仮想通貨BAT(ベーシックアテンショントークン)とは?今後の将来性や購入方法など徹底解説!

プロモーション

仮想通貨を最高利率10%で運用

 

ビットレンディングは今だけ、新規口座開設&貸出開始をするだけで、もれなくアマゾンギフトカード2,000円がもらえます!

  • ビットコイン(BTC)年利 8%
  • テザー(USDT)年利 10%

など、高利回りが実現!

ビットレンディングはテラショックやFTX破綻、 SVB破綻など市場が混乱するニュースがあった中でも問題なく運営しているため、安心して利用できます。

無料口座開設は3分程度の入力で完了。
ぜひこのチャンスを見逃さず登録しておきましょう。

 

「仮想通貨BATはどんな特徴や将来性があるの?」

「仮想通貨BATの価格は上がる?」

「仮想通貨BATの購入方法を知りたい!」

上記の悩みを解決します。

仮想通貨BATはWeb3.0時代のブラウザ「Brave」で使用され、注目されている仮想通貨です。今回は、仮想通貨BATの特徴や将来性、仮想通貨BAT購入できるおすすめの取引所を紹介します。

本記事で紹介している手順で仮想通貨BATを購入すれば、将来性が期待できる仮想通貨BATの価値が高くなるため、資産が増える可能性があります。

本記事でわかること

  • 仮想通貨BATとは?

  • 仮想通貨BAT|3つの特徴

  • 仮想通貨BAT|3つの将来性

  • 仮想通貨BAT現在のチャートは?

  • 仮想通貨BAT今後の見通し

  • 仮想通貨BATの取扱い仮想通貨取引所【3つ】

  • 仮想通貨BATの購入方法【3ステップ】

  • 仮想通貨BATに関するよくある質問

  • 【まとめ】将来性のある仮想通貨BATを購入しよう

仮想通貨BATとは?

引用:BAT公式HP

BAT(ベーシック・アテンション・トークン)の基本情報

通貨名 Basic Attention Token(ベーシック・アテンション・トークン)
通貨記号 BAT
価格 42.4円※
発行日 2017年5月31日
時価総額ランキング 91位※
時価総額 63,331,915,670円※(2023年2月28日現在)
発行上限 15億枚
国内取扱取引所 ビットフライヤー・コインチェック・GMOコイン・DMMビットコイン・ビットバンク
公式サイト https://basicattentiontoken.org/

引用:Coin Market Cap   ※2023年2月28日現在

仮想通貨BAT(ベーシック・アテンション・トークン)とは、Braveソフトウェアが2017年5月にイーサリアムを基盤として開発された仮想通貨で、Braveブラウザで利用されています。

Braveブラウザ上で使用されることによって、BATがもらえる仕組みを採用しており、5500万人の月間アクティブユーザーがいます。Brave利用者の増加にともなって、注目も高まっている仮想通貨です。

[Braveとは第三者の広告やトラッカーをブロックする機能が実装されているブラウザで、利用者のプライバシー保護に配慮した仕組みとなっています。 引用:GMOコイン ]

仮想通貨BAT|3つの特徴

仮想通貨BATには以下の3つの特徴があります。

  1. Braveブラウザで使用されている仮想通貨

  2. Braveブラウザで広告を見るとBATがもらえる

  3. BATを投げ銭できる

1.Braveブラウザで使用されている仮想通貨

引用:Brave

仮想通貨BATは、Braveブラウザで使用されている仮想通貨です。

Braveブラウザは、WebサイトやYouTubeなどで表示される広告をブロックできるブラウザです。

さらに、セキュリティの高いブラウザとされています。

Braveブラウザでブロックしている広告を閲覧することで、BATを報酬としてもらえる機能があります。

広告を見るだけでBATが貯められるため、無料で稼ぐことが可能です。

さらに、ビットフライヤーの口座を持っていればBraveと連携できるため、広告を見るだけでビットフライヤーの口座にBATが貯まります。

>>ビットフライヤーで口座開設してBATを貯める

2.Braveブラウザで広告を見るとBATがもらえる

引用:BAT公式HP

仮想通貨BATの特徴2つ目は、Braveブラウザで広告を見るとBATがもらえることです。

Brave Rewardsという機能を利用することによって、広告を表示できます。そして広告を見ることでBATが報酬としてもらえます。

広告を出している人も広告を見られることで報酬をもらえるため、お互いに利益を得ることが可能です。

このように、仮想通貨BATはBrave上で仮想通貨を利用した広告のエコシステムを実現しています。

3.BATを投げ銭できる

仮想通貨BATは、Braveで広告を見て獲得したBATをコンテンツ作成しているユーザーに投げ銭できます。

ブログやTwitter、YouTubeなど制作しているクリエイターに対して投げ銭が可能です。

仮想通貨BATを持っていれば、BraveブラウザのWeb上から送ることが可能なため、誰でも簡単に投げ銭できます。

投げ銭とは? インターネット上における「投げ銭」とは、「アーティストやクリエイターがネット上で公開しているコンテンツに対して、視聴者やファンがオンラインで送金する行為」のこと。 引用:BIGLOBE 」

仮想通貨BAT|3つの将来性

仮想通貨BATには以下のような将来性が3つあります。

  1. 大手企業との提携

  2. Braveブラウザが使用される

  3. 国内仮想通貨取引所への上場

1.大手企業との提携

引用:BAT公式HP

将来性の1つ目は、多くの大手企業と提携していることです。

世界の大手仮想通貨取引所やインターネット、広告、ゲーム、Eコマースなどさまざまなジャンルの企業と提携しています。

Braveの広告の機能などそれぞれの企業と連携させることで、企業側にメリットがあるため、今後も提携が増えていくことが予想されます。そのため、BATの将来性がある理由と言えるでしょう。

2.Braveブラウザが使用される

将来性の2つ目は、Braveブラウザが多くの人に使用されることです。

kinstaによると現在のBraveブラウザのシェア率は0.05%とまだまだ低いことが分かります。

とはいえ、シェア率が低いからこそ、今から伸びてくる可能性が十分にあるともいえます。

引用:kinsta

広告を見るとBATがもらえるという情報を知らない人も多い状況です。今後、BATがBraveで獲得できる情報が伝わることや再び仮想通貨が注目されてくれば、BraveやBATを利用する人も増えてくるでしょう。

3.国内仮想通貨取引所への上場

将来性の3つ目は、国内仮想通貨取引所への上場が増えていることです。

2023年2月現在、以下のような多くの取引所がBATを取り扱っています。

今後も、利用者が増えてくることでさらに多くの取引所に上場することも考えられるため、将来性に期待が持てます。

BATが購入できる国内仮想通貨取引所

  • ビットフライヤー
  • コインチェック

  • DMM bitcoin

  • bitbank

  • GMOコイン

  • BITPOINT

仮想通貨BAT現在のチャートは?

仮想通貨BATのチャートを紹介します。過去のチャートがどういう動きをしていたのか確認して、現在のチャートを把握しましょう。

BAT【2017年~現在までの価格チャート】

引用:CoinMarketCap

BATは2017年5月から取り扱いが開始され、開始当初は10円〜30円を推移していましたが、2017年末の仮想通貨バブルと言われた時期に100円付近まで上昇しました。

それから、2021年の1月頃まで12円〜45円を推移していましたが、アメリカの仮想通貨投資企業グレースケールが投資信託を提供すると発表したことをきっかけに170円まで急激に上昇しました。

この時期は、ビットコインも急激に上昇した時期です。

その後下落したものの、再び2021年11月ごろに最高値である200円まで上昇しました。

このころは、仮想通貨市場が盛り上がりを見せていた時期でもあります。

BAT【直近の価格チャート】

引用:CoinMarketCap

直近のBATは、40円付近を推移しています。2021年11月の最高値200円台から下落トレンドが続き、一時は20円付近まで下落。約10分の1にまで下落しましたが、2023年1月頃から徐々に上昇しています。

仮想通貨市場全体が下落していた2022年ですが、再びビットコインを筆頭に仮想通貨市場全体が上昇することで最高値に向かっていくことも考えられます。

今後の取引所への上場やBraveに関するニュースも注目しておきましょう。

仮想通貨BAT今後の見通し

仮想通貨BATは、チャートからも分かるように急激に上昇した過去があります。

そのため、BATが過去最高値に上昇する可能性も考えられます。

ファンダメンタルの観点から考えても、企業やプロジェクトの提携が進んでいるため、価格の上昇が期待できる通貨です。

また、BATのアクティブユーザー数が5500万人と少しずつ増えてきていることで、BATの需要が高まることや著名人や機関投資家などから注目されることで価格が上昇する可能性が高くなります。

そのため、注目が高まる前にBATを買っておくことも大切です。

日本でBATを購入できる仮想通貨取引所はいくつかありますが、ここでは3つ紹介するので取引所のメリットや特徴を確認してみましょう。

仮想通貨BATの取扱い仮想通貨取引所【3つ】

仮想通貨BATが購入できる国内仮想通貨取引所は以下のとおりです。今回は仮想通貨BATの購入におすすめの取引所を紹介します。

  1. bitFlyer(ビットフライヤー)

  2. Coincheck(コインチェック)

  3. DMMBitcoin

1.bitFlyer(ビットフライヤー)

引用:bitFlyer

ビットフライヤーのおすすめポイント

  • 業界最長7年以上ハッキングゼロでセキュリティが高い

  • 1円から仮想通貨が購入できる

  • Braveブラウザと連携できる

ビットフライヤーは、19種類の仮想通貨が取引可能で、仮想通貨BATも販売所で購入できます。

7年以上ハッキングゼロで、セキュリティの高い取引所です。1円から仮想通貨を購入できるため、リスクの少ない少額投資もできます。

さらに、ビットフライヤーではBraveブラウザと連携できる機能があるため、便利にBATを貯められる取引所です。無料でBATが貯められるため、口座開設してブラウザ連携をしてみましょう。

>>ビットフライヤーで口座開設する

2.Coincheck(コインチェック)

引用:Coincheck

コインチェックのおすすめポイント

  • 国内仮想通貨取引アプリのダウンロード数No.1

  • 積立や貸仮想通貨ができる

  • NFTを購入できる

コインチェックは、18種類の仮想通貨が購入でき、販売所で仮想通貨BATの取り扱いがあります。アプリダウンロード数が国内No.1で、使いやすくシンプルな画面なため、初心者でも取り扱いが簡単です。仮想通貨の積立や貸仮想通貨など取引できるサービスが豊富なため、初心者でもリスクの少ない取引が可能です。

>>コインチェックで口座開設する

3.DMMBitcoin

引用:DMMBitcoin

DMMBitcoinのおすすめポイント

  • レバレッジ取引できる仮想通貨数No.1

  • 入出金や取引手数料など各種手数料が無料

  • 365日のサポートで安心取引

DMMBitcoinは25種類の銘柄を扱っており、仮想通貨BATは現物取引・レバレッジ取引両方に対応しています。DMMグループの技術力でセキュリティも高く、安心して取引できる取引所です。口座申し込みをして、スマホでスピード本人確認すると1時間以内に取引可能なので、すぐに取引を開始したい人にはおすすめです。

>>DMMBitcoinで口座開設する

仮想通貨BATの購入方法【3ステップ】

仮想通貨BATの購入方法は以下の3ステップです。今回はビットフライヤーでBATを購入する方法を紹介します。

STEP1. bitFlyer(ビットフライヤー)で口座を開設

STEP2. 日本円を入金

STEP3. 数量を決めて購入

STEP1 bitFlyer(ビットフライヤー)で口座を開設

はじめに仮想通貨BATを購入できるbitFlyer(ビットフライヤー)で口座開設します。

口座開設の手順は以下のとおりです。

口座開設の手順

  1. ビットフライヤーの公式サイトへアクセスして、メールアドレスを登録

  2. パスワードや二段階認証の設定

  3. 個人情報の入力

  4. 本人確認

>>ビットフライヤーの口座開設に関する詳しい内容はこちら

STEP2 日本円を入金

口座開設の次はBATに交換するための日本円を入金します。入金方法は以下の3つの方法がありますが、インターネットバンキング入金で住信SBIネット銀行を利用すると手数料無料で入金できます。

日本円の入金方法

  • 銀行振込

  • インターネットバンキングで入金

  • コンビニ入金

引用:ビットフライヤー

日本円の入金手順

  1. ビットフライヤーの公式サイトからログインする

  2. 入出金をクリックして、「銀行振込」「インターネットバンキングで入金」「コンビニから入金」のいずれかを選ぶ

  3. 「銀行振込」は表示された口座へ入金します。「インターネットバンキングで入金」は金額を入力して、ネットバンキングの手続き、「コンビニから入金」は金額を入力して、コンビニの収納代行で手続きします。

STEP3 数量を決めて購入

日本円の入金を確認して、BATを購入します。BAT購入方法は以下の手順で行います。

BATの購入方法

  1. ビットフライヤーの公式サイトからログインする

  2. 「販売所」をクリックして、BATを選ぶ

  3. 「買う」をクリックして、金額を入力する

  4. 「買い注文を確定する」をクリックすると、BATの購入完了です

>>ビットフライヤーでBATを購入する

仮想通貨BATに関するよくある質問

Q1 仮想通貨BATはステーキングできる?

仮想通貨BATはステーキングできる仮想通貨ですが、日本の取引所ではステーキングできません。しかし、以下の海外取引所ではステーキングが可能です。ステーキングの報酬や条件は各取引所で異なるので知っておきましょう。

ステーキングできる海外仮想通貨取引所

  • バイビット

  • コインベース

  • バイナンス

  • クラーケン

  • ビットマックス

  • クリプトドットコム

「ステーキングとは、対象の暗号資産(仮想通貨)を保有しブロックチェーンのネットワークに参加することで、対価として報酬が貰える仕組みです。 引用:bitFlyer 」

Q2 仮想通貨BATの最新ニュースを確認する方法は?

仮想通貨BATの最新ニュースを確認する場合は、以下のサイトを利用することをおすすめします。

Q3 仮想通貨BATの価格は上昇する?

仮想通貨BATの最高値が2021年11月頃の200円付近で、今現在(2023年2月28日)の価格が42円台ですので、再び高値に向かって上昇することもあるでしょう

さらに、ビットコインが上昇すると他の通貨も上昇する傾向から、時価総額ランキング上位の通貨が上昇することで、BATも上昇する可能性があります。

Q4 仮想通貨BATは安全?

BATに関わらず日本に上場している仮想通貨自体はブロックチェーン技術を利用しており、安全といえます。

しかし、それを取り扱っている取引所自体のセキュリティが甘いとハッキングの危険性があるため、セキュリティの優れた取引所を利用することをおすすめします

>>ビットフライヤーは7年以上ハッキングゼロのセキュリティ

Q5 仮想通貨BATはレンディング(貸仮想通貨)できる?

BATはレンディング(貸仮想通貨)ができます。

レンディングは、一定期間保有しているBATを預けることで貸借料を報酬としてもらえる仕組みです

以下の取引所でBATのレンディングができます。

【まとめ】将来性のある仮想通貨BATを購入しよう

今回は、仮想通貨BATの特徴や将来性、仮想通貨BAT購入できるおすすめの取引所を紹介しました。まとめると以下のようになります。

  • 仮想通貨BATはBraveブラウザで使用され、広告を見ることでBATがもらえる

  • 仮想通貨BATはビットフライヤーで簡単に購入でき、Braveとの連携も可能

  • Braveブラウザが普及すれば、これから価格が上昇する可能性がある。

  • 大手企業との連携や多くの仮想通貨取引所に上場していることから将来性がある。

大手企業との連携していることで将来性もあり、今後のBraveの普及とともに価格の上昇も期待できるBATです。本記事を参考に、ビットフライヤーで口座開設して、仮想通貨BATを購入してみませんか?

>>ビットフライヤーで口座開設する

仮想通貨を最高利率10%で運用

 

ビットレンディングは今だけ、新規口座開設&貸出開始をするだけで、もれなくアマゾンギフトカード2,000円がもらえます!

  • ビットコイン(BTC)年利 8%
  • テザー(USDT)年利 10%

など、高利回りが実現!

ビットレンディングはテラショックやFTX破綻、 SVB破綻など市場が混乱するニュースがあった中でも問題なく運営しているため、安心して利用できます。

無料口座開設は3分程度の入力で完了。
ぜひこのチャンスを見逃さず登録しておきましょう。