ビットコインキャッシュとは?今後の見通しや将来性、購入方法まで徹底解説!

プロモーション

仮想通貨を最高利率10%で運用

 

ビットレンディングは今だけ、新規口座開設&貸出開始をするだけで、もれなくアマゾンギフトカード2,000円がもらえます!

  • ビットコイン(BTC)年利 8%
  • テザー(USDT)年利 10%

など、高利回りが実現!

ビットレンディングはテラショックやFTX破綻、 SVB破綻など市場が混乱するニュースがあった中でも問題なく運営しているため、安心して利用できます。

無料口座開設は3分程度の入力で完了。
ぜひこのチャンスを見逃さず登録しておきましょう。

「ビットコインキャッシュはどんな通貨?」

「ビットコインキャッシュを購入して大丈夫?」

「ビットコインキャッシュは今後価格が上昇する?」

上記の悩みを解決します。

ビットコインからハードフォークによって誕生したビットコインキャッシュ。

ビットフライヤーやコインチェックなどさまざまな国内仮想通貨取引所で取り扱いがあり、人気のある仮想通貨です。

とはいえ、ビットコインキャッシュはどんな特徴や将来性があり、どのようにして通貨を購入すればよいか知りたいと思いませんか?

そこで今回は、ビットコインキャッシュの特徴や将来性、さらに購入できる取引所や購入方法まで解説します。

本記事で説明している値動きや将来性を確認して、今後のビットコインキャッシュを購入するときの参考にしてみてください。

本記事でわかること
  • ビットコインキャッシュとは?

  • ビットコインキャッシュの特徴【3つ】

  • ビットコインキャッシュのチャート

  • ビットコインキャッシュの今後の見通し

  • ビットコインキャッシュの将来性【3つ】

  • ビットコインキャッシュが期待できる理由

  • ビットコインキャッシュの購入におすすめの取引所3選

  • ビットコインキャッシュの購入方法【3ステップ】

  • ビットコインキャッシュに関するよくある質問

  • 【まとめ】ビットコインキャッシュは今後も将来性がある

ビットコインキャッシュとは?

引用:ビットコインキャッシュ公式サイト

BCH(ビットコインキャッシュ)の基本情報

通貨名 Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)
通貨記号 BCH、BCC
価格 18,262円※
発行日 2017年8月1日
時価総額ランキング 29位※
時価総額 352,963,690,392円※
発行上限 2100万枚
国内取扱取引所 ビットフライヤー・コインチェック・GMOコイン・DMMビットコイン・bitbank・SBI VC トレード・BITPOINT・LINE BITMAX・マネックビットコイン・ZAIFなど
公式サイト https://bitcoincash.org/ja/

引用:Coin Market Cap  ※2023年3月2日時点

ビットコインキャッシュとは、2017年8月にビットコインからハードフォーク※で誕生した仮想通貨で、発行枚数はビットコインと同じ2100万枚です。ほとんどの国内仮想通貨取引所で売買でき、現在は時価総額ランキングも29位です。しかし、過去には10位以内に入っていたこともあるため、昔から人気のある仮想通貨です。

引用:ビットコインキャッシュ公式サイト

ビットコインよりも処理速度が速いことや手数料が安いことが特徴で、実際に決済手段として利用もされています。

世界共通に使われているビットコインキャッシュの特徴を細かく見ていきましょう。

※ハードフォークとは、ブロックチェーンのプロトコルに規定された検証規則を緩和することによって発生するブロックチェーンの分岐のことです。

引用:ビットフライヤー

 

ビットコインキャッシュの特徴【3つ】

ビットコインキャッシュの特徴は以下の3つです。

  1. ブロックサイズが32MBで処理が速い

  2. ビットコインからのハードフォーク

  3. アプリケーションの開発が可能

1.ブロックサイズが32MBで処理が速い

ビットコインキャッシュは、ビットコインに比べるとブロックサイズが大きいのが特徴です。

2017年のハードフォーク時点では8MBの大きさでしたが、2018年のハードフォークで32MBまで拡張しています。

ブロックサイズが大きいほど処理能力が高くなるため、送金時間もビットコインに比べて速いです。

さらに手数料も安く抑えられるため、ビットコインに比べるとコストもかかりません。

2.ビットコインからのハードフォーク

ビットコインキャッシュは、ビットコインからハードフォークして誕生した通貨です。

ビットコインがハードフォークした理由に、スケーラビリティ問題※があります。

スケーラビリティ問題が起こると送金速度が低下するため、送金遅延が生じます。

その速度低下を解決するために「ビックブロック」というブロックサイズを大きくして容量を増やすことを目的にハードフォークが実施されました。

ビットコインキャッシュ以外にも、ビットコインからハードフォークして誕生した通貨には以下のものがあります。

ビットコインからのハードフォークした通貨

  • ビットコインキャッシュ(BCH)

  • ビットコインSV(BSV)

  • ビットコインゴールド(BTG)

  • ビットコインダイヤモンド(BCD)

  • スーパービットコイン(SBTC)

  • ライトニングビットコイン(LBTC)

※スケーラビリティ問題とは、暗号資産(仮想通貨)に用いられているブロックチェーン技術において、1つのブロックの中に書き込めるトランザクション(取引データ)の数が限られていることが引き起こす障害の問題です。

引用:DMMbitcoin

3.アプリケーションの開発が可能

ビットコインキャッシュは、dAppsを利用したアプリケーションが開発できます。今までのアプリには開発者がおり、管理されていましたが、dAppsには管理者がいないため、管理者なしでdAppsと通信ができます。

引用:DMMbitcoin

Dappsは、Decentralized Applicationsの略称です。日本語で「分散型アプリ」と呼ばれています。ブロックチェーン上でソフトウェアを動作させる仕組み「スマートコントラクト」を応用したものであり、現在ではオークションプラットフォームやゲームなどが開発されています。

引用:DMMbitcoin

ビットコインキャッシュのチャート

2017年8月から現在までのビットコインキャッシュの値動きを紹介します。

ビットコインキャッシュ【2017年8月~現在までの価格チャート】

引用:Coin Market Cap

ビットコインキャッシュは、2017年8月に取引が開始したあと、2017年の年末に仮想通貨バブルということもあり、60万円付近まで急上昇しました。

その後、2019年まで徐々に下落して1万円付近まで価格が下がりました。

その後、1〜5万円を推移していましたが、2021年からNFTやDefiなどの仮想通貨ブームで15万円付近まで上昇しました。

それから現在まで最安値付近まで下落しています。

ビットコインキャッシュ【直近の価格チャート】

引用:Coin Market Cap

直近1年間のビットコインキャッシュのチャートです。

2022年の4月から7月にかけて大きく下落し、1万円付近まで価格を落としました。

それから、現在に至るまで1〜2万円の間をレンジで推移しています。

ビットコインキャッシュの今後の見通し

チャート自体は下落トレンドから少しずつ回復しているように見えますが、まだまだ低い価格を推移している状態です。

今後、ビットコインキャッシュの価格が上昇する要因として、以下のことが考えられます。

今後ビットコインキャッシュの価格が上昇する要因

  • 決済として導入

  • 仮想通貨取引所に上場

  • 基軸通貨へ採用

  • 2024年の半減期

  • ビットコインキャッシュのアップデート

上記の要因も考えられますが、仮想通貨全体が盛り上がることで価格も上昇しているため、仮想通貨ブームが再来した際には、ビットコインキャッシュが上昇することも考えられます。

>>ビットフライヤーで口座開設する

ビットコインキャッシュの将来性【3つ】

ビットコインキャッシュの将来性は、以下の3つです。

  1. 多くのサービスが利用されている

  2. 国内外の仮想通貨取引所に上場している

  3. スマートコントラクトが活用される

1.多くのサービスが利用されている
 

引用:ビットコインキャッシュ公式サイト

将来性の1つ目は、世界中のサービスに利用されていることです。

世界中の企業がビットコインキャッシュを利用することで、実用的に使われることが多くなります。

最近では、GUCCIが決済手段としてビットコインキャッシュを採用しています。

今後、ネットショッピングや店舗などでも一般的に使われるようになれば、需要も高まってくるため、将来性も期待できるでしょう。

2.国内外の仮想通貨取引所に上場している

引用:ビットコインキャッシュ公式サイト

将来性の2つ目は、ビットコインキャッシュが国内外多くの仮想通貨取引所に上場していることです。

日本の取引所では、ほとんどの取引所で購入ができ、海外取引所でも取り扱いがあります。

また、海外取引所の中にはビットコインキャッシュを基軸通貨として取り扱っている取引所もあります。

今後、ビットコインキャッシュが基軸通貨として取引所で扱われるようになれば、より一層人気が高まるでしょう。

3.スマートコントラクトが活用される

将来性の3つ目は、スマートコントラクトが活用されることです。

スマートコントラクトを活用させることで、ブロックチェーン上において自動で契約を結ぶシステムなので、コスト削減ができる可能性があります。

そのため、スマートコントラクトが普及し、多くの企業が採用することで、それに対応しているビットコインキャッシュの需要が高まるかもしれません。

ビットコインキャッシュが期待できる理由

送金コストが安く、2100万枚の希少価値がある

ビットコインキャッシュは、世界中のどこからでも24時間365日いつでも送金可能です。

さらにビットコインキャッシュの取引にかかるネットワーク手数料はほとんどかからないことや、送金スピードも速いため、送金コストがかかりません。

また、ビットコインキャッシュはビットコインと同じく2100万枚と発行枚数が決まっており、これ以上増えることもないため希少価値があります。

早く手に入れることで将来価値が高まる可能性もあるでしょう。

価格予想するサイトでは上昇が予想されている

価格予想サイトでは以下のような予想をされており、どのサイトも上昇すると予想しています。

ただし、各サイトが行っている基準なので、参考程度にしておいてください。

Coin Price Forecast 2026年半ばまでに200ドルになると予想
DigitalCoinPrice 2026年に546ドルになると予想
BITCOIN WISDOM 2026年に550ドルになると予想

 

ビットコインキャッシュの購入におすすめの取引所3選

ビットコインキャッシュの購入におすすめの取引所を紹介します。

  1. bitFlyer(ビットフライヤー)

  2. GMOコイン

  3. bitbank(ビットバンク

1.bitFlyer(ビットフライヤー)

引用:ビットフライヤー

ビットフライヤーのおすすめポイント

  • 1円から取引でき、積立投資も可能

  • bitFlyer Lightningではレバレッジ取引も可能

  • Tポイントをビットコインに交換

  • ビットコインが貯まるクレジットカード

ビットフライヤーは19種類の仮想通貨が1円から売買できる取引所で、ビットコインキャッシュの売買も可能です。

クイック本人確認をすると最短10分で口座開設でき、インターネットバンキングで入金すれば、すぐに取引できます。

ビットコインがキャッシュバックされるクレジットカードが使えることやTポイントをビットコインに交換できるなど、さまざまなサービスに対応しています。

安全面も7年以上ハッキングゼロでセキュリティも万全な取引所です。

>>ビットフライヤーで口座開設する

2.GMOコイン

引用:GMOコイン

GMOコインのおすすめポイント

  • 即時入金手数料や出金手数料、仮想通貨の送金手数料が無料

  • GMOインターネットグループの信頼性

  • コールドウォレットやサイバー攻撃対策で安心した取引

  • 取扱銘柄が23種類と豊富

GMOコインは、信頼感のあるGMOインターネットグループの傘下で安心して取引できる取引所です。

23種類の銘柄が取引可能で、ビットコインキャッシュも取り扱っています。

即時入金や日本円の出金、仮想通貨の送金など手数料が無料のものが多いため、手数料分を投資にまわすこともできるでしょう。

レバレッジ取引や積立、ステーキング、貸仮想通貨などサービスが豊富でさまざまな取引方法があるため、リスクを最小限に少なくする取引もできます。

>>GMOコインで口座開設する

3.bitbank(ビットバンク)

引用:ビットバンク

ビットバンクのおすすめポイント

  • 機能も豊富で初心者も使いやすいアプリ

  • 日本円の入金が24時間可能

  • 3分で口座開設が可能

  • 取扱銘柄が24種類で、仮想通貨取引所の中で取引量が国内No.1※

※2021年2月14日 CoinMarketCap調べ

ビットバンクは、24種類の仮想通貨を扱っており、ビットコインキャッシュも取引できます。

仮想通貨取引所の取引量が国内No.1※1で、取引量が多いことで注文が通りやすいメリットがあります。

第三者機関による高い評価を受けており、セキュリティが国内No.1※2とされているため、安心できる仮想通貨取引やウォレットの使用ができます。24時間リアルタイム入金が可能なので、いつでも取引が開始できる取引所です。

※1 2021年2月14日 CoinMarketCap調べ

※2 2018年10月3日 ICORating調べ

>>ビットバンクで口座開設する

ビットコインキャッシュの購入方法【3ステップ】

ビットコインキャッシュの購入方法を以下の3ステップで紹介します。

bitFlyer(ビットフライヤー)で口座開設のやり方を紹介します。

STEP1:bitFlyer(ビットフライヤー)で口座開設

STEP2:日本円の入金

STEP3:ビットコインキャッシュを日本円で購入

STEP1:仮想通貨取引所で口座開設

ビットコインキャッシュを購入できるbitFlyer(ビットフライヤー)で口座開設します。

口座開設の手順は以下のとおりです。

口座開設の手順

  1. ビットフライヤーの公式サイトへアクセスして、メールアドレスを登録

  2. パスワードや二段階認証の設定

  3. 個人情報の入力

  4. 本人確認

>>ビットフライヤーの口座開設に関する詳しい内容はこちら

STEP2:日本円の入金

口座開設の次はビットコインキャッシュに交換するための日本円を入金します。

入金方法は以下の3つの方法がありますが、インターネットバンキング入金で住信SBIネット銀行を利用すると手数料無料で入金できます。

日本円の入金方法

  • 銀行振込

  • インターネットバンキングで入金

  • コンビニ入金

引用:ビットフライヤー

日本円の入金手順

  1. ビットフライヤーの公式サイトからログインする

  2. 入出金をクリックして、「銀行振込」「インターネットバンキングで入金」「コンビニから入金」のいずれかを選ぶ

  3. 「銀行振込」は表示された口座へ入金します。「インターネットバンキングで入金」は金額を入力して、ネットバンキングの手続き、「コンビニから入金」は金額を入力して、コンビニの収納代行で手続きします。

STEP3:ビットコインキャッシュを日本円で購入

日本円がビットフライヤーに入金できたら、ビットコインキャッシュを日本円で購入します。

購入方法は以下のようになります。

ビットフライヤーの購入手順

1.ビットフライヤーにログインして、販売所を選ぶ。

2.ビットコインキャッシュ(BCH)を選択

3.ビットコインキャッシュの画面で「買う」をクリックする。

4.金額を入力して「買い注文を確定する」をクリックすると購入完了です!

>>ビットフライヤーで口座開設する

ビットコインキャッシュに関するよくある質問

Q1ビットコインキャッシュとビットコインの違いは?

ビットコインキャッシュとビットコインの違いは2つあります。

1つ目は、ブロックサイズの違いです。ビットコインのブロックサイズは1MBですが、ビットコインキャッシュは32MBです。ブロックサイズが大きいと多くの取引を記録できるため、処理速度が向上します。

2つ目は、スマートコントラクトが実装されていることです。ビットコインにはありませんが、ビットコインキャッシュには実装されており、自動で契約ができるシステムを搭載しています。そのため、コストが削減できたり、不正や改ざんを防ぐことが可能です。

Q2ビットコインキャッシュの半減期※はいつ?

前回のビットコインキャッシュの半減期が2020年4月に行われたため、次回の半減期は2024年になると予測されています。

半減期の付近は、過去に価格が大きく変動しやすい時期でもあるため、半減期に投資する方は、急騰急落に注意しておきましょう。

※半減期とは、半減期とは、マイニングによる暗号資産(仮想通貨)の新規発行報酬が半分になるタイミングのことをいいます。ビットコインでは約4年に1度訪れますが、暗号資産の種類によってサイクルは異なります。

引用:DMMビットコイン

Q3ビットコインキャッシュの最新ニュースは?

ビットコインキャッシュの最新ニュースを確認するサイトは、以下のようなものがあります。ビットコインキャッシュに投資する際は、できるだけ新鮮な情報を確認しておきましょう。

Q4ビットコインキャッシュが上がらない理由は?

ビットコインキャッシュが上がらない理由として、以下のような理由が考えられます。

  • 時価総額ランキングが10位以内から29位へと下がっている

  • 人口が多い国で仮想通貨に規制強化されている

  • 別の通貨に資金が流れている

上記のような理由がありますが、上昇を予想している著名人もいることや仮想通貨全体の盛り上がりなども関係があるため、期待できる通貨であることも知っておきましょう。

【まとめ】ビットコインキャッシュは今後も将来性がある

今回は、ビットコインキャッシュの特徴や将来性、さらに国内で購入できる取引所や購入方法も解説しました。まとめると以下のようになります。

  • ビットコインに比べると処理速度が速く、決済に使いやすい
  • 2024年ごろに半減期があるので価格が大きく動く可能性がある
  • スマートコントラクトの機能がある
  • 日本ではほとんどの仮想通貨取引所で購入できる

ビットコインキャッシュは、多くの仮想通貨取引所で取り扱いがあるため、信頼されている通貨の1つです。

ぜひ本記事を参考にして、決済として利用される可能性があるビットコインキャッシュを購入してみませんか?

>>ビットフライヤーで口座開設する

仮想通貨を最高利率10%で運用

 

ビットレンディングは今だけ、新規口座開設&貸出開始をするだけで、もれなくアマゾンギフトカード2,000円がもらえます!

  • ビットコイン(BTC)年利 8%
  • テザー(USDT)年利 10%

など、高利回りが実現!

ビットレンディングはテラショックやFTX破綻、 SVB破綻など市場が混乱するニュースがあった中でも問題なく運営しているため、安心して利用できます。

無料口座開設は3分程度の入力で完了。
ぜひこのチャンスを見逃さず登録しておきましょう。