仮想通貨ジャスミーとは?これまでの価格推移や今後の将来性を徹底解説!

プロモーション

仮想通貨を最高利率10%で運用

 

ビットレンディングは今だけ、新規口座開設&貸出開始をするだけで、もれなくアマゾンギフトカード2,000円がもらえます!

  • ビットコイン(BTC)年利 8%
  • テザー(USDT)年利 10%

など、高利回りが実現!

ビットレンディングはテラショックやFTX破綻、 SVB破綻など市場が混乱するニュースがあった中でも問題なく運営しているため、安心して利用できます。

無料口座開設は3分程度の入力で完了。
ぜひこのチャンスを見逃さず登録しておきましょう。

  • 仮想通貨ジャスミーってどのような仮想通貨なの?

  • 現在の価格や将来性はどうなの?

  • 国内の仮想通貨取引所で買えるの?

仮想通貨ジャスミーは、個人情報を個人で管理できるよう、データの民主化を目的にした仮想通貨です。今までにない新しい取り組みをしているプロジェクトではありますが、時価総額があまり大きくないため、投資を行う際は慎重に判断しましょう。

本記事では、仮想通貨ジャスミーについて以下の内容を紹介していきます。

本記事でわかること

  • 仮想通貨ジャスミーの特徴

  • 仮想通貨ジャスミーの価格推移

  • 今後の将来性・懸念点

  • 仮想通貨ジャスミーの購入方法

仮想通貨ジャスミーとは

引用:ジャスミー公式サイト

 

仮想通貨ジャスミーは、日本の企業であるジャスミー株式会社が運営している仮想通貨です。

ジャスミー株式会社は、IoT向けのプラットフォームやIoT化戦略とマネジメントの支援を行っています。

IoTとは、「Internet of Things」の略で、「モノのインターネット」と訳されています。今までインターネットに接続されていなかったものを、インターネットに繋げることによって情報交換ができるようになった仕組みです。

またジャスミーコインは、ジャスミー社が提供するエコシステム上で使用する仮想通貨です。ジャスミーコインの基本情報は以下のとおりになっています。

▼仮想通貨ジャスミーの基本情報

仮想通貨 ジャスミーコイン
シンボル ASMY
現在の価格 0.8385円
時価総額 39,746,488,024円
発行上限 500億枚
詳細 公式サイト

※2023年2月26日現在の価格(CoinMarketCap参照)

仮想通貨ジャスミーの特徴

ここからは仮想通貨ジャスミーの特徴について紹介します。

  • 日本で発行された通貨

  • データの民主化の実現を目指している

  • 2種類のオリジナルコアサービスを提供している

日本で発行された通貨

仮想通貨ジャスミーは、日本で発行された仮想通貨です。日本で仮想通貨を発行するには、税金の割合が高く海外に比べて発行するハードルが高いため、日本発祥の仮想通貨は珍しいです。

仮想通貨の代表格である、ビットコインやイーサリアムなどの時価総額が高い仮想通貨は海外で作られています。

しかし仮想通貨ジャスミーは、日本の企業である「ジャスミー株式会社」によって発行されました。日本発祥の仮想通貨は珍しいため、今後は日本を代表する仮想通貨を目指していけるかもしれません。

日本発祥の仮想通貨で有名なのは、モナコインがあります。モナコインについて詳しく知りたい方は、以下の記事をお読みください。

>>仮想通貨モナコインとは?

データの民主化の実現を目指している

仮想通貨ジャスミーは、データの民主化の実現を目指しています。

現在のインターネットは、GAFA(Google、Apple、Facebook、Amazon)が、独占している状態です。そのためインターネット上の個人情報は、GAFAが独占しているといえます。

ジャスミーは、このGAFAに個人情報を独占されている状態から、データを個人で管理する「データの民主化」を目指しています。

またジャスミーコインは、データが民主化されたエコシステム上で、さまざまな役割を持つ仮想通貨です。

2種類のオリジナルコアサービスを提供している

仮想通貨ジャスミーは、2種類のオリジナルコアサービス「セキュアナレッジコミュニケーター」と「スマートガーディアン」を提供しています。

セキュアナレッジコミュニケーターは「SKC」と略されています。SKCはデータの民主化を達成するためのサービス「Jasmy IoT プラットフォーム」のコアサービスです。個人情報を個人で管理するシステムが構築されています。

スマートガーディアンとは「SG」と略される「Jasmy IoT プラットフォーム」の別のコアサービスです。SGを利用すると、IoTデバイスを安全に、ジャスミーのブロックチェーンに登録できます。

仮想通貨ジャスミーのチャート状況

引用:CoinMarketCap

 

仮想通貨ジャスミーの2023年2月26日現在の価格は、1JASMY=0.8385円です。

仮想通貨ジャスミーは、2021年2月に最高値である470円台まで到達しました。その後は、価格が徐々に下がっていき2022年9月に1円台を切ってから、1円未満をキープしています。

ここでは、「コインベース」と「BITPOINT」に上場したタイミングの価格推移について確認していきましょう。

コインベースへの上場タイミング

引用:CoinMarketCap

 

仮想通貨ジャスミーは、2021年10月7日に海外の仮想通貨取引所であるコインベースに上場しました。

上場する前までは、2円台で停滞していましたが、上場後は5円台まで価格が上がっています。その後徐々に価格が上がっていき、上場1週間後の2021年10月12には、10円台に届いています。

そこから価格が下がっていき、再度5円台まで下落しましたが、10月後半から11月前半位かけて価格が上がっていき、11月3日には35円台で取引されていました。

この時期は仮想通貨全体的に市況がよくバブル相場であったため、その影響を受け価格が高騰したと予想されています。

BITPOINTへの上場タイミング

引用:CoinMarketCap

 

仮想通貨ジャスミーは、2021年10月26日に国内の仮想通貨取引所であるBITPOINTに上場しました。

10月7日にコインベースに上場し10円台まで上がり、時間経過に連れて下がっていた価格がBITPOINTの上場日の10月26日に、再度10円台まで戻っています。

その後の1週間は、10〜12円台をキープしていましたが、11月3日に価格が高騰し35円台まで上がっています。

現在は、0.8円台で取引されているため、ボラティリティが高い仮想通貨だといえます。

仮想通貨ジャスミーの将来性

続いては、仮想通貨ジャスミーの将来性について紹介します。

  • ロードマップに沿って進められている

  • IoT技術が発展することで普及の可能性が高い

  • Web3.0と親和性が高い

ロードマップに沿って進められている

引用:ジャスミーロードマップ

 

仮想通貨ジャスミーは、ロードマップが定められており、それに沿って進められています。

2023年の1年間は画像のロードマップが公開されています。

日本語訳は、以下のとおりです。

1. 2023年第1クウォーター

  • ファントークン:コンテンツ更新とプラットフォーム開発

  • SecurePC:AVITAの機能を統合した英語版リリース

  • PDL:AIエンジンの開発

  • コミュニティ:Jasmy Grantローンチ

2. 2023年第2クウォーター

  • ファントークン:ファン感謝デーイベントの開催とアプリ内課金機能の実装

  • PDL:Alエンジンの開発

  • PF開発:カーボンクレジットコンソーシアムの仕様決定

3. 2023年第3クウォーター

  • ファントークン:プラットフォーム相互支援機能のリリース

  • PDL:データマーケティング検証の実施

  • PF開発:カーボンクレジットコンソーシアムの設立

4. 2023年第4クウォーター

  • ファントークン:ジャスミーコイン投資機能の開発

  • PDL:データ価値交換を開始

  • PF開発:カーボンクレジットコンソーシアム開発

参照:BITTIMES

仮想通貨にとって、どのような目的があって進んでいるかは重要です。ユーザーにとっても、将来のやりたいことがわかっている方が、投資しやすいといえます。

IoT技術が発展することで普及の可能性が高い

仮想通貨ジャスミーの将来性は、IoT技術が発展することで普及の可能性が高いです。

ジャスミーの価格変動要因としてIoT技術が発展するかどうかは重要です。運営元のジャスミー株式会社が、IoT向けのプラットフォームやIoT化戦略とマネジメントの支援を行っている企業であるため、IoT技術の発展・普及は大きく関わってきます。

IoTが発展し広がっていくと、IoTとブロックチェーンが組み合わさったオリジナルのプラットフォームを持つジャスミーは注目を集めるでしょう。

Web3.0と親和性が高い

仮想通貨ジャスミーは、Web3.0と親和性が高いです。

Web3.0という言葉を最近よく聞くのではないでしょうか。

Web3.0とは、「分散型インターネット」と呼ばれる次世代のインターネットです。従来のインターネットは、GAFA (Google、Amazon、Facebook、Apple)が個人情報を独占しています。

しかし、ブロックチェーンの技術を利用することで、情報を分散管理することができるので、GAFAによる独占から抜け出し、個人で管理する社会を目指しています。

ジャスミーも「データの民主化」を掲げているプロジェクトなので、Web3.0との親和性が高いです。

今後Web3.0が広がっていくと、ジャスミーの注目度も上がっていくのではないでしょうか。

仮想通貨ジャスミーの懸念点

続いては、仮想通貨ジャスミーの懸念点を紹介します。懸念点は以下のとおりです。

  • 過去に違法に仮想通貨を販売していた?

  • ラグプル(出口詐欺)をしていた?

過去に違法に仮想通貨を販売していた?

ジャスミーは、違法に仮想通貨を販売していません。この件に関しては、公式が完全に否定をしています。

疑われた内容は、ジャスミーが過去に仮想通貨取引所以外で販売をしていたという噂が広がりました。

原因は「ジャスミーと提携している」という嘘をつき、不正な取引を持ちかけていた業者がいたと推測されています。日本では仮想通貨取引所以外が、仮想通貨を販売するのは犯罪です。

しかし、公式からの発表があったように、ジャスミーは違法売買を行っていないので安心して取引をしてください。

ラグプル(出口詐欺)をしていた?

仮想通貨ジャスミーは、ラグプルの疑いをかけられているため、将来性が怪しいという声も挙がっています。

ラグプルとは、仮想通貨の開発者が資金を持ち逃げすることです。初期販売のときに将来性について語り、今後伸び代がある通貨だと思わせることで初期費用を集めて持ち逃げするやり方です。

2022年3月にアメリカのソーシャルニュースサイト「Reddit」に、ジャスミーはラグプルであるという旨の警告記事が投稿されました。

SNSなどでは、運営からの声明を待つ声も聞こえてきましたが、運営元が声明を出すことはなく疑いが晴れていません。

相手にしていないから声明をださないのか、図星だから黙秘しているのかによって大きく変わります。どちらにしても運営元から正式な否定が入らない限り、ジャスミーが成果を出すのは難しいと考える人が多いのではないでしょうか。

仮想通貨ジャスミーを購入するならBITPOINT

引用:BITPOINT

 

取引所名 BITPOINT
取扱通貨数 17種類
最低取引数量 500円以下
取引手数料 無料
入出金手数料 入金:無料
出金:無料(振込手数料のみ負担)
詳細 公式サイト

BITPOINTは最低取引金額が500円以下から始められる、初心者に使いやすい仮想通貨取引所です。

また各種手数料も無料で利用できるため、継続的に利用した際にランニングコストを抑えられます。

さらに、貸して増やす「レンディング」や、預けて増やす「ステーキング」など売買以外にも行える取引が豊富です。

仮想通貨ジャスミーの購入方法

引用:BITPOINT

 

続いては、仮想通貨ジャスミーの購入方法を説明します。

① BITPOINTの口座開設

② 日本円を入金する

③ 販売所で購入する

① BITPOINTの口座開設

まずは、BITPOINTにアクセスして口座開設を行いましょう。

>>BITPOINTの口座開設はこちらから

BITPOINTでの口座開設の流れは、以下のとおりです。

  1. メールアドレスと電話番号の入力

  2. パスワードの設定

  3. 基本情報の入力

  4. 本人確認書類のアップロード

口座開設は無料で行えます。申し込みから口座開設まで、早ければ当日に完了します。

② 日本円を入金する

口座開設が完了したら、BITPOINTに日本円を入金しましょう。

BITPOINTには2通りの入金方法があります。ATMから入金する「振込入金」と、ネット銀行を使った「即時入金」です。

しかし即時入金は、対応しているネット銀行が3つしかないので注意しましょう。仮想通貨の取引において、ネット銀行の口座を1つでも持っておくと便利です。

即時入金に対応しているネット銀行は以下の3つです。

  • PayPay銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • イオン銀行

③ 販売所で購入する

日本円が入金できたら、販売所で仮想通貨ジャスミーを購入しましょう。

BITPOINTでの販売所での購入方法は、以下のとおりです。

  1. 購入したい仮想通貨を選択し、「買う」をクリック

  2. 「コインを買う」の画面へ移動

  3. 購入したい金額を入力

  4. 「確認画面へ」をクリックし、「確定」をクリックして完了

こちらの手順で購入が可能です。購入が完了したら、購入した数量を入手できているか確認しておきましょう。

まとめ

仮想通貨ジャスミーは、データの民主化を目標に掲げており、現在話題のWeb3.0と相性が良いプロジェクトです。そのためWeb3.0が普及し、ジャスミーとの関連性が注目されれば、価格も高騰するのではないでしょうか。

また運営元はジャスミー株式会社であり、日本の企業が運営している珍しい仮想通貨です。ジャスミー社はIoT向けのプラットフォームやIoT化戦略とマネジメントの支援を行っている企業です。

したがってWeb3.0が普及し、ブロックチェーンの技術とIoTの技術が組み合わさったとき、ジャスミーの注目度は上がることが予想できるでしょう。

仮想通貨を最高利率10%で運用

 

ビットレンディングは今だけ、新規口座開設&貸出開始をするだけで、もれなくアマゾンギフトカード2,000円がもらえます!

  • ビットコイン(BTC)年利 8%
  • テザー(USDT)年利 10%

など、高利回りが実現!

ビットレンディングはテラショックやFTX破綻、 SVB破綻など市場が混乱するニュースがあった中でも問題なく運営しているため、安心して利用できます。

無料口座開設は3分程度の入力で完了。
ぜひこのチャンスを見逃さず登録しておきましょう。