仮想通貨チェーンリンク(LINK)とは?特徴や将来性、チャートからわかる今後の見通しについて解説!

プロモーション

仮想通貨を最高利率10%で運用

 

ビットレンディングは今だけ、新規口座開設&貸出開始をするだけで、もれなくアマゾンギフトカード2,000円がもらえます!

  • ビットコイン(BTC)年利 8%
  • テザー(USDT)年利 10%

など、高利回りが実現!

ビットレンディングはテラショックやFTX破綻、 SVB破綻など市場が混乱するニュースがあった中でも問題なく運営しているため、安心して利用できます。

無料口座開設は3分程度の入力で完了。
ぜひこのチャンスを見逃さず登録しておきましょう。

「チェーンリンクはどんな仮想通貨?」

「チェーンリンクはこれから上昇する?」

「チェーンリンクの将来性は?」

上記の悩みを解決します。

世界のデータとスマートコントラクトをつなぐことができるチェーンリンク。

GoogleやSWIFTと提携していることで注目されている仮想通貨です。

しかし、詳しい特徴や将来性、購入方法など分からずに困っていませんか?

そこで今回は、仮想通貨チェーンリンク(LINK)の特徴や将来性、今後の見通しについて解説します。

過去チャートや直近のチャートをもとに、どんなタイミングで上昇していたか解説しているため、次回上昇するタイミングの参考にしてみてください。

この記事でわかること

  • チェーンリンクはブロックチェーンと外部サービスが接続できる仮想通貨

  • 「SWIFT」「Google」など大手企業と提供しているため将来性がある

  • チェーンリンクはDefi分野に精通している

  • チェーンリンクはビットフライヤーで購入できる

もくじ

  • 仮想通貨チェーンリンクとは?

  • 仮想通貨チェーンリンクの特徴【4つ】

  • 仮想通貨チェーンリンクのチャート

  • 仮想通貨チェーンリンクの将来性【3つ】

  • 仮想通貨チェーンリンク|今後の見通し

  • 仮想通貨チェーンリンク|購入できる取引所

  • 仮想通貨チェーンリンクの購入方法

  • 仮想通貨チェーンリンクに関するよくある質問

  • 【まとめ】仮想通貨チェーンリンクを購入しよう!

仮想通貨チェーンリンクとは?

引用:チェーンリンク公式サイト

LINK(チェーンリンク)の基本情報

通貨名 Chainlink(チェーンリンク)
通貨記号 LINK
価格 939円※
発行日 2017年9月
時価総額ランキング 19位※
時価総額 485,824,084,004円※
発行上限 10億枚
国内取扱取引所 ビットフライヤー・GMOコイン・DMMビットコイン・bitbank・SBI VC トレード・BITPOINT
公式サイト https://chain.link/

引用:Coin Market Cap

※2023年3月2日時点

チェーンリンクとは、2017年にスマートコントラクト社によって開発された仮想通貨で、ブロックチェーンと他のブロックチェーンや外部サービスを接続するために作られました。DeFiを利用した金融分野やゲーム分野などさまざまな分野で利用されています。

発行枚数は10億枚で、時価総額ランキングも19位※と仮想通貨の中では取引されている人気の通貨です。ビットフライヤーなど国内で取り扱いのある大手仮想通貨取引所も多く、信頼のある仮想通貨です。

※2023年3月2日時点

>>ビットフライヤーで口座開設する

仮想通貨チェーンリンクの特徴【4つ】

仮想通貨チェーンリンクの特徴として、以下のものがあります。

  1. ブロックチェーンと外部サービスの接続

  2. ブロックチェーン同士を接続

  3. SWIFTと提携

  4. 77のユースケース

1.ブロックチェーンと外部サービスの接続

特徴の1つ目は、ブロックチェーンと外部サービスを接続できることです。

時価総額ランキングが高いビットコインやイーサリアムは外部サービスには連携できませんが、チェーンリンクは、外部のサービスと連携できる技術があるため注目されています。

そのため、スマートコントラクトの技術を外部サービスに活用できることから、利用することで企業の業務効率を高められます。

2.ブロックチェーン同士を接続
 

特徴の2つ目は、ブロックチェーン同士を接続できることです。

チェーンリンクは異なるブロックチェーン同士を接続する「クロスチェーン」機能があります。

その性能を利用すると、取引所などを経由せずに異なる仮想通貨を直接交換できるようになるため、取引所へ預けるセキュリティ面や手数料などのコスト面でメリットがあります。

3.SWIFTと提携

特徴の3つ目は、国際送金で有名なSWIFTと提携していることです。

SWIFTは国際送金や決済を提供している企業で、世界中のほとんどの国際送金でSWIFTが利用されています。

チェーンリンクは2016年にSWIFTと提携しており、ブロックチェーンの技術をSWIFTの技術に組み込めば、送金コストや決済の効率化が期待できます。

4.77のユースケース

特徴の4つ目は、77のユースケースで利用されていることです。

チェーンリンクは多くのサービスで利用されており、金融関係やゲーム、政府での利用などさまざまな分野で活用されています。

オラクル機能によりブロックチェーンと外部連携できることで実現されています。

77のユースケース

  • 分散型金融

  • ゲームとランダム性

  • 保険

  • サプライチェーン

  • 公益事業

  • 署名と認証

  • 政府機関

仮想通貨チェーンリンクのチャート

チェーンリンクが登場してから現在までのチャートを紹介します。

過去のチャートを分析することで、上昇するタイミングや、チャートのクセが少しずつ分かるようになります。

チェーンリンク【2017年9月~現在の価格チャート】

引用:Coin Market Cap

2017年9月に20円付近からスタートしたチェーンリンクですが、2021年の5月に向けて徐々に上昇していることが分かります。

2020年から2021年5月にかけて急激に上昇していますが、Defiが注目されたことやオラクル機能の採用が大きな原因といわれています。

アイオーエスティー(IOST)やユニスワップ(Uniswap)などのDefi銘柄はどの通貨も上昇しているため、注目が集まったチェーンリンクも同じように高騰しています。

高騰した時期には5,000円台まで上昇しているため、2017年の20円から約250倍も上昇していることが分かります。

チェーンリンク【直近のチャート】

引用:Coin Market Cap

2021年5月あたりからビットコインの下落に伴って仮想通貨全体が下落相場でした。

チェーンリンクも下落を続けていましたが、2022年5月の終わり頃から700〜1300円の間を行き来するレンジ相場になっており、現在は900円台を推移しています。

仮想通貨チェーンリンクの将来性【3つ】

仮想通貨チェーンリンクに将来性があるポイントとして、以下のポイントが考えられます。

  1. DeFi市場の拡大

  2. 大手企業・政府との提携

  3. 大手取引所への新規上場

1.DeFi市場の拡大

引用:チェーンリンク公式サイト

将来性の1つ目は、DeFi市場が拡大していることです。現在、チェーンリンクが多くのDefi市場で活用されています。

チェーンリンクが導入されているDeFi

  • AAVE

  • Compound

  • SYNTHETIX

  • ENS

これからDefiの需要が高まることによって、チェーンリンクも多くの場所で利用されることが考えられるため、将来性があります。

2.大手企業・政府との提携

引用:Oracle

将来性の2つ目は、大手企業や政府との提携をしていることです。

GoogleやSWIFTなど世界大手の企業と提携しているため、資金が必要とされる新たな開発もできるでしょう。

チェーンリンクのエコシステムには、1,000以上ものプロジェクトが参加しており、これからもプロジェクトが増えていくことが予想されるため将来性があります。

提携している大手企業

  • Google

  • Oracle

  • SWIFT

  • BSN

3.大手取引所への新規上場

将来性の3つ目は、国内外の大手取引所へ新規上場することです。

2022年1月にチェーンリンクは「クラーケン」という海外仮想通貨取引所に上場した際に、価格が高騰した過去があります。

クラーケンの上場での高騰は一時的ではありますが、取引所に上場してチェーンリンクの流動性が高まることによって、価格上昇につながることも考えられます。

上場することで相場が反応することは、チェーンリンクに期待している方が少なからずいるということです。

仮想通貨チェーンリンク|今後の見通し

チェーンリンクはSWIFTなどの大手企業との提携や数々のDefiで導入されています。

さらに、仮想通貨取引所に上場していることなどから将来性があり、世の中がDefi分野を必要としてくれば需要が高まるでしょう。

Defiに関係するチェーンリンクが使われることや仮想通貨市場の盛り上がりが再び過熱してくることがあれば、今後チェーンリンクの価値も高まる可能性があります。

仮想通貨チェーンリンク|購入できる取引所

チェーンリンクが購入できる国内仮想通貨取引所を3つ紹介します。

チェーンリンクが購入できる国内仮想通貨取引所

  1. bitFlyer(ビットフライヤー)

  2. SBI VC トレード

  3. ビットポイント

1.bitFlyer(ビットフライヤー)

引用:ビットフライヤー

bitFlyer(ビットフライヤー)のおすすめポイント

  • 積立投資やレバレッジ取引に対応

  • 1 円から仮想通貨が買える

  • 7 年以上ハッキングゼロ

  • 住信SBIネット銀行からなら手数料が無料

  • Braveブラウザに連携できる

ビットフライヤーは、仮想通貨チェーンリンクなど19種類の仮想通貨に交換可能で、現物取引はもちろん積立・レバレッジ取引ができる取引所です。

1円から仮想通貨が購入できるため、初心者でもリスクの少ない取引ができます。

住信SBIネット銀行からクイック入金なら手数料が無料なので、手数料分を投資にまわせます。

ビットフライヤーは、Braveブラウザに連携できるため、Braveブラウザ上で広告を見れば、報酬でもらえるBATがビットフライヤーのウォレットにそのまま保管できます。

>>ビットフライヤーで口座開設する

2.SBI VC トレード

引用:SBI VC トレード

SBI VC トレードのおすすめポイント

  • 積立・レンディング・ステーキングができる

  • SBI Web3ウォレットでNFTが購入できる

  • レバレッジ取引ができる

  • 日本円の入出金手数料、仮想通貨の送金手数料が無料

  • 最高水準のセキュリティ

SBI VC トレードは、仮想通貨チェーンリンクをはじめ14種類の仮想通貨に対応しています。

積立・レンディング・ステーキングなどさまざまなサービスが利用できるため、ご自身に合わせた取引ができます。

SBI Web3ウォレットでは、日本円を入金するだけでNFTの購入ができるため、MetaMaskなどの外部ウォレットに送金する手間も省けます。

各種手数料も無料で、SBIグループの高いセキュリティのため、手軽で安心した取引が可能です。

>>SBI VC トレードで口座開設する

3.BITPOINT(ビットポイント)

引用:ビットポイント

BITPOINT(ビットポイント)のおすすめポイント

  • 日本初の仮想通貨取扱数No.1

  • 日本円の即時入金手数料が無料

  • 仮想通貨の送金手数料が無料

  • 初心者でも使いやすい取引アプリ

  • レンディング・ステーキングができる

ビットポイントは、仮想通貨チェーンリンクなど17種類の仮想通貨を購入できる取引所です。

DEPやKLAY、JMYなど日本で初めて上場した仮想通貨取扱数がNo.1で、他の取引所では購入できない通貨もあります。

日本円の即時入金や仮想通貨の送金の手数料が無料で、取引アプリも簡単な仕様です。

そのため、初心者でも使いやすく手軽に扱うことができます。レンディングやステーキングもできるため、仮想通貨を長期保有したい方はぜひ利用してみましょう。

>>ビットポイントで口座開設する

仮想通貨チェーンリンクの購入方法

チェーンリンクの購入方法を以下の3ステップで紹介します。

bitFlyer(ビットフライヤー)で口座開設のやり方を紹介します。

STEP1:bitFlyer(ビットフライヤー)で口座開設

STEP2:日本円の入金

STEP3:チェーンリンクを日本円で購入

STEP1:仮想通貨取引所で口座開設

チェーンリンクを購入できるbitFlyer(ビットフライヤー)で口座開設します

口座開設の手順は以下のとおりです。

口座開設の手順

  1. ビットフライヤーの公式サイトへアクセスして、メールアドレスを登録

  2. パスワードや二段階認証の設定

  3. 個人情報の入力

  4. 本人確認

>>ビットフライヤーの口座開設に関する詳しい内容はこちら

STEP2:日本円の入金

口座開設の次はチェーンリンクに交換するための日本円を入金します。

入金方法は以下の3つの方法がありますが、インターネットバンキング入金で住信SBIネット銀行を利用すると手数料無料で入金できます。

日本円を入金する方法

  • 銀行振込

  • インターネットバンキングで入金

  • コンビニ入金

日本円を入金する手順

1.ビットフライヤーの公式サイトからログインする

引用:ビットフライヤー

2.入出金をクリックして、「銀行振込」「インターネットバンキングで入金」「コンビニから入金」のいずれかを選ぶ

引用:ビットフライヤー

3.「銀行振込」は表示された口座へ入金します。

「インターネットバンキングで入金」は金額を入力して、ネットバンキングの手続き、「コンビニから入金」は金額を入力して、コンビニの収納代行で手続きします。

STEP3 チェーンリンクを日本円で購入

日本円を入金すると、チェーンリンクが購入できます。チェーンリンクの購入は以下の手順で行います。

チェーンリンクの購入手順

1.ホーム画面で販売所をクリックします

2.チェーンリンク(LINK/JPY)を選択する

3.チェーンリンクの画面で「買う」をクリックします。

4.金額を入力して「買い注文を確定する」をクリックすると購入完了です

仮想通貨チェーンリンクに関するよくある質問

Q1チェーンリンクとLINEのリンクは同じもの?

チェーンリンクとLINEのリンクは、まったく違う仮想通貨です。

チェーンリンクはスマートコントラクト社が開発した「ChainLink」で銘柄コードは「LINK」。

LINEグループが発行している「LINK」は、銘柄コードが「LN」。

Q2チェーンリンクの最新ニュースを確認する方法は?

チェーンリンクの最新ニュースは以下のサイトで確認できます。

チェーンリンクの新しい情報を得ることで、相場への影響を確認できます。

Q3チェーンリンクは今後上昇する?

2023年3月時点900円台を推移しており、少しずつ相場も回復しています。

過去の傾向から推測すると、仮想通貨が注目をあびるようなことがあると一気に上昇します。

過去の最高値が5,000円台をつけていることから、再び上昇する可能性もあります。

Q4チェーンリンクはどんな提携をしていますか?

チェーンリンクと提携している企業は以下のとおりです。

チェーンリンクと提携している企業

  • SWIFT

  • Oracle

  • google

  • BSN

  • スタークウェア

【まとめ】仮想通貨チェーンリンクを購入しよう!

今回は、仮想通貨チェーンリンク(LINK)の特徴や将来性、今後の見通しについて解説しました。

まとめた内容は以下のようになりました。

  • チェーンリンクは分散型オラクルとしてシェアNo.1を維持している

  • チェーンリンクはブロックチェーンと外部サービスの間で接続する役割がある

  • チェーンリンクはSWIFTや他の大企業と提携しているため将来性がある

  • チェーンリンクは多くの国内仮想通貨取引所に上場している

信頼できるパートナーと提携していることで、将来性がある仮想通貨チェーンリンクです。

少額からビットフライヤーで購入して、将来への投資をはじめてみませんか?

仮想通貨を最高利率10%で運用

 

ビットレンディングは今だけ、新規口座開設&貸出開始をするだけで、もれなくアマゾンギフトカード2,000円がもらえます!

  • ビットコイン(BTC)年利 8%
  • テザー(USDT)年利 10%

など、高利回りが実現!

ビットレンディングはテラショックやFTX破綻、 SVB破綻など市場が混乱するニュースがあった中でも問題なく運営しているため、安心して利用できます。

無料口座開設は3分程度の入力で完了。
ぜひこのチャンスを見逃さず登録しておきましょう。