仮想通貨(ビットコイン)がやめとけと言われる理由は?本当にやめといた方が良いの?

プロモーション

「仮想通貨、やめとけ」という言葉を聞いたことがありますか?

多くの人が仮想通貨に対してさまざまな意見を持っており、そのなかには懐疑的な声も少なくありません。一方、仮想通貨は多くの可能性とチャンスを秘めているという意見も存在します。

本記事では、この疑念と魅力の入り交じる仮想通貨の世界を探り、理性的な判断をサポートする情報を紹介していきます。

仮想通貨は魅力とリスクが共存している世界です。冷静な判断と賢明な投資をサポートし、仮想通貨に対する不安や疑念を解消しましょう。

そして、新たな投資の世界に足を踏み入れる手助けになればと考えています。未来の資産形成に向けて、一歩踏み出しましょう。

仮想通貨をやめとけといわれるのはなぜ?

まず、仮想通貨をやめとけといわれる理由を紹介していきます。

1.ボラティリティが高いから

仮想通貨はボラティリティが高く、投資家にとって潜在的なリスクを高める要因となっています。

ボラティリティとは、価格の急激な変動性を指します。仮想通貨市場では、日々価格が大きく変動することが一般的です。

仮想通貨市場はまだ新興市場であり、根拠となる資産が少ないため、価格が急激に変動することがあります。

2021年のビットコインの価格は、1月初頭に約300万円で始まりましたが、11月には史上最高額の約780万円を記録しました。

高いボラティリティは、仮想通貨投資が急激な価格変動に晒されることを意味します。投資家はこのリスクを理解し、適切なリスク管理戦略を採用することが重要です。また、長期的な視野での投資戦略を検討することも大切です。

2.仮想通貨=ギャンブルだと思っている人がいるから

仮想通貨は、ボラティリティが高く、「億り人」という言葉も流行ったことにより、ギャンブル性が高いものだと思っている人が一定数存在します。

たしかに仮想通貨は値動きが激しく、短期的なトレードでは予想が難しいです。そのため、短期でのトレードを考えている人にとってはギャンブル性が高い金融商品だといえます。

しかし、仮想通貨はギャンブルではなく、ブロックチェーン技術を基盤とする新たな資産クラスです。また、長期的な目線で投資を行えば、決してギャンブル性は高くありません

投資家は信頼性のある通貨や適切なリサーチを通じて、健全な投資判断を行えます。ギャンブルとは異なり、適切な知識と戦略に基づいた投資が可能です。

3.仮想通貨の仕組みが難しいから

仮想通貨はブロックチェーンという技術を基にしているデジタル通貨です。

日本円や米ドルといった法定通貨とは違い、仮想通貨はブロックチェーンを利用することで誰でも生み出せます。そのため、ビットコイン(BTC)以外にも、多くの仮想通貨が存在するため、どれを買えば良いか迷う人は多いでしょう。

また、投資家は投資する通貨を評価するために、リサーチを行います。しかし、仕組みが複雑で、この先どのような発展をとげるのか判断が難しいです。

仕組みが難しいから、「わからないものはやめとけ」という意見がでているのだと予想されます。

4.税金の仕組みが難しいから

仮想通貨に関連する税金の仕組みは複雑です。

株式には「特定口座」があり、自分で税率を計算しなくても、あらかじめ税金が源泉徴収される仕組みがあります。また、株式やFX投資商品と違い雑所得で計上しなくてはいけないため、税率が高くなってしまいます。

他にも、つみたてNISAやNISAなどは、非課税となっており税金の心配をする必要がありません。

そのため、税金面の複雑さや高さから「やめとけ」という人もいます。

しかし、新しい技術だからこそ、得られるリターンや経験もあります。難しいからといって諦めずに挑戦してみてください。

5.投資自体をダメなものだと考えている人が一定数いるから

仮想通貨に限らず投資自体をダメなものだと考えている人は一定数存在します。そのような人たちは「働いて稼いだお金は貯金すべき」だと考えています。

せっかく働いて稼いだお金なのに減ってしまったらどうするのと考えているのかもしれません。

一昔前までは、銀行にお金を預けているだけで金利がつき、お金が増えるという夢のような状態がありました。しかし、今の時代は銀行に預けても金利にはほとんどつきません。

それどころか銀行にお金を預けているうちに円安が進み、持っていた金額の価値が減ってしまう可能性もあります。

自分で調べて納得できる投資であれば決して問題ありません。

やめとけといわれる仮想通貨に投資するメリットは?

続いては、やめとけといわれる仮想通貨に投資するメリットについて紹介します。

1.少額でも取引できる

仮想通貨投資のメリットは、少額から取引できることです。これは多くの人にとって低い投資ハードルを提供し、リスクを最小限に抑えられます。

仮想通貨は、1BTCの価格が300万円と高額なため、高額を用意しないと購入できないと考えている人は多くいます。

しかし、国内の大手仮想通貨取引所「bitFlyer」では、1円から仮想通貨を購入できます。他の取引所でも数百円から購入できるとこも多くあるため、入手ハードルは低いです。

少額からの仮想通貨投資は、リスクを最小限に抑えつつ、投資の足掛かりを提供してくれます。これは新規投資家や資産を分散させたい人にとって魅力的な選択肢となるでしょう。

2.大きなリターンが狙える

仮想通貨投資の魅力は、大きなリターンが狙えることです。市場のボラティリティが高いため、リスクを取ることで高い利益も期待できます。

仮想通貨市場は価格が急激に変動するため、短期間で大きな利益を得る機会があります。また、まだ新しい市場であり、成長の余地が大きいです。新たなプロジェクトや技術の発展により、市場全体が拡大する可能性があります。

例えば、2021年のビットコインの価格は、1月初頭に約300万円で始まりましたが、11月には史上最高額の約780万円を記録しました。

このように仮想通貨市場は大きなリターンを狙える可能性を秘めています

3.長期的にみると値上がりが期待できる

仮想通貨投資は、長期的な視点で見ると値上がりが期待できる可能性があります。これは新しい資産クラスの成長に基づいています。

仮想通貨の始まりは、2010年にビットコイン10,000枚でピザ2枚と交換したことにより価値が認められました。

当初は10,000BTCでピザ2枚だったビットコインは、11年後の2021年には1BTCの最高額である780万円を記録しています。

そのため、ビットコインが始まった当初から10年以上長期的に保有している人の利益は計り知れません。

仮想通貨はまだまだ伸びていく産業だと予想されているため、今から仕込んでおけば将来大きく化ける可能性もあります。

4.24時間取引ができる

仮想通貨市場は24時間取引が可能であり、投資家に柔軟性と利便性を提供します。

株の投資では、株式市場が空いている平日の昼間しか取引ができません。また、FXは平日は24時間取引ができますが、休日は取引ができない状態です。

しかし、仮想通貨は24時間いつでも取引ができるため便利です。仮想通貨では、投資をしたいタイミングで取引ができるため、平日が忙しいサラリーマンでも参加できます。

5.海外への送金が簡単にできる

仮想通貨を使用した海外への送金は、速く、手数料が低く、効率的であるため、国際的な送金に便利です。

従来の海外送金だと手数料が高く時間もかかるため、大変でした。

しかし、仮想通貨の海外送金は送り先のウォレット番号さえわかっていればできるため簡単です。XRP(リップル)などの、送金に特化した仮想通貨を利用すれば、海外送金がものの数分で完了してしまいます。

また、早いだけでなく手数料も安く済むので、海外送金をする際は仮想通貨を利用すると便利です。

【当てはまる人はやめとけ】仮想通貨に向いていない人の特徴

続いては、仮想通貨に向いていない人を紹介します。当てはまる人は、やめといた方が良いかもしれません。

1.短期で稼ぎたい人

短期的な利益を求める人には、仮想通貨投資は向いていないかもしれません。仮想通貨市場のボラティリティには高いリスクが伴います。

仮想通貨市場は価格が急激に変動し、短期間で大きな損失が発生する可能性も高いです。

短期的な取引はチャートを予想する必要があり、熟練の投資家たちを相手にしなくてはならず難しいでしょう。また、仮想通貨の価格は市場のニュースや噂に左右されやすく、感情的な取引がリスクを高める要因となります。

短期取引は高いリスクを伴うため、投資家は冷静な判断と戦略を持つことが重要です。

2.価格変動に耐えられない人

価格変動に耐えられない人には、仮想通貨投資は向いていません。仮想通貨市場のボラティリティは高いため、精神的なストレスを引き起こすことがあります。

仮想通貨市場では価格が急激に変動することが一般的であり、これに対処できないと損失を被る可能性が高まります。価格の大きな変動に対応するためには、冷静な判断と精神的な強さが必要です。

これが欠けると、毎日の価格の移り変わりに反応してしまいパニックに陥りやすくなるので注意しましょう。

3.今の生活がぎりぎりな人

現在の生活がぎりぎりの人には、仮想通貨投資は注意が必要です。仮想通貨は高いリスクを伴い、生活費や急な支出に影響を及ぼす可能性があります。

仮想通貨投資には資金をリスクにさらす必要があり、損失が生活に大きな影響を及ぼす可能性があります。

また、生活費ぎりぎりで投資をすると利益が少しでも出たら売ってしまい、大きなリターンを逃す可能性が高いです。

一部の投資家では、生活費や借金を投資に充て、市場の急落により財政的に困難な状況に陥ったケースが報告されています。

生活費や急な支出に差し支えない範囲で投資を検討することが安全で賢明な選択です。

仮想通貨に向いている人の特徴

続いては、反対に仮想通貨投資に向いている人の特徴を紹介します。

1.長期的に投資できる人

仮想通貨投資には長期的な視点が重要です。価格の変動に対処し、成長を期待するためには耐え忍び、長期的な投資が適しています。

仮想通貨市場は価格変動が激しいため、短期的なトレードではリスクが高まります。長期的な目線を持っている投資家は、この変動に対処しやすいです。

また、仮想通貨の技術はまだ発展途上なところがありますが、着実に成熟しており、長期的な成長が期待されています。

仮想通貨に限りませんが投資では、長期的な視点を持つことが成功につながりやすいです。価格変動に対処し、テクノロジーの進化を追跡しながら、将来の成長を期待していきましょう。

2.常に学び続けられる人

仮想通貨市場は急速に変化するため、常に学び続け、最新の情報を追跡できる人が成功しやすいです

仮想通貨市場は新たなトレンドや技術が次々と現れるため、市場の動向を把握する必要があります。

2021年では仮想通貨のバブル時期を迎えており、ビットコインの価格は約780万円を記録していました。2022年には価格は落ちていましたが、NFTのような仮想通貨に関連する技術が台頭していました。

また、2024年にはビットコインの半減期がきます。過去2回の半減期では、直後に価格が高騰したため、今回の価格動向も注目度が高いです。

このように仮想通貨の世界では、トレンドが著しく変化するため、常に学び続けられる人だと向いているといえます。

仮想通貨投資を始める際の注意点

続いては、仮想通貨投資を始める際の注意点を紹介します。

1.「販売所」と「取引所」の違いを理解する

仮想通貨投資を始める際、まず「販売所」と「取引所」の違いを理解することが重要です。これを理解するかどうかで、手数料を払う量が変わります。

仮想通貨取引所には「販売所」と「取引所」の2通りの購入方法があります。

販売所は簡単かつ確実に購入できますが、購入価格と売却価格の差が大きいです。販売所でビットコインを購入してすぐに売ろうとしても、その差でマイナスとなってしまいます。

取引所は取引操作が難しいですが、購入価格と売却価格の差が少なく、販売所より安く購入できます。

仮想通貨投資を始めたいなら、取引所を使えるようになりましょう

2.余剰資金で行う

仮想通貨投資を始める際、余剰資金を使用することが重要です。これは投資に伴うリスクを最小限に抑え、生活費や急な支出に差し支えないためです。

投資の基本は余剰資金で行うことだといわれています。仮想通貨でも、それは変わらず余剰資金を利用しましょう。

余剰資金を投資に充てることで、値動きに関する過度なストレスを軽減でき、長期的な投資につながります。

リスクを最小限にし、心理的な安定を保ちながら投資に取り組むことが重要です。

3.海外の取引所をいきなり利用しない

仮想通貨投資を始める際、海外の取引所をいきなり利用するのはリスクが高いため避けましょう。

まずは国内の信頼性の高い取引所を利用し、基本的な知識を身につけることが大切です

海外の取引所の中には詐欺的なプラットフォームも存在し、投資家が被害に遭うことがあるため注意が必要です。

また、各国の規制環境や法律が異なるため、海外取引所は国内取引所とは異なるリスクがあります。

安全性を最優先に考え、リスクを最小限にするために行動しましょう。

初心者にもおすすめな仮想通貨投資方法

続いて、初心者にもおすすめな仮想通貨投資方法を紹介します。

1.レンディング

仮想通貨のレンディングは、持っている通貨を貸し出すことで利息を稼ぐ方法です。利息をそのまま利用できるので、複利で運用できます。

レンディングはサービスを提供しているプラットフォームで期間を決めて、仮想通貨を預けるだけで利用できるので、簡単です。

銀行に預けているだけでは金利が0.001%ほどしかつきませんが、レンディングなら年率10%も狙えるため、リターンも大きいです。

初心者にとって、レンディングは比較的低いリスクで始めやすい仮想通貨投資方法だといえます。安定した利回りを期待できるため、資産の増加を穏やかに追求できます。

2.積立投資

定期的に一定額の資金を投入し、市場の平均価格を利用して仮想通貨を購入する方法です。

積み立て投資は市場の波を利用し、長期的な安定性を追求します。この方法はドルコスト平均法として知られ、リスクを分散するのに役立ちます。ドルコスト平均法は、仮想通貨だけではなく、投資全般で使われる安定した利益が狙える戦略です。

また、時間をかけて仮想通貨を購入することで、長期的な資産の積み上げが可能です。長期的な投資をしているため、たとえ市場が変動しても、積み立て投資の恩恵を受けとれます。

初心者にとって、積み立て型の投資はリスクを分散し、計画的に資産を構築するのに適した方法です。定期的な投資で仮想通貨ポートフォリオを築くことができます。

3.現物取引

現物取引は仮想通貨の実際の資産を保有する方法であり、初心者にとって市場を理解し、資産を所有することに適しています。

株や不動産など同じ手法なため、イメージしやすいでしょう。

仮想通貨の実際の資産を保有し、価格変動を体験できるため、取引の理解が容易です。また、売らない限り長期保有ができるので、市場の変動に左右されずに成長を期待できます。

仮想通貨投資は初心者でもできるレンディングがおすすめ

引用:ビットレンディング

初心者でもできる仮想通貨の投資方法を紹介しましたが、おすすめなのはレンディングです。

実際にレンディングを始めるなら、数あるサービスのうち「BitLending(ビットレンディング)」がおすすめです。

ビットレンディングは最高金利10%を誇るため、比較的大きな利益が狙えるでしょう。

また、他のレンディングサービスと比べて、貸し出すまでの期間が短い傾向にあります。そのためレンディングを始めたいと思ってから実際に貸し出せるまでが早いです。

懸念点として対応銘柄が5種類しかないため、選択肢が少ないです。しかし、取り扱い通貨はビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)、テザー(USDT)など有名どころが多く安心感があります。

さらにビットレンディングは2023年7月1日〜8月31日まで「1周年記念キャンペーン」を開催中です。期間内に登録し、貸出を開始することでAmazonギフト券2,000円分がプレゼントされます。

ぜひこの機会に登録してみてはいかがでしょうか。

ビットレンディングについて、より詳しく知りたい方は以下の記事を読んでみてください。

https://brightreach.co.jp/cryptocurrency/bitlending

よくある質問

最後に仮想通貨に関するよくある質問を紹介し、回答します。

1.仮想通貨で借金するの?

現物取引やリスクの低い運用法では基本的には問題ありませんが、一部の仮想通貨投資で借金を抱える可能性はあります。

仮想通貨で借金を抱える可能性がある状況は、以下のとおりです。

  • レバレッジを利用し証拠金以上のマイナスを出してしまった
  • 大きな利益を得たがすぐに使ってしまい翌年の税金が払えなかった​​​​​

仮想通貨に限らずレバレッジをかけた取引は、大きなリターンが狙える反面、リスクが高い投資方法です。そのため、初心者がうかつに手を出さないように注意しましょう。

2.仮想通貨はいくらから始められるの?

仮想通貨投資は、少額から始められます。

bitFlyerでは1円から始められますし、他の取引所でも数百円で投資できます。

仮想通貨は通常、小数点以下の単位で購入可能です。つまり、大きな金額を一度に投資しなくても、少額ずつ積み立てられます。

初心者は少額から仮想通貨を購入し、経験を積むことを意識しましょう。市場の変動に慣れるために、小額から始めることは一般的です。

3.ビットコイン以外の仮想通貨に投資するのはどうなの?

ビットコイン以外の仮想通貨も、仮想通貨取引所で購入できます。

他の仮想通貨に投資することは、さまざまな投資機会を追求するうえで有益です。ただし、リサーチとリスク管理が不可欠であり、投資に慎重に取り組むべきだといえます。

ビットコイン以外で有名な仮想通貨は、イーサリアム(ETH)やリップル(XRP)などがあります。

イーサリアムはビットコイン以外の仮想通貨のなかでトップクラスであり、スマートコントラクトプラットフォームとしての役割が注目され、多くの投資家が成功を収めました。

しかし、もっとマイナーな新興の仮想通貨は、大きな利益が期待できる反面、リスクも高いです。

そのため、初心者のうちはビットコインやイーサリアムなど、有名な通貨に投資するようにしましょう

まとめ

仮想通貨はボラティリティが高く、裏付ける技術が難しいため「やめとけ」といわれることがあります。

やめとけという人は、ギャンブルだと勘違いしていたり、そもそも投資を良いものとして扱っていなかったりすることが多いです。

しかし、仮想通貨は革新的で成長が期待できる技術であるため、きちんと理解できれば優秀な投資先だといえます。

仮想通貨は少額から投資できるので、初心者でも参加しやすいです。また、長期的な目線で投資をすれば、これからも価格上昇が期待できます。

仮想通貨という言葉を聞いて怖いものだと思わず、自らリサーチを行い、新しい投資先のひとつとして検討してみてはいかがでしょうか。