仮想通貨モナコインとは?特徴や価格推移、今後の将来性を解説!

プロモーション

仮想通貨を最高利率10%で運用

 

ビットレンディングは今だけ、新規口座開設&貸出開始をするだけで、もれなくアマゾンギフトカード2,000円がもらえます!

  • ビットコイン(BTC)年利 8%
  • テザー(USDT)年利 10%

など、高利回りが実現!

ビットレンディングはテラショックやFTX破綻、 SVB破綻など市場が混乱するニュースがあった中でも問題なく運営しているため、安心して利用できます。

無料口座開設は3分程度の入力で完了。
ぜひこのチャンスを見逃さず登録しておきましょう。

  • 仮想通貨モナコインはどのような通貨なの?

  • どんな使われ方をしているの?

  • 今までのチャートはどんな動きをしていたの?

  • 今後の将来性は期待できるの?

仮想通貨モナコインに対して、このような疑問を持っている人がいるでしょう。

モナコインは日本で誕生した通貨であり、日本人をメインターゲットにした仮想通貨です。

本記事ではモナコインについて以下の内容を紹介します。

本記事でわかること

  • 仮想通貨モナコインとは
  • 仮想通貨モナコインの特徴・使われ方
  • 価格推移や将来性
  • 購入できる取引所や購入方法

仮想通貨モナコインとは

                         引用:モナコイン

 

仮想通貨モナコインは2ちゃんねる(現5ちゃんねる)から生まれた仮想通貨です。

日本発祥であるため、日本人を中心としたコミュニティに利用されています。

他の仮想通貨は全世界のユーザーをターゲットとしている通貨がほとんどですが、モナコインは日本人をメインターゲットにしています。

そのような仮想通貨モナコインの基本情報は以下のとおりです。

 

▼モナコインの基本情報

仮想通貨 モナコイン
シンボル MONA
発行上限 1億512万枚
現在の価格 74.15円
時価総額 4,877,811,788
詳細 公式サイト

※2023年2月20日現在(CoinMarketCap参照)リッチテキストを入力してください

仮想通貨モナコインの特徴

仮想通貨モナコインの基本情報を紹介しました。

ここからはモナコインの特徴について紹介します。

  • 2ちゃんねる(現5ちゃんねる)から生まれた仮想通貨

  • ライトコイン(LTC)をベースに作られた

  • 取引記録を一度に処理できる技術が取り込まれている

2ちゃんねる(現5ちゃんねる)から生まれた仮想通貨

仮想通貨モナコインは、日本の大型掲示板2ちゃんねる(現5ちゃんねる)から誕生した仮想通貨です。

当時2ちゃんねるで流行っていた、アスキーアート(文字や記号で描かれた絵)のキャラクターである「モナー」がモチーフになっています。

モナコインは2013年12月に「Mr.watanabe」と呼ばれる人物が開発しています。当時はゲーム内の独自の通貨として、日本人を中心に利用されてきました。

仮想通貨では珍しく海外での認知が低く、日本人による取引がほとんどの割合を占めています。

そのためモナコインの情報は日本語で公開されており、情報収集の難易度が低いです。ビットコインを始めとする仮想通貨全般は、最新情報を集めるには英語を使わなくてはいけないので難易度が高いと感じる人が多いでしょう。

ライトコイン(LTC)をベースに作られた

仮想通貨モナコインはライトコイン(LTC)をベースにして作られた仮想通貨です。

ライトコインとは、ビットコインの次に歴史を持つ仮想通貨であり、ライトコインはビットコインをベースにして作られています。

よってモナコインライトコインとビットコインの両方の特徴を兼ね備えた仮想通貨だといえるでしょう。

前述した3つの通貨は、コンセンサスアルゴリズムに「PoW(Proof of Work)」を採用しています。コンセンサスアルゴリズムとは、ブロックチェーン上で新たなルールを追加するときにコンセンサス(合意)を行うアルゴリズム(方法)のことです。

また、ビットコインとライトコインの特徴である「半減期」がモナコインにも導入されています。

取引記録を一度に処理できる技術が取り込まれている

仮想通貨モナコインは取引記録を、一度にたくさん処理できる技術が取り込まれています。

このような技術を「Segwit」と呼び、正式名称は「Segregated Witness」です。

仮想通貨が始まった当初からの課題として、取引処理に時間がかかることが挙げられています。このような問題をスケーラビリティ問題と呼び、各通貨で解決を心がけています。

スケーラビリティ問題を解決できると、多くの取引処理を可能にし、決済手段として普及するでしょう。

Segwitの取り入れは世界初の試みであり、ビットコインよりも速い取引処理を可能にし注目を集めました。

仮想通貨モナコインの活用方法

ここからは仮想通貨モナコインの活用方法について紹介します。実際の活用例を理解することで、モナコインへの理解が深まるでしょう。

  • NFTに対応している

  • 配信社への投げ銭として利用可能

  • さまざまなサービスの開発が行われている

NFTに対応している

モナコインのブロックチェーンは、NFTに対応しています。

NFTは代わりの効かないデジタルデータで、アートやゲームなどに利用され、売買が行われています。

モナコインでのNFTの活用方法は、コミュニティーによって、独自のプラットフォームである「MonaParty(モナパーティー)」を開発しました。モナパーティーでは「MONACARD(モナカード)」というトレーディングカード型のNFTを発行しています。

モナパーティーではユーザー同士でカードの交換や、カードバトルを行えます。

また、2022年10月28日には株式会社モナトカがモナカードの取引ができるNFTマーケットプレイス「もなこっと」を開発しました。もなこっとを利用することで、より簡単にモナカードの取引が可能です。

配信者への投げ銭として利用可能

モナコインは配信者への投げ銭として、利用可能です。

2019年12月までライブ配信サービスの「ツイキャス」では、モナコインが投げ銭として利用できました。

他のサービスでは、「ニコニコ動画」や「pixiv」でも利用できます。また「TipBot」というSNS上で仮想通貨を送金してくれるBotサービスでも利用可能です。

TipBotでは他の仮想通貨の送金もできますが、モナコインは送金スピードの速さと、2ちゃんねるから誕生した仮想通貨であるため、多くのファンが既にいることによって利用されています。

ライブ配信者に気軽に投げ銭ができる仮想通貨である点が、モナコインの特徴でしょう。

さまざまなサービスの開発が行われている

モナコインはさまざまなサービスの開発が行われています。

実店舗での利用例として、秋葉原の「パソコンSHOPアーク(ark)」が利用しています。アークでは、販売中のパソコンに関すパーツをモナコインで決済可能です。

他にはECサイトの利用例として、「Monappy」というサイトが利用しています。Monappyは、投げ銭やブログ、イラスト投稿サービスなどを提供しています。このようなサービスの決済にモナコインが利用可能です。

Monappy内での決済はすぐに済み、手数料がかからず送金できます。

仮想通貨モナコインの価格推移

                                                                          引用:CoinMarketCap

 

モナコインの2023年2月20日現在の価格は74.15円です。2022年5月から1MONA=100円台を切り、60円台前後を行き来しています。

2022年の夏場あたりから仮想通貨全体で市況は悪く、価格は下落しています。その影響を受けてモナコインの価格も上がりにくくなっているのでしょう。

モナコインはリリースから7年経過しており、画像は全期間でのチャートです。2017年12月には価格が高騰し2,200円台まで届いています。

この章では各年代ごとの価格推移について確認していきます。

2015年〜2019年の価格推移

                        引用:CoinMarketCap

 

モナコインは開発当初から専用の取引所があり、取引が行われていました。

2015年の出来事は、海外取引所である「Bittrex」での上場したことにより話題となっています。

2017年にはモナコインにとって最高値である、2,200円台まで到達しています。2017年は仮想通貨全体で市況が良い年であり、12月にはビットコインが初めて200万円台に到達しました。

2017年は仮想通貨元年と呼ばれており、モナコインだけではなくほとんどの仮想通貨銘柄において市況がバブル状態でした。

その後の2018年2019年では1,000円台は超えない状態が続いた相場となっています。

2020年〜2022年の価格推移

                        引用:CoinMarketCap

 

2020年は2月に250円台に届いたものの、その後の1年間は100円〜200円台を行き来しているチャートとなっています。

2021年4月には価格が上昇し、一時は450円台まで回復しています。この時期は2017年12月同様に仮想通貨の市況が全体的に良く、モナコインも連動して価格が上がりました。

2022年では100円を切ってしまいますが、仮想通貨全体の市況が悪かったため仕方ないともいえます。

モナコインは、ビットコインのような主要な仮想通貨の値動きと似たような動きをする仮想通貨だといえるでしょう。

仮想通貨モナコインの将来性

ここまではモナコインの誕生から現在までのチャートについて紹介しました。

ここからはモナコインの将来性について紹介します。

  • 半減期が約3年周期で来る

  • 決済手段としての利用が増え始めている

  • 取引所を使わないで個人間で取引可能

半減期が約3年周期で来る

モナコインはこれまで2度半減期を迎えており、次回の半減期は2023年だと予想されています。

半減期の1回目は2017年7月で、2回目は2020年9月です。よって半減期が約3年周期でくると言われており、2023年のどこかの時期で半減期がくるのではないでしょうか。

また過去2回の半減期後に価格が上がっており、3回目の半減期でも価格が上がるのではないかと期待されています。

1回目の半減期では同年(2017年)の12月に、2回目の半減期では約半年後の2021年4月に価格が高騰しています。

そのため半減期後には相場に影響を及ぼす確率が高いと考えられるでしょう。

決済手段としての利用が増え始めている

モナコインを利用した決済が増え始めています。

モナコインを利用できるサービスには「Zaif Payment」や「ビットコインモール」があります。どちらもビットコインでの決済が可能であり、モナコインでの決済も可能です。

またモナコイン決済が可能な店を調べられる「モナップ」というサービスがあります。モナップによると、決済可能な店は10店舗あるそうです。

さらにモナコインはコミケでの決済として使用されています。このまま他にも活用事例が増えるとモナコインの価値も上がると予想できます。

取引所を使わないで個人間で取引可能

モナコインは取引所を使わずに個人間で取引可能です。このようなサービスを「アトミックスワップ」といいます。

通常同じブロックチェーン上の通貨であれば取引所を使わなくても取引可能であり、異なるブロックチェーンでは取引所を使わないと取引できません。

しかしアトミックスワップを利用すると、取引所を利用しなくても異なるブロックチェーン上での取引を可能にします。

仮想通貨取引所を経由し取引をすると、取引所の破綻やハッキングのリスクがあります。そのため第三者を関わらせないアトミックスワップはセキュリティが高いです。

仮想通貨モナコインが購入できる主な取引所3選

ここまではモナコインの特徴や将来性などについて紹介しました。

ここからは購入できる主な国内仮想通貨取引所を3つ紹介します。

  • bitFlyer

  • コインチェック

  • DMM Bitcoin

bitFlyer

                                                                                  引用:bitFlyer

取引所名 bitFlyer
取扱通貨数 18種類
最低取引数量 1円〜
取引手数料 無料
入出金手数料

入金:無料(住信SBIネット銀行のみ)
出金:3万円未満 220円、3万円以上 440円(三井住友銀行)

   3万円未満 550円、3万円以上 770円(三井住友銀行以外)

詳細 公式サイト

 

bitFlyerは1円から仮想通貨を購入できる仮想通貨取引所です。

またbitFlyerは、セキュリティ性が高く7年以上もハッキングが0件を記録しています。

bitFlyerは販売所や取引所、つみたてなどさまざまな購入方法がある取引所です。

コインチェック

                                                                          引用:コインチェック

取引所名 コインチェック
取扱通貨数 17種類
最低取引数量 500円
引手数料 無料
入出金手数料 入金:無料(銀行振込のみ)
出金:407円
詳細 公式サイト

 

コインチェックは取引画面がわかりやすく、初心者でも使いやすい仮想通貨取引所です。

また2021年11月に実施した20代〜60代の投資家300名を対象にしたアンケートでは、国内で1番愛用されている国内取引所に選ばれました。

さらに2021年上半期におけるアプリのダウンロード数でも国内No.1を記録しました。

DMM Bitcoin

                                                                           引用:DMM bitcoin

取引所名 DMM Bitcoin
取扱通貨数

現物取引:18種類

レバレッジ取引:25種類

最低取引数量 1,000円
取引手数料 無料
入出金手数料 入金:無料
出金:無料
詳細 公式サイト

 

DMM Bitcoinは手数料がとにかく安いことが特徴です。入出金・送金手数料が無料なので、取引回数が多い方にはおすすめです。

取引方法についてはレバレッジをかけた取引ができるため、ボラティリティが大きい仮想通貨でより利益を狙える取引ができます。

またDMMグループで培われた高い技術により、セキュリティ性の高さを実現しています。

仮想通貨モナコインの購入方法

ここまで仮想通貨モナコインについて紹介してきました。

ここからはモナコインの購入方法について紹介します。

  • bitFlyerの口座開設

  • bitFlyerへ日本円を入金

  • モナコインを販売所で購入

bitFlyerの口座開設

bitFlyerでモナコインを購入するには、まず口座開設を行う必要があります。

>>bitFlyerの口座開設はこちらから

bitFlyerの口座開設の手順は以下のとおりです。

  1. メールアドレスを入力し登録

  2. 名前や住所など本人情報を入力

  3. オンライン上で本人確認書類と顔写真撮影して提出

オンライン上で完結するため、郵送などの面倒な書類の手続きが必要なく簡単に口座開設できます。

口座開設完了まで2日〜1週間程度かかりますが、早ければ当日に完了する場合もあるため、メールを確認しておいてください。

bitFlyerへ日本円を入金

仮想通貨を購入するには、日本円をbitFlyerの口座に入金する必要があります。

bitFlyerへの入金する際は「住信SBIネット銀行」からクイック入金を利用すると手数料が無料で利用できます。

他の銀行を使うと手数料がかかるため、住信SBIネット銀行を利用するとお得です。

日本円の入金方法は以下のとおりです。

  1. 下タブ「入出金」をタップし、「住信SBIネット銀行」をタップ

  2. 入金したい金額を入力する

  3. 外部サイトに移動するので、住信SBIネット銀行にログインする

  4. 手続きを進めて入金する

完了したらbitFlyerに戻って入金が完了しているか確認してください。

入金が反映されるには時間がかかる場合がありますので注意しましょう。

仮想通貨モナコインを販売所で購入

日本円を入金できたらモナコインの購入に移ります。

仮想通貨取引所では「販売所」と「取引所」の2種類の方法で購入できますが、モナコインは販売所でしか購入できません。

販売所での購入方法は以下のとおりです。

  1. 下タブ「ホーム」より「販売所」を選択する

  2. モナコインを選択し「買う」をタップ

  3. 購入したい金額を入力し「買い注文に進む」をタップ

  4. 金額を確認し「買い注文を確定する」をタップ

上記の流れで購入完了したら、bitFlyer内で反映されているか確認しましょう。

まとめ

ここまでモナコインについて紹介しましたが、内容について確認してみましょう。

  • 日本の大型掲示板2ちゃんねるから誕生しており、日本を中心に使われている

  • ビットコインやライトコインと同じような性質を持っている

  • スケーラビリティ問題を解決できる

  • NFTや投げ銭などさまざまな用途で使われている

  • 約3年周期で半減期がくる

モナコインは上記のような特徴を持った仮想通貨です。

日本発祥の通貨であるため、日本でのファンが多く根強い人気があります。

今後、ビットコインの価格が上がった際に連動して上がったり、決済手段として普及したりしたら価格が上がっていくのではないかと予想できます。

仮想通貨を最高利率10%で運用

 

ビットレンディングは今だけ、新規口座開設&貸出開始をするだけで、もれなくアマゾンギフトカード2,000円がもらえます!

  • ビットコイン(BTC)年利 8%
  • テザー(USDT)年利 10%

など、高利回りが実現!

ビットレンディングはテラショックやFTX破綻、 SVB破綻など市場が混乱するニュースがあった中でも問題なく運営しているため、安心して利用できます。

無料口座開設は3分程度の入力で完了。
ぜひこのチャンスを見逃さず登録しておきましょう。