が店舗で実用的に使われるようになれば、ライトコインの流動性が高まり、将来的に価格上昇にも期待できます。

4.「Mimble Wimble」の導入

将来性の4つ目は、大型アップグレードで「Mimble Wimble(ミンブルウィンブル)」を導入していることです。

「Mimble Wimble」を導入することで、プライバシーの保護でのセキュリティ強化や取引速度が向上することが考えられます。

トランザクションの情報を簡略化できる「Mimble Wimble」で処理速度が速くなれば、トランザクション処理が遅いとされるライトコインの課題を解決できるでしょう。

仮想通貨ライトコインの今後の見通し

将来性やチャートから踏まえた今後の展望として、ライトコインは多くの取引所や決済手段として利用されてきていることから需要が高まる可能性があります。

さらにMimble Wimbleの導入で、処理速度が上がることやプライバシーが保護されるなどライトコインの機能性の面からも将来性があります。

また、2023年8月に半減期が予定されているため、大きく価格が動く可能性もあります。

仮想通貨全体の盛り上がりをきっかけに、再度最高値まで上昇することも考えられます。

仮想通貨ライトコインの購入におすすめの取引所3選

仮想通貨ライトコインを購入するのには以下の3つの取引所がおすすめです。

  1. bitFlyer(ビットフライヤー)
  2. LINE BITMAX
  3. BitTrade

1.bitFlyer(ビットフライヤー)

引用:ビットフライヤー

ビットフライヤーのおすすめポイント

  • 住信SBIネット銀行からクイック入金なら手数料無料

  • ビットコインがキャッシュバックされるクレジットカード

  • 7年以上ハッキング0でセキュリティが高い

  • Lightning FXでレバレッジ取引

  • 1円から仮想通貨が購入できる

ビットフライヤーは2014年に設立された取引所で、ライトコインをはじめ19種類の仮想通貨を取引できます

現物取引はもちろんレバレッジ取引や積立など異なる取引サービスも提供しています。

仮想通貨をコールドウォレットで管理したり、顧客の資産とビットフライヤーの資産で分別管理されているため、安心して仮想通貨を預けられます。

1円という少額から投資できるため、失敗してもリスクが少なく初心者でも気軽に始められる取引所です。

>>ビットフライヤーで口座開設する

2.LINE BITMAX

LINE BITMAXのおすすめポイント

  • LINE上から口座開設や取引ができる

  • 仮想通貨をコールドウォレットで管理

  • 1円から仮想通貨の取引ができる

  • LINEアカウントで誰でも登録できる

  • はじめての方は無料でLINKがもらえる

LINE BITMAXはLINEアプリと連携しているため、簡単に取引が開始できます。

7種類の仮想通貨が取引可能でライトコインも取り扱いがあります。

LINKという独自の仮想通貨を取り扱っているのも特徴で、はじめての方はキャンペーンで口座登録するともらえます。

その他、展開している事業としてNFTマーケットプレイスである「LINE NFT」やウォレットサービスである「DOSI Wallet」など、今後必要なサービスをそろえており、今後が期待される取引所です。

>>LINE BITMAXで口座開設する

3.BitTrade

BitTradeのおすすめポイント

  • 27銘柄と仮想通貨の種類が豊富

  • サービス開始以来ハッキングゼロ

  • 2円から仮想通貨が購入できる

  • レバレッジ取引や貸仮想通貨などサービスが豊富

  • APIを利用した自動売買ができる

ビットトレードは国内取扱い銘柄数No.1で、ライトコインを含む27銘柄の仮想通貨が取引ができます

クイック入金手数料や販売所取引手数料などが無料で、2円から投資が始められます。

そのため、初心者でもリスクが少なく気軽に取引ができるでしょう。

ビットトレードの口座申し込みは最短5分で完了するため、すぐに開始したい方には向いています。

コールドウォレットで資産管理していることや24時間365日システム監視をしているため、セキュリティが万全な取引所です。

>>BitTradeで口座開設する

仮想通貨ライトコインの購入方法【3ステップ】

ライトコインの購入方法を以下の3ステップで紹介します。

bitFlyer(ビットフライヤー)で口座開設のやり方を紹介します。

STEP1:bitFlyer(ビットフライヤー)で口座開設

STEP2:日本円の入金

STEP3:ライトコインを日本円で購入

STEP1:仮想通貨取引所で口座開設

ライトコインを購入できるbitFlyer(ビットフライヤー)で口座開設します。

口座開設の手順は以下のとおりです。

口座開設の手順

  1. ビットフライヤーの公式サイトへアクセスして、メールアドレスを登録

  2. パスワードや二段階認証の設定

  3. 個人情報の入力

  4. 本人確認

>>ビットフライヤーの口座開設に関する詳しい内容はこちら

STEP2:日本円の入金

口座開設の次はライトコインに交換するための日本円を入金します

入金方法は以下の3つの方法がありますが、インターネットバンキング入金で住信SBIネット銀行を利用すると手数料無料で入金できます。

日本円の入金方法

  • 銀行振込

  • インターネットバンキングで入金

  • コンビニ入金

引用:ビットフライヤー

日本円の入金手順

  1. ビットフライヤーの公式サイトからログインする

  2. 入出金をクリックして、「銀行振込」「インターネットバンキングで入金」「コンビニから入金」のいずれかを選ぶ

  3. 「銀行振込」は表示された口座へ入金します。「インターネットバンキングで入金」は金額を入力して、ネットバンキングの手続き、「コンビニから入金」は金額を入力して、コンビニの収納代行で手続きします。

STEP3:ライトコインを日本円で購入

日本円を入金したあとは、ライトコインを購入します。

ライトコインの購入は以下の手順です。

ライトコインの購入手順

1.ホーム画面で販売所をクリックします

2.ライトコイン(LTC/JPY)を選択する

3.ライトコインの画面で「買う」をクリックします。

4.金額を入力して「買い注文を確定する」をクリックすると購入完了です

仮想通貨ライトコインに関するよくある質問

Q1ライトコインの半減期はいつ?

Q2ライトコインはどうやって保管しますか?

Q3ライトコインの最新ニュースは?

Q4ライトコインに投資しても大丈夫?

Q5ライトコインは今後上昇する?

 Q1ライトコインの次の半減期はいつ?

次のライトコインの半減期は2023年8月ごろに予定されています。

半減期は4年ごとに行われますが、前回の半減期は2019年8月に行われました。

半減期付近になると価格が上下に大きく動くため、投資している方から注目されています!

ただし、相場が大きく動くことでリスクも大きくなるので注意しましょう。

Q2ライトコインはどうやって保管しますか?

ライトコインを購入した後の保管には、以下の方法があります。

ご自身の投資スタイルにあわせた利便性や安全性を考えたうえで保管方法を決めることが大切です。

デスクトップウォレット パソコンにウォレットをインストールしてソフトに保管する
ハードウォレット Ledger nanoなどのハードウォレットを購入して媒体に保管する
ペーパーウォレット 秘密鍵を紙媒体に印刷して保管する
取引所のウォレット 仮想通貨取引所にそのまま保管する

 Q3ライトコインの最新ニュースは?

ライトコインの最新ニュースを確認するサイトは、以下のようなものがあります。

最新の情報を知ることで、相場の値動きに対応できます。

Q4ライトコインは今後上昇する?

チャート形状の視点からは、過去に価格が3万〜4万円を推移していた時期もあり、3〜4年に1回のペースで大きな上昇があります。

現在は約1万円なので再度上昇することも考えられるでしょう。

2023年は半減期ということもあるため、そのことが原因で上昇する可能性もあります。

ただし、仮想通貨は急激に変化することが多いので、リスクも考えたうえで投資をしましょう。

【まとめ】仮想通貨ライトコインは今後も将来性がある

今回は、ライトコインの特徴・チャート・将来性から分かる今後の展望を解説しました。

まとめると以下のようになります。

  • ライトコインは、ビットコインに比べると処理能力が速く、手数料が安い

  • ライトコインの半減期は2023年8月なので上昇も期待できる

  • ライトコインで決済できる店舗があり、今後も増える可能性がある

  • ライトコインの価格が過去に2度も5万円を超えているので、今から上昇する可能性がある

  • ライトコインはビットフライヤーで購入できる

今後、店舗やネットショッピングでの決済手段として使用する人が増えれば、流動性が増して価格も上昇することが期待できます。

ビットフライヤーで購入して、ライトコインの価格上昇を期待しましょう!

仮想通貨を最高利率10%で運用

 

ビットレンディングは今だけ、新規口座開設&貸出開始をするだけで、もれなくアマゾンギフトカード2,000円がもらえます!

  • ビットコイン(BTC)年利 8%
  • テザー(USDT)年利 10%

など、高利回りが実現!

ビットレンディングはテラショックやFTX破綻、 SVB破綻など市場が混乱するニュースがあった中でも問題なく運営しているため、安心して利用できます。

無料口座開設は3分程度の入力で完了。
ぜひこのチャンスを見逃さず登録しておきましょう。